zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説!

国内の仮想通貨取引所であるzaif(ザイフ)で取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)とそれらの特徴についてまとめました。zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を知りたい人やどの取引所にするか迷ってる人はぜひ参考にしてみてください。

zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説!のイメージ

目次

  1. 1国内手数料最安で多くの通貨を扱っている取引所のzaif(ザイフ)
  2. 2zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)
  3. 3 zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの特徴
  4. 4zaif(ザイフ)で取り扱い通貨の銘柄(種類別)
  5. 5zaif(ザイフ)で取り扱っているトークンの銘柄(種類別)
  6. 6COMSAとは
  7. 7Zaif(ザイフ)はリップル(XRP)を取り扱っていない
  8. 8zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)は増える?
  9. 9zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

国内手数料最安で多くの通貨を扱っている取引所のzaif(ザイフ)

zaif(ザイフ)は国内最安の手数料で有名な取引所です!

手数料は気がつけば大きな額になっているのでバカにできません。手数料がやすいことはとても大きなメリットです。

またZaif(ザイフ)は安いだけでなく、国内で最も多くの種類の仮想通貨を取り扱っています
今回は手数料の安さ以外のzaif(ザイフ)のおすすめポイントを紹介します!

まだzaif(ザイフ)のアカウントを持っていない方は下のリンクから登録してお得に有望な仮想通貨を手に入れましょう!

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)

この記事では、zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・トークンの銘柄の種類やそれらの特徴について紹介していきます。zaif(ザイフ)で仮想通貨の取引を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

zaifでは、仮想通貨内で、時価総額1位ビットコイン(Bitcoin)や、知名度の高いアルトコインであるイーサリアム(Ethereum)やネム(NEM)をはじめとして、Zaif取引所を運営するテックビューロ株式会社が発行しているZAIFトークンなどの取り扱いもされています。

現在のzaif(ザイフ)で取り扱っている銘柄は以下のようになっています。
 

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • モナコイン(Monacoin)

  • ネム(NEM)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

  • ZAIF
  • フィスココイン(FSCC)

  • BitCrystals(BCY)
  • ペペキャッシュ(PEPECASH)

  • Storj(SJCX)
  • CounterParty(XCP)

  • CAICA(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • ゼン(JPYZ)

zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの特徴

zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの特徴としては、国内取引所では取り扱いがないトークンやアルトコインの銘柄が豊富です。

例えば、Zaif取引所を運営するテックビューロ株式会社が発行しているZAIFトークンや、株式会社FISCOの発行するトークンであるフィスココイン(FSCC)などの企業発行トークンが取り扱われています。

このような企業発行トークンは、他のCoincheckなどの取引所では取り扱われていないため、企業発行トークンを購入したい方にはオススメです。

加えて、CounterParty(カウンターパーティー)によって発行されているXCP(トークン)などの銘柄も、国内取引所ではzaif(ザイフ)のみとなっています。

T・S

(22)

zaif(ザイフ)は、他の国内取引所に比べて手数料が安く、アルトコインやトークンも購入することができるので、よく利用しています。コイン積立ができるので、初心者にもオススメできる取引所だと思います。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Zaif(ザイフ)でお得に人気のアルトコインを手に入れましょう。

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

zaif(ザイフ)で取り扱い通貨の銘柄(種類別)

ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインは、サトシ・ナカモトを名乗る人物によって投稿された論文に基づいて2009年に運用が開始された通貨です。

ビットコインは、非中央主権的に管理されてる仮想通貨であり、取引履歴はブロックチェーンという公開された台帳に記録されています。

二重支払いの検知などのためにプルーフ・オブ・ワーク(Proof of work)が用いられてます。

ビットコインは権力機関や特別な権限を持つ発行者無しに、決済や送金などを行うことが出来ます。
また、価値保存や投資としても注目を浴びており、価格も上昇を続けており、現在仮想通貨の時価総額は1位となっています。

取引では、通貨単位としてBTC(ビーティーシー)が使用されています。


ビットコインの最近の動向について知りたい方はこちら!

