コインチェック(coincheck) の送金手数料と状況別手数料まとめ!

コインチェック(coincheck)の送金手数料、入出金手数料、借入手数料、スワップ手数料、取引所手数料、売買手数料を徹底解説!コインチェック(coincheck)の送金手数料と状況別手数料をマスターして、賢く仮想通貨を取引しましょう!

コインチェック(coincheck) の送金手数料と状況別手数料まとめ!のイメージ

目次

  1. 1コインチェック(coincheck)の送金手数料は高い?
  2. 2コインチェック(coincheck)の手数料の種類一覧!
  3. 3コインチェック(coincheck)の送金手数料
  4. 4コインチェック(coincheck)の入金手数料・出金手数料
  5. 5コインチェック(coincheck)の借入手数料
  6. 6コインチェック(coincheck)のスワップ手数料
  7. 7コインチェック(coincheck)の取引所手数料
  8. 8コインチェック(coincheck)の購入手数料・売却手数料
  9. 9コインチェック(coincheck)と他の取引所の送金手数料を比較!
  10. 10まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

コインチェック(coincheck)の送金手数料は高い?

コインチェック(coincheck)の送金手数料って?

コインチェック(coincheck)は日本最大の仮想通貨取引所です。そんなコインチェック(coincheck)を利用している・利用しようか迷っていて、手数料が気になったことはありませんか?

この記事を読めば、コインチェック(coincheck)の手数料に関する疑問を丸ごと解決できます!コインチェック(coincheck)の手数料をマスターして、お得に仮想通貨を取引しましょう。

コインチェック(coincheck)の手数料の種類一覧!

送金手数料だけじゃない!まずは、手数料の種類を確認!

まずは、コインチェック(coincheck)の手数料の種類を確認していきましょう。

この記事では、コインチェック(coincheck)の手数料を大きく種類に分けています。

①送金手数料
②入金手数料・出金手数料
③借入手数料
④スワップ手数料
⑤取引所手数料
⑥購入手数料・売却手数料

これらの手数料は、どんなときに、いくらかかるのか?
順番に見ていきましょう。

コインチェック(coincheck)の送金手数料

まずは、
送金手数料とは何か?送金手数料はいくらかかるのか?について説明していきます。

送金手数料とは

コインチェック(coincheck)でかかる送金手数料とは
文字通り、コインチェック(coincheck)で保有している通貨を他のウォレットや取引所アカウントなどに送金する際にかかる手数料のことを言います。

送金手数料はいくらかかる?

それでは、コインチェック(coincheck)の送金手数料はいくらかかるのでしょうか?

コインチェック(coincheck)の送金手数料は、どの仮想通貨を送金するかによって異なります。

送金手数料は送金する仮想通貨の単位で支払うことになります。つまり、送金手数料がいくらになるかはそれぞれの仮想通貨のそのときの価格によって変動するということです。(ただし、価格の変動によって送金手数料が変化することもあります。)

以下が、コインチェック(coincheck)の仮想通貨の送金手数料の一覧です。

ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.01 ETH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
モネロ(XMR) 0.05 XMR
オーガー(REP) 0.01 REP
リスク(LSK) 0.1 LSK
ファクトム(FCT) 0.1 FCT
リップル(XRP) 0.15 XRP
ジーキャッシュ(ZEC) 0.001 ZEC
ネム(XEM) 0.5 XEM
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ダッシュ(DASH) 0.003 DASH
ビットコインキャッシュ(BCC) 0.001 BCC

たとえば、ビットコイン(BTC)の場合、
1BTC=875361円だとすると、送金手数料は0.0005BTC≒438円かかります。

ちなみに、送金手数料はコインチェック(coincheck)のアカウント間で送金する場合のみ無料になっています。

コインチェック(coincheck)の入金手数料・出金手数料

ここからは、
コインチェック(coincheck)の入金手数料・出金手数料とは何か?
コインチェック(coincheck)の入金手数料・出金手数料はいくらかかるのか?

について順番に説明していきます!

入金手数料とは?

さっそく、コインチェック(coincheck)の入金手数料について解説していきます!

