bitFlyer(ビットフライヤー)の法人口座と本人確認の登録方法!

bitFlyer(ビットフライヤー)では、法人口座を作成することができます。この記事では、bitFlyer(ビットフライヤー)で法人口座の開設方法や、日本で仮想通貨の法人口座ができる仮想通貨取引所をまとめましたのでご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)の法人口座と本人確認の登録方法!のイメージ

目次

  1. 1bitFlyer(ビットフライヤー)取引所で法人口座を作成する方法
  2. 2bitFlyer(ビットフライヤー)取引所で法人口座の作成方法
  3. 3bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントによる違いについて
  4. 4トレードクラスへのランクアップ方法
  5. 5その他の登録事項
  6. 6bitFlyer(ビットフライヤー)以外で法人口座を開設できる取引所は?
  7. 7bitFlyer(ビットフライヤー)の法人口座と本人確認の登録方法まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

bitFlyer(ビットフライヤー)取引所で法人口座を作成する方法

bitFlyer(ビットフライヤー)は日本の大手仮想通貨取引所です。日本一のユーザー数を有しており、仮想通貨の取引はもちろん、法人口座ではビットコイン決済システムも提供しています。例えば全店で導入を決めた大手家電量販店のビックカメラなどに決済システムを提供している実績があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の法人向けサービス

仮想通貨の売買はもちろんですが、3つの法人口座向け法人サービスを提供しています。
 

  1. bitFlyerホワイトラベル:仮想通貨販売所・取引所システム(事業者登録要)
  2. bitWire SHOP:ビットコイン決済導入サービス
  3. Echo:ビットコイン送付、ポイント交換サービス

です。個別にbitFlyer(ビットフライヤー)に問い合わせをすることができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)取引所で法人口座の作成方法

それでは、bitFler(ビットフライヤー)で法人口座を開設する方法をご説明します。まずはメールアドレスさえあれば、書類は必要ありません。
以下のリンクから、bitFlyer(ビットフライヤー)のトップページへアクセスします。

法人のお客様のタブを選択します。パソコン版からしか登録できないので注意しましょう。法人口座の開設で良いか注意喚起のポップアップがでますので、OKを押します。

法人口座用のメールアドレスを入力します。このメールアドレスはログインIDになるとともに、変更はbitFlyer(ビットフライヤー)側へ申請が必要になりますので、気をつけてください。法人口座は会社のドメインでなくても登録はできます。

メールアドレスを入力すると、法人口座アカウント開設の確認メールが送信されます。

このようなbitFlyer(ビットフライヤー)法人口座アカウント登録確認メールが届きますので、赤枠のところをクリックします。

法人口座アカウント用のメールアドレスの確認がとれると、4点の確認事項がでてきます。こちらを確認してチェックし、bitFlyer(ビットフライヤー)をはじめるをクリックします。

これでbitFlyer(ビットフライヤー)法人口座のアカウント開設は完了です。開設された法人口座のトップ画面を見てみると、個人用アカウントとは、全体的な色合いが色が違うことがわかります。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントによる違いについて

法人口座アカウントはトレードクラスまでランクアップしよう

個人と同様、法人口座の場合もbitFlyer(ビットフライヤー)アカウントのクラスがあります。最初の登録のままですと、bitFlyer(ビットフライヤー)の法人口座のアカウントクラスは「ウォレット」になります。本人確認書類の提出などの取引時確認5点が終了すると、法人口座も「トレードクラス」にランクアップします。
仮想通貨の売買をするには、トレードクラスへのランクアップは必須です。

 

アクション ウォレットクラス トレードクラス
仮想通貨の入出金 ○ 10万円/7日間 ○制限なし
仮想通貨の売買 ○制限なし
日本円の入出金 ○制限なし
bitWire/ビットコイン決済
Lightning(ビットコイン先物取引) ○3倍未満 ○15倍まで
Lightning(現物・FX)

トレードクラスへのランクアップ方法

5つの取引時確認をクリアすること

bitFlyer(ビットフライヤー)の法人口座アカウントをトレードクラスにランクアップをするには、次の5つの確認をする必要があります。

取引時確認①法人情報登録

bitFlyer(ビットフライヤー)に登録する法人口座です。個人と同様に法人口座も本人確認がしっかり行われます。
 

  • 法人名
  • 代表者氏名
  • 事業の内容
  • 住所(郵便到着確認あり)
  • 取引の目的について(決済、投資、その他)

bitFlyer(ビットフライヤー)に登録できる法人の種類は、株式会社、有限会社、合同会社、合資会社、社団法人になります。財団法人などは登録できません。
法人口座の住所は後ほど確認する登記事項証明書等の書類と内容と同一である必要があります。

取引時確認②取引責任者情報登録

法人口座の取引責任者情報の登録です。

  • 取引責任者氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 取引責任者役職名
  • 取引権限の確認
  • 取引責任者の本人確認書類の提出
もし、法人口座の取引責任者の名前が登記事項証明書に載っていない人の場合は、委任状の提出が必要です。委任状のフォーマットは提供されています。
そして、法人口座の取引責任者の「本人確認書類の提出」が必須となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)で本人確認書類として使えるのは、
  • 運転免許証(要両面)
  • パスポート(顔写真面と住所記載ページ)
  • 個人番号カード(表のみ)
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり、両面)
  • 保険証(両面)
  • 年金手帳(平成8年以降のもの)
  • 福祉手帳
  • 印鑑登録証明書(発行から6ヶ月以内)
  • 充員表の写し(発行から6ヶ月以内)
  • 在留カード(要裏面)
  • 特別永住者証明書(要裏面)
となります。
 

