コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介!

コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨の種類や銘柄には秘密があった? コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨をランキングにし、通貨の種類とそれぞれの特徴をお伝えします。よく伸びる銘柄が見えてくるかも知れません。

コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介!のイメージ

目次

  1. 1この記事のポイント!
  2. 2コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄は13種類
  3. 3コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄紹介
  4. 4コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄は注目すべき
  5. 5コインチェック(coincheck)が取り扱い通貨・銘柄の種類まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

この記事のポイント!

  • コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨13種
  • コインチェック(coincheck)取り扱い通貨時価総額ランキングと通貨の特徴
  • コインチェック(coincheck)の取り扱う通貨に注目すべき理由

コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄は13種類

コインチェック(coincheck)は国内大手の仮想通貨取引所であり、現在の取り扱い通貨の銘柄は13種類と最大数となっています。
 

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • ダッシュ(DASH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モネロ(XMR)
  • ネム(XEM)
  • リスク(LSK)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • オーガー(REP)
  • ファクトム(FCT)

これらの銘柄はすべて、送金受金、購入が可能です。
さらにそれらの通貨はビットコインで取引を行うことができます。

将来有望な仮想通貨の銘柄も積極的に取り入れているとても便利な仮想通貨取引所です。
コインチェックはアルトコインを多く取り扱っているという強みがあるだけでなく、初心者の方でも簡単に3ステップでコインを買えハッキング被害への補償もしている安心の取引所です!

まだコインチェックの口座を持っていない方はこちらでコインチェック(coincheck)の口座開設の手順について説明しています!

Thumbコインチェック(coincheck) の登録方法から口座開設!本人確認の流れも解説!

今回はコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨の銘柄の特徴ランキングをみて行きましょう。

①2017年4月19日に3種類が追加

コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨の中で、最近追加された仮想通貨の銘柄は「ネム」「ライトコイン」「ダッシュ(旧ダークコイン)」が4月19日に追加。「ビットコインキャッシュ」が8月14日に追加されました。

この追加された仮想通貨の銘柄もどのような特徴があるか、あとでもう少し詳しくみてみましょう。

それでは次に、コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨13種類の中で、時価総額が高い順に仮想通貨をご紹介していきます。

②仮想通貨時価総額ランキング

  時価総額(通貨発行量×価格) 現在価格
ビットコイン(BTC) 約25兆 約200万円
イーサリアム(ETH) 約4兆 約5万円
ビットコインキャッシュ(BCH) 約3兆 約17万円
リップル(XRP) 約1兆 約26円
ダッシュ(DASH)※旧ダークコイン 約6700万 約9万円
ライトコイン(LTC) 約6400万 約1100円
イーサリアムクラシック(ETC) 約3兆 約3300円
モネロ(XMR) 約5500万 約4万円
ネム(XEM) 約3000万 約34円
リスク(LSK) 約1250万 約1100円
ジーキャッシュ(ZEC) 約1100万 約4万円
オーガー(REP) 約400万 約3600円
ファクトム(FCT) 約250万 約3000円

コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨時価総額ランキング1位はビットコイン2位はイーサリアム3位はビットコインキャッシュという並びになっています。

やはり初めてできた仮想通貨と言うこともあり、ビットコインの価格はすさまじいことになっていますね。

Thumbビットコイン価格が最高値を更新!価格変動の原因は?1週間の推移をウォッチ

コインチェック(coincheck)に後から追加されたネム、ライトコイン、ダッシュもかなり高いランクの銘柄となっています。

それでは次は、コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨の特徴を一つずつ解説していきます。コインチェック(coincheck)に後から追加された取り扱い通貨の銘柄も一緒にご案内していきます。

コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄紹介

①ビットコイン(BTC)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
BTC 2009年 2100万 約1670万

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨時価総額ランキング1位ビットコイン。2017年の初めの通貨価格は11万でしたが、この1年で一時は230万という20倍以上の伸びを見せ、仮想通貨業界全体が盛り上がっていました。

