ライトコインとは?ビットコインとの違いや特徴、今後の価格や将来性を解説!

ビットコインの次に古い通貨のライトコイン(Litecoin)はビットコインとどのような違いがあるのか?ビットコインとの違いを説明するとともに、ライトコイン(Litecoin)の特徴や取引所ごとの購入方法、今後の価格・相場や将来性を徹底解説します。

ライトコインとは?ビットコインとの違いや特徴、今後の価格や将来性を解説!のイメージ

目次

  1. 1ライトコイン(Litecoin)とは?
  2. 2ライトコイン(Litecoin)の概要
  3. 3ライトコイン(Litecoin)の生まれた背景とは?
  4. 4ライトコイン(Litecoin)はビットコインの問題点を改善したコイン?
  5. 5ライトコイン(Litecoin)って仮想通貨は信頼できるの?
  6. 6ライトコイン(Litecoin)の設立者は?
  7. 7ライトコイン(Litecoin)の現状は?
  8. 8ライトコイン(Litecoin)を買うにはどうしたらいい?
  9. 9ライトコイン(Litecoin)を取り扱っている取引所って?
  10. 10ライトコイン(Litecoin)の総まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ライトコイン(Litecoin)とは?

ライトコイン(Litecoin)はビットコインに並ぶ仮想通貨です。「ピアツーピア」と呼ばれるオープンソースでつながったネットワークで共有することで、ほぼ無料で世界中の誰かに即座に支払いを行えます。サーバーが存在しませんが、数字を利用したセキュリティが評価が高く、安全性に取引が可能です。

ビットコインと比べ取引の確認時間が短く、貯蔵効率に優れているのが特長です。ビットコインよりも上限量が大きいということもあり、将来性がとても高い仮想通貨となっています。

ライトコイン(Litecoin)の概要

発行日 2011年10月
アルゴリズム Scrypt
トークン名称 LTC
総トークン供給量 8400万LTC
Litecoin創業者 Charlie Lee

ライトコイン(Litecoin)を創業したのは中国のCharlie Leeという方で、元Googleのエンジニアでした。ビットコインのデメリットを独自の技術で解消し、ビットコインの実に4倍という8400万LTCを可能にした将来性の高い仮想通貨となっています。

ライトコイン(Litecoin)の生まれた背景とは?

ビットコインの抱えていた問題

今や世界中で取引されていて、将来性や相場価格も右肩上がりのビットコインですが、課題も多く存在しています。
まず「最大取引量が少ない」こと。これは1秒でどれくらいの量を行き交いできるかという量で、ビットコインは「7tps/秒」なんだそう。これを越えると取引に時間がかかるようになってしまいます。世界中で動いている通貨なのに、peypal(ペイパル)の100tps/秒よりずっと低いと考えると、価格も相場も止まってしまいやすいです。多くの取引所で「反映に数十分時間がかかります」と書かれていますが、このようなニュースが影響しているのでしょう。

そのため「取引手数料の上昇」も懸念されています。取引履歴の記録システムに参加することで、報酬としてコイン手に入れる「マイニング」という方法がありますが、この報酬が取引手数料ですので、最大取引量がオーバーし滞ると、報酬欲しさに手数料価格の高いところが優先されてしまいます。スピードを求めるために手数料があがってしまいがちなのですね。

他にもビットコインの取引承認に使われる計算のために電気の消費量が高いとも言われています。

ライトコイン(Litecoin)はビットコインの問題点を改善したコイン?

ライトコインの特徴①~承認スピード~

ではライトコイン(Litecoin)はビットコインと比べて、どのようなメリットのある仮想通貨なのでしょうか。

まずライトコイン(Litecoin)はビットコインと比べ、取引スピードが格段に速くなっているのが特徴です。ピアツーピアネットワークもお手伝いし、ビットコインが10分かかるところを2分半ほどで済ませてしまうのです。

さらにこのスピードも考慮されてか、ライトコイン(Litecoin)はビットコインの4倍の8400万LTCを上限にしているため、相場も動かし、安い仮想通貨と言えます。今はビットコインと比べると価格は低いですが、将来性も高く、価格や相場も大きくあがることでしょう。

ライトコインの特徴②~マイニングの簡易化~

ブロックチェーンからマイニングするときに、マイナーは仮想通貨の暗号(計算)すばやい解読が必要なのですが、ビットコインでは膨大な処理が必要であり、これが取引を妨げる原因でもありました。ライトコイン(Litecoin)はビットコインの暗号を進化させた「s-scypt」とよばれるアルゴリズムを利用しており、高速処理をするのが有利になっています。

