海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説!

海外の仮想通貨取引所でも取引が可能なことはご存知でしたか?国内のおすすめな仮想通貨取引所との違いやセキュリティはどのような違いがあるのでしょう。国内と海外の仮想通貨取引所の比較をしながら、海外のおすすめな仮想通貨取引所の特徴や手数料をお教えします。

海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説!のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨取引所とは?
  2. 2取引所と販売所の違い?
  3. 3国内と海外の仮想通貨取引所の違い!
  4. 4日本人がよく利用している海外のおすすめ仮想通貨取引所!
  5. 5海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント①取引手数料
  6. 6海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント②仮想通貨の多さ
  7. 7海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント③取引量
  8. 8海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント④使いやすさ
  9. 9海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント⑤安全面
  10. 10海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント⑥自分のレベルに応じる
  11. 11海外のおすすめ仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)の特徴と評判
  12. 12海外のおすすめ仮想通貨取引所Bittrex(ビットレックス)の特徴と評判
  13. 13海外のおすすめ仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)の特徴と評判
  14. 14海外のおすすめ仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)の特徴と評判
  15. 15海外の仮想通貨取引所へ投資するメリット
  16. 16海外の仮想通貨取引所へ投資するデメリット
  17. 17海外のおすすめな仮想通貨取引所まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨取引所とは?

仮想通貨取引所とは、買い手と売り手の取引を仲介する場所です。
基本的に売り手と買い手の二者間で直接的に取引しますが、仮想通貨取引所がそのマッチングをお手伝いしてくれるため、短時間でスムーズに進められます。その際得る手数料が利益となっています。

仮想通貨取引所での取引は「買い板/売り板に注文を並べる」「板に並んだ注文を消費する」の2パターンになり、前者が「メイカー」後者を「テイカー」と言います。仮想通貨取引所によって取引通貨量は様々ですが、国内も海外もこの取引システムは変わりません。

取引所と販売所の違い?

仮想通貨取引所の他に、販売所ももちろんあります。販売所は名前の通り「仮想通貨を販売する」場所です。仮想通貨取引所は売り手と買い手をつなぎ売買を成立させますが、対して販売所は「販売会社から仮想通貨を売買する」ことができます。
相手が会社個人かの違いですが、個人でやりとりをする場所を儲けている分、手数料は取引所にかかります。販売所での購入の場合は手数料が無料だったりするところもあります。

ですが、販売所の金額は取引所の金額と違い、比較して高くなっていることがあります。販売所の値段はリアルタイムの値動きが反映されやすいですが、仮想通貨取引所で売られる値段は値上がり前のタイミングであったりすることもあるでしょうから、どうしてもズレが出てしまいます。
仮想通貨取引所は販売所も兼ねている会社もありますので、もし売買するときには両方とも見比べてから取引をするのがおすすめです。

※下はbitflyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の同時刻のスクリーンショット

国内と海外の仮想通貨取引所の違い!

国内の仮想通貨取引所も増えていますが、海外にも仮想通貨取引所は多く存在します。特にアメリカは仮想通貨の発祥の地ですので、世界的にも広く使われている大手がたくさん集まっています。
もちろん、会社によっては日本からでも口座を作ることは可能です。簡単にどのような違いがあるのか見てみましょう。

日本の仮想通貨取引所の特徴

まず日本の仮想通貨取引所と、海外の仮想通貨取引所の違いを見てみましょう。
日本の仮想通貨取引所の特徴は
 

  • 安全性が高く、情報も得やすい。
  • 国内の仮想通貨利用に便利。
  • 日本円に対応している。日本の銀行口座に入金もしやすい。
  • 取扱通貨数は海外に比べると少なめ。


ということがあげられます。取り扱い通貨が少ないというよりは「海外がとても多い」というのが正しいとは思います。
仮想通貨に詳しい方は「国内では物足りないから海外の仮想通貨取引所を利用している」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

仮想通貨歴3年

(33)

私は国内の取引所と海外の取引所の両方を使って取引しています!海外の取引所は取り扱っているコインの種類がとても多いんですが、詐欺まがいなコインや無価値なコインが入り混じっているので、しっかりした知識がないと大損してしまう可能性もあります。一方、私が使っている国内のコインチェックは時価総額が高いコインを多く取り扱っているので、安心して取引ができます!