世界初の仮想通貨の銘柄であり、現在ほぼすべての仮想通貨取引所で取り扱い通貨となっています。ブロックチェーンという特別なシステムで管理しており、取引の最初から最後までを順序も一緒に記録していますので、ハッキングが理論上不可能と言われるとてもセキュリティの高い通貨です。

仮想通貨の銘柄は円やドルなどの国に属しませんので、国内事情の大きなニュースが起きても、通貨価格が崩れにくいことも良い特徴として上げられます。

Thumbブロックチェーンとは?仕組み・特徴をわかりやすく解説【初心者向け】

②イーサリアム(ETH)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
ETH 2014年 未定 約9600万

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨の時価総額ランキング2位の銘柄はイーサリアム。2017年初めの通貨価格は1200円でしたが、この一年で5万円と約40倍にふくれあがりました。

イーサリアムはブロックチェーン上で自動的にプログラムを発生させることが出来、送金と同時に販売している曲なども同時に聴けるようになるなど、取引を柔軟に行えるように設計されています。

また、この通貨にはプルーフ・オブ・ステークというシステムを導入する予定で、仮想通貨の保有年数でマイナーへの報酬がかわるというさらによいシステムを実装しようとしています。

これにより、ビットコインで問題になっている51%攻撃という技術の高いマイナーだけに報酬が行ってしまうことを防ぐことができます。

イーサリアムについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

Thumbイーサリアムが過去最高値を更新!どこまであがる!?
Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説!

③ビットコインキャッシュ(BCH)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
BTH 2017年 2100万 約1680万

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨の時価総額ランキング第3位ビットコインキャッシュ

ビットコインのハードフォーク(アップロードのようなもの)により分裂し生まれた仮想通貨です。ですので、この銘柄の機能はほぼビットコインと同じとなっています。

ビットコインキャッシュはビットコインの問題になっているトランザクション問題を解決するためにできたコインですのでビットコインキャッシュの方がより処理能力も速く中には、本当のビットコインはビットコインキャッシュともいう投資家がいます。

この仮想通貨は夏頃発行されたときは8万ほどでしたが、現在の通貨価格は約2倍の17万円近くになりました。やはりビットコインの派生ということもあり、この銘柄の期待値が高いのかも知れませんね。

Thumbビットコインが落ちる一方ビットコインキャッシュが上昇!本命はこっち?

④リップル(XRP)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
XRP 2012年 1000億 1000億

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨の時価総額ランキング5位リップル。2017年初めの通貨価格は一円未満だったのに対し、26倍(26円)に上っています。

こちらの通貨の特徴としては、金融期間同士の送金に特化したプラットフォーム「リップルネットワーク」で使える仮想通貨となっています。そのため通貨の送金時間が約4秒と、クレジットカードと変わらないくらいの速さで取引できることがメリットになっています。

日本でも三菱東京UFJ銀行がこちらの銘柄のシステムを利用する、というニュースが報道され、そのタイミングから価格が伸びました。導入は来年すぐの予定だそうですので、この仮想通貨も期待が高い銘柄といえます。

リップルについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は?

⑤ライトコイン(LTC)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
LTC 2011年 8400万 約5500万

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨の時価総額ランキング7位ライトコイン。2017年初めの通貨価格は400円でしたが、そこから2.5倍ほど伸び現在は約1万円となっています。

コインチェック(coincheck)に新しく追加されたこの銘柄の特徴は、ビットコインの欠点を改良した扱いやすい仮想通貨になっているということです。

ピアツーピアというシステムにより送金時の仲介者を外し、2.5分という短時間で通貨を送れます。ブロックチェーンのマイニングも一般家庭のPCで解析しやすいアルゴリズムのため、この通貨にマイナーが参加しやすく、さらなる時短を助けています。

Thumbライトコインとは?ビットコインとの違いや特徴、今後の価格や将来性を解説!

