【取引所比較】コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitflyer)とザイフ(zaif)でどれが良い?

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)など、大手のメリットデメリットをはっきり知りたい! 大手三社コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif()を比較しました。

【取引所比較】コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitflyer)とザイフ(zaif)でどれが良い?のイメージ

目次

  1. 1こちらの記事のポイントはここ!
  2. 2コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)、どの取引所が一番?
  3. 3コインチェック(coincheck)はどんな取引所?
  4. 4ビットフライヤー(bitflyer)はどんな取引所?
  5. 5ザイフ(zaif)はどんな取引所?
  6. 6コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)の口座開設に必要なものを比較
  7. 7コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)のメリット比較
  8. 8コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)のデメリット比較
  9. 9コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)の手数料と比較
  10. 10取引所の比較まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

こちらの記事のポイントはここ!

  • 国内大手仮想通貨取引所、コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)のそれぞれの特徴
  • メリット、デメリット比較
  • 手数料比較

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)、どの取引所が一番?

仮想通貨取引を始めたいけど、どの仮想通貨取引所が良いのかわからない……扱いやすいところは? 手数料は? 
そのような始める前に気になるところを比較しまとめました。
今回は国内大手である
 

  • コインチェック(coincheck)
  • ビットフライヤー(bitflyer)
  • ザイフ(zaif)


を比較します。簡単にまず、取引量と資本金を見てみましょう。

  取引規模(取引量) 資本金

コインチェック(coincheck)

約3万BTC(世界14位) 約9,200万円
ビットフライヤー(bitflyer) 約10万BTC(世界3位) 約41億

ザイフ(zaif)

約1.1万BTC(世界22位) 約8億

世界でもトップクラスで資本金も突き抜けているビットフライヤー(bitflyer)がとても目立ちますね。国内の取引所ですが、ここまで規模が大きいとそれだけ信頼感があります。その規模に並ぶ2つの取引所も、国内大手である特徴が気になりますね。
では、この3つの大手取引所の細かい情報を見ていきましょう。ご自身がどのような取引をしたいか、イメージしながらご覧下さい。
 

コインチェック(coincheck)はどんな取引所?

コインチェック(coincheck)とは和田晃一良氏という方が設立した仮想通貨取引所です。和田氏はプログラマーでもあり、アプリ制作に携わっていたことがあります。その影響もあってか、コインチェック(coincheck)は他の取引所と比較してアプリがぐっと使いやすいです。
そんなコインチェックが選ばれる大手取引所である理由は他にもあります。

コインチェック(coincheck)のメリット①二段階認証と保証金

コインチェック(coincheck)の最も嬉しい特徴は保証金があることがあげられます。
二段階認証を使用しているユーザーに対してのみですが、日本円も仮想通貨も対象であり、1度の請求で最大100万円の保証金がでます。仮想通貨は通常、トラブルで消えてしまっても二度と戻りませんので、安心して取引しやすい取引所と言えるでしょう。

コインチェック(coincheck)のメリット②アプリの使いやすさ

またコインチェック(coincheck)はアプリが使いやすいとあげましたが、とくにチャートが大変見やすくなっています。
ご覧のようにコインチェック(coincheck)のアプリはシンプルな画面で操作ができます。波のように表示されていて、初めての方でも見てすぐ上昇中かどうかが分かりやすいですね。もちろんローソク足にも変えることができます。リアルタイムで表示されますので外出先でもいつでも取引が可能です。
さらにコインチェック(coincheck)のアプリはチャット機能もあり、現在の動きをユーザーがどのように読んでいるかを知ることができます。詳しい人が有益な情報をつぶやいてくれるかもしれませんので、ぜひ参考にしましょう。
 

Thumbコインチェック(coincheck)のアプリの使い方まとめ!【ダウンロード/ログイン】

コインチェック(coincheck)のメリット③取り扱い通貨の種類の多さ

またコインチェック(coincheck)のもう一つの大きな特徴として、国内取引所の中では取り扱い通貨が多いことがあげられます。
コインチェック(coincheck)ではビットコインはもちろん、イーサリアム、リップル、ライトコインなど、13種類もの仮想通貨を取り扱っています。今の内に買っておきたい出たばかりの仮想通貨もありますので、それだけでも魅力を感じますね!
 

