BITPoint(ビットポイント)の評判と特徴と手数料まとめ!

BITPoint(ビットポイント)はどのような取引所? BITPoint(ビットポイント)の会社概要からメリット、デメリットも含めた評判もまとめてみました。気になるけど評判や手数料をよく知ってから始めたい……という方はぜひご確認を!

BITPoint(ビットポイント)の評判と特徴と手数料まとめ!のイメージ

目次

  1. 1この記事のポイント
  2. 2BITPoint(ビットポイント)とは?
  3. 3BITPoint(ビットポイント)の運営会社
  4. 4BITPoint(ビットポイント)の特徴
  5. 5BITPoint(ビットポイント)の評判・口コミ
  6. 6BITPoint(ビットポイント)での取扱通貨
  7. 7BITPoint(ビットポイント)手数料まとめ
  8. 8BITPoint(ビットポイント)で行える取引
  9. 9BITPoint(ビットポイント)口座開設
  10. 10BITPoint(ビットポイント)本人確認
  11. 11BITPoint(ビットポイント)を使うメリット
  12. 12BITPoint(ビットポイント)を使うデメリット
  13. 13BITPoint(ビットポイント)の独自のサービス
  14. 14BITPoint(ビットポイント)の追証・ロスカットルール
  15. 15BITPoint(ビットポイント)の将来性
  16. 16BITPoint(ビットポイント)のまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

この記事のポイント

  • BITPoint(ビットポイント)の特徴や口コミ
  • BITPoint(ビットポイント)の口座開設方法
  • BITPoint(ビットポイント)のメリット、デメリット

BITPoint(ビットポイント)とは?

BITPoint(ビットポイント)は株式会社ビットポイントジャパンが運営する、FXに特化した仮想通貨取引所です。BITPoint(ビットポイント)はビットコインやイーサリアムなどの主要の仮想通貨を外貨でも取引が可能となっていることが大きな特徴となっています。またMT4(メタトレード4)と呼ばれるトレードソフトを利用できるのも好評判の一つとなっています。
BITPoint(ビットポイント)はまだ新しい取引所で、分からないことも多いかもしれません。口コミや評判、口座開設方法やメリット、デメリットも合わせて細かく見ていきましょう。

BITPoint(ビットポイント)の運営会社

商号 株式会社ビットポイントジャパン
住所 東京都目黒区東山1-5-4 KDX中目黒ビル
設立 2016年3月3日
資本金 24億3,000万(資本準備金含む)
取締役会長 高島 秀行
代表取締役社長 小田 玄紀
代表取締役CTO 原田 勉
取締役 林 千春
監査役 花岡 裕之
株主 株式会社リミックスポイント

BITPoint(ビットポイント)は2016年にできた、比較的新しい仮想通貨取引所です。BITPoint(ビットポイント)を運営する株式会社ビットポイントジャパンは、株式会社リミックスポイントのグループ企業です。東証マザーズ上場のとても大きな企業ですので、信頼性は高いと言えます。

そんな安心の取引所のビットポイントの口座開設をするなら下のリンクをクリック!

ビットポイント口座開設手順はこちらで解説!

ThumbBITPoint(ビットポイント)の口座開設方法~本人確認の手順【保存版】

BITPoint(ビットポイント)の特徴

BITPoint(ビットポイント)の大きな特徴として、現物取引もレバレッジ取引もFXのような形で行えることがあげられます。取引自体は現物ですが、チャートをみたり仮想通貨の売買自体はFXと同じように行います。

また、外貨と仮想通貨を取引させることも可能なので、外貨保有自体が可能となっています。日本円だと金額がかかってしまうものも安い通貨で行う、という方法も採ることができます。また保有できると言うことは外為としての機能も果たし、仮想通貨と外為取引を同時に出来てしまう面白いシステムになっています。

FXトレードも可能で、海外でも使われている評判の高い「MT4」というも利用できます。スプレッド(売買で数量)が広めというデメリットはありますが、MT4では自動売買システムなど充実した取引方法がありとても魅力的です。

BITPoint(ビットポイント)の評判・口コミ

BITPoint(ビットポイント)の特徴や会社について説明しましたが、実際に利用しているユーザーはBITPoint(ビットポイント)をどのように感じているのでしょうか。ツイッターや2ちゃんねるの口コミ、評判をみてみましょう。

