ICOの参加方法や購入・買い方の手順をを徹底解説【初心者必見】

仮想通貨投資をしていると時々ICOというワードを聞きます。今回はICOとは一体何か、ICOコインを購入する方法(買い方)などを見ていきます。ICOに参加しようと考えている人は購入方法(買い方)をしっかりチェックしておきましょう!

ICOの参加方法や購入・買い方の手順をを徹底解説【初心者必見】のイメージ

目次

  1. 1そもそもICOってなに?
  2. 2初心者必見!ICOの購入方法・買い方4ステップ
  3. 3ICO購入におすすめの取引所3選!
  4. 4ICO購入におすすめのイーサリアムウォレット3選!
  5. 5ICOの購入・買い方で気をつけることとは?
  6. 6ICOの情報収集に役立つサイトを紹介!
  7. 7ICOの参加方法や購入・買い方に関するQ&A!
  8. 8ICOの参加方法や購入・買い方の手順まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

そもそもICOってなに?

今回のテーマは「ICO」です。まずはじめに、ICOとはなにかについて簡単に見ておきましょう。

ICOは「Initial Coin Offering」の略称で、新たな仮想通貨(トークン)を発行し、それを販売することです。その目的は「資金の調達」です。

この資金調達についてもう少し詳しく見ていきましょう。

今回はICOのお話ですが、仮想通貨に興味を持ち始めたばかりで急にICOに参加!と言われてもややハードルが高いと感じるかもしれませんね。

まだトレードを初めていない方は尚更、仮想通貨のICOはリスクが高い?と思われていることと思います。

リスクを少なくして着実に資産を増やしたいとお考えの方のために、仮想通貨にも、定期購入の投資信託や積立預金と同類のサービスがあるということを最初にご案内しておきます。

おすすめの方法No1は日本大手の仮想通貨取引所ZaifZaifコイン積立です。無料の口座登録を済ませば、毎月Zaifがベストタイミングでビットコインやリップル、イーサリアム、モナコインを自動購入してくれるという便利なサービスです。

難しいチャート分析などにかける手間が省けます。ドル・コスト平均法をとっており、高値掴み回避することができる率が非常に高いです。また、1,000円からスタートでき、いつでも解約できる点も人気がありまです。

現在の新しい積立サービスのトレンドは従来の株やドル預金などより仮想通貨だとも言えるほどポピュラーになってきています。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaif(ザイフ)の使い方!登録から入出金や購入方法までを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコイン積立投資はbitFlyerとzaifのどっちがおすすめ? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

資金調達が簡単に行える

ICOの最大のメリットの一つが「資金調達の簡単さ」です。新たな仮想通貨を発行して販売することによって投資家から資金を集めますので、他の資金調達の方法と比べても簡単で、2017年以降は頻繁に利用されています。

また、投資家側からみても将来性のあるトークンやプロジェクトを見極めて投資できるので、注目度が高くなっています。

世界中から資金調達ができる

仮想通貨(トークン)は国境を超えて簡単にトレードできるものです。それを利用しているため、国にとらわれず世界中から幅広く資金を集めることができます。

これまでの方法で資金調達をする場合、さまざまな制約からどうしても自国に限った資金調達になりがちでした。しかし、ICOを利用すれば世界中にいるプロジェクトに興味がある人から資金を集めることができます。

そのため、2017年以降はICOが資金調達の手段として頻繁に用いられるようになりました。投資家も購入したトークンが数百倍に高騰することもあるため注目しており、今後にも期待できそうです。

これまでに行われたICOの一例は以下のリンクからも確認できます。

Thumbイーサリアム(ETH)ベース?NEM(ネム/XEM)ベース?ベネズエラ政府がICOをスタート【仮想通貨のニュース】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Cardano(カルダノ/ADAコイン)でICOが2件!新たな通貨はTRAXIA(TMT)とSP8DE(SPX) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨パトロン(PATRON)のICOとは?買い方・将来性・特徴を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

初心者必見!ICOの購入方法・買い方4ステップ

ここではICOに参加する方法について詳しく見ていきます。これからICOに参加しようと考えている人はぜひ、しっかりチェックしておいてください!

