bitflyer(ビットフライヤー)でリップルが購入できる!?おすすめ取引所は?

日本大手の取引所bitflyer(ビットフライヤー)で注目のアルトコインであるリップルは購入できるのでしょうか?bitflyer(ビットフライヤー)の取り扱い通貨の紹介や、bitflyer(ビットフライヤー)以外でリップルを購入できるおすすめ取引所をご紹介!

bitflyer(ビットフライヤー)でリップルが購入できる!?おすすめ取引所は?のイメージ

目次

  1. 1bitflyer(ビットフライヤー)でリップルは購入できる!?
  2. 2bitflyer(ビットフライヤー)で取り扱い通貨
  3. 3リップルを購入できる取引所は?
  4. 4リップルと価格推移
  5. 5coincheck(コインチェック)でのリップルの購入方法
  6. 6初心者にもおすすめなcoincheck(コインチェック)
  7. 7本記事のまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

bitflyer(ビットフライヤー)でリップルは購入できる!?

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本の仮想通貨取引所の中でも、2017年現在「取引量」「ユーザー数」「資本金」が日本一の取引所です。

2014年に開設され、今年で3周年を迎えた現在は様々なキャンペーンを実施しており、とても勢いのある取引所です。


しかし、残念ながら現在注目のアルトコイン「リップル」はbitflyer(ビットフライヤー)での購入はできません。2017年11月現在は取り扱い硬貨ではありません。

▼注目が集まる仮想通貨リップルについて詳しく知りたい方はこちら▼

ThumbRipple(リップル)のイベントが東京で開催!イベントの効果で価格が上昇?

bitflyer(ビットフライヤー)で取り扱い通貨

bitflyer(ビットフライヤー)で2017年11月現在、取り扱いのある仮想通貨は6種類になります。

bitflyer(ビットフライヤー)の全ての取り扱い通貨を簡単にご紹介します。
 

bitflyer(ビットフライヤー)取り扱い通貨①ビットコイン(BTC)

ザ・仮想通貨とも呼べる、仮想通貨の代名詞ともなったコインです。
世界の時価総額は、仮想通貨全体の半分を占める11兆円ほどになります。
bitflyer(ビットフライヤー)での取り扱いはもちろん、仮想通貨の取引所では必ず取引ができる通貨です。

他の仮想通貨はビットコインに対しての補完や発展のスタンスで作られています。
 

bitflyer(ビットフライヤー)取り扱い通貨②イーサリアム(ETH)

bitflyer(ビットフライヤー)で取り扱う2つめの通貨はイーサリアム(ETH)です。
ビットコインに次ぐ第2位の流通量となる仮想通貨です。2015年リリースにも関わらず、1ETH=114円から、2017年の5月には、43,000円を突破するなど高騰し、一気にメジャーになった通貨です。

bitflyer(ビットフライヤー)取り扱い通貨③イーサリアム・クラシック(ETC)

bitflyer(ビットフライヤー)取引ができる3つ目の通貨は、前項でご紹介したイーサリアム(ETH)の反省を活かしてできた通貨です。実は、2016年にイーサリアム(ETH)は51億円の盗難被害にあいました。

そこで、イーサリアム(ETH)をベースにし、よりセキュリティを高めた通貨として登場したのが、イーサリアム・クラシック(ETC)となります。

bitflyer(ビットフライヤー)取り扱い通貨④ライトコイン(LTC)

ビットコインを実物資産の金に例えるなら、ライトコインは銀になると例えられている仮想通貨になります。
ビットコインより送金時間が短いところが最大の特徴です。
bitflyer(ビットフライヤー)でも送金をするときには、使い勝手が良いコインです。

bitflyer(ビットフライヤー)取り扱い通貨⑤ビットコイン・キャッシュ(BCH)

名前に2017/8/1にビットコインから分裂してできた仮想通貨の一つです。
ビットコインには、技術的な問題がいくつかあります。この問題を解決するために、簡単な設定変更から、互換性のないたくさんの変更をしなければいけない時があります。