Thumbビットコイン価格が最高値を更新!価格変動の原因は?1週間の推移をウォッチ

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムは、分散型アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称です。

イーサリアム(Ethereum)は分散型のネットワークであるブロックチェーン上にスマートコントラクトが記述されていて、書き込まれた内容が実行される仕組みになっています。

イーサリアムは、ビットコインに次いで、時価総額が2位(2017年12月現在)と仮想通貨の主要なアルトコインの1つです。

Ethereumでは、内部通貨「Ether」が規定されています。ビットコインと同様に採掘者による採掘の報酬としてEtherが発行されるプルーフ・オブ・ワーク(Proof of work)という仕組みが使用されています。

今後は、保有数が多いほどマイニングが簡単にできる仕組みであるプルーフ・オブ・ステーク(Proof of stake)に移行される予定になっています。
プルーフ・オブ・ステーク(Proof of stake)は大量の電力を必要としない点や、51%攻撃を受けづらい点で注目されている仕組みです。

イーサリアムについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説!

モナコイン(Monacoin)

日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ氏)によって開発されている日本初の暗号通貨です。

ライトコインをベースに開発されており、ビットコインと比べて、送金が早く手数料が安いのが特徴です。
また、世界で初めてSegWitを実装したコインとして有名です。SegWitは1つ1つのデータ容量を小さくすることで送金の遅延を解決するソリューションとして注目されています。

日本初のコインということもあり、日本語情報が豊富でコミュニティも活発です。
実際にモナコインを使用できるサービスも存在しています。

例えば、twitterで投げ銭できるtipmona(チップモナ)や、チップが送れる掲示板のAsk Monaというサービスが存在してます。

モナコインについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性!

ネム(NEM)

ネム(nem)はアルトコインの一種であり、その名称はNew Economy Movement(新たな経済運動)という意味です。

NEMはプルーフ・オブ・インポータンス(Proof-of-importance)という仕組みを使っています。

プルーフ・オブ・インポータンス(Proof-of-importance)は、通貨を保有している量や期間だけでなく、取引の活発さなども考慮して報酬のもらいやすさを決める仕組みです。

これによって(ビットコインや現在のイーサリアムと違って)、NEMは電力をあまり消費せず、そしてよりセキュリティ上堅牢なものになっています。

発行される仮想通貨の単位は「XEM(ゼム)」、総発行量は8,999,999,999XEMとなっています。

さらにザイフについて詳しく知りたい方はこちら!

ThumbZaif(ザイフ)取引所でXEM/NEM(ネム)を購入すべき4つの理由!

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

ビットコインキャッシュとはビ、2017年8月1日18:24:41(UTC)にビットコイン(Bitcoin)のハードフォーク(分岐)によって誕生したアルトコインです。

基本的な仕様はほぼビットコインと同じものとなっています。技術的な観点でいうとブロックサイズがビットコインの約8倍となっています。このブロックサイズの違いは、ビットコインの問題点の1つであるスケーラビリティ問題の解決を図っています。

ビットコインキャッシュは、一時的にビットコインのハッシュレートを超えたこともあり、その際に値段が高騰したことがあります。また、「ビットコインキャッシュは本当のビットコインだ」と言ってる投資家も存在しており、今後の展開に注目が集まっています。

ビットコインキャッシュについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

Thumbビットコインが落ちる一方ビットコインキャッシュが上昇!本命はこっち?

zaif(ザイフ)で取り扱っているトークンの銘柄(種類別)

ZAIFトークン

ZAIFトークンとは、Zaif取引所を運営するテックビューロ株式会社の発行するトークンです。
2016年7月からZaif取引所で売買できるようになりました。

ZAIFトークンは、COMSAが登場するまでは、使い道は特にないものだったのですが、COMSAが登場したことによって、価値が付いたトークンだと言えます。

また、COMSAのプレセールが終わった現在は使い道がないですが、今後、ZAIFトークンの価値をあげるために、テックビューロ株式会社はZAIFトークンの使い道を広げようとすることが予想できます。

ThumbZaif(ザイフ)トークンとは?買い方からチャートの見方を徹底解説!