Thumb安全・安心な仮想通貨取引所の見極め方!大手取引所を比較! | BtcFeed

海外の仮想通貨取引所の特徴

一方、海外の仮想通貨取引所は、国内と比較して

 
  • 仮想通貨の取り扱いがかなり多く、マイナーなアルトコインも取り扱っている。
  • 利用者も比較的多いので、チャートやトレードの動きも多い
  • サイトも電話も基本英語のみ、日本語サポートほぼ無い。
  • 国内の仮想通貨取引所と比較して情報が入りにくい。
  • 日本円に対応していないところがほとんど
  •  ハッキングに遭うことも多い

という特徴があげられます。「アルトコイン」とはビットコイン以外の仮想通貨全般を指し、世界で1100種類ほどあると言われています。
セキュリティは万全に構えている仮想通貨取引所は多いのですが、それでもハッキングに遭ってしまうことはたびたびあるようです。なにより言葉のカベにより、いざというときにサポートを受けにくいというのも不安が残りますね。ただ取り扱い通貨は100越えというものすごいラインナップの上、アルトコインがたくさん取引できますので、投資する魅力は強いと言えます。

日本人がよく利用している海外のおすすめ仮想通貨取引所!

それでは今回は、海外の仮想通貨取引所を中心に国内の仮想通貨取引所とどのような違いがあるのか、比較しながら選ぶポイントをご紹介します。

このページでご紹介するのは、アメリカの最大手の4社
 

  • Poloniex(ポロニエックス)
  • Bittrex(ビットレックス)
  • Kraken(クラーケン)
  • Coinbase(コインベース)

になります。この4社の特徴と違いも比較して見ていきましょう。

海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント①取引手数料

まずは肝心の取引手数料から見ていきましょう。取引手数料とは先ほど書いたとおり、仮想通貨取引所で売買するときにかかる手数料です。
国内仮想通貨取引所ですと無料キャンペーン中など行っているところもありますが、例えばbitflyer(ビットフライヤー)ですと0.01% ~ 0.15%となっています。(仮想通貨の取引量が多いほど安くなります)

一方、今回紹介する海外の仮想通貨取引所ですと

Poloniex(ポロニエックス) 0.00~0.15%(テイカー)
0.05~0.25%(メイカー)
Bittrex(ビットレックス) 一律0.25%
Kraken(クラーケン) 0%~0.16%(指値取引)
0.1%~0.26%(成行取引)
Coinbase(コインベース) 一律1% 

となっています。比較するとBittrex(ビットレックス)やCoinbase(コインベース)はやや高めですが、Poloniex(ポロニエックス)Kraken(クラーケン)bitflyer(ビットフライヤー)と同じくらいか、まったく手数料がかからない場合もあるようですね。
大手であり、「テイカーかメイカーか」の違いで手数料が別れているので、混乱しにくいPoloniex(ポロニエックス)がこのなかではおすすめになるでしょう。

Thumb仮想通貨取引所の手数料比較!一番お得なのはどこなのかまとめ! | BtcFeed

海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント②仮想通貨の多さ

続いて仮想通貨の多さ、どのくらいの種類の仮想通貨を取り扱っているかを比較しましょう。bitflyer(ビットフライヤー)ですとビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)6種類の取り扱いがあります。

一方、海外の仮想通貨取引所を比較すると

Poloniex(ポロニエックス) 70種類
Bittrex(ビットレックス) 100種類以上
Kraken(クラーケン) 16種類
Coinbase(コインベース) 3種類

という違いになります。Bittrex(ビットレックス)が圧倒数ですね。間違いなくおすすめでしょう。
Bittrex(ビットレックス)はマイナーの通貨が多いことも特徴で、しかも取り扱いがどこよりも速いことで有名です。ですので、新しい仮想通貨がでてきたときに「需要が高まるまえに買い込んでおく」ということが出来てしまいます。そのようなチャンスを逃したくない方にはぜひおすすめします。

海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント③取引量

次に取引量を比較します。bitflyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量が2017年に1.5兆円を越え、キャンペーンを行っていました。
JPY/BTCにしぼると実はbitflyer(ビットフライヤー)が世界1位となっています(FXと合わせて87.14%)

海外の仮想通貨取引所はその分、アルトコインとの取引量が勝っています。比較しますと

  ETC/BTC取引量 XRP/BTC取引量 LTC/BTC取引量
Poloniex(ポロニエックス) 64.06% 95.45% 74.61%
Bittrex(ビットレックス) 2.33% 4.54% 2.54%
Kraken(クラーケン) 16.23% - 7.07%
Coinbase(コインベース) 2.88% - 2.53%