①BITPoint(ビットポイント)twitterでの評判

ツイッターではBITPoint(ビットポイント)でMT4を使えるということもあり、そちらの評判が多く見られました。自動売買システムを組めるとかなり強みになりそうですね。

②BITPoint(ビットポイント)2chでの評判

2chではBITPoint(ビットポイント)について、多く見受けられた意見が、
スプレッドが大きすぎ!」というものでした。


2chでのBITPoint(ビットポイント)の評判はあまり見つからず情報量が少ないのですが、MT4に興味がある反面そのスプレッドが大きすぎるデメリットに対する意見がほとんどでした。
MT4のスプレッドについては後述しますが、やはり取引の度にとられてしまうことを考えるとかなり痛いデメリットですね。

見えない手数料のスプレッドとはそもそもなに?という詳しく知りたい方はこちら

Thumb仮想通貨取引所のスプレッドとは?各取引所の手数料比較と選び方!

BITPoint(ビットポイント)での取扱通貨

BITPoint(ビットポイント)で対応している仮想通貨は

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

となっています。仮想通貨自体は取り扱いが少ないですが、ビットコインだけは外貨でも取引が可能です。BITPoint(ビットポイント)で可能な外貨は
  • 米ドル
  • ユーロ
  • 香港ドル
  • 人民元(調整中)
  • フィリピンペソ(調整中)

となっています。フィリピンペソはマイナー通貨ですので動きは読みにくいですが、1フィリピンペソ=2円ほどになります。まだ調整中ですが、もし利用できるようになった場合かなり安く取引が可能になり、少額でも取引しやすくなりそうです。

BITPoint(ビットポイント)手数料まとめ


各手続きの手数料

入金手数料 実費
出金手数料 実費
送金手数料 無料
仮想通貨の入金手数料 無料
※実費=ご利用の銀行振込手数料

BITPoint(ビットポイント)は入出金手数料の安さが評判の高い取引所です。ご覧の通り、必要な手数料はBITPoint(ビットポイント)への入金、そして自分の銀行口座にお金にして入金するときの振込手数料のみとなっています。提携銀行も多く、振込手数料自体もご利用銀行によっては安くなりやすいのも評判を得ています。

取引にかかる手数料も無料ですが、「スプレッド(売買手数料)」という、取引時の価格に含まれた見えない手数料が存在します。そちらの手数料は次でまとめてご説明します。

他の取引所の手数料が気になる方はこちらをチェック!

Thumb仮想通貨取引所の手数料比較!一番お得なのはどこなのかまとめ!

BITPoint(ビットポイント)で行える取引

BITPoint(ビットポイント)で行える取引は「現物取引」「レバレッジ取引(信用取引)」「FX取引」が可能です。BITPoint(ビットポイント)では現物取引とレバレッジ取引は同じ画面で行うことが出来、レバレッジを掛けない場合は現物取引、掛ける場合が信用取引として扱われます。
レバレッジは2倍・5倍・10倍・25倍から選ぶことができます。国内でもかなり高いレバレッジで取引が可能なのも評判が高い取引所です。

仮想通貨のレバレッジ取引について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbビットコインのレバレッジ取引は何倍?取引所業者の倍率比較!

FX取引では「MT4」というFXツールを利用して取引します。こちらは現物取引と違い本格的なFXトレードになりますが、自動取引を自分で組み立てられることが可能であったり、誰かが作ったオシレーターなどをダウンロードし反映することもできます。非常に使いやすく、BITPoint(ビットポイント)以外の海外の取引所でも導入されており、評判のよいトレードツールです。
国内で使える仮想通貨向けの取引所はBITPoint(ビットポイント)のみです!

shiroboshi

(29)

MT4でトレードされるのであれば、zigzag(ジグザグ)という自動で引くトレンドラインのツールをダウンロードすることをおすすめします。ダウ理論のヒントに使いやすく、価格の折り返しがすぐにわかり評判のよいツールです。

ビットポイントの口座開設手順について知りたい方はこちら!

