仮想通貨リップル(Ripple)のチャートの見方と購入方法と今後の動向

リップル(Ripple)と他の仮想通貨の違いとは? なぜ急に相場が伸びたのか、チャートの見方と一緒にリップル(Ripple)を解説していきます。リップル(Ripple)の取り扱い仮想通貨取引所とチャートの特徴、購入方法もご紹介!

仮想通貨リップル(Ripple)のチャートの見方と購入方法と今後の動向のイメージ

目次

  1. 1この記事のポイント
  2. 2リップル(Ripple)とは?
  3. 3リップル(Ripple)のチャートの見方
  4. 4リップル(Ripple)のチャートで見る今までの出来事
  5. 5リップル(Ripple)が日本円で購入できる取引所
  6. 63つの取引所でのチャートの見方
  7. 7仮想通貨リップル(Ripple)のcoincheck(コインチェック)での購入方法
  8. 8リップル(Ripple)の今後の動向
  9. 9リップル(Ripple)のチャートまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

この記事のポイント

  • リップル(Ripple)の特徴
  • リップル(Ripple)のチャートの見方
  • リップル(Ripple)の取り扱いがある仮想通貨取引所チャートの仕組み

リップル(Ripple)とは?

リップル(Ripple)とは仮想通貨として仮想通貨取引所で取引されていますが、厳密には仮想通貨ではなく、国際送金システムの輸送を素早く行うためのネットワーク「リップル(Ripple)ネットワーク」の中に存在する通貨です。そのため、特徴としてリップル(Ripple)は他の仮想通貨のようにお買い物に使うことは出来ません

また、リップル(Ripple)は現在1000億という量が既に発行されていて今後は増えることはない仮想通貨となっています。
そのため今後需要が上がれば上がるほど、その価値があるので価格が上がると言われています!

そのかわり、他の仮想通貨と比較して圧倒的な優位性があるのは、リップル(Ripple)はどんなに離れていても約4秒で取引を成立できるという素晴らしい特徴です。
リップル(Ripple)の購入方法として「リップル(Ripple)トレード」というウォレットが必要になりますが、仮想通貨取引所によってはリップル(Ripple)のウォレットもひとまとめに管理できるようになっているなど、さまざまな仕組みで仮想通貨取引ができます。
現在は送金がとても速いネットワークという性質から、銀行を中心に世界中で導入される機会がふえ、相場がどんどんあがってきています。

リップル(Ripple)のチャートの見方

こちらはリップル(Ripple)の相場チャート画面です。チャートとは「グラフ」という意味で、相場価格をラインと点を繋いで表示することで、現在相場が上がっているか、下がっているかが感覚的に分かる仕組みになっています。
こちらは「Max」表示のため、表示できる限界の過去データからチャートを繋いでいます。リップル(Ripple)の相場の動きを細かく見たいときは、右下の「24h(24時間/1日分)」「7d(一週間)」「14d(二週間)」「30d(一ヶ月)」「60d(二ヶ月)」「90d(三ヶ月)」をクリックすると変えることができます。

①短期で見る場合

こちらは上から「7d(一週間)」「14d(二週間)」のリップル(Ripple)チャートです。
こちらのチャートは、例えば「7d」を選択した場合、画面左端から右端までぴったり一週間分の相場データ表示しています。それ以前のチャートは横に移動して見ることができませんので、見たい場合は左下の日数を増やして表示しましょう。

リップル(Ripple)の一週間、二週間の相場チャートを見ると、順調に右肩あがりの特徴が伺えます。ここ数週間はリップル(Ripple)の相場価格が伸びてきているといえますね。