参加方法とその手順をしっかり理解しておけば迷わずにICOに参加することができるでしょう。

買い方1:ICO参加用のウォレットを作成する

ICOに参加するためにはウォレットを準備する必要があります。ウォレットにはさまざまなものがあり、初めてICOに参加しようと考えている人は取引所のウォレットを利用しようと思っている人が多いようです。

しかし、取引所のウォレットを利用すると発行されるトークンを受け取れない場合があるようです。そのため、今後ICOに参加しようと思っている人は「今のうちに専用のウォレットを準備する」ことをオススメします!

専用のウォレットを早めに準備しておけば参加したいICOがあった時にすぐ参加することができます。

なお、2018年6月現在ではCounterPartyを利用したものとイーサリアムを利用したもの(ERC20トークン)が多くなっていますのでこれらに対応したウォレットは必ず準備しておきましょう!

ThumbERC20とは?代表的なトークンから対応しているウォレットまで解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインのウォレットアプリランキング13選!おすすめ比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

買い方2:トークンを購入するための仮想通貨を用意する

ICOで発行される仮想通貨を購入するためには元手となる仮想通貨を用意しておく必要があります。

2018年現在、ICOの大半はERC20と呼ばれるイーサリアムのプラットフォームを利用して行われています。それらのトークンを購入するためにはイーサリアム(ETH)を利用する必要がありますので、あらかじめイーサリアムを準備しておきましょう!

イーサリアムは国内の取引所で手軽に購入できますので、前もって用意しておき、準備しておいたウォレットに移して保管しておきましょう。

今、イーサリアムを最もお得に購入できる日本の仮想通貨取引所はbitbankです。2018年6月30日まで全ての仮想通貨の取引手数料無料キャンペーンを行なっています。

仮想通貨取引所のキャンペーンは逐一変化していきます。bitbankは特にアルトコインでも注目のリップルを板取引で購入できます。

これはオーダブック方式といって透明性の高いもので、24時間365日、スマホやPCから60種類のテクニカル分析も確認できます。取引手数料がお得なこの機会に是非公式サイトを覗いてみてくださいね。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)の口座開設方法~本人確認の手順【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットバンク(bitbank.cc)のスマホアプリの使い方や購入方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

買い方3:プレセールやクラウドセールでトークンを購入

ウォレットと元手となる仮想通貨を準備したらいよいよICOに参加します!

ICOにはプレセールクラウドセールと呼ばれるものがあります。基本的にこれらの期間中にトークンを購入することになります。

それぞれの違いは次の通りです。
 

プレセール


トークンの開発者の間で実施されるセールで、基本的に非公開のものです。もっともお得にトークンを購入できる期間ですが、参加者が限られているためこちらに参加することは難しいでしょう。

プレセールを実施することによって、次に行われるクラウドセールの準備をします。プレセールが実施されたらクラウドセールが近いと考え、プレセールで購入できない場合でもしっかり準備しておきましょう!
 

クラウドセール


ICOへの参加を考えている場合、基本的にこちらのクラウドセールに参加することになります。これは、プレセールを終えて公開する準備が整った仮想通貨を世界中で販売するものです。

数日から1ヶ月程度の期間で行われ、一般向け販売として最もお得に購入できる期間です。

中にはクラウドセールが複数回行われたり、数ヶ月に渡って行われたりすることもありますが、基本的に早く購入すればするほどお得なレートで購入できるということを覚えておきましょう!

また、ICO実施前から大注目の仮想通貨の場合はクラウドセールが開始されると同時に完売(ハードキャップに到達)することもあります。

参加すると決めたトークンのクラウドセールが行われる場合はできる限り早く購入するようにしましょう!

仮想通貨歴1年

(25)

ICOでは通常、プレセールが終わると次のクラウドセールの準備が開始されます。

狙っていた通貨のクラウドセールが近くなったら前もって資金となるコインやウォレットを準備しておくことが慌てない秘訣ですね。

本当に注目されているコインはすぐに完売してしまうのでスピード勝負です。

買い方4:トークンを受け取る

プレセールクラウドセールで購入したトークンは必ず受け取る必要があります。

ICOは、取引所ではなく開発している組織の公式サイト上で行われることが多くなっています。受け取り方法をしっかり確認してトークンを受け取れないということがないように注意しましょう!