ThumbBITPoint(ビットポイント)の口座開設方法~本人確認の手順【保存版】


売買手数料

現物取引 無料
レバレッジ取引(web・アプリツール使用) スプレッド:0.035%
スワップポイント:0.035%/日
FX取引(MT4使用) スプレッド:0.035%
スワップポイント:0.035%/日

こちらがBITPoint(ビットポイント)の取引の度にかかる手数料です。スプレッドは新規取引時にとられる手数料、スワップポイントは取引したまま日をまたぐ度に取られる手数料となっています。(レバレッジやMT4の取引時の手数料は相場の動きで変わります)
現物取引は無料で行えますが、レバレッジやMT4は日をまたぐ毎にさらに取られてしまいますので、長期で続けると利益によっては大きなマイナスになってしまう可能性もあります。出来る限りその日の内に約定してしまうのが良いでしょう。

BITPoint(ビットポイント)口座開設

BITPoint(ビットポイント)ではただいま、新規口座開設のキャンペーン中になっています。12月初めから、12月31日までに口座開設し、さらに2018年1月15日16時まで入金を行ったアカウント限定になっておりますので、ぜひこの機会にご利用下さい。

では簡単にBITPoint(ビットポイント)の口座開設方法をご案内します。画像が複数にわかれていますが、サイト上では1画面で終わる簡単な登録画面になっています。
まず、BITPoint(ビットポイント)のサイトを開くと、右上に「口座開設」というボタンがありますので、そちらから入力していきます。
口座開設には運用においての理解や説明書や取引の規約などをしっかり読み、同意が必要になりますので、よくお読みいただき「はい」を選択します。

すべて確認しましたら画面を下にスクロールしましょう。次は名前住所入力、利用口座の入力です。口座などはあとで変更も出来ます。自分の口座名義のものを利用しましょう。

つづいて下に下がると、暗証番号の入力(4桁以内で推理されにくい番号を入力して下さい)と、現在の仕事や年収など入力する画面になります。運用においてどれくらいの経験があるか、資金面で無理はないかなどの確認で、伝えなければならない義務となっています。こちらも正確に入力しましょう。

最後にレバレッジ取引やFX取引の申し込みです。こちらは証拠金が必要になりますので、利用する際は資金面で一定以上の余裕のあるユーザーしか申し込むことが出来ません。書面をよく確認し、条件を満たしているか確認して申し込みましょう。

ここまできたら、あとは本人確認だけです。「確認画面」を押し、入力情報に問題がなければ本人確認に移ります。

BITPoint(ビットポイント)本人確認

BITPoint(ビットポイント)口座開設で必要なものは、「顔写真付の本人確認書類」を一種類準備するだけでOKです。具体的には
 

  • 運転免許証(両面)
  • 運転経歴証明書(両面)
  • 旅券・パスポート(顔写真入りページと住所記載ページ)
  • 住民基本台帳カード(両面)

あと記載がありませんが、マイナンバーカードももちろん使うことが出来ます(通知カードでは無効)。それぞれ青色の「本人確認書類の選択」をクリックするとアップロードする画像が選べますので、事前に撮影しておくと簡単です。

BITPoint(ビットポイント)口座開設時に、もし顔写真ものの証明書の準備がない場合は
A(左側)を2点か、AB(右側)を1点ずつ送る形になります。

A

  • 各種健康保険証(両面)
  • 介護保険証等健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 児童扶養手当証書
  • 各種福祉手帳

B
  • 公共料金(固定電話、電気、水道、NHK、ガス)いずれかの領収書
  • 国税、地方税の領収書
  • 社会保険料の領収書(国民年保険料や健康保険料の領収書など)
  • 納税証明書
  • 住民票の写し(本籍地は不要、日付が3ヶ月以内)
  • 印鑑証明書(日付が3ヶ月以内)

 

BITPoint(ビットポイント)口座開設において、もし外国籍の方がいましたら、「在留カード(両面)」または「特別永住者証明書(両面)」をご準備下さい。

これで申請完了です。数日の審査後、ログイン情報の入った書類がとどきます。そちらをみてログインすれば、BITPoint(ビットポイント)での取引を始めることができます。

ここまで来るとアプリの利用もできます!ビットポイントアプリについて詳しく知りたい方はこちらから

ThumbBITPoint(ビットポイント)アプリの使い方まとめ!【口座開設から売買方法 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

