仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)の特徴・チャート・買い方・将来性!

話題の仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)について聞いたことがある人もいるかもしれません。この記事では仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)とはどんなものなのか、将来性はどうなのかについて詳しく見ていきます。

仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)の特徴・チャート・買い方・将来性!のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)とは?
  2. 2仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の特徴
  3. 3仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の相場チャート・価格推移
  4. 4仮想通貨セントラリティ(CENNZ)が購入できる取引所一覧
  5. 5仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の買い方
  6. 6仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の開発ロードマップ
  7. 7仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の今後の将来性
  8. 8仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)の特徴・チャート・買い方・将来性まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)とは?

仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の概要

通貨名 Centrality
セントラリティ
通貨記号 CENNZ
リリース 2018.01.15
発行上限 1,200,000,000 CENNZ
アルゴリズム -
時価総額 306,937,931 USD
33,468,318,098 JPY
時価総額ランキング 65位
2018.04.28現在

仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の基本情報

仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)は2018.01.15にICOが実施された仮想通貨です。ICO開始と同時に買われ、わずか数分でハードキャップに到達して話題になりました。

このことからもセントラリティ(Centrality/CENNZ)は将来有望な仮想通貨であることがわかるでしょう。

また、セントラリティ(Centrality/CENNZ)は独自ブロックチェーンを持っており、分散型アプリケーション(DApps)のプラットフォームとして活躍することが期待されています。

上記の表からも分かる通り、わずか数ヶ月で時価総額65位の仮想通貨になりました。市場もセントラリティ(Centrality/CENNZ)の将来性に大きな期待を寄せていることがわかります!

将来性が高い通貨は世界最大と呼ばれる取引所バイナンスへの上場の可能性が大いにあります。バイナンスではオリジナルコインのBNBコインを発行しており、このコインを取引手数料代として使うと、なんと手数料が半額になります!

そもそもの手数料もかなり安いので草コインの取引はバイナンスが一番です。さらに本人確認が不要なので、メールアドレスとパスワードの入力の30秒で登録が完成します。

まだバイナンスの登録がお済でない方は損することではないのでこの機会にアカウントをつくっておきましょう。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

SingularXに上場!一時価格が4000倍以上に!!

仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)は2018.02.26に分散型取引所の「SingularX」に上場しました。

ICOで注目を集めていただけあって上場と同時に買い注文が殺到し、価格が一時4000倍にまで上昇しました。その後、少し落ち着きましたがここからもセントラリティ(Centrality/CENNZ)の期待の高さがわかるかもしれません。

仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の特徴

続いてセントラリティ(Centrality/CENNZ)の特徴を詳しく見ていきましょう!セントラリティ(Centrality/CENNZ)が市場からここまで注目されている理由は何でしょうか?

分散型アプリケーション(DApps)の開発環境を提供

分散型アプリケーション(DApps)とは、ブロックチェーンを利用してサービスを提供するアプリケーションのことです。

分散型アプリケーションはオープンソースで開発され、中央管理者が存在しないのが大きな特徴です。

既存の中央集権型のアプリケーションでは、安全性や維持、管理までが全て中央管理者に依存していました。しかし、分散型アプリケーションでは管理者がいないのでより安全で公平なシステムを稼働させることができます。

2018年4月現在、分散型アプリケーションとしてゲームやクラウドストレージなどがリリースされています。今後活用の分野が広がるとともに、なくてはならない社会インフラに成長することが期待されています。

分散型アプリケーションについて詳しく知りたい人はこちらも参照してください。

ThumbDapps(分散型アプリケーション)とは?仮想通貨の将来性や今後の可能性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

モジュールを使って簡単にアプリ開発が可能

セントラリティ(Centrality/CENNZ)では誰でも自由に分散型アプリケーション(DApps)の開発ができる環境を用意しています。

その一つがモジュールで、アプリで利用できる設定や構成ファイルなどがあらかじめ用意されています。そのため、これを利用すれば比較的簡単にアプリを開発できます。

分散型アプリケーション開発への参入のハードルが低いことも市場から注目されている理由の一つかもしれません。

アカウントが1つあれば全てのアプリにログインできる

セントラリティ(Centrality/CENNZ)のブロックチェーンを利用して開発されたアプリを利用する場合、アプリごとにアカウントを作成する必要はありません。

セントラリティ(Centrality/CENNZ)上にあるアプリは全て1つのアカウントで利用できるのでとても利便性が高くなっています。

違うアプリを利用吸う場合もわざわざ登録する必要がなく、簡単に利用できるのは嬉しいポイントなのではないでしょうか?