⑥ネム(XEM)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
XEM/NEM 2015年 89億 89億

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨の時価総額ランキング13位となったネム。2017年初めの通貨価格は2円という価格でしたが、一年で33円と約17倍のびました。

こちらもコインチェック(coincheck)で新しく追加された種類ですが、もともと別の取引所ザイフ(zaif)で発行されました。この銘柄の特徴は2017年人気となった仮想通貨の株式である「ICO」に対応する仮想通貨であることです。

また「ハーベスティング」と呼ばれるシステムがあり、ネムを持っているとその取引量、保有量に応じて配当が配られるという特徴があります。仮想通貨を増やしやすく、海外の仮想通貨取引所でも取り扱いがあるため、この銘柄をコインチェック(coincheck)も取り扱いを始められたのでしょう。

⑦ダッシュ(DASH)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
DASH 2014年 1900万 約780万

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨時価総額ランキング6位にあたるダッシュ(旧ダークコイン)。こちらの通貨価格は2017年初めは1400円でしたが、そこから約65倍の約9万に大きく成長した銘柄です。

新しく追加されたこの銘柄の特徴として、まず匿名性が高いということがあげられます。ダークセンドという送金方法により送金先と送金元のアドレスのブロックチェーンを隠してやりとりすることができます。

これにより、プライバシーが守られるようになり、ビットコインよりも送金のプライバシーを守りたい人が多く利用するようになりました。

⑧モネロ(XMR)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
XMR 2014年 なし 約1500万

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨時価総額ランキング8位モネロ、この仮想通貨の価格は2017年初めは1500円でしたが、約25倍の4万円になりました。

この銘柄もダッシュと同じ仕組みの匿名性に長けた特徴があり、「リング署名」という技術により、特定の人しか見られないメッセージなどを送ることもできます。

⑨イーサリアムクラシック(ETC)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
ETC 2016年 2億1000万~3000万 約1億

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨時価総額ランキング11位イーサリアムクラシック

この仮想通貨はビットコインキャッシュと同じく、イーサリアムから分裂した銘柄です。通貨価格は2017年は300円ほどでしたが、現在は約12倍の3500円となりました。

特徴としてはイーサリアムと同じですが、12月12日にハードフォークが行われる仮想通貨ですので、その時どのような通貨価格になるか注目の銘柄です。

Thumbイーサリアムクラシック(ETC)とは?チャートや仕組みや将来性!

⑩リスク(LSK)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
LSK 2016年 なし 約1億1500万

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨時価総額ランキング17位となったリスク。通貨価格は2017年初めは16円でしたが、66倍の1000円をマークしました。

この銘柄の特徴はサイドチェーンという技術で、ブロックチェーンを本筋に、そこからブロックチェーンを枝のようにのばして作ることができます。

仮想通貨の取引データが複雑化するためセキュリティも高く、サイドチェーンで独自のトークンも追加することが可能です。
今年の価格上昇率でもトップクラスで今後が楽しみな通貨です。

Thumb仮想通貨の価格(レート)ウォッチ!価格変動率や流通額の順位発表!

⑪ジーキャッシュ(ZEC)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
ZEC 2016年 2100万 約280万

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨時価総額ランキング19位ジーキャッシュ。通貨の価格が2017年初めは6000円でしたが、約6倍の4万円に成長しました。

この銘柄の特徴は「ゼロ証明」という技術を使った秘匿性で、通貨の取引時に必要な情報以外を見えなくすることができます。かつ正確に通貨の取引記録をとるため、セキュリティにも強い銘柄です。

⑫オーガー(REP)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
REP 2016年 1100万 1100万

コインチェック(coincheck)取り扱い通貨時価総額ランキング34位になるオーガー。2017年初めの通貨価格はは1000円くらいでしたが徐々に伸び、現在の通貨価格は3倍の3500円になっています。

あるイベントにおいて将来どうなるかの予想をし、あたると報酬がもらえるという「予想市場」を行えるプラットフォームがオーガーであり、 そこで使える仮想通貨が「REP」です。

またこの通貨はイーサリアムのスマートコントラクト上で発行された通貨であるため、イーサリアムに通貨価格を動かされることがあるようです。

オーガーについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbオーガー(Augur)ってなに?今後の価格は?将来有望な通貨を解説【完全版】

