モナコイン(monacoin)の買い方と取引所別の購入方法を解説!

日本発の仮想通貨としてにわかに注目を浴びているモナコイン(monacoin)。モナコイン(monacoin)の買い方と取引所別の購入方法を解説! 「なんとなく興味があるけど、買い方がわからない」という方に基本のきから優しく解説します。

モナコイン(monacoin)の買い方と取引所別の購入方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1モナコイン(monacoin)とは?
  2. 2モナコイン(monacoin)を購入できる取引所
  3. 3モナコイン(monacoin)を購入するならどっちがおすすめ? 徹底比較!
  4. 4モナコイン(monacoin)のbitFlyer(ビットフライヤー)での買い方
  5. 5モナコイン(monacoin)のZaif(ザイフ)での買い方
  6. 6モナコイン(monacoin)投資のメリット
  7. 7モナコイン(monacoin)投資のデメリット
  8. 8モナコイン(monacoin)購入で気をつけるべき事
  9. 9モナコイン(monacoin)の買い方まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

モナコイン(monacoin)とは?

12月5日、2000円に到達したことが話題となった日本発の仮想通貨モナコイン(monacoin)。その後も値を上げ続けています。なんと2ヶ月たらずで10倍に! 

そんなモナコイン(monacoin)とはどういうものか。買い方に入る前に説明していきましょう。まず名前の「モナ」は、あの「モナ―」からきています。そう、巨大掲示板2ちゃんねるから誕生した、ちょっぴり風変わりなコインです。

開発者はMr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool ◆bzJIFpVqts)という人物ですが、詳細は明らかにされていません。2013年12月23日にβ版のリリースを経て、2014年1月1日正式リリースされました。

仕様はライトコインをベースにしていて、他の仮想通貨と比較して送金スピードの速さが特徴的。世界に先駆けて、セグウィットを実装した仮想通貨でもあります。

セグウィットとは?

ブロックサイズを圧縮することで、データ量を小さくする技術です。これにより、同時に多くの取引を処理することが可能になります。

本来はビットコインの重要な課題だった「スケーラビリティ」(処理能力のこと)を向上させるための対策として、考案されたものです。


<モナコインの基本情報>

発行枚数 1億512万枚
※ビットコインは2100万枚
承認時間(ブロック生成速度) 90秒毎
※ビットコインは10分に一度
半減期 3年に一度(次は2020年)
※ビットコインは4年に一度



ちなみに、2017年4月に交付された仮想通貨法が定める「ホワイトリスト」にもリストアップされています。これは日本の仮想通貨取引所で取引可能な通貨のリストです。

このお墨付きがあるので、私たちは後で紹介する取引所でモナコイン(monacoin)を売買することができるというわけですね。

ぐんぐん上昇中!

モナコイン(monacoin)はここ数か月で一気に高騰したことで、注目を集めました。長く価格は1モナ100円以下で、今年の年初は5円にも満たない価格でした。

それが、
10月のbitFlyer(ビットフライヤー)での上場をきっかけに、1モナ100円以下から一気に400円台に駆け上がりました。

また11月下旬にもふたたび高騰し一時900円台にまで値をつけました。

そして冒頭に書いたとおり、12月に入ってから大暴騰。本記事執筆時点では、2000円前後まで値を上げています。

あの堀江貴文も注目するコインであり、モナコイン(monacoin)はいまもっとも「アツい」コインのひとつと言っていいでしょう。


そんな今絶賛上昇中のモナコインを買うならザイフがおすすめ!
ザイフは国内で手数料が最安値!
そして、急ぎの時にうれしいクレジットカードでの購入も可能!

ザイフの口座開設手順について詳しくこちらで解説してます!

ThumbZaif(ザイフ)のアカウント作成・登録から入金方法まで詳しく解説!