コインチェック(coincheck)は手数料が高い?

コインチェック(coincheck)は取引所の中では比較的手数料が高い特徴があります。コインチェック(coincheck)からビットコインを買う場合1.04%ほどの販売手数料(スプレッド)を取られてしまいますが、のちほど比較するビットフライヤー(bitflyer)の取引所の手数料は高くても0.04~0.06%となっていますので、かなり高めと言えるでしょう。多めに買っても手数料が安くなることもありませんので、すこし気になるところですね。
(※ビットフライヤーの販売所の手数料はさらに高いです)

ただこれはコインチェック(coincheck)からビットコイン他仮想通貨を買うときであって、ビットコインを買いたいユーザー、売りたいユーザー同士で取引する「取引手数料」は無料キャンペーン中です。
さらにスプレッドも安くなっており、コインチェック(coincheck)でビットコインを売買したいという方は取引所で取引するとよいでしょう。

Thumbコインチェック(coincheck) での買い方・売り方!【ビットコイン/イーサリアム/リップル】

ビットフライヤー(bitflyer)はどんな取引所?

ビットフライヤー(bitflyer)は海外進出もしている大手の仮想通貨取引所です。ビットフライヤー(bitflyer)は初期から三菱UFJ、リクルート、SBIなど多くの大企業の株主を得ており、多の取引所と比較して非常に信頼性の高いと言えます。

ビットフライヤー(bitflyer)のメリット①取引量No.1

ビットフライヤー(bitflyer)は国内の取引所でビットコイン取引が最も取引量が多いのが特徴です。利用者が多いというだけでもかなり信頼度は高いといえます。
また、利用者が多いと言うことはビットフライヤー(bitflyer)でのビットコインの取引もしやすいということです。ビットフライヤー(bitflyer)であれば、買い手と売り手の取引もすぐ成立します。

ビットフライヤー(bitflyer)のメリット②不正ログインの保証

ビットフライヤー(bitflyer)もコインチェック(coincheck)と同じく、二段階認証不正ログインの保証があります。
二段階認証をしているアカウントで日本円で不正出金された場合のみが対象ですが、預かり資産が100万以下の場合は最大10万、それ以上は最大500万が保証金として出るそうです。コインチェック(coincheck)と比較してかなり大きい金額ですね。日本円の出金のみが対象ではありますが、とてもありがたいです。

ビットフライヤー(bitflyer)のメリット③FXトレードが可能

ビットフライヤー(bitflyer)ではなんと、仮想通貨でFXが可能となっています。日本円との値段差で取引するため、仮想通貨を買う必要はありません。
さらに嬉しいのが、ビットフライヤー(bitflyer)ではレバレッジ最大15倍が可能と言うこと。レバレッジがあると少ない資金で大きい金額を動かすことができますので、資金が少ししかないという方でも取引を楽しむことができます。
ただレバレッジがかかると、大きく勝つことができる反面マイナスになる分も大きくなりますのでそこは慎重に行いましょう。

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)のレバレッジ(FX)取引のやり方とかけ方!

ビットフライヤー(bitflyer)は取り扱い通貨が少なめ

ビットフライヤー(bitflyer)は取引量は1番ではありますが、取り扱い通貨は今回比較する取引所の中では最もすくない6種類となっています。それでも比較的メジャーになりつつあるイーサリアムやライトコインから、国内で作られた仮想通貨「モナコイン」も取り扱っていますので、取引には十分だといえます。
 

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)の使い方【入金・買い方・売り方】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ザイフ(zaif)はどんな取引所?

ザイフ(zaif)はテックビューロという会社が管理する仮想通貨取引所です。テックビューロは仮想通貨のセキュリティの中心でもある「ブロックチェーン」開発を行う会社でもあり、開発したブロックチェーンを提供したり、そこからトークンと呼ばれる独自の仮想通貨を生み出しています。

ザイフ(zaif)のメリット①手数料がもらえる

ザイフ(zaif)のメリットは何と言っても取引する毎に手数料が「もらえる」ということ。手数料の表記は販売手数料は「-0.01~-0.05%」取引手数料も「-0.01%」とマイナス表記になっていて、取引した分の0.01~0.05%分を加えてもらえるというシステムになっています。
ザイフ(zaif)を管理するテックビューロは仮想通貨を広めることを第一に活動しており、投資をうける企業にも「数年間利益を得ず、ビットコインを広める活力をおいたビジネスプラン」を立てていると伝えているそうです。その上で資金を受けているので、安くてもザイフ(zaif)の信頼性を感じると思います。