BITPoint(ビットポイント)を使うメリット

メリット①提携の銀行の数が多い

BITPoint(ビットポイント)の提携銀行はゆうちょ銀行住信SBIネット銀行東京スター銀行となっています。3社は取引所では多くとてもメリットが大きいですが、なかでも住信SBIネット銀行は同じ銀行の口座をもっていれば振込手数料がかかりませんので、BITPoint(ビットポイント)の口座開設のときに一緒に住信SBIネット銀行の口座開設もおすすめします。

メリット②ビットコインの送金手数料が無料

先ほどの手数料一覧でも表示しましたが、BITPoint(ビットポイント)は送金手数料が無料となっています。ビットコイン等仮想通貨は送金手数料が元々安いことが売りですが、無料で送金、受金できる取引所は滅多にありません。仮想通貨の送金をメインに使う方はBITPoint(ビットポイント)を利用するととてもよいメリットになります。

メリット③レバレッジが最大25倍

最後は先ほども記載したとおり、BITPoint(ビットポイント)はレバレッジが最大25倍というのも評判が高いです。国内では外為FXで最大25倍という決まりがありますが、仮想通貨はそこまでレバレッジを設けているところは少ないです。大きな利益や証拠金を少なくしたいという方はBITPoint(ビットポイント)を利用すると良いですね。

他社のレバレッジ取引について詳しく知りたい方はこちら

Thumbビットコインのレバレッジ取引は何倍?取引所業者の倍率比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

BITPoint(ビットポイント)を使うデメリット

デメリット①登録までの時間がかかる

BITPoint(ビットポイント)の口座開設時には、審査などで不備がなければだいたい5日ほどで書類が届くようになっています。ただ土日は含みませんので、もしかすると1週間近くは待つことになるかもしれません。取引所によってはすぐさま取引可能なところも増えておりますので、デメリットでしょう。

他の取引所の取引開始までの日数について詳しく知りたい方はこちら

Thumbコインチェック(coincheck)の本人確認!ハガキ到着までの反映日数とは?
Thumbbitflyer(ビットフライヤー)の本人確認の手順と時間と必要書類まとめ!

デメリット②MT4スプレッドが大きい

次のBITPoint(ビットポイント)のデメリットとしては、MT4のスプレッドがかなり高いという評判があるということです。先ほどの口コミでも辛口な評判がありましたが、たしかに3000円取られてしまうのは痛手ですね。これは取引量や相場の動きが大きいか小さいかで振れ幅がありますが、40前後から100円、1000円近くというのはよくある数字のようです。
MT4を導入している海外の外為FXでも、ドル円の取引で16円~25円ほどですので、差の大きさを感じさせられます。ただやはりMT4は非常に便利ですので、もし利用される際は相場の動きやスプレッドの大きさには特に注視しましょう。

スプレッドの大きさが気になるという方はビットコイン取引量国内No.1でスプレッドも小さい取引所のビットフライヤーがおすすめ!
レバレッジ取引も機能が充実していて、中上級者の方も満足の取引所です!

ビットフライヤーの口座開設手順について知りたい方はこちら

ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)の口座(アカウント)開設/登録方法まとめ

ビットフライヤーの評判について知りたい方はこちら

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・口コミまとめ!

デメリット③クレジットカード入金ができない

最後のBITPoint(ビットポイント)のデメリットとして、クレジットカード入金ができないこともあげられます。他の大手取引所ではクレジットカード入金はほとんど対応しているため、入金がしにくい要因になっています。クレジットカードは一瞬で入金が可能ですので、買いのタイミングを逃したくない時にはとても大事な機能になります。

ただクレジットカード入金は他の取引所でもかなり手数料が取られてしまうシステムですので、全く大きなデメリットとは言えないかもしれません。

クレジットカード購入手数料が安くおすすめの取引所はザイフです!

クレジットカード購入について詳しく知りたい方はこちら

ThumbZaif(ザイフ)のクレジットカード決済・購入の手数料まとめ!

ザイフの評判や特徴について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbzaif(ザイフ)の手数料・特徴・評判は?他取引所と徹底比較!

