金融庁に許可・認定された仮想通貨交換業者の登録15社と申請中の有望な業者6選!

仮想通貨交換事業者として金融庁に許可・認定された仮想通貨取引所15社はどの取引所?なぜコインチェックは入っていないの?など詳しく解説します。また、申請中の有望な業者7選をご紹介します。仮想通貨取引所の登録はどのようなプロセスがあるのでしょうか?

金融庁に許可・認定された仮想通貨交換業者の登録15社と申請中の有望な業者6選!のイメージ

目次

  1. 1この記事のポイント
  2. 2金融庁に許可・認定された仮想通貨交換業者登録15社一覧
  3. 3ホワイトリストって何?
  4. 4そもそも仮想通貨交換業者とは?
  5. 5仮想通貨交換業に登録するために必要なこと
  6. 6コインチェック(coincheck)はみなし仮想通貨交換業者へ
  7. 7申請中の有望な業者7選
  8. 8金融庁登録仮想通貨交換業者のICO実施
  9. 9仮想通貨を利用する際の注意点
  10. 10仮想通貨交換業者の今後の動向
  11. 11仮想通貨交換業者の登録15社と申請中の有望な業者7選まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

この記事のポイント

この記事のポイント
 

  • 仮想通貨交換業者登録15社一覧
  • コインチェックが登録されなかった理由
  • 申請中仮想通貨取引所で登録有望事業社7選

金融庁に許可・認定された仮想通貨交換業者登録15社一覧

この度2017年12月1日付けで、新たに仮想通貨交換業者として4社が追加されました。
以前から登録されていた11社を加えて現在15社が仮想通貨交換業者として登録がなされています。


2017年12月1日時点で金融庁に許可及び認定された仮想通貨交換業者は下記の15社になります。

仮想通貨取引所 仮想通貨交換業者名 登録時の取扱仮想通貨
マネーパートナーズ 株式会社マネーパートナーズ
  • BTC(ビットコイン)
QUOINEX
(コインエクスチェンジ)
QUOINE株式会社
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • QASH(キャッシュ)
bitFlyer
(ビットフライヤー)
株式会社bitFlyer
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
bitbank
(ビットバンク)
ビットバンク株式会社
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モ ナコイン)
  • BCC(ビットコインキャッシュ)
SBIバーチャル・カレンシーズ SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
  • BTC(ビットコイン)
GMOコイン GMOコイン株式会社
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコ イン)
  • XRO(リップル)
BitTrade
(ビットトレード)
ビットトレード株式会社
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モ ナコイン)
  • BCC(ビットコインキャッシュ)
BTCBOX
(ビットボックス)
BTCボックス株式会社
  • BTC(ビットコイン)
  • BCC(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
BITPOINT
(ビットポイント)
株式会社ビットポイントジャパン
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCC(ビットコインキャッシュ)
東京ビットコイン取引所(TBX) 株式会社東京ビットコイン取引所
  • BTC(ビットコイン)
ARG(アルゴ)  株式会社ビットアルゴ
  • BTC(ビットコイン)
Bitbgate(ビットゲート) エフ・ティ・ティ株式会社
  • BTC(ビットコイン)
FISCO
(フィスコ)
株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • BTC(ビットコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • FSCC(フィスココイン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
Zaif(ザイフ) テックビューロ株式会社
  • BTC(ビットコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XCP(カウン ターパーティー)
  • ZAIF(ザイフ)
  • BCY(ビット クリスタル)
  • SJCX(ストレージコインエック ス)
  • PEPECASH(ぺぺキャッシュ)
  • FSCC(フィス ココイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクス コイン)
  • Zen(ゼン)
  • XEM(ゼム(ネム)
  • ETH(イーサリアム)
Xtheta(シータ) 株式会社Xtheta
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XEM(ネム)
  • MONA(モナコイン)
  • XCO(カウンターパーティ)


上記の15社が登録完了している業者です。また、金融庁の資料によると上記15社以外にも現在継続審査中の取引所もあります。

また、登録時の仮想通貨と現在取り扱っている仮想通貨が多少異なっているようです。
今回上記の表には反映されていますが、GMOコインがリップルを扱っているのに金融庁の資料ではそれは書いておりません。

ホワイトリストって何?