ザイフ(zaif)のメリット②ローリスク積立が可能

これはザイフ(zaif)独自のサービスで、「ドル・コスト平均法」を利用した仮想通貨の積立になります。相場が低く、これから上がる可能性の高いときは多めに、逆に下がるときには少なめに買う方法で、非常に少ないリスクで貯めることが可能です。毎月固定金額を銀行から引き出してくれるのですが、その金額も1000円から可能となっています。トレードに不慣れでなかなかたまらない、という方にはとてもおすすめできますね。

ザイフ(zaif)のメリット③ザイフ(zaif)独自のトークン

ザイフ(zaif)には独自の「トークン」がたくさんあります。トークンと仮想通貨というものの間には厳密に定義がありません。トークンに貨幣価値を付けたものが「仮想通貨」と考えて大丈夫です。
最近ザイフ(zaif)では「ICO」と呼ばれる「IPO(新事業に投資するシステム)」の仮想通貨版で、COMSAという新たなトークンを発行して話題になりました。ICOは2017年様々なプロジェクトがあり、多くの投資家がそれで利益を得たことから、株式に投資をしていた人も多くがICOに投資をし始めますます期待度があがっています

ThumbZaif(ザイフ)トークンのチャートの買い方と見方【今後の可能性】

ザイフ(zaif)はサーバーが弱く、アプリも使いにくい

ザイフ(zaif)はブロックチェーンに強く、仮想通貨の期待をあげることに熱心な会社ですが、一方で他の取引所と比較してサーバーが弱い、という欠点があります。割と高い頻度で「メンテナンス中です」等起こり、注文ができなくなることが多発します。多くの方が同時に取引したときに起こるということですから、チャンスを逃してしまう可能性も高いと言えます。
またザイフ(zaif)はアプリもあるのですが、こちらがPCサイトを流用しただけのようで、表示が非常にみづらいです。いつでもどこでも取引をするには、ザイフ(zaif)は少々扱いづらいかも知れませんね。

ThumbZaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)の口座開設に必要なものを比較

仮想通貨取引所でのもっとも良い点は、どの取引所もメールアドレスひとつで口座開設が可能と言うことです。簡単ですぐに済ませられます。
ただ、取引可能な口座にするには本人確認が必要になります。その必要なものも比較してみましょう。

  必要なもの
コインチェック(coincheck) いずれか1点
  • 旅券(パスポート)
  • マイナンバーカード(表面のみ。通知カードは不可)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者又は永住者のものに限ります。)
  • 運転免許証等(裏面に住所の記載がある場合は裏面も)
  • 官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの(写真付き住基カード等)
ビットフライヤー(bitflyer)
  • 免許証(表面と裏面、計2点)
  • パスポート(顔写真入りページと住所記載ページ、計2点)
  • 顔写真付住民基本台帳カード(表面と裏面、計2点)
  • 外国人登録証明書(表面と裏面、計2点)
  • マイナンバーカード(表面のみでOK。通知カードは不可)
のいずれかと
  • IDセルフィー(上記の書類とご本人が一緒に写っている写真)
ザイフ(zaif) いずれか一点
  • 在留カード
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(マイナンバー通知カードはNG)
  • 日本国パスポート・ビザ(住所が記載されている面も必要)


またはこちらを組み合わせて2点
  • 官公庁発行の公的証明書1点(健康保険証、住民票など)と公共料金の明細書1点(電気・ガス・水道料金、携帯電話・固定電話の請求書)
  • 官公庁発行の公的証明書を2点

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)すべて共通して、これらの書類はサイトへアップロードすることで提出となります。マイナンバーカードは全員がもつことになる身分証ですので、そちらを発行済みであれば本人確認は難しくなさそうです。もし写真付きのものがなければ、ザイフ(zaif)は住民票と公共料金の明細(3ヶ月以内のもの)を合わせて2点でも良いみたいですね。その点をみるとザイフ(zaif)が申請しやすいです。