②長期で見る場合

続けてリップル(Ripple)チャートの長期「30d(一ヶ月)」「60d(二ヶ月)」「90d(三ヶ月)」を比べます。一ヶ月のチャートを見ると、じょじょにリップル(Ripple)の価格が上っていると読み取れます。ですが二ヶ月、三ヶ月のリップル(Ripple)チャートは一時的に下がっているように見えます。
三ヶ月のリップル(Ripple)のチャートを細かくみると、今年二月中旬頃のリップル(Ripple)の最低価格は下回らず上昇しています。ですので、リップル(Ripple)のチャートは波を打ちながらも右肩上がりであるといえるでしょう。短期でも長期でもチャートののびが伺えますので、今後も右肩上がりのチャートが続く可能性は高いと言えます。

リップル(Ripple)のチャートで見る今までの出来事

こちらは先ほど一番最初に載せた「Max」表示のリップル(Ripple)チャートです。ご覧のように、チャートは去年までは0円近くを平行に動くだけで、仮想通貨の中でもほとんど注目をあびていませんでした。
それが今年の3月30日三菱東京UFJ銀行が送金システムに「リップル(Ripple)ネットワークを利用する」と発表したニュースがながれ、そこからリップル(Ripple)のチャートも大きく伸びています。チャートは一時期50円までのぼり、現在でも30円近くをうろうろしていますので、以前よりリップル(Ripple)の需要が高まっていると読み取れます。
リップル(Ripple)ネットワークのシステム導入は2018年の年明けすぐから、ということですので、今後リップル(Ripple)は日本国内でも熱くなる仮想通貨かもしれませんね。

リップル(Ripple)が日本円で購入できる取引所

coincheck(コインチェック)

商号 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck,inc.)
住所 東京都渋谷区渋谷3-28-13
設立 2012年8月28日
資本金 9,200万円
代表取締役 和田晃一良
取締役 和田圭祐
大塚雄介
加入教会 一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 監事
一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会 正会員
一般社団法人FinTech協会 会員

coincheck(コインチェック)は国内でも大手でユーザー数も多い仮想通貨取引所です。ビットコイン、リップル(Ripple)はもちろん、13種類もの仮想通貨を取り扱っており、国内でもかなり多い種類をあつかう仮想通貨取引所と言えます。購入方法もシンプルで分かりやすい画面で行うことができる仕組みになっており、日本円はもちろん、ビットコインで直接買うことも可能ですので、非常におすすめできる仮想通貨取引所です。

入金手数料 実費
クイック(コンビニ)入金手数料
  • 3万円未満 756円
  • 3万円以上50万円以下 1000円
  • 50万以上 入金額*0.108%+486円
売買手数料(リップル(Ripple)) 約3%
送金手数料(リップル(Ripple)) 0.15XRP
送金手数料(ビットコイン) 0.0005BTC
出金手数料 400円

実費=利用する銀行の手数料

GMOコイン

社名 GMOコイン株式会社
住所 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
設立 2014年5月
資本金 11億3,100万(資本準備金含む)
代表取締役社長 若松剛史
取締役 原好史
松島利幸
加入協会 日本仮想通貨事業者協会
ブロックチェーン推進協会

GMOコインはコインチェックと同様に販売所形式でリップル(Ripple)を購入できる仮想通貨取引所です。
そんなGMOコインがいいところは、販売所なのに手数料がとても安いというとこです!
普通の仮想通貨取引所内の販売所ではスプレッドがとても大きく手数料が取引所と比べて何倍も取られていました。ですので、普段皆さんも取引所での取引をしていたのではないでしょうか?

しかし、取引所にもデメリットがあります!
それは取引所では自分の欲しい金額で、欲しい量の通貨をもらうことができないということです。
GMOコインはそんなデメリットがない販売所形式でありながら手数料も取引所ほど安いという、リップル(Ripple)を扱うにはとてもいい取引所です!
さらに11/29からのリップル(Ripple)取扱い開始なので、今なら手数料が安くなるというキャンペーン中!
ぜひこの機会GMOコインで取引をしてみては?