現在はこのアルゴリズムの為に利用できる集積回路がないため、まだフル活用はされていませんが、マイニングしやすいとさらに仮想通貨の取引が速くできますからいずれ導入されることでしょう。そのニュースが来たときに、より相場が上ると予想できます

ライトコインの特徴③~発行枚数~

上記の影響もあり、ライトコイン(Litecoin)はビットコインよりも発行数が約4倍(8400万LTC)あります。これは創立者のCharlie Leeさんがライトコイン(Litecoin)の速さを考慮し、設定された数字です。
それにより市場に出回る量も多くなります加えて速く、マイニングもやりやすい。今後よいニュースが重なれば相場もどんどん動きますので、将来性が期待できますね。

ライトコイン(Litecoin)って仮想通貨は信頼できるの?

ライトコイン(Litecoin)は、今世界中に広まっているビットコインを元により改良されて作られた仮想通貨ですが、その速さもまたデメリットになる可能性はあります。

決済スピードが速く、マイニングの難易度がさがることは、今まで手が出せなかったマイナーが介入しやすくなるということなのです。そのため、ハッキングなどのニュースが今後起こる可能性はビットコインより高いと言えます。

しかし、取引所ではハッキング対策はありきで運営されているところばかりですので、心配しすぎることはないでしょう。オフラインで仮想通貨を保持する方法もありますので、過去のニュースを参考に安全面を考慮された取引所を選んだり、そのような方法を知っておけば問題はありません。

ライトコイン(Litecoin)の設立者は?

ライトコイン(Litecoin)の創業者Charlie Lee(チャーリー・リー)マサチューセッツ工科大学で学士号と修士号を取り、Googleのエンジニアとして6年間働いた経緯があります。
さらにビットコイン大手のcoinbase(コインベース)で役員を務めていましたスゴイ人ですが、2017年6月に辞め、本格的にライトコイン(Litecoin)の開発に携わります。
その時はライトコイン(Litecoin)が上昇しましたが、その後中国の取引所停止のニュースの影響で下落してしまいました。

今のライトコイン(Litecoin)は「ライトニングネットワーク」というテストに成功したニュースもあり、右肩上がりですが、まだビットコインほど利用できる場所が少ないこと、また中国産ということもあり、現状では中国のニュースの影響が一番大きい仮想通貨と言えます。

Charlie Leeさんはビットコインを「金」と見立てて、「ライトコイン(Litecoin)は「銀」のポジションを目指している」と発言しています。ビットコインとライバルという立場だという記事も見かけますが、今や仮想通貨も数え切れないほどありますので、Charlie Leeさんとしてはビットコインとライトコインの共存という未来像も描いているのかも知れません。

「どれが一番いいと思う?」という選択肢にライトコイン(Litecoin)しか並べないツイートに、ライトコイン(Litecoin)への愛情とCharlie Leeさんの性格が伺えますね。
またアニメが好きなようで、ヘッダーがドラゴンボールになっています。関連ツイートも多いようです。

ライトコイン(Litecoin)の現状は?

ライトコイン(Litecoin)のこれまでの動き

ライトコイン(Litecoin)は作った方が中国人というのもあり、やはり中国の方が多く購入している傾向があります。
人口の多さもあるとは思いますが、中国の三大取引所であるOKCoinHuobiBTCCは以前から取り扱っており、ライトコイン(Litecoin)のほとんどの取引をOKCoinとHuobiが占めています。中国人民元(CNY)との取引量は50%占めるほどです。

さらにビットコインとの取引ですと、アメリカ最大手のPoloniex(ポロニエックス)Bittrex(ビットレックス)が合わせて50%をこえる量になっています。ヨーロッパでも取扱所が多く、日本も取り扱い可能な取引所が増えていますので、将来性は高まっているといえるでしょう。

ライトコイン(Litecoin)のチャートの動き

創立者のCharlie Leeさんが「ビットコインが「金」なら、ライトコイン(Litecoin)は「銀」のポジションを目指している」というお話をされていましたが、それを示すかのように価格や相場の動きも共に右肩上がりになっています。

下落している部分が、先ほど書いた中国の取引所停止のニュースの影響のでている部分ですね。
価格帯はビットコインが圧倒的ではありますが、やはりビットコインのデメリットをライトコイン(Litecoin)が解消する将来性は高いでしょう。今の内に買うことで資金が増える可能性も見えます。

ライトコイン(Litecoin)を買うにはどうしたらいい?