となり、Poloniex(ポロニエックス)の圧倒的取引量が見えます。取引量重視なら迷うことなくPoloniex(ポロニエックス)がおすすめですね。
Bittrex(ビットレックス)もマイナー通貨の需要狙いで取引は多く、Poloniex(ポロニエックス)の後に続くかたちで数字を付けています。

海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント④使いやすさ

続いては「使いやすさ」。なじみのない海外の仮想通貨取引所ですから、より気になりますね。
こちらはサイトが日本語対応しているKraken(クラーケン)が一番おすすめと言えます。サポートも日本語対応可能ですし、FAQも細かいところまで載っています。おそらく口座を作るのも簡単にできてしまうでしょう。

つづいてはスマホアプリが日本語対応しており、とても使いやすいと評判を受けているCoinbase(コインベース)です。サイトは日本語不可ですが、スマホだけで充分という方には問題ないと思います。
Poloniex(ポロニエックス)とBittrex(ビットレックス)はアプリもありませんし日本語にも対応してはいませんが、翻訳ソフトを利用しながらですと読むことは可能です。取引通貨は圧倒的にこちらの2つが多いですので、まずはKraken(クラーケン)で慣れてから口座を作るのも良いでしょう。

海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント⑤安全面

海外の仮想通貨取引所を利用するに当たって、安全面も外せません。
こちら4つを比較しますと、やはり上記に続きKraken(クラーケン)がおすすめです。Poloniex(ポロニエックス)やBittrex(ビットレックス)はハッキングを何度か受けているようですが、Kraken(クラーケン)は設立当初から一度もハッキングに遭っていないそうです。もしものサポートも日本語対応していますので、すぐに対処してもらえるでしょう。Coinbase(コインベース)も「コールドウォレット」によりオフラインでの仮想通貨管理を行っているので安心です。

Thumbコインチェック(coincheck)ハッキングのセキュリティ対策まとめ | BtcFeed

海外の仮想通貨取引所を選ぶ時のポイント⑥自分のレベルに応じる

今までの比較を元に、どの会社が自分の取引レベルに合っているかまとめの比較をします。

ずばり初心者向けのおすすめは、安心面日本語サポートがある

  • Kraken(クラーケン)
  • Coinbase(コインベース)

上級者向けのおすすめ取引通貨の種類も量も多く、投資のしがいがある
  • Poloniex(ポロニエックス)
  • Bittrex(ビットレックス)

に分けられるでしょう。
仮想通貨はデジタルの通貨なので、口座はQRコード化やペーパーウォレットなど自身でオフラインに移して管理する方法はあります。そちらに慣れてきたら大手のPoloniex(ポロニエックス)Bittrex(ビットレックス)にチャレンジしたいですね!

では最後に、4種類の海外の仮想通貨取引所について、詳しい特徴やおすすめポイント、国内の仮想通貨取引所との違いやメリットデメリット等をお伝えします。

海外のおすすめ仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)の特徴と評判

Poloniex(ポロニエックス)

アメリカ
会社 Poloniex,LLC 年
日本語対応 不可
取引通貨の種類 BTC,ETH,LTC など約70種類
日本円 不可(仮想通貨のみ)
取引手数料 0~0.15%(メイカー)
0.05~0.25(テイカー)
特徴 取引量世界一
入金は無料
取引の際はビットコインなど仮想通貨が必要
レバレッジ2.5倍

 

取引量世界一の海外仮想通貨取引所で、取り扱い通貨数も他の仮想通貨取引所より多い会社です。
取引量は6割~9割を占め、ポロニエックス(poloniex)で時価総額の高い仮想通貨が取り扱いがあると、一気に資金が集まり、高騰することが多いほどです。

取引手数料は取引量が多いと安くなります。さらに入金手数料は無料のようですが、日本円や米ドルで取引することは出来ませんビットコインに換えてから他の仮想通貨と取引する必要があります。

特徴としては、この仮想通貨同士の取引ができるところ。
普通は法定通貨と仮想通貨での取引のところ、Poloniex(ポロニエックス)は仮想通貨同士の取引となっています。それだけでなく、ビットコインを軸に自分で好きな通貨と組み合わせて取引できるそうです。これがPoloniex(ポロニエックス)一番の特徴となっています。

取り扱い通貨も70種類と多いですので、トレンドや好きな通貨を見つけ、有利な投資が利用しやすくなっています。また、自分が持っているビットコインを利子付きで貸し出せる機能もあるようです。まさに上級者におすすめですね。