IDセルフィー

仮想通貨取引所では、いままではメールアドレスひとつで口座完了だったのですが、2017年3月より「改正資金決済法」が施行され、本人確認が義務化されました。
現在、この本人確認のほかに「IDセルフィー」の提出も必要になっています。IDセルフィーとは画像の通り、上記の書類とご自身が一緒に写っている写真のことです。本人が証明書をもっている写真を提出することで、離れていても本人確認が可能と言うことですね。
画像はビットフライヤー(bitflyer)のものですが、コインチェック(coincheck)やザイフ(zaif)も必要となっています。こちらを取るときには白いカベを背に、家族や友人、またはスマホの自撮りで撮りましょう。

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)のメリット比較

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)をそれぞれ簡単にご紹介しましたが、次はメリットの比較をしてみましょう。

  メリット
コインチェック(coincheck)
  • 二段階認証と保証金
  • アプリの使いやすさ
  • 取り扱い通貨の種類の多さ
ビットフライヤー(bitflyer)
  • 取引量No.1
  • 不正日本円出金への保証
  • FXトレードが可能
ザイフ(zaif)
  • 手数料がもらえる
  • ローリスク積立が可能
  • ザイフ(zaif)独自のトークン

まず、安全面は二段階認証と保証金のでるコインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)が良いといえるでしょう。お金を取り扱う面ではやはり重視したいところです。

扱いやすさコインチェック(coincheck)が一番良いかもしれませんね。アプリが使いやすいというだけでいつでもどこでもできますから、チャンスも逃しにくいです。加えて取り扱い通貨が多いですので、様々な取引を楽しめることでしょう。

手数料は逆にもらえてしまう、ザイフ(zaif)がトップになりますね。ローリスク積立もありますし、仮想通貨を貯めやすいのはザイフ(zaif)がもっとも効率が良いといえます。

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)のデメリット比較

  デメリット
コインチェック(coincheck)
  • 手数料が高め
ビットフライヤー(bitflyer)
  • 取り扱い通貨が少なめ
ザイフ(zaif)
  • サーバーが弱く、アプリも使いにくい

次にコインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)のデメリットを比較しましょう。

手数料は本記事の下の方で比較しますが、コインチェック(coincheck)はスプレッドが他の取引所と比べて高い印象が残ります。ですが安全面とアプリの使いやすさ、取り扱い通貨の多さというメリットが強いですので、「利益が十分でてからおろす」など、できるだけ安くなるよう工夫すると良いかも知れません。

取引量が多いのに、ビットフライヤー(bitflyer)取り扱い通貨が少ない、というのも残念ですね。ただメジャーな仮想通貨は取り扱っていますし、FXもありますので、特定の仮想通貨でしか取引しない、という方は気にする必要はないでしょう。

また、取引したいときにサーバーダウンしてしまうのが怖いザイフ(zaif)も気になりますが、取引するだけでもプラスになりやすいことと、積立というほったらかして利益を得るサービスがありますので、そちらをメインで使われる方は心配せずとも良いでしょう。

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)の手数料と比較

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)の販売手数料とスプレッド

  販売手数料
(ビットコイン)
スプレッド

コインチェック(coincheck)

無料 1%前後
ビットフライヤー(bitflyer) 無料 2%前後

ザイフ(zaif)

-0.05%~
-0.01%
2%前後

販売手数料とは、取引所で仮想通貨を売買するときにかかる手数料です。上記のとおり、コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitflyer)は無料となっており、ザイフ(zaif)はマイナスの手数料で貰うことができます。
ただ、販売手数料には売買手数料(スプレッド)という見えない手数料がついており、購入時に上乗せされています。取引所ごとのビットコインの価格と買値から計算すると、記載時はコインチェック(coincheck)1%前後、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)が2%前後となりました。合わせて比較するとコインチェック(coincheck)がこの中では最も安い価格でビットコインを買うことが出来るといえます。

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)の取引手数料

  取引手数料

コインチェック(coincheck)

無料
ビットフライヤー(bitflyer) 無料

ザイフ(zaif)

-0.01%

取引手数料とは、取引所を利用している一般ユーザー同士で取引するときに仲介料として取られる手数料です。仮想通貨のやりとりに取引所が場を設けている分、販売手数料より取られてしまいますが、今回比較しているコインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)は無料キャンペーン中になっていますね。
さらにザイフ(zaif)ではまた、もらえてしまうお得な手数料となっています。