ライトコイン(Litecoin)の購入方法はビットコインと同じく、取引所や販売所で買うことができます。将来性から日本でも導入している取引所は増えていますが、海外の仮想通貨取引所も口座が作れれば利用が可能です。

ライトコイン(Litecoin)を取り扱っている取引所って?

国内ではbitflyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)bitbank(ビットバンク)GMOコインBitTrade(ビットトレード)BTCBOXで取り扱いがあります。
海外でも有名な取引所Poloniex(ポロニエックス)Bittrex(ビットレックス)を共に手数料の価格比較をまとめました。

 

取引手数料

販売手数料

bitFlyer
(ビットフライヤー)

無料

コインチェック
(coincheck)

無料

GMOコイン

無料

bitbank
(ビットバンク)

無料
(キャンペーン中)

BitTrade
(ビットトレード)

0.3%(メイカー)
0.7%(テイカー)

BTCBOX

無料
(キャンペーン中)

Poloniex
(ポロニエックス)

0%~0.15%(メイカー)
0.1%~0.25%(テイカー)

Bittrex
(ビットレックス)

0.25%

ビットコインは販売も取引も行っているところは多いですが、ライトコイン(Litecoin)は取引のみの取引所と、販売のみの取引所になっているところがほとんどでした。取引所は手数料がかかるところがほとんどですが、販売所の方が価格が高い傾向がありますので、相場や価格を比較してお得な方で購入することをお勧めします。

ここでは、そんなビットコインをよくした通貨であるライトコイン(Litecoin)を購入するのにおすすめの取引所をご紹介していきます!

次は簡単な購入方法とそれぞれの取引所の特徴を見てみましょう。

Thumb仮想通貨取引所19社一覧をご紹介!【評判・特徴・手数料】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ライトコイン(Litecoin)をbitFlyer(ビットフライヤー)で購入する

bitflyer(ビットフライヤー)の購入方法は左のメニューにある「アルトコイン販売所」をクリックするとこのような画面になります。

あとは数量を指定して購入するだけです。シンプルでとても分かりやすいですね。
bitflyer(ビットフライヤー)は国内最大手の仮想通貨取引所で、初心者でも分かりやすく将来性も高い取引所ですので、ライトコイン(Litecoin)以外の仮想通貨も取引するかも知れない、またはFXとして利用したい方などにおすすめです。

▼そんなビットフライヤーでライトコインを買うならこちらをクリック▼

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所でイーサリアムを購入する方法と手数料まとめ! | BtcFeed

ライトコイン(Litecoin)をコインチェック(coincheck)で購入する

コインチェック(coincheck)は2017年4月ごろにライトコイン(Litecoin)を導入しました。購入方法は口座開設後、ウォレット画面のメニューで「コインを買う」をクリックします。

「コインを買う」をクリックするとすぐに赤枠①で表示されている購入ができる通貨の種類と赤枠②で表示されている注文画面がでます。
そこでライトコインをクリックして購入したい数字を入力してあとは購入ボタンをクリックするだけ!

価格は販売所価格なので、少々高くはなりますが、購入後保有をすると考ええると、コインチェックではハッキングでの被害に対して、100万円の保障があり初心者の方でトレードをがっつりするわけではない方ならおすすめ!
簡単操作で買えるのもコインチェックのおすすめポイント!

▼コインチェックでライトコインを購入するなら下をクリック!▼

Thumbコインチェック(coincheck)徹底解説【完全版】 | BtcFeed

ライトコイン(Litecoin)をGMOコインで購入する

GMOコインは2017年10月からライトコイン(Litecoin)を導入したばかりです。購入方法も3ステップでできてしまうわかりやすい購入となっています。

GMOという名前を聞いたことがない人は恐らくいないでしょう。インターネットでは1部上場企業のGMOグループが展開する仮想通貨取引所です。サーバーも強く安定し、さらに日本円・BTCの出金手数料が無料で行えます。手数料が気になる方はこちらがオススメですよ。

ライトコイン(Litecoin)をbitbank(ビットバンク)で購入する

bitbank(ビットバンク)の購入方法は左上のトレード組み合わせを変更後トレード画面から直接購入します。右側のボックスから入金済の日本円で買うことが可能です。

 