有名株トレーダーも買っている

最近では、資産210億円!有名トレーダーのcisさんもモナコイン(monacoin) を買ったことを告白。なんと1000万分も購入したそうです。

仮想通貨の投資家だけでなく、今後市場に参入してくるであろう株やFXのトレーダーのアツい視線もモナコイン(monacoin)は浴びることになるでしょう。

モナコイン(monacoin)を購入できる取引所

モナコイン(monacoin)はいわゆるアルトコインのひとつであり、購入できる取引所はまだ一部に限られています。他のアルトコイン、ビットコインキャッシュやイーサなどと比較しても購入方法は限定されているのが現状です。

そんな中大手取引所ではbitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ)で購入が可能です。
もうひとつの大手取引所Coincheck(コインチェック)には、残念ながらまだ上場していません。

ただし、注目を浴びるコインなので、今後どんどんモナコイン(monacoin)を購入できる場所は増えていくはずです。

コインチェックの取扱い銘柄について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介!

モナコイン(monacoin)を購入するならどっちがおすすめ? 徹底比較!

では、bitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ)、どちらで購入するのがいいのでしょうか。それぞれの購入方法、買い方をそれぞれ比較しながら考えていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)での買い方・特徴

bitFlyer(ビットフライヤー)でモナコインを購入する場合、買い方は「販売所形式」に限られます。

ユーザー同士でコインの売買を行う、「取引所形式」という買い方には対応していないことを押さえておきましょう。

またシンプルなチャートもbitFlyer(ビットフライヤー)の特徴です。初心者に優しい操作画面にもなっています。


そんな「販売所形式」で簡単に利用できるビットフライヤーはいつでも好きな時に好きなだけモナコインを購入することができます!

そんな簡単で便利なビッフライヤーはモナコイン投資初心者の方におすすめ!
アカウント登録はこちらから簡単30秒です!

ビットフライヤーの口座開設手順はこちらで解説!

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)の本人確認の手順と時間と必要書類まとめ!

Zaif(ザイフ)の買い方・特徴

Zaif(ザイフ)の場合は、「販売所形式」「取引所形式」両方の買い方に対応しています。

Zaif(ザイフ)の「取引所」では下のような、独特のチャートをもとに取引をしていきます。このチャートのローソク足など、初心者にはとっつきづらく感じてしまう方もいるかもしれません。

またチャット機能もありますので、上級者はチャットの会話を取引の参考にすることもできます。

ザイフはモナコインをトレードするにはとてもおすすめの取引所です!
取引になれているならザイフでのモナコイン取引がお得!

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbZaif(ザイフ)のアカウント作成・登録から入金方法まで詳しく解説!

モナコイン(monacoin)のbitFlyer(ビットフライヤー)での買い方

買い方①アルトコイン販売所から

ここではbitFlyer(ビットフライヤー)でのモナコイン(monacoin)の購入方法を順を追って説明します。先に説明したように、bitFlyer(ビットフライヤー)では販売所形式のみに対応しています。

まずは左のメニューから、〈アルトコイン販売所〉を選択します。

買い方②モナコインを選択

イーサや、イーサクラシック、ビットコインキャッシュなどの他のアルトコインもありますが、当然買うべきここは〈モナコイン〉を選びましょう。

買い方③数量を選択

販売所形式の購入方法としては、購入価格は時価で自動的に決定されるので、数量を指定するだけです。数量を入力して、〈コインを買う〉とすすみましょう。日本円参考額も表示されるので確認しておきましょう。

買い方④注文を実行して、注文を確定

ここでは、0.02モナ分の購入方法を例にとります。〈コインを買う〉をクリックするだけでは、まだ注文は確定しません! 

上の画像のように「6秒以内に注文を実行してください」という表示が出るので、その表示をふまえて〈注文実行〉をクリックしましょう。

この6秒以内であれば、モナコイン(monacoin)の購入価格は変わりません。

買い方⑤注文履歴で確認

注文が本当に実行されているかは、画面下部から〈注文履歴〉から確認できます。しっかりと0.02モナ分の注文が確定されていますね。ちなみに、bitFlyer(ビットフライヤー)では、購入の際の手数料はかかりません。

買い方⑥最小購入単位は?