⑬ファクトム(FCT)

略称 公開年 発行上限 現在発行量
FCT 2015年 なし 約280万

最後はコインチェック(coincheck)取り扱い通貨時価総額ランキング51位になるファクトム。2017年はじめの通貨価格は350円くらいでしたが、現在約10倍の3000円となっています。

この通貨は変更不可能な電子データを送信するために使われるという特徴があり、マイニングの必要がないため手数料無料で送受信できるのが強いメリットとなっています。また、通貨の取引を一回にひとまとめして行うため、データの負荷もかかりにくいです。

コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄は注目すべき

コインチェック(coincheck)の銘柄を注目すべき点として、取り扱い通貨のどれも大きく暴騰したことがある、というのが大きいでしょう。

どれくらい伸びたか倍数も書きましたが、最大でビットコインの通貨価格伸びが100倍以上、マイナーな通貨価格でも4倍~60倍ほど上がっているのが分かります。

コインチェック(coincheck)の選ぶ銘柄の通貨価格は将来の伸びを期待しやすい、あたりの多い種類が集まっているのです。

コインチェック(coincheck)が取り扱い通貨・銘柄の種類まとめ

コインチェック(coincheck)の仮想通貨の種類のランキングがどれくらいあがったか、一通りご説明しましたがいかがでしょうか? 

仮想通貨はあまり安定しない通貨価格の動きをしますが、買った通貨が大きく伸びて口座がすごいことに……という夢も多いです。

特にコインチェック(coincheck)は将来有望な通貨が多く2017年だけでずっと保有していたアルトコインの価格が上昇しコインチェック(coincheck)の口座がすごいことになっている人は多くいたでしょう。

仮想通貨も1000種類以上存在しますので、まだまだそのような隠れた仮想通貨の銘柄をコインチェック(coincheck)が追加する可能性は高いです。そのチャンスを逃さないよう、コインチェック(coincheck)に今後も注目ですね。

管理人"孝太"

(27 投資歴3年)

私もコインチェック(coincheck)の中のアルトコインを保有しているだけで口座がすごいことになった一人です(笑)
コインチェック(coincheck)のいいところはやはり海外では当たり前に取引されている有望なアルトコインを取り扱っているところで、もしビットコインの取引しかしてなかった人でコインチェック(coincheck)のアカウントを持っていない人は、アルトコイン投資を始めることを本当におすすめします!

コインチェックの口座開設手順や評判についてまとめました!

Thumbコインチェック(coincheck) の登録方法から口座開設!本人確認の流れも解説!
Thumbコインチェック(coincheck)の安全性はどう?評判や口コミまとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

コインチェックでも扱っていない有望なアルトコインを買える取引所は?

コインチェックで買えるアルトコインは海外でも有名どころのコインです。
そんなコインよりもマイナーですが、この一年で10倍になったコインを数多く取引できる取引所はザイフです!
ザイフは手数料の安さが国内No.1という強みもありますし、それ以上に多くのアルトコイン(トークンと呼ばれる)を取引しています!
そんなザイフのアカウント開設はたったの30秒です!
まだ持っていない人はぜひアルトコイン投資をザイフでも始めてみてください!

ザイフの口座開設はこちらで詳しく解説!

ThumbZaif(ザイフ)のアカウント作成・登録から入金方法まで詳しく解説!

さらに多くのアルトコインも取り扱っている取引所に興味があるならBinance!
Binanceでは国内取引所では手に入れられないような通貨もある一方で、IOTAのようにとても将来性の高い通貨も取引してます!
そんな通貨への取引に興味があるならBinanceもおすすめです!

Thumb仮想通貨(暗号通貨)のIOTAが価格暴騰!ついに仮想通貨(暗号通貨)4位!

コインチェックについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)のCMが開始!出川哲朗が主演で影響力大!うざいと話題に!?
Thumbコインチェック(coincheck)でのアルトコインの買い方・売り方・手数料まとめ

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング3選!【最新版】
Thumbzaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説!

仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side