基本的に、開発者の公式サイト上の専用ページにウォレットのアドレスを登録し、そこに送付してもらう形になります。そのため、購入代金を送金できるだけでなく、送付されてくるトークンを受け取ることができるウォレットを登録する必要があります。

この点をしっかり確認し、きちんと受け取るようにしましょう!

Thumb仮想通貨のトークンとは?仮想通貨との違いをどこよりも詳しく解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨のトークンから12種類からおすすめTOP5をランキングで解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ICOの参加方法、買い方まとめ

ここまでで見てきた参加方法を簡単に振り返ると次のようになります。ICOに参加する人はしっかり確認しておき、慌てないようにしましょう!
 

  1. ICO(プレセールやクラウドセール)が行われるサイトにアクセスし、アカウントを作成しておく
  2. 購入代金の送金やトークンの受け取りに利用するウォレットを登録する
  3. 指定アドレスに購入代金を送金する
  4. ICOで発行されたトークンを受領する

基本的にICOはこの手順で参加できますので、しっかり覚えておきましょう。購入するタイミングによってトークンの数量や送付される日付が異なることがあるので、ICO参加時にはこちらもチェックしてください。

ICO購入におすすめの取引所3選!

先ほど、ICOに参加するためには元手となる仮想通貨を購入しておく必要があることを紹介しました。そこで、仮想通貨の購入にオススメの取引所を3箇所を見ていきましょう。

bitFlyer

取引所名 bitFlyer
運営会社 株式会社bitFlyer
設立年月日 2014.01.09
取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
リスク(LSK)


bitFlyerは大手企業が出資しているので安心度の高い取引所です。初心者でも使いやすく、とても便利な取引所です。

さらに、bitFlyerは利用者が多く、それに伴って流動性も高くなっています。ICOに参加するために必要な元手の仮想通貨を購入するのはもちろん、普段からビットコインのトレードに使うためにもオススメです。

なるべく早めにアカウントを開設しておくことをオススメします!

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

DMM Bitcoin

取引所名 DMM BITCOIN
運営会社 株式会社 DMM Bitcoin
設立年月日 2016.11.07
取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)

DMM BITCOINは国内取引所の中では比較的新しい取引所です。仮想通貨の購入は全て取引所とやり取りするため、欲しい量の仮想通貨をすぐに購入することができます。

ICO参加に必要なイーサリアムはもちろん取り扱っています。さらに、信用取引に力を入れている取引所ですので、レバレッジトレードを利用したい人にもオススメです。

大手企業運営で安心の取引所ですので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の登録に関して不明点などがあれば【DMM Bitcoinの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumb仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン)の特徴・評判・手数料・入出金方法 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

GMOコイン

取引所名 GMOコイン
運営会社 GMOコイン株式会社
設立年月日 2016.10
取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)

GMOコインもDMM BITCOINと同様に運営会社と仮想通貨をトレードするスタイルです(仮想通貨販売所)。
取扱通貨はメジャーな5銘柄に限られていますが、ICO参加に必要なイーサリアムはもちろん取り扱われています

さらに、5銘柄全ての信用取引を提供していますので、レバレッジトレードをしたい人にもとてもオススメです。さらにGMOコインの1番のメリットは、入出金時や取引時にかかる手数料がすべて無料なことです。特に、即時入金手数料が無料であることで、すぐにお金を入金して取引することができます。

ICO参加用のコインの調達から信用取引まで幅広く利用できる取引所ですので、ぜひ利用してみてください。

GMOコインの登録に関して不明点などがあれば【GMOコインの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbGMOコインの口座開設(登録)・本人確認方法を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbGMOコインの入金方法・反映時間・手数料は?【即時入金/銀行振込】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ICO購入におすすめのイーサリアムウォレット3選!