ちなみに購入方法で気になるのは、モナコイン(monacoin)はいくつから購入できるかということではないでしょうか。小額から買えればうれしいですよね。

正解は0.00000001 モナ! 円に換算すると約0.000003円!(※1 モナ=300円として計算) かなりの小口から買うことができます。

「モナコイン(monacoin)買いたいんだけどいまあまりお金持ってないんだよな…」という人でもbitFlyer(ビットフライヤー)ならば1円でも入金されていれば購入可能ということです。

モナコイン(monacoin)のZaif(ザイフ)での買い方

買い方①販売所形式で買う

次にZaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の購入方法の手順を紹介します。まず、bitFlyer(ビットフライヤー)と同様に販売所形式での買い方を説明します。Zaif(ザイフ)の場合は〈簡単売買〉という名前になっています。

販売所形式の購入方法です。〈簡単売買〉から〈MONACOIN〉簡単売買にすすみましょう。

以後の購入方法は Zaif(ザイフ) でも、bitFlyer(ビットフライヤー)での流れとほぼ同じです。〈数量〉を設定し、〈MONACOINを買う〉をクリックします。その後注文確認画面が表示されます。

注文価格、注文数、総価格を確認して、注文に問題が無ければ「OK」をクリックしましょう。購入が完了すると残高に反映され、簡単売買履歴に購入した履歴も残ります。あわせて確認しておきましょう。

手数料は無料です。

買い方②取引所で買う

次にユーザー同士でコインを取引している、 Zaif(ザイフ) の取引所での購入方法を説明します。

こちらの売買の方が手数料が安くなります!

〈取引〉から画面下の〈モナコイン/日本円取引〉→〈現物買い〉で注文を出すことができます。

買い方③取引所で〈指値〉注文

購入方法として指値注文と成行注文というふたつの買い方から選ぶことができますが、まずここは取引所の醍醐味である指値注文を仕方から説明します。

左の〈売買注文〉を見てください。これはいわゆる「売り板」と「買い板」というもので、株の取引所やFXの取引所と同じ形式です。

これは今他のユーザーがモナコイン(monacoin)をいくらで売り注文を出しているか、いくらで買い注文を出しているかの一覧です。

今回はモナコイン(monacoin)の購入なので、赤い枠で囲ってある緑色の売気配に注目します。ここでは少し高めの343円を選択しました。そして数量も自分で選択できます。

〈指値〉注文の使い方 底値で買い増しできる!

指値注文のワンランク上の使い方として、「底値で買う」ために使うことができます。暴落時に、ふたたび値段が上昇することを念頭に、「底値」と思われる価格に指しておくのです。

そこまで売り注文の価格が下がれば、自動的に注文が成立します。このやり方であればリアルタイムに板に張り付く必要がありません。あらかじめ指定の値段を予約しておく、というイメージです。

ただし、よく考えて指さないと、「もっと安く買えたのに…」と後悔することになります。

買い方④取引所〈成行〉注文

成行注文とは、値段を指定しない買い方です。

こちらが指定するのは数量のみです。<指値>から<成行>にタブを変更して購入します。あとの基本的な流れは指値注文と変わりません。

では、成行とはどういうことなのでしょうか。これは買いの場合「そのときに出ている最も低い価格の売り注文に対応して即座に注文が成立する」ということです。

たとえば先ほどの〈売買注文〉を見ると一番安い売り注文は341.7ですので、この価格で注文が成立します。即注文が成立する点がポイントです。また Zaif(ザイフ) 取引所の取引には0.1%の手数料がかかります。

モナコイン(monacoin)投資のメリット

仮想通貨初心者が買いやすい! 