フィスココイン(FSCC)

フィスココインは株式会社FISCOの発行するトークンです。

フィスココインは発行主体である株式会社FISCOの判断の元で発行量が決められました。
全発行量は5000万FSCC(FSCC=フィスココインの単位)で2017年7月に発行はこれ以上されない「ロック」がされています。

フィスココインは現在、仮想通貨通貨で野菜が買えるネクスファームや、仮想通貨で旅行ツアーを購入できるウェブトラベルなどで使用することができます。

BitCrystals(BCY)

BitCrystals(BCY)は、Spells of Genesisというゲーム内通貨として利用できる仮想通貨です。ゲームはパソコンとiOS、アンドロイドでもプレイすることが可能となっています。
BitCrystals(ビットクリスタル、BCY)は供給量が100,000,000個と決まっています。

ゲーム内で利用はもちろんですが、ゲーム自体の評価や人気が高まれば、トークン自体の価値は向上することが予想されます。

ペペキャッシュ(PEPECASH)

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)は、海外匿名掲示板である「4ちゃんねる」で、Counterparty(カウンターパーティ)というビットコインのブロックチェーンのプラットフォーム上で生み出された独自トークンです。

使用用途としては、レアペペカードと呼ばれるデジタルカードの売買に使用することができます。このカードを売買できるサイトでは、自分でカードを作成して売ることや、他人のカードを買うことが出来ます。その際にPEPECASH(ぺぺキャッシュ)が使用されています。

Storj(SJCX)

Storjは、分散型のクラウドストレージのプラットフォームです。
つまり、StorjはDropboxやGoogleDriveなどと同様のサービスを利用者へと提供するものの、そのサービスが分散型であるということです。

仕組みとしては、ネットワーク内の他人のPCにファイルを保存し、その対価としてSJCXを払います。また、自分自身のPCに他人のファイルを保存すると、SJCXを受け取ることができます。

従来のdropboxやGoogleDriveなどのサーバー・クライアント型のクラウドストレージサービスと比較して、安価で安全であることが特徴です。

分散型のストレージについてはこれから世界でも流行っていくと言われていますが、その先駆け的存在です。

CounterParty(XCP)

Counterpartyはビットコインのブロックチェーンを拡張することが目的のプロトコルです。
Counterpartyの機能としては、独自トークンの発行や分散取引、スマートコントラクトがあります。

特に注目すべきなのが独自トークンの発行で、コーディングなどすること無しに自分の通貨を発行することが出来ます。その際に通貨XCPが使用されます。

つまり、Counterpartyによって、発行されたトークンの価値が高まり、独自トークン使用するサービスが増えると、通貨XCPへの需要も高まる可能性があるということです。

CAICA(CICC)

CAICAコインは、株式会社カイカがブロックチェーン技術を用いて発行したトークンです。

このトークンは一部を株主に配布されており、また、2017年2月に追加発行をロックしました。
現在までに300百万枚発行されているため、追加発行をロックしたということは、この発行枚数か増えることがないということです。

このトークンの使用用途ですが、フィスココインと同じく、特設ウェブページから、旅行ツアーや商品、テクノロジーに関する電子ファイルなどを購入することが出来ます。

ネクスコイン(NCXC)

ネクスコインは、上記のフィスコグループに入っている株式会社ネクスグループが発行しているトークンです。

ネクスグループが運営するネクスファームというサービスやe-旅ネットというサービスでは、野菜や海外旅行ツアーをネクスコインを使って購入することができます。

いずれはこうした決済手段だけでなく、IoTとしての利用も目指しているようです。
 

ゼン(JPYZ)

JPYZは、一般社団法人ブロックチェーン推進協会が発行している、円の次を行くことを目指しているトークンです。

日本円の次を行くという意味からYenの次をとってZenという名前がついています。

市場で流通するZenの量と同じ量のYenを一般社団法人ブロックチェーン推進協会では常に確保しており、それによってZenの価値がYenと等しくなる、つまり1Zen = 1Yenになるように調整されています。