一方で、二段階認証などセキュリティはしっかりしているものの、なんどかハッキングに合っているのが不安要素として目立ちます。日本語対応も、スマホアプリもありませんので、取引するには自己管理力英語の壁を越える必要があります。あまり難しい単語がないことと、翻訳ソフトで直すことはできますので、そちらと併用しながら使えばぐっと使いやすくなります。

海外のおすすめ仮想通貨取引所Bittrex(ビットレックス)の特徴と評判


Bittrex(ビットレックス)

アメリカ
会社 Bittrex.LLC
日本語対応 不可
取引通貨の種類 ADA、ARDR、ARK、BCC、
BCH、BTC、BTS、CVC、
DASH、DCT、DGB、EOS、
ETC、ETH、GNO、ICN、
MLN、REP、USDT、XDG、
など100種類以上
日本円 不可(米ドルと仮想通貨のみ)
取引手数料 一律0.25%
特徴 Poloniex(ポロニエックス)と並ぶ二大大手
豊富すぎる取引通貨
ADA(エイダ)コインを取り扱っている唯一
の仮想通貨取引所

アメリカで仮想通貨取引所といえば、Bittrex(ビットレックス)Poloniex(ポロニエックス)がまず上がるほどの二大勢力です。100種類以上の仮想通貨を取引しており、聞いたこと無いようなマイナーな仮想通貨もBittrex(ビットレックス)ならたくさん見ることでしょう。

Bittrex(ビットレックス)の特徴としては、まず100種類をこえる仮想通貨がかなりのスピードで増え続けているということ。マイナーでも新しくでた仮想通貨はすぐ取り入れるため、需要が高まる前に手に入れることができます。

また、ADA(エイダ)コインを売買ができる唯一の仮想通貨取引所となっています。ADA(エイダ)コインとは「カルダノ」というオンラインカジノで使えるコインで、日本でもかなり人気が高いそうです。購入者はかなりいるため、カジノで儲けたADAコインを売却するために、または増やしてカジノで使うために、Bittrex(ビットレックス)を利用する人も増えてくるかもしれません。好きな仮想通貨を選んで投資したい方におすすめです。

デメリットとしてはPoloniex(ポロニエックス)同様日本語に対応していないことと、ハッキングにあったことがあるため安全面に不安が残ることがあげられます。さらに、セキュリティのため2段階認証が行えるのですが、こちらを利用していない場合額は1日1BTCまでとかなり少なく制限されてしまいます。取引手数料も一律0.25%ですので、高めに感じてしまうかも知れませんね。

海外のおすすめ仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)の特徴と評判


Kraken(クラーケン)

アメリカ
会社 Payward.Inc
日本語対応 有り
取引通貨の種類 XBT、ETH、XMR、DASH、
LTC、XRP、XLMなど16種類
日本円 利用可能(他米ドルやユーロも)
取引手数料 0%~0.16%(指値取引) 
0.1%~0.26%(成行取引)
特徴 日本語の他、ヨーロッパなど世界中に対応
セキュリティが強く、ハッキングに合ったことがない
4段階認証
バグを発見すると謝礼金がある

Kraken(クラーケン)は世界でも上位のユーロ/ビットコインの取引量を持つ取引所です。Bittrex(ビットレックス)とPoloniex(ポロニエックス)には及びませんが、安全面にはとても強くハッキングに合ったことがありません。また「4段階認証」のセキュリティを導入しており、認証レベルで可能なことが違います

認証レベル 出来ること 確認事項
認証レベル0 管理画面の閲覧。
入出金はできません
アカウントの登録
認証レベル1 すべての通貨ベアとの取引が可能だが、入出金はデジタル通貨に限る。 氏名
生年月日
居住国
電話番号
認証レベル2 仮想通貨の入出金額が増額されます。 認証レベル1の情報に加え、住所入力が必要
認証レベル3 仮想通貨と現金の入出金限度額が高くなり、FX取引も可能 認証レベル1.2の情報に加え、本人確認書類が必要
・写真付き身分証明書(パスポート又は運転免許証)
・現住所の確認出来る書類(発行日より3ヶ月以内の公共料金請求書、住民票等)
・社会保障番号(米国のみ)
・ID確認写真
認証レベル4 認証レベル3より限度額が高くなる。
※高額を取扱う個人または企業の方向け
認証レベル1の情報に加え、カスタマーサポートへの連絡が必要
※Kraken(クラーケン)公式サイトから引用
 

このとおり、レベルがあがるほど本人確認資料が多く、そのかわり1日、1ヶ月の入出金限度額が増えます。バグを発見すると謝礼金がある、というのもセキュリティへの重要視がうかがえますね。