このようにセントラリティ(Centrality/CENNZ)はアプリ開発者にとっても利用者にとっても使いやすいプラットフォームになっています。

仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の相場チャート・価格推移

続いてセントラリティ(Centrality/CENNZ)のこれまでのチャートと価格推移をチェックしていきましょう。ICOで大きな話題となった仮想通貨は一体どのようなチャートの動きを見せたのでしょうか?

上記がセントラリティ(Centrality/CENNZ)のチャートです。2018年3月以降のチャートが公開されています。

2018年3月から基本的に上昇傾向

セントラリティ(Centrality/CENNZ)の2018年3月のチャートを見てみると、一時0.1USD/CENNZ程度まで下がったことはあったものの、全体としては価格が上昇しています。

この期間は多くの仮想通貨の価格が下落したりと大きく価格が変動した時期ですが、セントラリティ(Centrality/CENNZ)がそこまで大きく変動していないようです。

ここからもセントラリティ(Centrality/CENNZ)に対する市場の期待の高さを垣間見られるかもしれません。

続いて4月のチャートも見てみましょう!

2018年4月以降も緩やかながら価格は上昇している

4月のチャートを見てみると、4月4日に価格が一時急騰し、0.47USD/CENNZの高値をつけています。この急騰の理由はよく分かっておらず、その後一旦価格が下落し元の価格に戻っています。

その後のチャートを見ると緩やかに価格が上昇し、4月上旬は0.3USD/CENNZ程度だった価格が下旬には0.45~0.5USD/CENNZになっています。

チャートを見ると基本的にセントラリティ(Centrality/CENNZ)の価格が上昇していたことがわかります。

仮想通貨セントラリティ(CENNZ)が購入できる取引所一覧

続いてセントラリティ(Centrality/CENNZ)を購入できる取引所を見ていきましょう。2018年4月現在、セントラリティ(Centrality/CENNZ)が上場されている取引所は以下の通りです。

大手取引所には上場されていませんので以下の2つの取引所から選んでみてください。

分散型取引所SingularX

「SingularX」という取引所を聞いたことはあるでしょうか?あまり有名ではないので知らない人も多いかもしれません。

SingularXは一般的な取引所とは異なり「分散型取引所」と呼ばれています。分散型取引所を簡単に説明すると「中央管理者が存在しない取引所」で、「個人のウォレットから直接トレードできる取引所」とも言えます。

中央管理者や中央サーバが存在しないのでクラッキングなどの被害に遭いにくく、アカウントを作成するだけで手軽に利用できます。

世界中でクラッキングによる被害が出ており、今後ますます注目される形態の取引所と言えるでしょう。その一つがSingularXですので今後に要注目です!

分散型取引所について詳しく知りたい人はこちらを確認してみてください。

Thumb分散型取引所(DEX)とは?中央集権型取引所との違いやメリット・デメリット | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Cryptopia

Cryptopiaは先ほど紹介したSingularXとは異なり、一般的な中央集権型の取引所のひとつです。2014年に設立され、500種類以上の豊富な仮想通貨が上場されています。

セントラリティ(Centrality/CENNZ)以外のコインを購入したい人にオススメです。ただし、その中には詐欺コインなども紛れていますので利用する際は充分注意しましょう!

Cryptopiaについて詳しく知りたい人はこちらを確認してみてください。

Thumb仮想通貨取引所Cryptopia(クリプトピア)の登録方法・使い方・買い方解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の買い方

実際に取引所でのセントラリティ(Centrality/CENNZ)の買い方がどうなっているのかを見ていきましょう。2018年4月現在、国内の取引所には上場されていません。

そのため、今回はCryptopiaでのセントラリティ(Centrality/CENNZ)の買い方を見ていきます。

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

Cryptopiaでは日本円を入金してセントラリティ(Centrality/CENNZ)を購入することはできません。そのため、国内取引所でビットコインを購入して送金しておく必要があります。

ここではZaifを利用して説明します。Zaifにログインし、ビットコインを購入してください。買い方は簡単売買を開き、購入したい数量または日本円の金額を入力するだけです。

手数料を節約したい人は取引所から指値注文をするという買い方もあります。自分に合った買い方でビットコインを購入してください。

Cryptopiaへビットコインを送金

ビットコインを購入したらCryptopiaに送金しましょう。あらかじめCryptopiaの送金用アドレスを確認しておいてください。

送金する時はZaifにアクセスし、「入出金と履歴」と開きます。次に、ビットコインを選択して出金をクリックしてください。

クリックすると上記の画像の画面が表示されますのでCryptopiaの入金用アドレス、送金したい金額、手数料を入力して送金してください。

※アドレスを間違えるとビットコインが失われてしまうのでコピペ推奨です!