このたくさんの変更(ハードフォーク)をし、元のビットコインと互換性のないコインがこのビットコインキャッシュになります。
bitflyer(ビットフライヤー)ではもちろん、ほかの取引所でも取り扱いがあります。

bitflyer(ビットフライヤー)取り扱い通貨⑥モナコイン(MONA)

日本発の仮想通貨です。2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で人気のキャラクター「モナー」をデザインし、ライトコインの特性をもとに作られた通貨です。
日本で取り扱っている取引所はbitflyer(ビットフライヤー)とzaif(ザイフ)の2か所になります。

2017年11月の仮想通貨の時価総額TOP10


2011年11月の世界での仮想通貨時価総額です。
なかでもビットコインが仮想通貨市場で圧倒的なことがわかります。
また、bitflyer(ビットフライヤー)で扱っている多くのコインもトップ10に入っています。
 

ランキング コイン 時価総額
1 ビットコイン(BTC) $133,629,370,300
2 イーサリア(ETH) $34,302,707,803
3 ビットコインキャッシュ(BCH) $19,783,510,180
4 リップル(XRP) $9,166,718,673
5 ライトコイン(LTC) $3,779,764,928
6 ダッシュ(DASH) $3,675,358,304
7 アイオータ(MIOTA) $2,419,639,481
8 ネオ(NEO) $2,357,205,500
9 モネロ(XMR) $2,110,827,137
10 ネム(XEM) 1,852,839,000

(※11/21時点)

リップルを購入できる取引所は?

bitflyer(ビットフライヤー)では残念ながらリップルは取り扱っていませんが、日本で取り扱っている取引所はの4か所があります。

  • coincheck(コインチェック)
  • bitbank(ビットバンク)
  • Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)
  • BitTrande(ビットトレード)

海外ではbittrex(ビットレックス)やpoloniex(ポロニエックス)などあります。

もし、日本円を入金して仮想通貨の取り扱いを始めたいと思った場合は、日本の取引所から始める方法が、送金の手間などがなく、おすすめです。

▼海外の取引所について詳しく知りたい方はこちら!▼

Thumb仮想通貨取引所で海外取引所の比較とおすすめを特徴とともに解説!

リップルと価格推移

リップルとは?

「リップル」とは実は通貨の名前ではありません。本当はプロジェクトの名前で、通貨名はXRPといいます。
ここでは、通称としてよく使われている「リップル」の呼び名でご説明します。


技術的な特徴としては、海外送金やその他の高速送金に使われることを目的とした通貨で、決済機能に強みがあります。
海外送金のしくみをシンプルにした決済用仮想通貨として、世界の最大規模の7行が採用したうえ、日本でも三菱UFJ銀行が活用しています。


▼リップル社の考えがダイレクトに伝わる動画です▼

今では、ビットコイン、イーサリアムに次ぐ流通額第4位の大注目メジャーコインとなっています。

リップルは数か月で70倍のお宝コイン

そんなリップルですが、長らく価格はあがりませんでした。
0.7円程で低迷していたなか、2017年5月18日に44.85円の最高値を更新しました。

大きな要因は、リップル社が所持する9割の540億程を2017年に預託するため、価格の暴落がないと発表されたことです。
 

おすすめ取引所はcoincheck(コインチェック)

日本でリップルを取り扱う取引所の中で、一番のおすすめは、coincheck(コインチェック)です。bitflyer(ビットフライヤー)に次ぐ大手の取引所で、初心者でも使いやすくて、おすすめな取引所です。
ビットフライヤーよりも取り扱い通貨は多く、国内では一番多く色んな種類の通貨を買うことができます!
リップルはもちろんその他の多くの将来有望な通貨を取り扱っています。