入金手数料(銀行振込) 実費
その他の入金方法で無料のものもあり
取引手数料 無料
出金手数料(日本円) 無料

※実費=利用する銀行の手数料

bitbank.cc(ビットバンク)

社名 ビットバンク株式会社
住所 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル
設立 2014年5月
資本金 11億3,100万(資本準備金含む)
代表取締役社長 廣末紀之
取締役 加藤順彦
峰松浩樹
都木聡(株式会社セレス 代表取締役社長)
株主 日本仮想通貨事業者協会
ブロックチェーン推進協会

bitbank.cc(ビットバンク)は取引形式でリップル(Ripple)を購入、売却することができ、他の仮想通貨取引所よりも手数料を抑えることができる仕組みになっています。リップル(Ripple)の他、6種類の仮想通貨を取り扱っており、チャート画面から直接売買できるのも扱いやすい特徴となっています。
coincheck(コインチェック)と比べると初心者向けの仮想通貨の購入方法、売却方法はありませんが、チャートにトレンドラインが引けるなどツールも充実していますので、購入方法の仕組みとしても仮想通貨の相場に慣れてきた人におすすめです。

入金手数料 実費
取引手数料 無料
出金手数料(リップル(Ripple)) 0.15XRP
出金手数料(ビットコイン) 0.001BTC
出金手数料(日本円)
  • 3万円未満 540円
  • 3万円以上 756円

実費=利用する銀行の手数料

bitTrade(ビットトレード)

会社名 ビットトレード株式会社
住所 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル
設立 2016年9月12日
資本金 5100万円
発行済株式総数 1010万株(普通株式)
取締役会長 ロバート・ルーク・コリック
代表取締役社長 閏間 亮
取締役 ロバート・イアン・コーエン
顧問 鶴 泰治
小林 彰彦
取扱銀行 住信SBIネット銀行
りそな銀行
ゆうちょ銀行
イオン銀行

bitTrade(ビットトレード)は比較的新しい仮想通貨取引所で、リップル(Ripple)の他4種類の仮想通貨を取り扱っています。
こちらは取引手数料が取り扱い仮想通貨すべての組み合わせごとにしっかり記載があり、手数料の分も計算して取引を行いやすくなっています。チャートのシステムがbitbank.cc(ビットバンク)のものと同じ仕組みのプログラムを導入しているため、同じくチャートにトレンドラインを引くなどツールが充実しているという特徴があげられます。

入金手数料 実費
取引手数料(リップル(Ripple))
  • 0.25%(※メイカー)
  • 0.45%(※テイカー)
出金手数料(リップル(Ripple)) 0.15XRP
出金手数料(ビットコイン) 0.005BTC
出金手数料(日本円) 648円

実費=利用する銀行の手数料
※「メイカー」=希望の金額で仮想通貨を注文に出し、取引成立を待つ場合
「テイカー」=注文板にならぶ仮想通貨の中から、取引したい金額を選ぶ場合

Thumbリップル(Ripple)おすすめ取引所の手数料や評判を徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

3つの取引所でのチャートの見方

①coincheck(コインチェック)でのチャートの見方

coincheck(コインチェック)のチャートはこのような画面になっています。画面左上の「coincheck XRP/JPY」という部分にカーソルを合わせると、他の仮想通貨とのチャート画面に切り替えることができます。
チャートの左上に小さく「O」「H」「L」「C」「V」というアルファベットと数字がみえます。こちらはそれぞれ「始値(Open)」「高値(High)」「安値(Low)」「終値(Close)」「出来高(Volume)」の頭文字です。画像のリップル(Ripple)チャートは「日足」の設定ですので、今日一日の始まりの価格が「O」一日で最も高かったときの価格が「H」最も低かった価格が「L」そして一日の終わりの価格が「C」となります。「V」は一日で成立したリップル(Ripple)/日本円の取引の数を表しています。
一番右のローソク足(棒と線が上下にくっついているグラフ)をみると、大きく上に価格が上昇していることが分かります。全体的にチャートが右肩上がりですし、今後のリップル(Ripple)が伸びていく可能性は高いと読み取れます。