取引時確認③実質的支配者登録

法人口座アカウントの実質的支配者とは、議決権保有比率の合計が25%を超える個人を指します。もしいない場合は、支配的影響力を有する個人を指します。その方について

  • 氏名
  • 保有議決権割合
  • 生年月日
  • 住所
  • 外国の重要な公人ではない(チェック)

を登録します。ここは、一般的な法人の銀行口座を作る時の記載と同様ですね。

取引時確認④登記事項証明書等登録

​​​​​​法人の公的な証明書をファイルにして登録します。使える書類は

  • 登記事項証明書・登記簿謄本の原本
  • 発行日から6ヶ月以内のもの

となります。

取引時確認⑤転送不要書留郵便の受取

上記が全てbitFlyer(ビットフライヤー)側に承認されると、転送不要書留郵便がbitFlyer(ビットフライヤー)側から送付されます。発送には約2営業日ほどかかります。

その他の登録事項

携帯電話認証

携帯電話番号認証を行うことができます。携帯電話認証は必須項目ではないので、もし法人で携帯電話番号がない方は登録しないことになります。

銀行口座情報登録

仮想通貨の取引をするときに、銀行口座情報の登録は必須です。bitFlyer(ビットフライヤー)では銀行の入出金を事前に承認された口座からしか受付けません。また、法人の場合は、同名義の法人口座の登録となります。

このような画面から銀行を登録します。bitFlyer(ビットフライヤー)が指定する銀行しか登録できません。農協や信金は取扱いが少なめです。

ID セルフィーの登録

IDセルフィーとは、身分証(ID)とセルフィー(自撮り)を一緒にすることです。代表者の本人確認書類と一緒に写った写真をアップロードします。取引時確認の本人確認書類が承認された後に登録することができます。

二段階認証の登録

二段階認証とは、メールアドレス・パスワードの一段階目に加えて、ワンタイムパスワードを設定することです。ワンタイムパスワードの入手方法は、「アプリ」「携帯SMS」「Eメール」の三種類から選ぶことができます。ただし、最初から「仮想通貨の外部送付時・bitWire」ではEメールによる二段階認証が必要となっています。セキュリティを強固にする上でも、初期設定から変更しましょう。

初期パスワードからの変更

最初に届いたメールの初期パスワードから変更をしておくことをオススメします。パスワードの条件は
 

  •  9 ~100 文字までで登録
  •  よく使われる文字列「1234」「asdf」「1980」などは 1 文字としてカウント
  •  アルファベット小文字・アルファベット大文字・数字・記号のうち最低 2 種類を利用

とパスワードの強度として高めのものを求められます。パスワードを忘れてしまうと、bitFlyer(ビットフライヤー)側に問い合わせをして変更をする必要がありますので、管理に気をつけてください。

クレジットカード登録

法人口座開設後、取引時確認資料の提出、銀行口座登録、IDセルフィーの登録をすると、法人クレジットカード情報が登録できるようになります。
 

  • VISAまたはMASTERカードが利用可
  • クレジットカードの承認まで1営業日以上かかる場合もある
  • 1回1,000円からの利用になり、1日の購入上限は百万円まで
  • クレジットカード購入通過は1週間、売却・送付が制限

個人の場合と同様ですが、クレジットカードで購入した仮想通過は、犯罪の温床になることを防ぐために、7日間の資金移動制限がありますのでお気をつけください。

bitFlyer(ビットフライヤー)以外で法人口座を開設できる取引所は?

国内大手の仮想通貨取引所では法人口座の登録が可能です。

大手仮想通貨取引所 法人登録
bitFlyer(ビットフライヤー)
Coincheck(コインチェック)
Zaif(ザイフ)
GMOコイン

bitFlyer(ビットフライヤー)の法人口座と本人確認の登録方法まとめ

法人口座も個人口座と同様に法人確認がしっかり行われています。個人口座を登録したことがある方なら、ほとんど操作が一緒なのでわかりやすいかと思います。

▼法人で重要なセキュリティが強固なbitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちらから▼

法人向けに決済サービスの提供があるコインチェック

bitFlyer(ビットフライヤー)と同様に法人口座を提供し、ビットコイン決済のしくみを提供している大手仮想通貨取引所にCoincheck(コインチェック)があります。bitFlyer(ビットフライヤー)と同様にセキュリティが高く、国内で最多の13の仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所です。

口座開設・登録は無料かつ簡単なので、まずはメールアドレスの登録をして、使い勝手をbitFlyer(ビットフライヤー)と比較してみるのも良いかもしれません!

この記事を読んだ方はこちらも読んでます

Thumb仮想通貨のおすすめ取引所ランキング6選!【ビットコイン初心者OK】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットフライヤーがついにアメリカ(米国)に進出!今後の動向はどうなる? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side