また取扱い通貨の数だけで言えば、国外の取引所の方がいいのですが、coincheck(コインチェック)がいい理由は、海外にない補償制度です。
取引所は多くのハッキングを受けるので、預けてた資金がなくなることが少なからずあります。
しかし、coincheck(コインチェック)ではそういったハッキング被害に対する100万円もの補償があります!
取引所での購入などの操作も簡単に買えて、ハッキング被害に対する補償もあるcoincheck(コインチェック)は初心者にもっともおすすめな仮想通貨取引所と言えます。

▼そんなコインチェックの簡単1分での口座開設はこちらから▼

coincheck(コインチェック)でのリップルの購入方法

リップルを購入できる、おすすめの取引所である、coincheck(コインチェック)での購入方法をご説明します。

コインチェックのアカウントを持っていない方はこちらから


▼口座開設の詳細な方法はこちらから!▼

Thumbコインチェック(coincheck) の登録方法から口座開設!本人確認の流れも解説!

パソコン画面からの購入の方法

coincheck(コインチェック)に入金までできたら、いよいよリップルの購入です。

まず、パソコン画面からの購入方法です。
coincheck(コインチェック)のウェブサイトからログインをします。

画面の上の「ウオレット」をクリックします。

すると、左側のメニューに、「コインを買う」という項目がありますので、クリックします。

すると今度は、右側の広いエリアに、コインの種類が並びます。
Ripple」がリップルをあらわしますので、クリックします。

すると、今の入金額に合わせて買える最大リップル額が表示されます。
必要に応じて数を変更します。

金額を確認して、購入ボタンを押します。

簡単に購入できました。

アプリ画面からのリップル購入方法

もちろん、アプリの画面からも購入方法は簡単です。

アプリ画面の場合は、チャートを確認しながらできるので、現在のトレンドがつかみやすいですね。


まず、二段階認証を経て、ログインをします。
前回画面が表示されます。左側の三本線のメニューボタンから「チャート」を選びます。

そして「XRP Ripple」を選びます。
 

リップルのだけの画面に移ります。

チャートもでてくるので、現在の価格が視覚的にわかりやすいですね。

良ければ、下の左側にある「購入」ボタンを押します。

レートを確認し、「数量」をいれ、「円で購入」ボタンを押せば購入完了です。

なお、coincheck(コインチェック)では、手持ちのビットコインでも同じく他の取り扱い硬貨を購入できます。

初心者にもおすすめなcoincheck(コインチェック)

いかがでしょうか。リップルの購入の方法は3クリックでとても簡単だったのではないでしょうか。

coincheck(コインチェック)の良いところの一つは、このようにわかりやすく簡単な画面かつ、取り扱い通貨が多いところです。

もっとマイナーでいろいろな仮想通貨に投資したい方は、bittrex(ビットレックス)やPoloniex(ポロニエックス)など海外の取引所に挑戦するのも良いと思います。送金はcoincheck(コインチェック)やbitflyer(ビットフライヤー)からできます。

本記事のまとめ

bitflyer(ビットフライヤー)では残念ながら、リップルは取り扱い通貨ではありません。しかしながら、bitflyer(ビットフライヤー)でビットコインでの流通量規模ともに日本一の取引所で、多くの方が口座を持っています。

bitflyer(ビットフライヤー)の取り扱いコインも順次増えているので、いつかリップルを取り扱うことがあるかもしれません。最新情報を確認したいですね。
 

リップルを始めるならcoincheck(コインチェック)で!

今回見たリップルを買うには国内ではcoincheck(コインチェック)がおすすめです!
coincheck(コインチェック)は多くの仮想通貨を取り扱っていて、操作もわかりやすく簡単!
初心者でも使いやすくて、おすすめな取引所です。また、途中でも書いた通りcoincheck(コインチェック)ではハッキング被害に対する100万円の補償があります!

▼そんなコインチェックの口座開設は下の公式ページから▼

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbリップル(Ripple)おすすめ取引所の手数料や評判を徹底比較!
Thumbリップルがたった数十分で30%も価格が上昇!一体何が起きた?

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side