BITPoint(ビットポイント)の独自のサービス

独自サービス①EIKONを利用した情報提供

EIKONとはトムソン・ロイター通信の情報端末サービスです。ロイター通信では株価や外為など、資産運用に関するニュースをいち早く知ることができます。BITPoint(ビットポイント)を利用していれば、新しいニュースに対応しやすくなるということですね。

配信している通貨ペアは、BITPoint(ビットポイント)で取引可能なビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュのほか、ビットコインが取引できる外貨ペアの情報も入ってきます(ビットコイン/ドルやビットコイン/ユーロなど)。
今月までは1時間おきに価格の更新を行いますが、来年1月からは毎日リアルタイムで価格を提供してくれるようですので、より便利にBITPoint(ビットポイント)を利用できることでしょう。

BITPoint(ビットポイント)の追証・ロスカットルール

追証(おいしょう)」とは、証拠金がマイナスになったときに一定期間内に入金をすることをさします。BITPoint(ビットポイント)では追証が適用されており、売買手数料を引かれた際に証拠金より下回ってしまうと証拠金にマイナスがついてしまいます。追証判定後16時までにプラスにする、あるいは入金を行えば問題ありませんが、過ぎてしまうと延滞金も発生してしまいますので、レバレッジもいきなり大きくかけすぎず、資金管理をしっかり行いましょう。

またロスカットルールですが、口座全体の証拠金維持率が100%を下回った場合に100%に回復するまで取引を自動決済し続けます。資金を守るためのルールですが、急激な価格変動時には証拠金の額を超えてしまうこともあり、その場合は追証が必要になります。

100%で適用されるのは他の取引所と比べてもやや厳しいルールですし、追証がないところもありますので、この2つの要素がデメリットとなっている方も多いかも知れません。

BITPoint(ビットポイント)の将来性

BITPoint(ビットポイント)は3大大手のbitflyer(ビットフライヤー)、coincheck(コインチェック)、zaif(ザイフ)に比べるとデメリットもありますし、仮想通貨も種類が少ないですが、もしものためのセキュリティもしっかりしていますし、外貨保有MT4が使えるなどBITPoint(ビットポイント)にしかないサービスも多く展開されています。

2016年にできたばかりということもありますので、今後増えていくサービス次第では利用者が大きく伸びるかも知れません。

BITPoiint(ビットポイント)と他社との比較について詳しくまとめた記事がこちらです!

Thumb仮想通貨のおすすめ取引所ランキング6選!【ビットコイン初心者OK】

BITPoint(ビットポイント)のまとめ

BITPoint(ビットポイント)について特徴からメリット、デメリットなどお伝えしましたが、いかがでしょうか?ややデメリットは感じますが、他の取引所にはない独自のメリットも多く存在しています。会社自体も大きく信頼性が高いですので、取引は安心して行えると言って良いでしょう。外為を経験した方は特に仮想通貨デビューにとても向いている要素が強いと思います。

本格的なトレードをしたい方はぜひビットポイントで口座を作成しましょう!

本格的なトレードにおすすめの取引所をご紹介!

日本一手数料が安く、本格的なFXトレードもできるザイフ
BITPoint(ビットポイント)では取り扱っていないネムやモナコインなど急騰中の人気のアルトコインも取引できます!

ザイフの口座開設手順について詳しく知りたい方はこちら!

ThumbZaif(ザイフ)のアカウント登録から口座開設までの方法【キャンペーン情報記載】

日本一のビットコイン取引量を誇るビットフライヤーはトレードをしっかりしたい人におすすめ!
取引量がもっとも大きいため取引が決まりやすく、自分の欲しいタイミングでの取引ができます!

ビットフライヤーの口座開設手順について知りたい方はこちら

ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)の口座(アカウント)開設/登録方法まとめ

トレードについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbビットコインのレバレッジ取引は何倍?取引所業者の倍率比較!
Thumbbitflyer(ビットフライヤー)のレバレッジ(FX)取引のやり方とかけ方!

この記事を読んだ方はこちらも読んでます

Thumb仮想通貨のおすすめ取引所ランキング6選!【ビットコイン初心者OK】
ThumbbitbankTrade(ビットバンクトレード)の特徴と評判を徹底解説!

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side