コインチェック(coincheck)でかかる入金手数料とは、
手持ちの日本円/USドルを、コインチェック(coincheck)のアカウントに入金する際にかかる手数料のことを言います。

これだけでは、どのような時に入金手数料がかかるのか、イメージしづらい方もいるかもしれません。

たとえば、コインチェック(coincheck)で仮想通貨を購入するためには、まずはコインチェック(coincheck)のアカウントに日本円を入金しなければいけません。このときに、入金手数料が発生するというわけです。

入金手数料はいくらかかる?

それでは、コインチェック(coincheck)の入金手数料はいくらかかるのでしょうか?
コインチェック(coincheck)の入金手数料は、入金する通貨・入金する方法によって異なります。

・日本円を銀行振込
・USドルを銀行振込
・コンビニ入金またはクイック入金


の3種類のうち、どの入金方法を選ぶかによって入金手数料が変わります。

銀行振込(日本円) 無料(振込手数料は、お客様負担です。)
銀行振込(USドル) 25USドル(振込手数料は、お客様負担です。)

コンビニ入金

クイック入金

3万円未満 756 円
3万円以上50万円未満 1000 円
50万円以上 入金金額×0.108% + 486 円

表を見ると、日本円の銀行振込にかかる費用は銀行の振込手数料のみで、コインチェック(coincheck)の入金手数料は無料であると分かります。つまり、他の入金方法と比較して、日本円の銀行振込が最も入金手数料の安い入金方法ということです。

コインチェック(coincheck)に入金する際は、日本円の銀行振込での入金がおすすめです。

コンビニ入金やクイック入金は便利ではありますが、余計な入金手数料をとられてしまいます。基本的に、入金は銀行振込で行うようにしましょう!

ちなみにコインを買う際、クレジットカードでの購入もできますが、手数料が高いためおすすめしません。

▼詳細を知りたい方はこちら

Thumbコインチェック(coincheck)のクレジットカード決済の手数料は高い! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

出金手数料とは?

続けて、コインチェック(coincheck)でかかる出金手数料について見ていきます!

コインチェック(coincheck)でかかる出金手数料とは、
コインチェック(coincheck)のアカウントから自分の銀行口座に、日本円やUSドルを出金する際にかかる手数料です。

送金手数料は他の取引所のアカウントやウォレットへ仮想通貨を送金する時にかかるのに対して、出金手数料は日本円やUSドルを銀行口座に出金する時にかかります。

たとえば、コインチェック(coincheck)でビットコイン(BTC)などの仮想通貨を売却すると、コインチェック(coincheck)のアカウントに日本円が入ってきます。この日本円を銀行口座に移す時に、出金手数料がかかります。

出金手数料はいくらかかる?

以下がコインチェック(coincheck)の出金手数料をまとめた表になります。

日本円出金 400 円
USドル出金 2500 円

ご覧の通り、出金手数料は非常にシンプルです。

・日本円で出金する場合、400円
・USドルで出金する場合、2500円


の出金手数料がかかります。日本円で出金をする方が、出金手数料が断然お得ですね!出金手数料を安く抑えるために、出金は日本円で行いましょう。

Thumbコインチェック(coincheck)の入金・出金の反映時間まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

コインチェック(coincheck)の借入手数料

次は、
コインチェック(coincheck)の借入手数料とは何か?
コインチェック(coincheck)の借入手数料はいくらかかるのか?

について、説明していきます!

借入手数料とは?

コインチェック(coincheck)でかかる借入手数料とは
コインチェック(coincheck)で仮想通貨の借り入れをする際にかかる手数料のことを言います。

つまり、借入手数料=利息ということです。

コインチェック(coincheck)では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムキャッシュ(ETC) 等の仮想通貨を借りて、信用取引(レバレッジ取引)をすることができます。この時にかかる利息を、借入手数料と呼んでいます。

※2017年11月18日現在、一時的にビットコイン(BTC)の新規借入は停止されています。

借入手数料はいくらかかる?