ICOのプラットフォームとして2018年現在、ERC20と呼ばれるイーサリアムベースのプラットフォームが利用されることが多くなっています。

そのため、「ERC20トークンに対応したイーサリアムウォレット」を準備しておくことは必須です!ここでは、オススメのウォレットを3種類みていきます。

ICOに参加したいけどどのウォレットを準備したらいいのかわからないという人はぜひ、参考にしてみてください。

Metamask(メタマスク)

Metamask(メタマスク)はイーサリアムおよびERC20トークンを保管するためのウォレットとして有名で、後ほど紹介するMy Ether Walletと並ぶ人気ウォレットです。

このウォレットの特徴はChromeアプリとして動作させることができるというもので、簡単に導入でき、利用も手軽です。

Chromeをメインブラウザとして利用している人は特に便利に利用できるでしょう。
さらに、ICOの参加だけでなく、イーサリアムベースのトークンがたくさん上場されている分散型取引所「EtherDelta」を利用する場合にも便利なウォレットです。

EtherDeltaについてはこちらを参照

ThumbEtherDelta(イーサデルタ)取引所の登録・使い方!Metamaskとの連携方法も解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は最も人気のあるイーサリアムウォレットです。もちろん、ERC20トークンにも対応しているのでICOに参加するために使うのもオススメです。

こちらのウォレットのメリットは、簡単にハードウェアウォレット(Trezor等)と連携させることができるということです。

ハードウェアウォレットにトークンを保管しておけば安全ですので、ICOで購入したトークンを上場まで保管しておくためにもオススメです。
MyEtherWalletはICOに参加するために最もオススメのウォレットといえます。

MyEtherWalletの詳細はこちらから

ThumbMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方!送金・入金・ログイン方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

imToken

imTokenは前述の2つのウォレットに比べるとあまり知られていないかもしれません。

しかし、このウォレットはスマホで使えるというのが最大のメリットです。スマホウォレットでICOに参加したい人に特にオススメです。

ただし、全てのICOに対応しているわけではないようですので、プレセールやクラウドセールに参加する前にしっかり確認してから利用してください。

ICOの購入・買い方で気をつけることとは?

続いてICOに参加し、トークンを購入する際に気をつけるべきポイントを見ておきましょう。買い方をチェックすると同時にこちらもしっかり覚えておいてください。

ホワイトペーパーをしっかりと確認する

ICOを利用した詐欺(スキャム)が頻繁に行われています。また、将来性に期待できないICOもたくさん存在しています。
それらのトークンを購入すると資金を失ってしまうことにつながるので、信頼性のあるトークンを見極める必要があります。

そのためにはホワイトペーパーを隅々まで確認しましょう!ホワイトペーパーにはトークンの概要や今後の開発の予定(ロードマップ)、上場予定などが掲載されています。

ホワイトペーパーをチェックし、ロードマップと上場予定の取引所をしっかり確認しておきましょう。少しでも「怪しい」と感じたら見送るのが懸命かもしれません。

ICOに参加するリスクとメリットを把握する

どんな投資にもリスクが伴いますので、見込める利益とリスクをしっかり確認してから購入判断をしましょう。ICOには主に次のようなリスクとメリットがあります。
 

メリット

購入したトークンが数百倍から数千倍になり、大きな利益が出ることがある。
 

リスク

詐欺コインや開発停止、上場見送りによって資金を失う可能性がある

これらのメリットとリスクはしっかり覚えておきましょう。しっかり把握するためにもホワイトペーパーのチェックは重要ですので、そちらも合わせてしっかり行ってください、

ICOの情報収集に役立つサイトを紹介!

ICO投資の成功の鍵は情報収集です。そこで、プレセールやクラウドセールに参加する前にチェックしておきたいサイトをいくつか紹介します。

質のいい情報を仕入れてICOに参加しましょう!

ThumbベネズエラのICO仮想通貨ペトロ(Petro/PTR)がプレセールで5000億円を集めたと発表 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Crypto Currency Magazine(クリプトカレンシーマガジン)

Crypto Currency Magazineは仮想通貨に関する情報が集まる日本語情報サイトです。
仮想通貨に関する最新情報が集まりますので、定期的にチェックすることをオススメします。

もちろん、ICOに関する情報も集まってきますので情報収集に最適です。
ここで気になる仮想通貨を発見したら、開発元のサイトなどで詳しくチェックするのがオススメです。

Token Market(トークンマーケット)