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)の入金手数料

  通常入金
手数料
コンビニ・クイック入金
手数料

コインチェック(coincheck)

実費
  • 3万円未満=756円
  • 3万円以上50万未満=1000円
  • 50万円以上=入金金額×0.108%+486円
ビットフライヤー(bitflyer) 実費 一律324円

ザイフ(zaif)

実費
  • 3万未満 486円
  • 3万以上 594円

実費=利用する銀行口座の手数料

入金手数料は、取引所へ日本円を入金するときにかかる手数料です。銀行振込での通常入金ですと、利用される銀行の手数料のみかかります。ただその方法ですと銀行の営業時間に左右されるため、すぐ反映されないことが多いです。そのため「クイック入金」という方法があります。
主にコンビニ入金やペイジーを利用して入金します。こちらを利用すると、数十分ほどで反映されるため、出かけに入金し、取引したくなったときにとても便利です。
もっともお得で使いやすいのはビットフライヤー(bitflyer)でしょう。一律324円と、固定の上この中ではもっとも安く記憶もしておきやすいですので、ひかれる手数料分を計算して振込金額を設定しやすいですね。
やはりコインチェック(coincheck)は手数料が高めに設定されているようですね。3万以上で1000円はなかなか痛いでしょう。ザイフ(zaif)はその半額ほどの手数料で振り込むことが可能となっています。
 

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)の出金手数料

  出金手数料
(日本円)

コインチェック(coincheck)

400円
ビットフライヤー(bitflyer) ◆三井住友銀行へ出金
 
  • 3万円未満=216円
  • 3万円以上=432円

◆三井住友銀行以外の銀行へ出金
 
  • 3万円未満=540円
  • 3万円以上=756円

ザイフ(zaif)

  • 50万円未満=350円
  • 50万円以上=756円

出金手数料は日本円を自分の銀行口座に振り込む時にかかる手数料です。ビットフライヤー(bitflyer)は三井住友銀行と提携があり、そちらに振込をしたときは安く出金が可能です。コインチェック(coincheck)一律で400円となっていますので、多くの金額をおろすときにはとても嬉しいですね。
ザイフ(zaif)も50万未満という大きな金額までが350円で出金できますので、多めにおろしやすいと言えます。いつも100万という大きな金額をおろすという方はコインチェック(coincheck)が一番良さそうですね。

コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)のクレジットカード手数料

  クレジットカード
手数料

コインチェック(coincheck)

7~8%前後
ビットフライヤー(bitflyer) 10%前後

ザイフ(zaif)

5~6%

ビットコインだけですが、コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)すべての取引所で、実はクレジットカードで仮想通貨を買うことができます。ただご覧の通り、販売手数料に比べて圧倒的に高い手数料になってしまうということと、手数料自体は表示がされない(購入金額に含まれる)ため、出来る限り日本円を入金後購入することをお勧めします。
見ることができないため、こちらは大体の手数料になります。この中ではビットフライヤー(bitflyer)がかなり高いですね。ザイフ(zaif)がもっとも安く買うことができますが、それでも高めといえるでしょう。

Thumb仮想通貨取引所19社一覧をご紹介!【評判・特徴・手数料】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨取引所の手数料比較!一番お得なのはどこなのかまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取引所の比較まとめ

コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitflyer)とザイフ(zaif)をそれぞれ比較しましたが、いかがでしょう?
どの取引所にもメリットデメリットがあり、やはり自身の取引方法で選ぶのが一番よいのかもしれません。
いつでもどこでも取引したい、たくさんの通貨を利用したいという方はコインチェック(coincheck)
FXになじみがあるから、仮想通貨でもしっかり取引がしたいという方はビットフライヤー(bitflyer)
手数料が気になる方、ほったらかしで積立したいという方はザイフ(zaif)

という感じで使い分けるといいですね。

管理人"孝太"

(27)

今回3社を見比べてどれがいいのかと比較をいたしましたが、どこが一番というよりは、それぞれの良いところを活用するというのが大事といえます!
私自身取引所は今回比較した3つは持っていますし他にも持っています!
それぞれの良さを利用しながら仮想通貨取引をするのが実は一番お得です!!

今回紹介した取引所で口座を作りたい方は以下をクリック!

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side