その他、Kraken(クラーケン)のメリットは口座開設が完了したその日からトレードが可能となっています。
認証レベルはこの時点では低いので、できることは限られますがすぐ始められるのはとても嬉しいですね。
また、レバレッジが5倍というのも仮想通貨ではかなり高いですので、投資におすすめできる点です。

一方でヨーロッパや日本に対応している分規模が大きいのもあり、急な暴騰暴落の反映が遅れてしまうことがあるようです。セキュリティが安心できる分、取引で緊張することが多そうですね。

海外のおすすめ仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)の特徴と評判


Coinbase(コインベース)

アメリカ
会社 Coinbase
日本語対応 アプリのみ対応
取引通貨の種類 BTC、ETH、LTCのみ
日本円 不可 入金には海外の口座が必要
取引手数料 1%
特徴 アメリカの仮想通貨取引所とはかなり歴史が長い
三菱東京UFJ銀行と提携
仮想通貨業界初のユニコーン企業

コインベース(Coinbase)2012年6月にできた企業で、仮想通貨が世に知れ渡るより前に設立されました。こ創設者のブライアン・アームストロングとフレッド・エアーサムは仮想通貨の将来性を見いだし、早い時期からビットコインの会社を作ったのだそうです。

それもあり、仮想通貨業界初の「ユニコーン企業」という名誉を持っています。
ユニコーン企業は「上場せずに評価額が10億ドルを越えた企業」のことを指し、将来性があり、そのような企業はなかなかないことからユニコーンという稀少な動物の名前がついています。

日本円での取引は出来ませんが、2016年7月に三菱東京UFJ銀行と業務提携を結んだそうですので、近い将来日本円での取引も可能になるかも知れません。アプリは既に日本語対応していますからね。
UFJ自身も「MUFGコイン」という独自の仮想通貨の実験を行っているようですので、三菱東京UFJ銀行の口座を持っている方は、これからの期待にCoinbase(コインベース)の口座を作っておくことをおすすめいたします。

デメリットとしては、海外の口座が必要であること。取り扱い通貨が3種類だけ、また「問い合わせの対応が遅い」「取引の処理が遅い」など、どうやらサポートの評判があまりよくないようです。取引手数料も高めなのも少々厳しいですね。

Thumbユニコーン企業のCoinbase(コインベース)社とは? | BtcFeed

海外の仮想通貨取引所へ投資するメリット

以上4種類の海外仮想通貨取引所の特徴と違いから、メリットをまとめますと
 

  • 仮想通貨の種類が圧倒数(日本でできない取引が出来る)
  • 取引量が多く、利益を得やすい
  • 仮想通貨のみでの取引が数多くでき、仮想通貨の移動やウォレットの管理がやりやすい

があげられます。仮想通貨のトレンドに乗りやすいのが投資をする上でとれも嬉しいですね。

海外の仮想通貨取引所へ投資するデメリット

一方、デメリットとしては
 

  • 英語がわからないサイトやヘルプの読解に時間がかかる
  • ハッキングにあう可能性が高い
  • 日本円で入金が出来ない

が挙げられます。やはり言葉が違うというのがいざというときの不安材料になるかもしれませんね。

海外のおすすめな仮想通貨取引所まとめ

海外の仮想通貨取引所はいかがでしたでしょうか。セキュリティ面に不安は残りますが、海外では日本と違いFXなど仮想通貨以外の投資も盛んです。本格的な投資をするなら海外の仮想通貨取引所で大きな利益につながる投資方法を模索するのも良いかもしれません。

一方、まだ取引を始めたばかりの初心者の方はまず、仮想通貨がどういうものなのかを勉強するために、使い方が分かりやすい国内の取引所から始めることをおすすめします!

国内の使いやすく、おすすめな取引所を紹介

<使いやすさNo.1のコインチェック>
 

Coincheckの画像
おすすめポイント

・使いやすさNo.1の取引所

・万が一の場合100万円の補償

・取り扱い通貨が国内No.1

<国内最大手ビットフライヤー>

bitflyerの画像
おすすめポイント

・ビットコインの取引量No.1

・不正などの時に最高500万円の補償

・国内ユーザー数No.1

<手数料が最も安いザイフ>

Zaifの画像
おすすめポイント

・手数料が安さNo.1

・初心者にも分かりやすいトレード機能搭載

・独自のサービスが多い

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を徹底比較!国内取引所まとめ一覧表【最新版】 | BtcFeed
Thumb仮想通貨取引所19社一覧をご紹介!【評判・特徴・手数料】 | BtcFeed

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side