仮想通貨KanadeCoin(奏コイン/KNDC)の特徴・価格・買い方・将来性!

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)がエアドロップ開始!日本発の新しい仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)について将来性やチャート予想、将来性について詳しくご説明します。エアドロップ配布の受け取り方や取引所での買い方も!

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン/KNDC)の特徴・価格・買い方・将来性!のイメージ

目次

  1. 1日本発! KanadeCoin(奏コイン)の特徴や将来性について解説!
  2. 2国産の仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)とは?
  3. 3仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の特徴
  4. 44月・5月に全2回のエアドロップを実施
  5. 5仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の使い道・ユースケース
  6. 6仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の相場チャート・価格推移
  7. 7仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)が購入できる取引所
  8. 8仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の買い方
  9. 9仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の開発ロードマップ
  10. 10仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の今後の将来性
  11. 11仮想通貨KanadeCoin(奏コイン/KNDC)の特徴・価格・買い方・将来性まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

日本発! KanadeCoin(奏コイン)の特徴や将来性について解説!

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)はご存じですか? 2018年4月に公開されたばかりの、日本発プロジェクトのアルトコインです!

今回は新しい国内発の仮想通貨「KanadeCoin(奏コイン)」の目的やエアドロップ配布、今後上場した場合の取引所での買い方などを解説します。

この記事のポイント

  • 仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の特徴とユースケース
  • 仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)のエアドロップ配布情報
  • 仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)のチャート予想や取引所の購入方法(買い方)将来性

KanadeCoin(奏コイン)はおそらく最初に国外取引所で上場するといわれており、このコインを購入するには国内取引所から国外取引所にペア通貨を送金しなければなりません。

そこで送金手数料が圧倒的にお得なZaif(ザイフ)をおすすめします。ザイフでは送金手数料が0.0001BTCから設定でき、かなり安めの設定です。国外取引所の利用が増えるたびに手数料はかさむので是非Zaif(ザイフ)を使いお得に取引をしましょう!

ビットコインでのmaker取引手数料ではビットコインが還元されるシステムを期間限定で行っています。まだアカウントをお持ちでない方は登録をいそぎましょう!

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国産の仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)とは?

①仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の概要

発行日 2018年4月
通貨単位 KNDC
トークンベース ERC20(イーサリアムベース)
発行枚数 100億KNDC
小数点以下桁数 8                    

②仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の基本情報

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)は2018年4月に公開されたばかりの、新しい日本発の仮想通貨です。イーサリアムベースのERC20トークンとなっています。

KanadeCoin(奏コイン)はトークンエコノミーを作り上げることを目的としています。トークンエコノミーとは「紙幣の代わりになるモノを用いた経済環境」を指します。

KanadeCoin(奏コイン)は主にスマホアプリやwebサービスといった開発者や運営者が、サービスを提供するために利用されます。つまりクリエイティブな活動をしている人中心の収益として使われるということですね。

世界でもかなり流通しているモナコインや、ビットゼニー、アリスに続いての国内産アルトコインということから、国内では注目度が高まっており、1回目のエアドロップ配布は2日で完売してしまうほどでした。

上場前にKanadeCoin(奏コイン)を手に入れることは、投資の面からも期待度が高いでしょう。

KanadeCoin(奏コイン)ははたして今後価格上昇し、モナコインのように一般的に使われるのかどうか、特徴やユースケースをみて将来性を探ってみましょう。

Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Alis(アリス)トークンのチャート・価格・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨BitZeny(ビットゼニー)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の特徴

KanadeCoin(奏コイン)はweb上でサービスを展開する際に利用されるネットワークを構築したり、そのままお金として利用することもできます。

例えば

  • 開発者同士でサービス提携する際にネットワークとして利用
  • 決済システムとして導入
  • ユーザー同士で投げ銭できる

といったことがKanadeCoin(奏コイン)では可能になります。web上のサービス、クリエイティブ中心のサービスであれば、他にもアレンジを加えることで見たこともないようなサービスも展開が可能であり、集客も期待できます。

KanadeCoin(奏コイン)はこのような、今まで展開が難しかったサービスを誰でも簡単に開発できる様なネットワークを目指しています。

①決済システムの簡単導入

KanadeCoin(奏コイン)は簡単な決済ツールを、「SDKツール」を利用して作成できます。

SDKツールとは「ソフトウェア開発キット」の略で、誰でも開発が行える開発者ツールです。ソフトウェアを開発するために使われる、必要なプログラムや文書などを一つにまとめた道具箱のようなものになります。

SDKツールがあれば、決済ツールだけに限らずプログラミングに詳しくなくてもアプリ制作や自身が使いやすい決済システムを作りあげることが可能です。

通販なら送金金額なども場所によって変わりますから、そのような設定も組むことが出来るということですね。SDKツールはベータ版がは2018年9月頃に予定されています。