モナコイン(monacoin)に投資するメリットはその将来性です。
とくに仮想通貨初心者が買いやすいコインと言え、市場の新規参入者が積極的に買っていく流れができるはずです。

なぜ初心者がモナコイン(monacoin)なのか? 
理由は大きく分けてふたつあげられます。

モナコイン(monacoin)が選ばれる理由①
2ちゃんねるという私たち日本人に馴染み深い巨大掲示板サイトゆかりの仮想通貨だということ。

どうしても仮想通貨と聞くと、
「ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ネム、イーサ…うーんなんだか、横文字で耳慣れないし、どんなコインなのか想像がつかないな。ちょっと怪しいかも…」と敬遠してしまう人も多いと思います。

その点「モナコイン」も当然横文字ではありますが、「モナ」=あの2ちゃんねるの「モナー」と連想できれば、一気に名前にも親近感がわきますよね。

これから仮想通貨を買おうとしているライト層は非常に手を出しやすい存在のはずです。

モナコイン(monacoin)が選ばれる理由②
もうひとつは、「価格の安さ」です。

11月下旬からかなり高騰しましたが、それでも1モナ=2000円前後。対してビットコインは1ビットコイン=100万円を突破していますから、両者には500倍以上もの開きがあります。

ビットコインも実際は小額から購入が可能なのですが、やはり1000円札2枚あれば1通貨買える、というモナコイン(monacoin)の安さ・敷居の低さは魅力的です。

仮想通貨元年と呼ばれた2017年。そして来年も、新たに仮想通貨を買う人が増えてるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)といった大手取引所に新たに登録する人も多いはずです。それら取引所で買うことができます。

今市場の主役は日本と言われていますが、日本人を引き付ける要素をモナコイン(monacoin)は備えており、ほかのコインと比較しても将来性は高いと言えます。

根強い「モナコインコミュニティー」の存在

現在一部のコインは、保有目的ではなく、投機目的によってのみ買われているケースも目立ちます。

価格が上がっていても、実態は投資家などの大口の買いによるもので中身を伴っていないという可能性もあるのです。

これは裏を返せば、投資家にとって「価値がない」「売り時」と見なされれば一気に売りに出されてしまう、暴落の危険性をはらんでいるということです。

その点、モナコイン(monacoin)は投機目的で購入している層ももちろんいますが、それ以上に、この通貨そのものに価値を見出し大切にしている「コミュニティー」の存在が印象的です

コミュニティーのメンバーは、掲示板サイト「Ask Mona」などで、「いいね!」をする代わりにモナコイン(monacoin)を投げ銭として使うなど、愛着を持って楽しみながらモナコイン(monacoin)を使っています。

彼らの中には、好き!が多きくなりすぎてとうとう長野県の山中にモナコイン(monacoin)の神社を建ててしまった猛者も現れているほどです(資金はコインをやりとりを通して得たもの)。

このことからモナコイン(monacoin)がリアルに「使われ」、そして「愛でられている」ということがわかりますね。

他の仮想通貨と比較して、こういった根強い支持者がいる限り、暴落はしづらいと言えるでしょう。

モナコイン(monacoin)投資のデメリット

世界的には知名度が高くない

モナコイン(monacoin)に弱点があるとすれば、日本での知名度と比較して世界的な知名度はまだそれほど高くないということです。

購入できる取引所も限られており、大手では、bitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ)のみ。
Coincheck(コインチェック)などでは取り扱いがありません。

海外取引所も、扱っている所は数える程度です。これは世界的に流通している他のアルトコイン、ビットコインキャッシュやイーサなどと比較して弱い所と言えるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)が米国進出も…

先日、bitFlyer(ビットフライヤー)の米国でのサービス開始が発表されました。しかし取り急ぎ取り扱われるコインはビットコインから。アルトコインは年明けからのようです。

モナコイン(monacoin)が上場する可能性も十分あり得ますが、年内は動きはなさそうです。海外マネーモナコイン(monacoin)が流れるようになるまでは、少し待たなくてはならないでしょう。

しかし、bitFlyer(ビットフライヤー)の社長はアメリカでモナコイン(monacoin)の名前をあげて紹介をしていただけたようです。これからに期待したいですね。