Zaif(ザイフ)での取引を考えている方はとりあえずビットコインの購入をおすすめします。その理由は現在キャンペーン中の、取引分ビットコイン還元サービスが非常にお得だからです。

Zaif(ザイフ)でビットコインを購入すると取引にかかる手数料が支払うどころか逆にもらえてしまうのです。そのため、購入すればするほど儲かります。

1000円から取引可能なので気軽に始めてみてもいいかもしれません。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Cryptopiaでセントラリティ(CENNZ)を購入

Cryptopiaにビットコインが着金したらCENNZ/BTCのトレード画面を開いて購入しましょう。

買い方は国内取引所の指値注文とほぼ同じで、下部に表示されているBuy CENNZと記載されている入力欄に数量とレートを入力して購入します。

購入が完了したらセントラリティ(Centrality/CENNZ)の残高に反映されますので確認してください。

暗号通貨投資中

(27)

SingularXは使いにくいので、買い方がわかりやすいCryptopiaを利用するのがオススメです。ある程度の流動性もあるので約定しなくて困るという心配も少なくなっています。
将来性に期待できそうだったので購入してガチホします!

仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の開発ロードマップ

2018年4月時点でホワイトペーパーや公式サイトを確認しても詳細なロードマップは公開されていません。

セントラリティ(Centrality/CENNZ)のロードマップは2018年5月に実施されるミートアップにて紹介される予定になっていますので気になる人はミートアップに申し込みしてみるのもいいかもしれません。

仮想通貨セントラリティ(CENNZ)の今後の将来性

最後にセントラリティ(Centrality/CENNZ)の将来性について見ていきましょう。注目されそうな機能が搭載されたプラットフォームですので将来性が気になります。

開発が非常に活発

セントラリティ(Centrality/CENNZ)は開発がとても活発です。開発が活溌でない場合、予定が遅れたり途中でストップしてしまうリスクがあります。

しかし、セントラリティ(Centrality/CENNZ)はそのようなリスクが少なく、今後もどんどん開発されていくことでしょう。5月発表予定のロードマップが楽しみになりますね。

新たな機能が実装され、プラットフォームとしての価値が上昇することにも期待できそうです!

提携企業が多く、将来性に期待できそう

セントラリティ(Centrality/CENNZ)は大手企業を始めとして多くの企業と提携しています。提携企業が多いということはそれだけ将来性に期待されているということでもあり、今後が楽しみです。

多種多様な業種の企業と提携していますので今後、さまざまな分野でセントラリティ(Centrality/CENNZ)が活用されるかもしれません!

大規模取引所への上場の可能性あり

セントラリティ(Centrality/CENNZ)は今後、BinanceやHitBTCなどの大規模な取引所に上場される可能性があります。

大規模取引所に上場されると多くの人に注目されるので価格がさらに上昇する可能性があります。

セントラリティ(Centrality/CENNZ)への投資を考えている人は新規上場に関する情報からも目が離せません!将来性に期待できる仮想通貨ですので上場されると多くの人が購入するかもしれません。

仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)の特徴・チャート・買い方・将来性まとめ

今回はセントラリティ(Centrality/CENNZ)の特徴や将来性、買い方などを詳しく見ていきました。

セントラリティ(Centrality/CENNZ)は分散型アプリケーション用のプラットフォームとして今後に期待できそうな仮想通貨です。

今後どのように開発が進んでいくのか、どれほど多くの開発者がセントラリティ(Centrality/CENNZ)を利用するのかがとても気になります、

購入を考えている人はこれからの動きに要注目です!

このように最近ではアルトコインの動きが活発です。ネムやリップルといったアルトコインの取引をするのであればbitbank(ビットバンク)をおすすめします。

bitbank(ビットバンク)は2018年6月まで仮想通貨の取引手数料が無料のキャンペーン中で、人気通貨のリップル(XRP)を板取引でお得に購入できる人気が急上昇中の取引所です。

スプレッドや手数料は気がつけば大きくかさんでいるのでbitbankに登録してお得にリップル(XRP)を購入しましょう。簡単1分で登録できます。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side