イーサリアム(ETH)の今後は?いくらになるのかの予想と今後の将来性!

仮想通貨のイーサリアム(ETH)は、トップのビットコインに続いて時価総額が高く、現在注目されている通貨の一つです!イーサリアム(ETH)の価格が今後いくらまで上がり、今後いつ買うべきか、今後どう使われていくのか、今後の将来性はどうなのかを徹底分析していきます!

イーサリアム(ETH)の今後は?いくらになるのかの予想と今後の将来性!のイメージ

目次

  1. 1イーサリアムの今後はどうなるのか?
  2. 2イーサリアム(ETH)とは?
  3. 3イーサリアム(ETH)の特徴
  4. 4イーサリアム(ETH)はどのように使われている?
  5. 5イーサリアム(ETH)の今までの価格推移
  6. 6イーサリアム(ETH)の今後の将来性は?
  7. 7イーサリアム(ETH)の今後の価格はいくら?価格予想
  8. 8今後の将来性が高いイーサリアム(ETH)はいつ買うべき?
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

イーサリアムの今後はどうなるのか?

今回のアルトコイン特集はアルトコインの時価総額で常にトップであるイーサリアムです。

イーサリアムを利用した様々なプロジェクトが始動していくなど、今後色々なところで利用されさらに伸びていくであろうと言われるイーサリアムですが、

「結局価格が上がるの!?」

というところが知りたいですよね!
この1カ月だけでも大きく価格を上昇させて注目をしている人も多くいると思います!

Thumbイーサリアムなどアルトコインが上昇中!価格が伸びている原因は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事では、そんなイーサリアムの価格が今後どうなるかについて見ていきます!

 

  • イーサリアム(ETH)は今後いくらになるのかの予想
 
  • イーサリアム(ETH)の今後の将来性はどうなのかの予想

この2点を重点的に説明します。


ちなみに将来有望なイーサリアムはほとんどの仮想通貨取引所で取り扱われていますが、その中でもおすすめな取引所は以下の2つの取引所です!
まだ持っていない人はぜひこの機会に登録をオススメします!


<コインチェック>
イーサリアム以外にも多くの将来有望なアルトコインを扱っており、仮想通貨投資をする日本人にとってもはや持っておくべき必須の取引所です!

ビットコインが20倍になった2017年、コインチェックで扱っているアルトコインの中には200倍以上の伸びを見せた通貨もあります。

来年はさらにアルトコインが伸びると言われています。
この機会にぜひ登録をオススメします!

コインチェックで扱っている仮想通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<ザイフ>
コインチェックと同じで国内3大取引所の一つであるザイフは手数料の安さNo.1です!

コインチェックで扱っていない様々な仮想通貨を取り扱っており、こちらも持っておくべき取引所です!
現在新規ユーザー登録が集中して口座登録に時間がかかるため今のうちに登録をするのがおすすめです!

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアム(ETH)とは?

イーサリアム(ETH)とは、2013年にヴィタリックブリテン氏が設計し、2015年に正式に仮想通貨として取引がなされた仮想通貨の一種で、分散型ネットワークやスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームでもあります。

そのため、ビットコインは決済などに使えるのに対して、イーサリアム(ETH)は決済以外にもアプリケーションのプラットフォーム構築など様々な用途に使うことが出来ます。

上の表は仮想通貨の時価総額を表していますが、イーサリアム(ETH)の時価総額はいくらかというと,
、$41,845,739,938(4.73368099 兆円)となっており、第1位のビットコインに続いて高く、ビットコイン以外のアルトコインの中でも代表的な存在となっています。

仮想通貨は1000種類以上あり、その中でイーサリアム(ETH)の時価総額は数ある仮想通貨の中でも大きな存在感を出していると言えます。

イーサリアム(ETH)を設計したヴィタリック・ブリテン氏は、ブルームバーグが発表した2017年に最も影響力がある人物ベスト50に選ばれました。

ヴィタリック・ブリテン氏はわずか23歳ながら、イーサリアム(ETH)の開発に取り組むと共に世界中を飛び回って啓蒙活動を行っています。

Thumbヴィタリックブテリンが世界の影響力のある50人に!イーサリアムを生んだ天才 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアム(ETH)の特徴

次に、イーサリアム(ETH)の特徴を見ていきましょう!