②KanadeCoin導入サービス間で連携可能

またKanadeCoin(奏コイン)は、同じKanadeCoin(奏コイン)を利用しているユーザー同士でサービス提携を結ぶことができます。

例えば自身は仕入れを行い販売だけを別のユーザーに任せたり、またコラボレーション商品なども作れます。個人ベースのwebクリエイターをターゲットにしているため、友人同士で気軽に提携することもできます。

クリエイター同士で協力しながら集客を狙える、非常に便利な要素です。

③サービス内ユーザ同士で投げ銭ができる

KanadeCoin(奏コイン)のユーザー同士で投げ銭を行うことも可能です。KanadeCoin(奏コイン)のユーザーであれば、ジャンルやサービスが違うクリエイターに対しても行えます

投げ銭とは支援や投資のようなものでもありますので、例えばプロジェクトを立ち上げているユーザーに対し、多数の支援を募ったり送るなどが行えます。

多数のクリエイターを集めた作品集など出す場合に、その出版費用を募る、ということもできますね。webを越えて展開するときにもKanadeCoin(奏コイン)は便利かも知れません。

④イーサリアムベースのトークン

KanadeCoin(奏コイン)は冒頭でも紹介したとおり、ERC20というイーサリアムブロックチェーンをベースとした仮想通貨です。

ですので、イーサリアムの機能を利用することもできます。まずスマートコントラクトが使用可能ですので、プログラミングに詳しい人はSDKツールと合わせて高度なサービスも展開できるでしょう。

また送金速度も約15秒で完了しますので、相手に素早く送金できるのも信頼関係を保ちやすく嬉しい要素です。

4月・5月に全2回のエアドロップを実施

KanadeCoin(奏コイン)はエアドロップを利用した配布を行っています。上場前にKanadeCoin(奏コイン)を手に入れる絶好のチャンスですね!

エアドロップは2回行われ、1回目は4月7日に受付を開始し、3万5000人という多数のユーザーを集めました。2日で完売し、そのことからさらに注目度があがっている状況です。

次回は5月13日から開始し、配布完了は5月31日と予定されています。配布を受け取りたい方はぜひ忘れずに準備しておきましょう!

エアドロップへの参加方法

KanadeCoin(奏コイン)はERC20トークンですので、「MyEtherWallet」に預けることが可能です。

メールアドレスとMyEtherWalletの送金先アドレスの2つだけで申請できます。申請可能な時期になりましたら公式HP(https://kanadecoin.com/)にリンクが貼られますので、そこから登録をしましょう。

ThumbMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方!送金・入金・ログイン方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の使い道・ユースケース

KanadeCoin(奏コイン)のトークンの使い道の割合は上のとおりになっています。

開発チームやプロジェクト貢献者への報酬は25%前後、10%ほどが3年間のロックアップ保証、上場時に取引所で配布されるトークンは10%となっています。

つまり55%(55億枚)がエアドロップで配布されると言うことですね。できるかぎりKanadeCoin(奏コイン)を知って貰うために行っているそうです。

KanadeCoin(奏コイン)のサービスを利用するためにもKanadeCoin(奏コイン)は保有する必要がありますので、web上でクリエイティブ関係の収入を計画している方は、エアドロップの配布を受け取ると後々活かせる場面が増えるかも知れません。

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の相場チャート・価格推移

KanadeCoin(奏コイン)は上場した場合、始値は1Satoshi(0.00000001BTC)から開始する予定となっています。

金額的にも非常に手に入れやすい価格から始まるため、上場時から買い始める人も多いかもしれません。エアドロップ配布を受け取った人も価格チャートが上がる前に買い増しする可能性もあります。

まだ分からないこともおおい仮想通貨ですが、ロードマップ上では予定通りに進行していますので、将来性を感じているユーザーも増えていることでしょう。価格チャートの上昇が期待できます。

特にKanadeCoin(奏コイン)がSDKツールを公開し、本格的なネットワークができあがった時からが本格的なチャートの加熱が起きるでしょう。投資目的であればその頃までに手に入れておきたい仮想通貨です。

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)が購入できる取引所

現在KanadeCoin(奏コイン)は上場先が決まっていません。ロードマップでは2018年6月中旬となっていますので、続報が気になりますね。

ただ同じ国内発の仮想通貨「アリス(Alis)」も、まだ海外のみで国内の取引所では取り扱いがありません。可能性が高いのは数百種類の仮想通貨を取り扱うような海外の取引所で購入することになるでしょう。

現在アリス(Alis)を取り扱っている「Cryptpia(クリプトピア)」「CoinExchange(コインエクスチェンジ)」が上場取引所として可能性が高いと考えます。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)は、数百種類以上の仮想通貨が取引できる海外取引所で、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のようなメジャーな仮想通貨だけでなく、大手のPoloniex(ポロニエックス)bittrex(ビットレックス)では取引出来ない仮想通貨も取り扱っています。

