coincheckでんき登録でビットコインが貯まる方法を解説!

coincheckは新電力が提携をしてビットコインがたまるcoincheckでんきを提供してます。提供エリアも拡大し、日本初のビットコインが貯まり、電気代がビットコインで還元されるプランもあるcoincheckでんきを概要から申し込み方法まで詳しく解説します。

coincheckでんき登録でビットコインが貯まる方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1coincheckでんきでビットコインが貯まる?
  2. 2coincheckでんきサービスの概要
  3. 3coincheckでんきの詳細プラン
  4. 4coincheckでんきサービスの申し込みの手順
  5. 5coincheckでんきを利用する注意点
  6. 6coincheckでんきの今後の展開
  7. 7coincheckでんきのまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

coincheckでんきでビットコインが貯まる?

2016年11月から提供を開始したcoincheckでんき

電力会社を変えるだけで、ビットコインが貯まるプランがあります。どんどん価格が高騰しているビットコインが貯まるとは、現金値引きよりも電気代がお得になるかもしれませんね。

そんなcoincheckでんきの基本から申し込み方法、注意点などまとめてみました。

coincheckでんきサービスの概要

2016年の電力小売り全面自由化に伴い、地域の電力会社以外でも、電気サービスを提供できることになりました。全国で1000以上の会社が参入しており、新電力に切り替えると、電気代が安くなったり、提携ポイントが貯まるなど各社特色を出しています。

中でもcoincheckでんきは、日本初のビットコインが貯まるサービスとして注目を集めています。
 

coincheckでんきの提供者

coincheckでんきは、coincheckとイーネットワークシステムズ(ENS)と丸紅新電力の三社が協働で提供します。

丸紅新電力は実際の電力を供給し、イーネットワークシステムズ(ENS)は電気供給契約を行い、coincheckはビットコイン還元の口座を提供します。
 

電気を供給する丸紅新電力

今回のcoincheckでんきで電気を提供するのは、「丸紅新電力株式会社」です。
その名のとおり、商社丸紅の100%子会社です。新電力会社の中では、いち早く市場に参入し、2002年から電気事業者として電力を供給しています。
 

スタジオジブリと提携する丸紅新電力

丸紅新電力が電力会社として、特色があるのはスタジオジブリと連携し、環境保護活動に力をいれているところでしょう。

なかでもプランGは、電気代の一部を「トトロの森」の活動支援に使うことを約束しています。

丸紅新電力がタイアップし、スタジオジブリが制作した「鳥獣劇画」はCMで目にしたことがあるかもしれません。BGMのピアノは全盲のピアニストで有名な辻井伸行さんです。

ENS(イーネットワークシステムズ)とは

coincheckと丸紅新電力とともに、今回の電力供給のなかで契約や顧客管理するのが株式会社イーネットワークシステムズ(ENS)です。

2015年に設立され、親会社は老舗LPガス事業者の三ッ輪産業株式会社になります。電気を販売するプラットホームや電力事業の立ち上げに強みを持っている会社です。

coincheckでんきは、イーネットワークシステムズ(ENS)と契約を行うことになります。

coincheckでんきの詳細プラン

coincheckでんきには、2つのプランがあります。
申し込み後にプランの変更はできませんので、プランの内容を詳しくみていきましょう。

coincheckでんきの「ビットコイン付与プラン」

1つ目は、「ビットコイン付与」プランです。

電気代は今までどおりの100%、支払い方法は円で支払うことは一緒です。
割引率に応じて安くなった電気代を「ビットコインで還元」されるプランです。

今までと同じ電気代で、ビットコインがどんどんcoincheck口座に貯まります。
ビットコインを持っていない人でも、ビットコインをゲットできるチャンスになります。

coincheckでんきの「ビットコインの決済プラン」

2つ目は「ビットコイン決済プラン」は、電気代をビットコインで支払うプランです。
大手電力会社の電気代よりも数パーセント安くなります。

電気代の全てをビットコインで支払うプランなので、すでにビットコインをたくさんもっている方はこちらでもいいかもしれません。

こちらのプランではビットコインは貯まることはないので注意しましょう。

おすすめのプランはどっち?