イーサリアム(ETH)の特徴としては、
 

  • 分散型ネットワークであるブロックチェーンを用いている
 
  • スマートコントラクトという仕組みを用いている

この2点が挙げられます。
それぞれの特徴を詳しくみていきましょう!

イーサリアム(ETH)はブロックチェーンを用いている

一つ目の特徴として、イーサリアム(ETH)は分散型ネットワークであるブロックチェーンを用いているということが挙げられます。

ブロックチェーンとは、簡単にいうと、ビットコインの今までの取引履歴を全て記録している台帳です。

ブロックチェーン技術が使われている代表的な通貨としてビットコインが挙げられますが、ビットコインは、2009年1月3日に誕生し、その誕生からの全ての取引履歴がこのブロックチェーン上に記録されています。

もっと詳しく説明すると、ブロックチェーンはどこからどこへイーサリアム(ETH)を送金したのかということを記録している履歴になっていて、その履歴は一つの場所に保管されるのではなくて、イーサリアム(ETH)のネットワークに参加している複数のコンピューターに分散して保存にされています。


イーサリアム(ETH)の考案者であるヴィタリック・ブリテン氏は、Facebookのように一つの企業にコントロールされるネットワークよりも、みんなが互いに交差できる分散型ネットワークを使うことで、効率的かつ公平で安全なマーケットが生まれるという可能性をブロックチェーンによって実現できると考えており、今後世界はそのような分散型ネットワークにて回っていくと予想しています。

また、ヴィタリック・ブリテン氏は自分のアカウントを誰かに管理されるのではなく、自分で管理できることもブロックチェーン魅力として語っています。

イーサリアム(ETH)にはスマートコントラクトという仕組みがある

二つ目の特徴として、イーサリアム(ETH)にはスマートコントラクトという技術が使われているということが挙げられます。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンを更に拡張させた技術です。

ビットコインでは、ブロックチェーン上に取引履歴を保存するだけですが、イーサリアム(ETH)では取引履歴を保存するだけでなく、取引と同時に契約内容まで管理できるようになっています。

例えば、「今AさんからBさんにいくらか渡すので、一年後にBさんからAさんにいくらかを渡す」といったような契約自体をブロックチェーン上に記録できるということです。

ブロックチェーンでは、データの変更や削除などの改ざんが極めて難しいので、契約が不正に書き換えられるといったことがありません。
そのため安心して、契約情報の管理ができます。


このスマートコントラクトを持っていることによって、イーサリアムはビットコインにない魅力を持っていると言えるのです

この魅力がイーサリアム(ETH)の長期的な価値を裏付ける要因になっていると言えます。

イーサリアム(ETH)はどのように使われている?

続いてイーサリアム(ETH)が現在どのように使われているかを見ていきます!

イーサリアム(ETH)がどのように使われているかということを大きく2つに分けると、

仮想通貨としてのイーサリアム(ETH)

アプリケーションのプラットフォームとしてのイーサリアム(ETH)

この2つ側面からイーサリアム(ETH)がどのように使われているかを説明できます。

それぞれ見ていきましょう!

仮想通貨としてのイーサリアム(ETH)

仮想通貨としてのイーサリアム(ETH)の側面を見ていきます。

イーサリアム(ETH)が使用される一番目的としてイーサリアム(ETH)を使うことで利益を稼ぐということが挙げられます。

イーサリアム(ETH)はこの一年で金融商品としての仮想通貨の魅力を大きく高めました。

年初1000円近くで取引されていましたが、現在は、90000円近くで推移しています。一時価格が暴落する部分も見られましたが、たった一年で結果的には大きく価格は上昇しています。

年始から見るとおよそ、90倍の価格上昇をしています。

このように仮想通貨以外の金融商品ではほとんどないような上昇をしているイーサリアムは多くのマネーが集まるものになりました。

その結果として価格は上昇しています。

そして、現在の仮想通貨市場が他の金融商品市場と比べてまだまだボリュームが小さいことを考えると今後もマネーの流入は起きうるため価格は上昇すると考えられます。


イーサリアムに投資をして利益を上げるなら、国内大手のビットフライヤーコインチェックザイフが初心者にもやさしくおすすめです!
大手三社の取引所の比較した情報を知りたい方はこちら!