さらにcoincheck(コインチェック)のチャート画面は、海外の仮想通貨取引所とのチャートと比較することができるのが大きな特徴となっています。画面右上にも海外大手の「Poloniex(ポロニエックス)」「bitstump(ビットスタンプ)」「coinbase(コインベース)」の3社の相場が並んでいますが、チャート自体も見ることができ、先ほど説明した仮想通貨の組み合わせを選ぶ所で選択ができる仕組みになっています。
画像のはPoloniex(ポロニエックス)リップル(Ripple)/ビットコイン(BTC)との組み合わせのチャート(日足)です。こちらのチャートは逆に下がっていますね。coincheck(コインチェック)のチャートは日本円との組み合わせですので、このチャートからは日本円での購入は増えていますが、ビットコインでの場合はビットコインの価格が上がっているため相対的に価格が下がっているということが分かります。

coincheck(コインチェック)ではチャートを見ながら行える購入方法はありませんが、他の仮想通貨取引所のチャートと比較できるのは、相場の動きを掴みやすく大変便利ですね。リップル(Ripple)や他の仮想通貨の今後を読みやすくするためにも、とてもいいチャートだと言えます。

②bitbank.cc(ビットバンク)でのチャートの見方

次にbitbank.cc(ビットバンク)のチャート画面です。こちらもリップル(Ripple)と日本円との組み合わせのチャートですので、coincheck(コインチェック)のチャート同様右肩上がりになっています。リップル(Ripple)の高値や安値はもちろん表示されているのはもちろん、「出来高(V)」はチャートの下部分にあるうっすらとしたメーターで確認できます。
bitbank.cc(ビットバンク)のチャート画面は、リップル(Ripple)でも他の仮想通貨でもすぐ取引に入れるようになっており、さらにチャートに直接トレンドラインなどを引いて予想しやすくなっているのが便利な特徴です。
チャート画面左に描画ツールがならんでいますが、こちらで平行線を引いたり、斜め線をひくことができます。チャートを見ながら、リップル(Ripple)の今後の取引タイミングを見つけるのにとても良いですね。

トレンドラインはチャートに上図のように引くことができます。
リップル(Ripple)や仮想通貨、外為でもそうですが、相場は完全に予想通りに動くことはありません。ただ一定のタイミングでチャートがあがったり下がったりしやすい特徴があります。例えば複数のローソク足のヒゲをラインでつなぐと、次またローソク足が引いたラインに近づいてきたときに、そのラインで折り返す可能性が高いのです。
ですので折り返したのを確認した後、リップル(Ripple)など仮想通貨を買うという購入方法をとると、絶対ではありませんが利益を得る可能性は高くなります。今後の予想にも使えますので、チャートに慣れてきたらそのようなツールも活用しながら取引するとより一層楽しめますね。

Thumbビットコインのレートが変動する要素とは?レートの見方と今後の予想!

③bitTrade(ビットトレード)でのチャートの見方

最後にbitTrade(ビットトレード)のチャート画面をお見せします。このチャートは白地になっていて、こちらのチャートの方が購入方法も見つけやすい、という方も多いかもしれません。チャートシステムがbitbank.cc(ビットバンク)と同じものを利用しているため、チャートの仕組みも特徴もほとんどbitbank.cc(ビットバンク)と同じです。トレンドラインを引けるのも共通しています。リップル(Ripple)など仮想通貨取引をする上でチャートが黒画面がみづらい、という方はこちらを選ぶと良いでしょう。

仮想通貨リップル(Ripple)のcoincheck(コインチェック)での購入方法

それでは、この中で利用者数も多い、国内大手の仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)でのリップル(Ripple)購入方法の仕組みを簡単にご説明します。
購入方法として最初のお金は、日本円でもビットコインでも可能です。取引の前に入金、またはビットコインの購入をしておきましょう。

coincheck(コインチェック)にログインしましたら、画面上部に「ウォレット」がありますのでそちらをクリックします。すると、左にメニューが表示されますので、その中から「コインを買う」を選択し、仮想通貨を買う画面に切り替えます。