そんなCoinExchange(コインエクスチェンジ)は、時価総額や価格が低い仮想通貨、又は新しく発行された仮想通貨を多く取り扱い、草コインを幅広く取り揃えています。

その為、CoinExchange(コインエクスチェンジ)は草コインの取引を行いたい投資家にとって、頻繁に利用する機会が多い取引所でもあるのです。

登録がまだの方は是非公式ページを覗いてみてください。

Thumb仮想通貨取引所Cryptopia(クリプトピア)の登録方法・使い方・買い方解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbCoinExchange(コインエクスチェンジ)の入金・出金(送金)方法と手数料を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の買い方

もし海外の取引所で上場した場合、すこし特殊な買い方が必要になります。

それは「国内の取引所でビットコインを購入後、海外の取引所へ送金しビットコインで購入する」という買い方です。

手間がすこしかかりますが、仮想通貨は送金も低コストで行えるため、KanadeCoin(奏コイン)以外の気になる仮想通貨を手に入れる際にも役に立つ買い方です。

国内の取引所で送金を行う場合は本人確認などが必要な場合がありますので、KanadeCoin(奏コイン)を購入するのであれば早めに登録をおすすめします。

国内の取引所のおすすめは、共にモナコインが上場している「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」が良いでしょう。どちらもセキュリティや高く、初心者でも扱いやすい取引所です。

モナコインが上場しているのであれば、今後KanadeCoin(奏コイン)が上場する可能性も高いですので、この機会にぜひ登録をおすすめします。

初心者の方には断然bitFlyer(ビットフライヤー)をお勧めします。ビットフライヤーは世界で一番セキュリティーがしっかりしていると評価されており、その証拠として国内で最も取引量が多い取引所です。

初心者の方に一番大切なのは安全さと使い勝手です。bitFlyer(ビットフライヤー)のインターフェイスは洗練されており、何の迷いなく取引をすることが可能です。

1000円から取引はできますので是非アカウントを登録しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットフライヤーのモナコイン(monacoin)の取り扱いで価格高騰! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaif(ザイフ)の手数料・特徴・評判は?他取引所と徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の開発ロードマップ

KanadeCoin(奏コイン)は現在、ロゴのコンペを行っています。結果は5月中旬頃に決まるようです。

また今後は、4月29日から1回目のエアドロップに参加した方へ配布予定、5月中旬からSDKツールを開発開始と、エアドロップ第2弾の開催(5月13日~)、下旬に2回目のエアドロップ配布後、6月中旬に初上場という流れとなっています。

2018年9月からさらに本格化し、スマホアプリ・webサービスにKanadeCoin(奏コイン)の採用予定やSDKベータ版新しい上場先が増える予定となっています。

今後は複数のwebサービスやスマホアプリで利用できるようどんどん拡大予定となっていますので、今からニュースが楽しみですね!

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)の今後の将来性

KanadeCoin(奏コイン)はサービスを展開したいが、資金面や技術的な面などから諦めていたクリエイターの大きな手助けができる仮想通貨です。

フリーランスなどが増加傾向にある現代、KanadeCoin(奏コイン)の詳細を知る機会が在れば、KanadeCoin(奏コイン)ネットワークが広まって欲しいと考える人は少なくないでしょう。

しかし実際に使われなければ、メリットは感じにくいシステムです。ユーザーが使用できる環境になり、そのユーザーがKanadeCoin(奏コイン)の将来性をあげる、そのような仮想通貨だと考えます。

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン/KNDC)の特徴・価格・買い方・将来性まとめ

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)について、特徴や目的、価格チャート予想、取引所での買い方や将来性についてお話ししましたが、いかがでしょうか?

ビットコイン中心に仮想通貨がかなり浸透している中、今から大きなネットワークを築くことはかなり大変だとは思いますが、KanadeCoin(奏コイン)のシステムは非常に利便性が高く、将来性も期待できます。

今後の開発や上場開始後のチャートにも注目し、KanadeCoin(奏コイン)の普及を見守りましょう!

KanadeCoin(奏コイン)はとりあえず国外取引所への上場が予想されているので、バイナンスの登録をすませておくのをお勧めします。バイナンスは世界で一番大きい取引所といっても過言ではなく、数百種類のコインを扱っています。

さらにバイナンスのオリジナルコイン、BNBコインを利用して取引を行うと手数料が半額になります!そもそも手数料が安い取引所なので非常にお得の取引できます。

登録もかなり簡単なので是非登録しておきましょう。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んでいる方はこちらも読んでいます

Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットフライヤーのモナコイン(monacoin)の取り扱いで価格高騰! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Alis(アリス)トークンのチャート・価格・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨BitZeny(ビットゼニー)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side