Thumb【取引所比較】コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitf | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アプリケーションのプラットフォームとしてのイーサリアム(ETH)

続いてアプリケーションのプラットフォームとしてのイーサリアム(ETH)の側面を見ていきましょう!

イーサリアム(ETH)アプリケーションのプラットフォームとして、多くの企業から注目されています。

送金や決済、契約書の維持管理のデータベース、デジタルアイデンティティ等にイーサリアム(ETH)は使われ、様々なサービスが誕生しています。

例えば、OmiseGoというイーサリアム(ETH)を基盤に、開発されている決済プラットフォームがあります。

このOmisegoを使うことで個人や銀行、企業など誰でも参加ができ、異なるブロックチェーン間でのやり取りもできるようになります。

イーサリアム(ETH)の考案者であるヴィタリックブリテン氏は、このOmiseGoアドバイザーを務めるなどアプリケーションのプラットフォームとしてイーサリアム(ETH)の普及に精を出しています。

Thumb仮想通貨OmiseGo(OMG)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2015年にはソフトウェア開発・販売を行うマイクロソフト社にイーサリアム(ETH)のブロックチェーン技術が導入されて注目を浴びました。

またイーサリアム(ETH)はICOのプラットフォーム構築に使われることも多いです。
つまり、イーサリアム(ETH)は仮想通貨を新しく生み出すために利用される仮想通貨であり、今後も仮想通貨界ではなくてはならない存在と言えます。

このように、イーサリアム(ETH)は投資だけでなく、アプリケーションのプラットフォームとしても存在感を出しています。

将来性が高いので、今後もイーサリアム(ETH)は様々なところで使われていくと予想できます。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアム(ETH)の今までの価格推移

イーサリアム(ETH)の今までの価格推移を一ヶ月間、そして一年間を通して見ていきます。

イーサリアム(ETH)の価格推移(1ヶ月間)

上の価格推移は、11月30日から12月29日までの一ヶ月間の価格推移です。

この価格推移を見ると、徐々にイーサリアム(ETH)の価格は12月中旬に大幅に上昇していることがわかります。

ちなみにこの前の11月8日では35000円近くで価格推移していたものの、その後価格は上昇し、56000円を超え、過去最高値を更新しました。

先月一ヶ月の間に21000円近くも価格が上昇し、およそ60%の価格上昇をしたことがわかります。

そして今月に入り、さらに価格を伸ばし一時は10万円を超えることもありました。
なんと今月は100%の価格上昇をしておよそ2倍にまで伸びているのです!


11月の頭から見ると価格は4倍にも膨れ上がっています。

イーサリアム(ETH)の価格推移(1年間)

上の価格推移は、2016年12月8日から2017年12月29日までの1年間の価格推移です。

まず、2016年12月から2017年5月までの価格推移をみていきましょう。


<2016年12月から2017年5月までのイーサリアム(ETH)の価格推移>

2016 年 12月:1ETH = 738 円
2017 年 2月:1ETH = 1198 円
2017 年 3月:1ETH = 6746 円
2017 年 5月:1ETH = 29126 円



2016年12月から2017年5月までの半年間でイーサリアムの価格は40倍近くに上昇しています。

もし2016年12月に、100万円分のイーサリアムを購入していたら、2017年5月にはその購入したイーサリアムの価値は4000万円分近くになっているということです。

6月あたりには価格が暴落している部分もありますが、価格が上昇している部分の方が多く、結果的に半年で価格が大きく上昇しています。

恐ろしいほどの上昇ですね。


<2017年6月から2017年12月までのイーサリアム(ETH)の価格推移>

2017 年 6月:1ETH = 46901円
2017 年 7月:1ETH = 17552円
2017 年 9月:1ETH = 43633円
2017 年 10月:1ETH = 37650円
2017 年 12月:1ETH = 54867円