金融庁が認可した仮想通貨をホワイトリストと呼んでいますが、実際にホワイトリストという名称は存在しません。仮想通貨交換業社に登録されている仮想通貨取引所が扱う仮想通貨がホワイトリスト仮想通貨の対象となります。

また、これはあくまで金融庁が認可したもので、金融庁がホワイトリスト仮想通貨が安全を保証するということではないので注意してください。

ホワイトリスト仮想通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • BCH/BCC(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • MONA(モナコイン)
  • XEM(ゼム(ネム)
  • FSCC(フィスココイン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • XCP(カウンターパーティー)
  • ZAIF(ザイフ)
  • BCY(ビットクリスタル)
  • SJCX(ストレージコインエックス)
  • PEPECASH(ぺぺキャッシュ)
  • Zen(ゼン)
順次追加されていきます。

これらの通貨が登録された仮想通貨取引事業所が取り扱っている仮想通貨になります。

そもそも仮想通貨交換業者とは?

改正資金決済法が2017年4月に施行されました。これにより、仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所は国に登録を行う必要があります。金融庁が定める仮想通貨交換業者とは、下記の業務を行っている事業者のことです。
 

  • 仮想通貨と法定通貨(円やドルなど)の交換
  • ユーザーの仮想通貨及び法定通貨の管理業務

金融庁が行う仮想通貨の定義

金融庁は下記のように仮想通貨を定義しています。
 

  • 法定通貨(円やドルなど)と交換ができる通貨
  • 不特定の人に対して代金の支払いに使用できるもの
  • 電子データで記録及び交換されるもの
  • 法定通貨及びプリペイドカードのような電子マネーではないもの

仮想通貨交換業に登録するために必要なこと

仮想通貨交換業は申請してから登録されるまでおよそ半年程度は最低でもかかると言われています。仮想通貨取引所が扱う仮想通貨がビットコインなどのすでに仮想通貨として登録されている有名な仮想通貨を扱っている場合は許可が降りやすいと言われています。

また、珍しい仮想通貨を扱っている仮想通貨取引所は申請してから認定・登録までの期間がかなりかかるそうです。これは登録をする際に、金融庁が仮想通貨取引所の該当性はもちろん、扱う仮想通貨に対しても仕組みなどを調査する必要があるからです。

さらに、登録するためには面談が必要になります。

ビットコインなどの仕組みがすでにわかっている仮想通貨を扱っている仮想通貨取引所であれば金融庁との面談は1回で済むそうです。また、細かなガイドラインに沿って実地調査の検証などもあります。登録されるまでには様々なプロセスを踏むことになります。
つまり、大きく有名な取引所とは言ってもいわゆるホワイトリストに載ってない通貨を取り扱っている場合は登録がなされないのです。

コインチェック(coincheck)はみなし仮想通貨交換業者へ

コインチェックは仮想通貨交換事業登録15社に入っていません。その理由について見ていきましょう。

なぜ金融庁に許可されなかったのか?

国内の仮想通貨取引所で上位に入るコインチェック(coincheck)が金融庁に許可されなかった理由としては、先ほど述べた仮想通貨交換事業者の登録までのプロセスに原因があるものと思われます。

認定されるためには取引所はもちろん、取扱仮想通貨も検証します。

コインチェック(coincheck)の取扱通貨は13種類あります。そのうち、Monero、DASH、Zcashは匿名通貨です。これらに共通するのは誰がどのくらい送ったのかという記録を隠すことができる仮想通貨です。

何か犯罪に使われた場合でも情報を追うことができません。

仮想通貨交換事業者に認定された登録事業者15社のうち、取扱仮想通貨が多いザイフ(13種類)が許可されていることを考えると、仮想通貨の透明性が許可されるかどうかの鍵を握っていると考えられます。

今後の可能性

仮想通貨の透明性という観点からいうと、コインチェック(coincheck)に許可が降りるのは難しいかもしれません。とはいえ、登録はされなかったもののコインチェック(coincheck)がすぐに業務停止されるというわけではないので安心してください。

コインチェック(coincheck)は引き続き申請を継続中です。金融庁は犯罪性がないかどうかに関して徹底的に検証することと思います。もし、コインチェック(coincheck)の許可が降りることになれば、今後、匿名性のある仮想通貨を扱っている取引所もどんどん認定されるでしょう、