指定の数量をすぐに購入する場合は「成行注文」指定した価格で購入する場合は「指値注文」で購入します。

bitbank(ビットバンク)は主にビットコインのFXを運営する取引所です。スマホでの取引も可能です。下記で説明するBitTrade(ビットトレード)も同じ会社のシステムを導入していますが、bitbank(ビットバンク)は現在「手数料無料キャンペーン」中ですので、まずはこちらから利用すると扱いやすいと思います。

ライトコイン(Litecoin)をBitTrade(ビットトレード)で購入する

BitTrade(ビットトレード)の購入方法はbitbank(ビットバンク)と同じく、トレード画面から購入します。購入方法も同様に右側のボックスから入金済の日本円で購入します。

bitbank(ビットバンク)の取引所機能を取り入れた取引所で、会社は「株式会社FXトレードフィナンシャル」という別の会社が運営しています。最近設立した新しい取引所で将来性も高く買われています。bitbank(ビットバンク)と同じく取引所のみですので、販売所の価格が高すぎる、というときはこちらを利用すると良いでしょう。

ライトコイン(Litecoin)をBTCBOXで購入する

BTCBOXの購入方法はチャートの下に購入画面のボックスがありますので、そこから購入します。今の相場価格で買いたい場合は成行、指定した相場の価格で買いたい場合は指値を利用しましょう。

BTCBOXはビットコイン取引所では老舗で、ビットコイン融資を利用しレバレッジを効かせた取引ができるようになっているのが特徴です。 ビットコインから分裂した仮想通貨「ビットコインキャッシュ」の取引を国内では最初に取り入れニュースになりました。

ThumbBTCBOX(BTCボックス)取引所の特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ライトコイン(Litecoin)をPoloniex(ポロニエックス)で購入する

ここからは海外の仮想通貨取引所の購入方法を簡単にご説明します。Poloniex(ポロニエックス)の購入方法は、まず国内の仮想通貨でビットコインを購入する必要があります。仮想通貨のみの取引所ですので、ライトコイン(Litecoin)を購入する仮想通貨が必要ということですね。

購入したらPoloniex(ポロニエックス)の口座に送り、チャート画面の右横のボックスから注文します。

クリックすると下の画面になります。ビットコインでライトコイン(Litecoin)を買うのは左側のボックスになりますので、Price(価格)Amount(数量)を入力し「buy」をクリックすれば完了です。

ただし、価格は画面を読み込んだ時点の相場の価格になっていますので、現在の相場を確認しながらすばやく購入することにご注意下さい。

英語と言うこともあり口座をつくる手続きは大変ですが、手数料は海外仮想通貨取引所の方が安くなっています。国内ではあくまで無料「キャンペーン中」と書かれているところが多いですので、常に安定した手数料で行いたい方には海外の仮想通貨取引所のが良いかも知れません。

Thumb仮想通貨取引所で海外取引所の比較とおすすめを特徴とともに解説! | BtcFeed

ライトコイン(Litecoin)をBittrex(ビットレックス)で購入する

Bittrex(ビットレックス)の購入方法は、Poloniex(ポロニエックス)同様日本円で取引ができませんので、ビットコインをあらかじめ購入しておき、口座に送ります。
チャート画面の下に購入ボックスがありますので、「Units」の仮想通貨をLTCにあわせて購入しましょう。

Bittrex(ビットレックス)はPoloniex(ポロニエックス)同様、セキュリティ面でたびたび不安なニュースや、サポートも英語であるため問い合わせが難しいなどありますが、共に仮想通貨も70を越える(Bittrex(ビットレックス)に至っては100以上)将来性の高い最大手です。上記に表示されているADAコインも日本人に人気が高いコインですので、この機会にライトコイン(Litecoin)以外のコインも購入してみると良いかも知れません。

ライトコイン(Litecoin)の総まとめ

いかがでしょう?ビットコインと比べるとまだなじみがなく、不安な面も見えますが、やはりメリットを見るとライトコイン(Litecoin)の利便性が目立ちます。面倒がなく扱いやすいものは人が集まりやすいですので、これからの将来性にとても期待がかかりますね。

ライトコイン(Litecoin)購入におすすめな取引所

<コインチェック>

<ビットフライヤー>

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

Thumbオーガー(Augur)ってなに?今後の価格は?将来有望な通貨を解説【完全版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side