2016年12月から2017年5月まででイーサリアムの価格は、40倍近くに上昇しましたが、価格推移をみると、2017年6月から11月の間は、17000円から45000円近くを推移し、上昇と下落を繰り返していました。そして、12月の価格推移を見ると、50000円代を推移していることがわかります。


チャートをみると、6月はずっと暴落していて、9月10月あたりにも暴落しているところがありますすぐに価格を戻し、さらに価格を伸ばしています。

長期のチャートをみると、価格の暴落がいくつか散見されながらも、長期的には大きな価格上昇をしていることがわかります。

6月と9月の価格下落ははそれぞれ

 

  • ICOバブルで多くのプロジェクトがイーサリアムで資金調達をして、その集まった資金を法定通貨に換えるために大きく売りが入った
 
  • 中国や韓国でICOが禁止されるなど規制が入った


という外的要因による短期的な下落でしたが、イーサリアムの機能性、ポテンシャルが変わることはなく、下落しても底堅く買いが入り価格は上昇しています

このように、一年間の単位で見ると、価格は暴落している部分もありながら、結果的には大きく上昇しています。

イーサリアム(ETH)の今後の将来性は?

イーサリアム(ETH)は今後の将来性を見ていきましょう!

イーサリアム(ETH)は今後どう使われていく?

イーサリアム(ETH)は今後も現在と同じように、投資を中心に使われていくでしょう。

金や株などのマーケットの10分の1以下のマーケットサイズである仮想通貨の市場には今後さらにマネーが入ってくるでしょう。

ビットコインが世界でもトップクラスの証券市場で取り扱いが始まったことも考えると、今後イーサリアムにさらにマネーが入ってくることは考えられます。

ちなみにビットコインの証券市場のニュースについて詳しく知りたい方はこちらで解説をしています。

Thumbビットコインがアメリカ(米)で広がる!ナスダックにもついに上場か? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアム(ETH)は世界の大企業が利用していく!

イーサリアム(ETH)は、そのブロックチェーン上でプログラムを実装できるプラットフォームである(スマートコントラクト機能)と説明をしました。

実はそのブロックチェーン技術を利用したい人や会社は世界中にあります。

そうしたイーサリアム(ETH)の利用を促進するための協会である、EEA(エンタープライズ イーサリアム(ETH) アライアンス)というものがあります。

このメンバーには、世界で最も大きな企業の一つであるマイクロソフト社や、日本で最も大きな会社であるトヨタ自動車も参加しており、イーサリアム(ETH)の将来性を信頼している人が多くいることがわかります!

このように、通貨として以外の側面でもイーサリアム(ETH)は今後伸びていきます。

イーサリアム(ETH)は今後、社債発行のプラットフォームにも?

イーサリアム(ETH)のアプリケーションのプラットフォームの部分に関連するニュースとして、イギリスのブロックチェーンのスタートアップ企業であるNivauraがイーサリアム(ETH)を使った社債発行準備をしているというニュースがあります。

イーサリアム(ETH)を使った社債発行というのは世界初の試みになるので、多くの人々から注目を集めています。

イーサリアム(ETH)の送金のしやすさやICOでの資金調達がうまくいっているという理由から、イーサリアム(ETH)だと資金を集めやすいので、今回のイーサリアム(ETH)を使った社債発行の準備がなされていると推測されています。

イーサリアム(ETH)の今後の将来性は高い!

イーサリアム(ETH)だと資金集めがしやすいので、今回の社債発行やICOなど、資金集めに使われることが多いです。
そのため、今後もイーサリアム(ETH)を使った資金集めは続くでしょう。

そうなると、そのプロジェクトや会社に投資をしたい人はイーサリアム(ETH)を購入することになりさらに多くのマネーが流入します。

今後さらに多くの企業、個人でイーサリアム(ETH)が使われていくと見られているので、今後も価格が上昇する可能性は高いと言えます。

イーサリアム(ETH)の今後の価格はいくら?価格予想

イーサリアム(ETH)の今後の価格がいくらになるかは様々な予想があります。
これまでは、暴落と高騰を繰り返してはいますが、長期的にみると価格は上昇しています。

イーサリアム(ETH)仮想通貨のヘッジファンドであるPolychain Capitalの最高経営責任者であるOlaf Carlson-Wee氏の予想よると、イーサリアム(ETH)の価格は今後の2018年末までにビットコインの価格を抜くだろうと予想しています。具体的にいくらかはわからないですが、このような予想がたっています。

あるアンケートによると、今後の2020年までに価格が上昇すると予想した人は65%、下落すると予想した人は35%になっています。

仮想通貨はその期待感や信頼感が価格の上昇の源泉になっていることを考えるとこの結果は、価格が暴落することもあるでしょうが、長期的には上昇することを示唆しています。

 

この予想はいい意味で外れましたね!