まだビットコインを持っていない、生活のほとんどは円という方は、「ビットコイン付与プラン」をお勧めします。

理由は、「ビットコインが貯まる」かつ「電気代のクレジットカードカード払いでポイントが貯まる」とダブルでポイントが貯まるからです。

こちらの付与プランですと、coincheckでは対応していない、ビットコインの積み立てが毎月できるようなものですので、ビットコイン初心者にもお勧めです。

coincheckでんきの提供エリア

coincheckでんきの提供エリアは

北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
九州電力

です。
北陸電力、四国電力、沖縄電力、その他離島は残念ながらまだ対象ではありません。

サービス開始当時は、東北・東京・中部の3電力会社でしたが、2017年9月にエリアが拡大されました。

順次今後もエリアを拡大していく予定だそうです。
 

coincheckでんきの割引パーセンテージ

ビットコインの還元または割引パーセントは以下のようになります。
北海道電力の60Aの契約者は7%と最も高い割引率になります。

東京電力などの5エリアは以下のとおりです。
割引率が書いていないところは、契約対象外となります。
 

  10A 20A 30A 40A 50A 60A
北海道電力 - - 1% 4% 6% 7%
東北電力 - - - 3% 4% 5%
東京・中部電力 (従量電灯B) - - - 4% 5% 6%
九州電力 - - - 2% 4% 5%

関西電力と中国電力は使用量で変わります。
  平均使用量
関西電力 350kWh以上:5%
中国電力 300kWh以上:5%

対象になっている人は、昼夜の使い方問わず、今よりも確実に電気代が安くなるところがポイントです。

coincheckでんきのプラン試算例

coincheckでんきを利用すると、電気代がどのくらい割引になったり、ビットコインが還元されるか、1つの例をとって説明します。

全国で試算ができる規模のご家庭を1つ例にとって試算します。



分譲マンションに住む4人家族の例(40A,400kWh)

  現在の電気代 ビットコイン付与プラン ビットコイン決済プラン
北海道電力 12,924円 517円分のBTC還元 12,407円分BTC支払い
東北電力 10,836円 325円分のBTC還元 10,511円分BTC支払い
東京電力 11,147円 444円分のBTC還元 10,703円分BTC支払い
中部電力 10,916円 436円分のBTC還元 10,480円分BTC支払い
関西電力 10,110円 505円分のBTC還元 9,605円分BTC支払い
中国電力 10,230円 511円分のBTC還元 9,719円分BTC支払い
九州電力 9,876円 197円分のBTC還元 9,679円分BTC支払い


なお、ビットコインのレートは支払日当日のレートになります。
固定費は簡単にできる節約方法の一つですね。

coincheckでんきサービスの申し込みの手順

coincheckで口座を開く

まずはビットコインを貯める口座を開きます。
電気の契約者と同一名義で開きましょう。

▼詳しくは下の記事で解説していますので、是非参考にしてください。

Thumbコインチェック(coincheck) の登録方法から口座開設!本人確認の流れも解説!| 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

まだ口座開設ができていない方はこちら

coincheckのウェブサイトから申し込み

coincheckのウェブサイトにログインをします。
アプリからの申し込みはできません。

ログインをしたら、左側メニューの下の方にある、「でんき」をクリックします。

右側のところに詳細な説明がでます。

内容を確認のうえ、ページの一番下までいきます。

・ビットコイン付与プラン
・ビットコイン決済プラン
のどちらかを選択します

・約款および重要事項説明書に同意しますにチェック。

2点をチェックできたら、「申し込む」をクリックします。

すると、最後にENSに移動して手続きを行うかどうかを聞かれますので、クリックします。

これでcoincheck内の電気の申し込みは完了です。

ページはENSに移動します。

ENSのサイトで詳細情報を登録

ENSで情報を登録します。
この情報をもとに、ENS側から現電力会社に解約の手続きをします。
情報が一致していることが条件ですので、「検針票」をもとに情報を登録してください。