それでは、借入手数料はいくらかかるのかを見ていきます。
以下、レバレッジ取引についてまとめた表をご覧ください。

最大レバレッジ 5.0 倍
証拠金維持率 N/A
証拠金 0.0128 BTC ≒ 11,231 JPY
未返済の金額(利子込) 0 BTC
借入注文の合計額 0 BTC
借りることが出来る額 0.051 BTC
利率 0.05 %/日
期間 15 日

【利息】の欄を見ると、借入手数料は1日あたり0.05%かかると分かります。

借入手数料の金額は、対象の仮想通貨をどのくらいの期間借りたか?によって変化します。Max15日借りた場合、借入手数料は0.05×15=0.75%になります。

では、ここでクイズです!
100BTCを10日間借りた場合、借入手数料はいくらになるでしょうか?
もうお分かりですね。
100BTC×0.0005×10=0.5BTCの借入手数料を支払うことになります。

コインチェック(coincheck)のスワップ手数料

コインチェック(coincheck)でレバレッジ取引を行うと、借入手数料とは別にスワップ手数料もかかります。

スワップ手数料は、レバレッジ取引が成立(約定)した時に支払う手数料です。
以下がスワップ手数料をまとめた表です。

  ロングポジション(買い) ショートポジション(売り)
新規約定時 取引約定金額(円) × 0.04 % 取引約定数量(BTC) × 0.05 %
繰越し時(24時間毎)

スワップ手数料は、ポジションによって変化します。
・ロングポジションの場合、0.04%
・ショートポジションの場合、0.05%
かかることが分かります。

コインチェック(coincheck)の取引所手数料

コインチェック(coincheck)の取引所手数料とは何か?
コインチェック(coincheck)の取引所手数料はいくらかかるのか?

について、解説していきます!

取引所手数料とは?

ここから取引所手数料とは何か?について解説していきます。
まず、「取引所」と「販売所」の違いを確認しましょう。

取引所とはユーザー同士が、仮想通貨の売買をする場所
販売所とはユーザーが、「販売所」と仮想通貨の売買をする場所


実は、日本最大の仮想通貨取引所であるコインチェック(coincheck)は、「取引所」と「販売所」の両方の機能を併せ持っているのです。

そして取引所手数料とは、このうち「取引所」で取引をした際にかかる手数料です。

ちなみに現在、コインチェック(coincheck)ではビットコイン(BTC)のみ「取引所」「販売所」両方での取引が可能です。ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨は「販売所」での取引しかできません。

取引所手数料はいくらかかる?

取引所手数料とは何なのか、お分かりいただけたと思います。
ここからは、取引所手数料がいくらかかるのかを見ていきます。

Taker手数料 Maker手数料
0.000 % 0.000 %

取引所手数料には「Taker手数料」と「Maker手数料」の種類の手数料が存在します。

先ほど、取引所手数料とは「取引所」で取引をした際にかかる手数料だと書きました
実はこの取引にも2通りあるのです。

仮想通貨取引所での取引は「買い板/売り板に注文を並べる」「板に並んだ注文を消費する」の2パターンになり、前者が「maker」後者を「taker」と言います。
 

現在コインチェック(coincheck)では、Taker手数料、Maker手数料ともに0%です。

これは2017年1月からはじまったキャンペーンです。当初は期間限定の予定でしたが、現在は無期限でキャンペーンを実施中です。

取引所手数料が無料のうちに、皆さんもコインチェック(coincheck)で取引を始めてみることをおすすめします!

コインチェック(coincheck)の購入手数料・売却手数料

最後に、
コインチェック(coincheck)の購入手数料・売却手数料とはなにか?
コインチェック(coincheck)の購入手数料・売却手数料はいくらかかるのか?

について見ていきます。

購入手数料・売却手数料とは?

さて、コインチェック(coincheck)の購入手数料・売却手数料とは一体何なのでしょうか。

先ほどコインチェック(coincheck)では「取引所」「販売所」の両方で取引ができると書きました。
コインチェック(coincehck)の購入手数料・売却手数料とは、このうち「販売所」で取引をする時にかかる手数料です。アルトコインは「販売所」でしか売買できないため、必然的に購入手数料・売却手数料がかかってきます。

購入手数料・売却手数料は仮想通貨の売値・買値にあらかじめ含まれています。
実は、「販売所」の買値・売値は相場と異なります。この買値・売値と相場の差額が、購入手数料・売却手数料です。スプレッドとも呼ばれます。

購入手数料・売却手数料はいくらかかる?