COMSAとは

COMSAはICOにZaifを運営するテックビューロという企業が開発したプラットフォームです。

COMSAによって企業はブロックチェーンを導入し、独自の仮想通貨を発行することができるようになります。
それによって企業はICOで資金を集めることが可能となります。

COMSAもICOで資金を集めることによって生まれました。

COMSAのトークンはCMSになり、ETH基盤のトークンとXEM基盤のトークンの2種類があります。

同じCMSトークンではありますが、それぞれのブロックチェーン上に機能し、それぞれに価格を持っています。

Zaif(ザイフ)はリップル(XRP)を取り扱っていない

今非常に注目されており、将来性が非常に期待されている大人気通貨であるリップル(XRP)は、2018年3月12日現在まだZaif(ザイフ)で取り扱われていません。

リップル(XRP)は非常に人気通貨であり、リップル(XRP)を取り扱っているだけでリップル(XRP)を買うことを目的としたユーザーが登録してくれるほどです。

世界でも非常に注目されている通貨であり、今後Zaif(XRP)で取り扱われる可能性も高いですが、現状まだリップル(XRP)の取扱はされておりません。

今後に期待しましょう。

zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)は増える?

zaif(ザイフ)では、取り扱われるアルトコインやトークンは随時追加されています。

例えば、2017年12月には、日本初のICOプラットフォームであるCOMSAのトークンを取り扱いが開始されました。

COMSAは、企業の現実社会における既存ビジネスを中心としたICOによる資金調達と、既存アセットのトークン技術、Zaif取引所やmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップで提供・サポートするサービスです。

このような新規のトークンやアルトコインなどの取り扱いは今後も追加されていくことが予想されます。

また、注目されてるトークンやアルトコインが上場するときや、zaifのみで取り扱われているzaifトークンが暴騰するときなどは口座開設を希望する人が殺到してしまい、口座開設のための本人確認にかなりの日数がかかることがあります。

T・S

(22)

zaifトークンが10倍ほどの価格に上昇した時に口座を開設したため、本人確認までの2週間以上かかりました。時間に余裕を持って、お早めの口座開設がオススメです。

ThumbZaif(ザイフ)の本人確認までの時間が遅い!口座開設の手順と流れ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)まとめ

この記事では、zaif(ザイフ)で取り扱ってる通貨やトークンについて紹介してきました。
zaif(ザイフ)他の国内取引所では取り扱いのない通貨やトークンが豊富です。

紹介した中で気になる通貨や可能性を感じたトークンがあったら、ぜひ、zaif(ザイフ)で取引をしてみてください。

また、zaif(ザイフ)は手数料も安く、コイン積立などのサービスも存在してる非常に人気な取引所なので、初心者の方にもオススメできる取引所です。

Zaif(ザイフ)の口座開設がまだの方はしっかり登録してお得に仮想通貨を手に入れましょう

登録は簡単1分で完了します。

zaif(ザイフ)にはない魅力的なアルトコイン投資をするならこちらの取引所も!

Zaif(ザイフ)で取り扱っていない人気のリップルをお得に購入するならbitbankがおすすめです!
bitbankは取引の手数料が無料となっており、Zaif(ザイフ)と並び非常にお得な取引所となっています。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

さらに多くのマイナーアルトコインも取り扱っている取引所に興味があるならBinance
Binanceでは国内取引所では手に入れられないような通貨もある一方で、IOTAのようにとても将来性の高い通貨も取引してます!

Binance(バイナンス)もメールアドレスだけで簡単1分で登録できます。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨(暗号通貨)のIOTAが価格暴騰!ついに仮想通貨(暗号通貨)4位!

zaif(ザイフ)について詳しく知りたい方はこちら!

ThumbZaif(ザイフ)のアカウント登録から口座開設までの方法【キャンペーン情報記載】
Thumbzaif(ザイフ)の手数料・特徴・評判は?他取引所と徹底比較!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング3選!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨のおすすめ取引所ランキング6選!【ビットコイン初心者OK】

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side