さらに、検針票の写真を登録します。
 

申し込み~利用開始までの流れ

ここから先は電力会社が行います。
簡単に流れを説明すると、

  • (ご家庭により)メーター交換
  • 電気供給開始(申し込み後、3週間~1か月半後)
  • 料金請求とビットコイン付与・決済開始

となります。

それぞれの段階でEメールでお知らせが届きます。

coincheckでんきを利用する注意点

さて、ここからはcoincheckでんきの申し込み時や利用中の注意点をまとめてみました。

coincheckでんきの注意点①名義人

現在の電力会社の名義人とcoincheck口座の名義人は同一である必要があります。
日数としては、coincheck口座は作るほうが早いかもしれません。

東京電力の場合、名義人の変更はホームページで行うことができ、反映するのは次回検針日からになります。

coincheckでんきの注意点②coincheck口座の保有

ビットコインが還元されたり、支払い口座にできるのは、もちろんcoincheckの口座だけです。coincheckでんきに申し込んでいる間は間違って口座の解約などしないようにしましょう。

coincheckでんきの注意点③エリアと対象プラン

対象エリア内でも、現在の契約アンペア数によっては申し込みができません。

その場合は、一旦現在の電力会社で契約アンペア数を変更してから申し込みをしましょう。基本的に変更工事は無料で、実際にブレーカーの取付変更工事などがあります。

また、使用量で割引になる関西・中国電力では、使用量が少なすぎる月の検針票を登録写真として使うと、契約が断られる場合があります。
 

coincheckでんきの注意点④プランの変更は不可

申し込み後のプランの変更はできません。
どちらのプランが合っているかよく検討してから申し込みましょう。

coincheckでんきの注意点⑤クレジットカード登録

付与プランで対応しているのは、クレジットカード払いのみです。
また、決済プランでも、ビットコインが足りなかったときにはクレジットカード払いとなるため、どちらのプランでも登録が必要です。
 

coincheckでんきの注意点⑥1年以内の解約

coincheckでんきを使い始めた料金起算日から、1年未満の場合は、実費工事代金に加えて解約事務手数料5,400円(税込)がかかります。

1年以上使っていれば費用はかからないので、契約日は覚えておきたいですね。

coincheckでんきの注意点⑦決済プランは残高に注意

ビットコイン決済プランにした場合は、ビットコインの残高に注意が必要です。

料金支払日にビットコイン残高が不足していた場合、強制的にビットコイン付与プランに移行され、プランを戻すことはできません

支払い方法は付与プランになるので、その月からクレジットカード払いとなります。

coincheckでんきの注意点⑧紙の明細書発行は有料

基本的には、イーネットワークシステムズのマイページで料金を確認します。紙の明細書は発行していません。

サポートセンターに連絡をすれば明細書は1回162円の有料で対応となります。

既に新電力を利用していても切り替えられる?

既に新電力を利用していても切り替えられます
ただし、2点注意が必要です。
 

  1. 現在の電力会社の違約金等の条件を確認しておくこと
  2. 新電力→新電力に切り替えを前提をしていないので問い合わせがある

です。

1点目について
新電力に切り替えている方は何らかのメリットがあって切り替えているかと思います。セット割引や違約金などを請求される場合がありますので、変更前に確認しましょう。


2点目について
新電力への切り替えは大手地域電力会社→新電力への切り替えを前提としているシステムなので、イーネットワークシステムズ(ENS)の申し込みの欄に新電力の名前を選べないようになっています。イーネットワークシステムズ(ENS)側で申し込みを受理されたときに別途確認が入る場合があります。

coincheckでんきの今後の展開

2016年から提供が始まり、2017年にはエリア拡大、そして2018年度には契約者数5,000軒を目標と掲げているcoincheckでんき。

今後はさらなるエリア拡大を予定しており、coincheckは電気以外のサービスでもビットコインを貯められるサービスと提携していくそうです。

coincheckでんきのまとめ

ビットコインが貯まるプランもあるcoincheckでんき。ビットコイン初心者の方も始めやすいサービスです。
ビットコインを既にに持っている方は支払い先の一つとして、生活の一部になるでしょう。

提供エリアは順次拡大予定とのことなので、現在対象エリアではない方もcoincheck口座を作って準備をしておいてもいいかもしれません。

coincheckでんきを始めるならまず口座開設を!

coincheckは多くの仮想通貨を取り扱っていて、初心者でも使いやすくて、おすすめな取引所です。また、その他にも様々な特徴があります。

もしもの時も保証がある!!
ビットコイン以外にも将来有望な仮想通貨も簡単に購入できる!
取引する人が多く、安心の取引所!!


▼そんなコインチェックの口座開設はこちらから

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

Thumbコインチェック(coincheck)徹底解説【完全版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェックの売買手数料は高い?スプレッドと手数料まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side