暴騰後の暴落の怖さ

これはモナコイン(monacoin)投資に限らないことですが、暴騰した後には必ず「調整」が入り一時的に価格が下がります。

それが時には「暴落」というレベルになってしまう可能性も否定できません。先ほど、モナコイン(monacoin)は他のコインと比較して暴落しづらい、と書きましたが、それでもその可能性があるのが仮想通貨という市場です。

たとえば暴騰の山の9合目あたりで高値掴みをしてしまい、その後大きく値段を下げてしまい、損をする買い方をしてしまうことが考えられます。

事実モナコイン(monacoin)も10月の高騰時は、10月9日に486円をマークしましたが、10月15日に349円と下落しました。また、11月の高騰時も11月28日に954円までいったものの、翌日には604円と大幅下落。

その後ジワジワと値を上げたものの回復するには時間がかかりました。値段が上がっている時こそ、きちんと買い時を考えるようにしましょう。そうしないと、思わぬ高値掴みをしてしまいます。

モナコイン(monacoin)購入で気をつけるべき事

モナコイン(monacoin)の使い道

モナコイン(monacoin)はビットコインなどと比較してもかなり実用がすすんでいる仮想通貨です。

先にも触れましたが、掲示板で、「いいね!」をする代わりに投げ銭として使用することができます。また実際にモノやコンテンツを購入するための通貨として、すでに多く使用されています。

たとえば「Monappy」ではモナコイン(monacoin)を使って、イラストやコミックなどのデジタルコンテンツから、コーヒー豆、ツナ缶、お米などの食用品を購入することもできます。

また秋葉原の電気店やメイドカフェの一部で、実際に使用できたりもするそうです。投資目的だけではなく、きちんと実態を持って使えるのが、強みです。

モナコイン(monacoin)経済圏はどんどん広がる

先に触れた「モナコインコミュニティー」が根強くあり、そこで新たなモナコイン(monacoin)経済圏ができつつあります。そしてそれを広めようとする普及活動が盛んに行われています。

秋葉原で行われたイベントでは、自作のモナコインを販売している人がいたり、100万円もの広告費を自腹で切って、街頭ビジョンにPR動画を流す人がいたり…。モナコイン(monacoin)経済圏は今後もっともっと広がるでしょう。

モナコイン(monacoin)の買い方まとめ

ここまでお読みいただけるとモナコイン(monacoin)には、他の仮想通貨と比較しても大きな伸びシロがあることが分かっていただけたのではないでしょうか。

最後にこれから購入を考えている方にむけて、購入方法を比較しながら、買い方を今一度まとめてみましょう。bitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)で買うことができます。
 

bitFlyer(ビットフライヤー)で買う

bitFlyer(ビットフライヤー)はチャートが見やすく比較的初心者向け。

さらにビットフライヤーは不正出金に対する補償プランとして最大500万円を補償してくれます。
大手の取引所として信頼もできるbitFlyer(ビットフライヤー)は、仮想通貨取引を始めてみたい人は口座を持つべき取引所です!

ビットフライヤーの口座開設手順や評判について知りたい方はこちら!

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)の本人確認の手順と時間と必要書類まとめ!
Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・口コミまとめ!

Zaif(ザイフ)で買う

Zaif(ザイフ)はチャートや画面の作りが独特で、慣れるまでは少し時間がかかります。比較的中級~上級者向け。

しかし、ビットコインやモナコインは簡単に購入できる簡単取引もあります!
手数料が国内で最も安いザイフは初心者でも中~上級者も満足できる取引所です!

ザイフの口座開設手順や評判について知りたい方はこちら!

ThumbZaif(ザイフ)のアカウント作成・登録から入金方法まで詳しく解説!
ThumbZaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説!

さらにモナコインについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性!
Thumbモナコイン(monacoin)のマイニング(採掘)のやり方と収益性を解説!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング3選!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は?

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side