ですが、コインチェック(coincheck)の申請が通らなければ、もしかすると、匿名性のある仮想通貨を廃止する可能性もなきにしもあらずです。

申請中の有望な業者7選

登録された仮想通貨交換事業者15社以外にも、現在申請中の仮想通貨取引所は十数社ほどあります。その中で許可されそうな登録有望業者を厳選してみました。
 

  • BMEX
  • ミスターエクスチェンジ
  • みんなのビットコイン
  • ビットステーション

上記の仮想通貨取引所はホワイトリスト入りしている仮想通貨を取り扱っています。さらに、現在取引量も多く、素性のしっかりした会社が運営しているので登録されるのではないでしょうか。


また、下記の2取引所は取引量は国内・海外含めトップクラスです。
 
  • コインベース
  • クラーケン

両者はホワイトリストに入っていないグレーゾーンの仮想通貨を扱っているため認定に少々時間がかかっているようですが、ユーザー数が多くいずれは登録されるのではないでしょうか。

金融庁登録仮想通貨交換業者のICO実施

金融庁登録仮想通貨交換事業者の第1号登録を受けているQUOINEはグローバルICOへの参加を発表しました。また、元ソニー会長兼グループCEOの出井伸之氏も金融庁登録仮想通貨交換事業者として初めての試みであるICOに参加することを表明しています。

ICOではQASH(キャッシュ)という仮想通貨を発行しています。このQASH(キャッシュ)がホワイトリストに登録されましたので、日本でも販売が開始されるようになりました。

仮想通貨を利用する際の注意点

金融庁の公式ページでも発表されていますが、仮想通貨は法定通貨ではありません。インターネット上で利用できる電子マネーです。そのため、ある日突然価値が下がったり、価値がなくなるということも起こりえます。

登録されている取引所の通貨はあくまで、仮想通貨事業を行う事業所として認められただけで、登録されている仮想通貨だから安心というわけではありません。大きな利益を得られる反面、損失を被るリスクもあることを十分考慮しながら仮想通貨取引を行うようにしましょう。

仮想通貨交換業者の今後の動向

仮想通貨交換業者として認定された登録事業者15社は今後、監査(財務諸表監査と分別管理監査)が義務付けられています。仮想通貨交換業者の登録日から1年以内に分別管理監査をする必要がある模様です。顧客の資産管理や仮想通貨取引所の資産管理などの会計処理が厳しくなることでしょう。

顧客側としてはきちんと監査を実施している登録仮想通貨取引所なら安心できます。

仮想通貨交換業者の登録15社と申請中の有望な業者7選まとめ

今回は、仮想通貨交換業者の登録15社と申請中の有望な業者6選についてご紹介しました。金融庁の登録基準としては犯罪性がないかどうかが一番大きいのではないでしょうか。

今回の動きによって確実に日本は仮想通貨に関わる消費者の保護の観点で先進国になりました!

とはいえ仮想通貨交換業者に登録されている、あるいはホワイトリスト入り通貨だから安全というわけではない点は注意が必要です。取引する際は十分ご自身で納得した上で行いましょう。

仮想通貨取引所登録業者の信頼できるおすすめ取引所をご紹介!

<登録業者断トツ手数料の安さNo.1!ザイフ>
仮想通貨交換業者登録15社で断トツの安さと信頼性があるのはザイフです!
登録業者に登録されるだけでも、顧客資産と経営用の資産を分散管理したりと倒産したとしても、消費者資産が守られるようになっていて信頼性はありますが、ザイフはさらに国内で最も早く取引所を開設し、多くの取引をすでにしてきた信頼度の高い取引所です!
そんなザイフではビットコインを取引すればするほどビットコインをもらえるキャンペーン中!

まだ口座をザイフで持ってない人はこの機会にビットコイン取引を始めましょう!

<登録業者内で新参者で最も期待度が高い!GMOコイン>
GMOコインは仮想通貨登録業者の中でも、新規に登録された取引所ですが、上場企業のGMOグループなので信頼度は最も高いと言えます。
そんな
そんなGMOコインでは注目度大の仮想通貨リップルの取り扱いを2日前からスタート!リップルの手数料が現在安いキャンペーン期間中!
さらに販売所形式のGMOコインは取引所のように欲しい時に欲しい量が手に入らないと言うことはありません!!
自分の欲しい量を欲しいだけ買えて、手数料が安いGMOコインは今後伸びるであろう期待度が高い取引所です!

この記事を読んだ方はこちらも読んでます

Thumb仮想通貨のおすすめ取引所ランキング6選!【ビットコイン初心者OK】
Thumb仮想通貨取引所の手数料比較!一番お得なのはどこなのかまとめ!

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side