購入手数料・売却手数料(スプレッド)は、相場の動きとともに常に変動しています。一般的には、相場の動きが激しいほど大きく、穏やかであるほど小さい傾向にあると言われています。

コインチェック(coincheck)では、販売所での売値・買値は「コインを買う」「コインを売る」画面を開いてみないと確認することができません。そのため、現時点での購入手数料・売却手数料はいくらなのか把握しづらいです。

しかし、コインチェック(coincheck)上で購入手数料・売却手数料を確認する方法が1つあります。@hitoriblogさんが開発したスプレッド可視化ツールを利用することです。

実際に導入してみると、このように現時点での買値・売値と、取引手数料・販売手数料(買値・売値の下の%)が表示されるようになります。

これを見ると、購入時・売却時にそれぞれ0.6〜6%程度の購入手数料・売却手数料がかかっていることが分かります。

つまり、「販売所」で取引する際は、少なくとも購入手数料・売却手数料より大きい値上りがなければ、利益が得られません。

ビットコイン(BTC)も、「販売所」で購入・売却する時には購入手数料・売却手数料がかかります。一方で、取引所手数料は、Maker・Takerともに0%でした。ビットコイン(BTC)の売買をする際は、「取引所」で取引するようにしましょう。

タカシ

(25)

私も仮想通貨のトレードを始めたての頃は、何も知らずに販売所でビットコイン(BTC)を買ってしまい、後悔しました…。皆さんは余計な損をしないように、ビットコイン(BTC)を購入する際は取引所を利用するようにしましょう!

コインチェック(coinchceck)の状況別手数料について、お分かりいただけたかと思います。

コインチェック(coincheck)は他の取引所と比較しても、使い方次第では手数料を抑えて利用できるおすすめの取引所です。特に銀行での日本円の入金手数料・ビットコイン(BTC)の取引所手数料は無料になっています。

WEB版・アプリ版ともに使い勝手もよいので、初心者にもおすすめです!まだアカウントを持っていない方はこの機会に試してみてください。

▼コインチェック(coincheck)の口座開設はこちら

コインチェック(coincheck)と他の取引所の送金手数料を比較!

コインチェック(coincheck)の送金手数料は高い?

最後に、コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitFlyer)、Zaif(ザイフ)の送金手数料を比較してみます。

coincheck

BTC 0.0005 BTC
ETH 0.01 ETH
XEM 0.5 XEM
BTC 0.001 BCH

bitflyer
ビットコイン送付手数料
※ bitWire を除く
0.0004 BTC

Zaif
BTC送金手数料/出金 0.0001BTC以上選択可(0.0006BTC以上推奨)
XEM送金手数料/出金 2XEM〜
BCH送金手数料/出金 0.001BCH 
ETH送金手数料/出金 0.01ETH 


コインチェック(coincheck)の送金手数料はビットコインだけ見るとお得であるとは言えません。しかし、他のアルトコインの送金手数料ではザイフ(Zaif)と同水準か、または安くなっています。

Thumbコインチェック(coincheck)の手数料が高い!手数料比較一覧まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

まとめ

いかがでしたでしょうか?コインチェック(coincheck)では、どんな時にどれくらい手数料がかかるのかお分かりいただけたのではないかと思います。

これらを踏まえて、コインチェック(coinchceck)の手数料を抑えるために以下のことに気をつけてみてください。

①不必要な入出金・送金・その他の取引はしない
②一度の取引額を大きくし、取引回数をできるだけ少なくする
③入金には日本円・銀行振込を使用する
④ビットコイン(BTC)の取引をする際には、取引所を利用する


手数料を抑えて、賢く仮想通貨のトレードを行いましょう。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

Thumbコインチェック(coincheck)徹底解説【完全版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェック(coincheck)の安全性はどう?評判や口コミまとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side