画面が表示されましたら下の方にスクロールすると、仮想通貨の購入ボックスが表示されています。そこから購入する仮想通貨(今回はリップル(Ripple))をクリックします。数量の横の単位が「XRP」になっているのを確認後、買いたい数量の入力と、すぐ下の日本円かビットコインどちらで買うかを選択します。
すると、合計の部分にリップル(Ripple)の購入価格が日本円、もしくはビットコインの単位で変換されて表示されていますので、間違いがないか確認の後、購入するを選択します。これだけでリップル(Ripple)の購入は完了です。

Thumbコインチェック(coincheck) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップル(Ripple)の今後の動向

先月、リップル(Ripple)ネットワークを利用した金融機関での実送金が開始されました。さらにシンガポール、インド、アラブ首長国連邦などでも導入が始まり、世界間での送金にリップル(Ripple)が活躍し始めています。2018年には日本でも三菱東京UFJを筆頭にリップル(Ripple)ネットワークの実送金が始まりますので、リップル(Ripple)は日常生活でも欠かせない存在となっていくことでしょう。リップル(Ripple)ネットワークの仕組み上、企業が中心の導入になりますので、リップル(Ripple)の導入ニュースは他の仮想通貨よりも入りやすいと考えます。そのたびに相場チャートは上がりやすくなりますので、おそらく他の仮想通貨よりも今後リップル(Ripple)のニュースが増え、かなりの頻度でリップル(Ripple)のチャートは伸びると考えます。

Thumbリップルがたった数十分で30%も価格が上昇!一体何が起きた?
ThumbRipple(リップル)のイベントが東京で開催!イベントの効果で価格が上昇? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップル(Ripple)のチャートまとめ

リップル(Ripple)を中心に、仮想通貨チャートの特徴や使い方、今後の状況も分析してみました。仮想通貨は元々送金しやすく、管理しやすいものでしたが、加えてリップル(Ripple)は使い道がハッキリしていますので、他の仮想通貨よりも予想が立てやすいかもしれません。
今後はリップル(Ripple)のニュースに注目しながら、チャートがどのように伸びていくか予想しながら取引すると、リップル(Ripple)の購入タイミングはつかみやすいかもしれませんね。

リップル(Ripple)を購入するならここ!おすすめ取引所!

<初心者でも簡単に購入できて安心のコインチェック>
リップル(Ripple)を最初から取り扱っていたコインチェックは日本の多くの人が取引しているところだと思います。
コインチェックが素晴らしいのはリップル(Ripple)を購入できるだけでなく、仮想通貨には避けては通れないハッキングという問題に対して、なんと100万円の補償をしてくれます!
各社対策をしているのはもちろんですが、保証までしてくれる手厚さは世界でもほとんどありません。
リップル(Ripple)が気になるという方はそれ以外の将来有望な通過もありますし、コインチェックでの口座開設をおすすめします!

<キャンペーン中でさらにお得なのGMOコイン> 
GMOコインがおすすめなのは、上場企業のグループだという信頼性もありますが、そこだけではありません。
文章中でも説明をしましたが、いつでも自分の欲しいタイミングで欲しい量の仮想通貨を購入できる販売所形式でありながら、ほかの取引所に負けないくらいに安いということです!
そんなGMOコインは11/29から待望のリップル(Ripple)を取り扱い!
そんなGMOコインは現在キャンペーン中ですのでこのお得な時期にぜひGMOコインでリップル(Ripple)を!

この記事を読んだ方はこちらも読んでます

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は?
Thumbコインチェック(coincheck)でのリップル購入(買い方)・送金方法と手数料まとめ!

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side