今後の将来性が高いイーサリアム(ETH)はいつ買うべき?

イーサリアム(ETH)の今後の将来性はとても高いことがわかりましたが、イーサリアム(ETH)はいつ買うべきなのでしょうか?ここまで見ると答えはこうなるのではないでしょう、

イーサリアム(ETH)の価格は将来性が高いため、今後更に上昇していくと予想されるので、なるべく早めに買ったほうがいいでしょう!

イーサリアム(ETH)の価格は最近値動きが激しいので、今後暴落した直後に買うとお得です。
過去何度も価格を下落させていますが、その度に下落前の価格よりも高い最高価格をたたき出しています。

長期保有をするならいつでも買い時ともいえますね!

今後の価格の上昇に備えてイーサリアム(ETH)の購入を検討している方はこちらへ!

今回イーサリアムの長期的な目線での価格上昇シナリオについて見てきました。
まだイーサリアムを持っていない人で購入をしたいと考えられた人もいると思います!

そんな方のためにオススメの取引所をご紹介します!


<ビットフライヤー>
ビットフライヤーは国内最大手の仮想通貨取引所で、ユーザー数が日本一と言う信頼のある仮想通貨取引所です!

ハッキング被害への補償を用意しているなど、初心者の人でも安心の取引所です!

日本で唯一イーサリアムを取引所でトレードできるところでもあり、イーサリアムで短期投資をする人なら絶対に外せない取引所です!

ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)取引所・販売所でのアルトコインの買い方! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<コインチェック>
コインチェックはビットフライヤーに次ぐ国内最大級の取引所です。
コインチェックもハッキング被害への補償があり、親鸞できる取引所です!

そんなコインチェックのビットフライヤーにない大きな特徴は、アルトコインの種類が日本一豊富ということです!
今年1年で20倍に伸びたビットコインですが、コインチェックの扱う通貨の中には200倍に伸びたものもあります!

もしまだコインチェックに口座を持っていないのだとすれば今すぐ口座開設をして、イーサリアムを含むアルトコイン投資をするのをおすすめします!

Thumbコインチェック(coincheck) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<ザイフ>
もう一つおすすめの取引所はザイフです!
このビットフライヤー、コインチェック、ザイフが国内3大取引所ですが、ザイフもまた他の二つに勝る強みを持っています。

ザイフの強みは手数料の安さです!
他の2つに比べ圧倒的に手数料が安いのです!


コスパを気にする人はザイフは他の通貨も安く買えるので絶対に抑えるべき取引所です!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

今回おすすめした取引所はそれぞれに強みがあります。ですので、3つの取引所のいいとこどりをして、仮想通貨取引をするのがおすすめです!

 

  • 真剣に多額のトレードをするならビットフライヤー
 
  • イーサリアム以外の将来有望なアルトコイン投資をするならコインチェック
 
  • 少額でも頻繁な取引をするならザイフ


他にもそれぞれの取引所で様々なおすすめ取引方法があります!
具体的な取引方法の例は下の記事で解説しています!ぜひご覧ください!

Thumbビットコインの価格相場の推移・チャートの見方・今後の予想【2017/12/28 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

まだ3つの取引所で持っていないところがある人はぜひ今のうちに登録をすることをおすすめします!
最近は仮想通貨に参入する人が増えて取引開始までに時間がかかってしまっているからです!

将来性が大きく今後も価格が高騰すると考えられる通貨はこちら!

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ネム(XEM/NEM)の特徴・価格推移・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)のチャート推移と今後の将来性を予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング5選!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbイーサリアムクラシックも価格が高騰!今後はどうなる?【最新ニュース】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side