Token MarketもICOに関する情報(プレセールやクラウドセールの情報を含む)を掲載しています。ただし、よく読むと怪しいコインも紛れていますので充分に注意してください。

サイトでチェックした後にホワイトペーパーや公式サイトをチェックすることをオススメします。

Smith+Crown(スミス・アンド・クラウン)

こちらはICO案件に関する詳しい情報が載せられているサイトです。細かい分析が掲載されていることもありますので、信頼性は高いでしょう。

さらに、プレセールやクラウドセールの情報だけでなく、各種コインの技術に関する情報なども取り扱っていますので情報量も豊富です。

ICO Countdown(ICOカウントダウン)

このサイトでは、サイト運営者の独断で各種ICOの将来性や見込みを発表して掲載しています。それぞれのICOに関する情報が詳しく載せられていますのでしっかりチェックしておきましょう。

ただし、客観的な視点というよりはサイト運営者の独断ですので鵜呑みにするのは危険かもしれません。呼んだ情報をしっかり判断する力が求められます。

Coin Schedule(コインスケジュール)

Coin ScheduleにはさまざまなICO案件が掲載されています。将来有望に思えるものもありますが、スキャムが疑われるようなコインも掲載されていますので注意しましょう。

このサイトだけの情報をチェックするのは危険かもしれませんので、他のサイトの情報も合わせて確認し、総合的に判断してください。

ICO Tracker(ICOトラッカー)

こちらはクラウドセールに関する情報を掲載しているサイトです。
ただし、「Coming Soon」と掲載されているのみのページもあり、あまりあてにならないかもしれません。

こちらも、他のサイトやトークンの公式サイトなどを併用して総合的に判断する必要があるでしょう。

ICOの参加方法や購入・買い方に関するQ&A!

続いてICOの参加方法や買い方に関してよくある質問をみていきましょう!

ICOに参加すれば必ず儲かるの?

ICOは投資の一種です。したがって、必ず儲かると言えるものではありません。ICOを実施したものの目標金額が集まらずに開発が停止してしまったり、そもそも詐欺コインだったりすることもあります。

そのため、将来性のあるICOに投資することが重要です。プレセールやクラウドセールに参加する前には、買い方だけでなく将来性や怪しいかどうかなども詳しくチェックしましょう。

Thumb日本のICO規制について|政府/金融庁が日本はICOがOKの国と発表! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbWorld Wi-Fi(ワールドワイファイ)|注目ICO仮想通貨の将来性は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

買い方は難しい?

ICOは取引所経由で購入するものではないため、「買い方が難しいのでは?」と思ってしまいがちです。
しかし、ウォレットの準備や手順をしっかり押さえておけばそんなに難しいものではありません

買い方や手順をしっかり確認しておき、期待できそうなトークンのICOが始まったらすぐに参加できる体制を整えておくことが重要です。

ICOの参加方法や購入・買い方の手順まとめ

今回はICOの参加方法、トークンの買い方をテーマに詳しくみていきました。仮想通貨はまだまだ発展途上で、これからもさまざまなICOが行われることでしょう。

プレセールやクラウドセールの情報を聞いたらすぐに詳細をチェックし、期待できそうだと判断できるものに投資するのもいいかもしれません。

詐欺コインや怪しいコインに注意しつつしっかり情報収集してICOに参加しましょう!

これから仮想通貨を始める方にも分かりやすくまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。ICOに参加したい場合は参加資金の準備が必須になりますので最後に参加資金用の仮想通貨をお得に購入することができるZaifを紹介します。

Zaifは今までビットコインの取引手数料マイナス0.01%を今まで行なって来ました、が、ついに2018年6月末でこのお得なマイナス手数料キャンペーンがついに終了してしまうというアナウンスが先日ありました。


当たり前のように実施されてきたマイナス手数料がなくなってしまう前に、是非ZaifでトレードしてICO参加資金のビットコインやイーサリアムを購入してみてくださいね。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaif(ザイフ)の手数料比較!スプレッド・取引手数料・送金手数料・入出金手数料 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaif(ザイフ)のウォレットの使い方!ビットコインとネムの送金方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb日本のICO規制について|政府/金融庁が日本はICOがOKの国と発表! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)でトークンが作れてICOが可能に! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side