リスクコイン(lisk)の今後の将来性は?チャートからみた価格予想!

リスクコイン(lisk)は2018年、最新アップデートニュースや将来性を感じるイベントが盛りだくさん。リスクコイン(lisk)の最新情報や今後のイベントや将来性を見ていきましょう。今までの高騰チャートや、今後予想されるチャートもご紹介!

リスクコイン(lisk)の今後の将来性は?チャートからみた価格予想!のイメージ

目次

  1. 1リスクコイン(lisk)の今後のイベント紹介・チャート予想や将来性を考察
  2. 2仮想通貨リスクコイン(lisk)とは?
  3. 3リスクコインの主な5つの特徴
  4. 4リスクコインの過去の価格チャートと高騰した要因とは?
  5. 52018年2月20日にリスクコインがリブランディングを実施
  6. 6リスクコインの今後の将来性に関わるイベント
  7. 7リスクコインの今後の将来性に触れた口コミ・評判
  8. 82018年以降はリスクコインの価格チャートはどうなる?
  9. 9リスクコインの今後の将来性や価格チャートに関するよくある質問
  10. 10リスクコイン(lisk)の今後の将来性は?チャートからみた価格予想!まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リスクコイン(lisk)の今後のイベント紹介・チャート予想や将来性を考察

リスクコイン(lisk)は2018年2月にリブランディング、そして4月11日にLisk Core 1.0ベータ版をリリースしました。さらに開発者ツールや半減期と、2018年リスクコイン(lisk)は非常にニュースが多く、チャート高騰に期待が集まっています。

今回は最新アップデート情報やニュースを交えて、リスクコイン(lisk)の今後の将来性や価格チャートの動きを見ていきましょう。

この記事のポイント

  • リスクコイン(lisk)の特徴
  • リスクコイン(lisk)の今までのチャート高騰の原因とこれからのニュース
  • リスクコイン(lisk)の今後のチャートと将来性

現在日本でリスクを購入できる仮想通貨取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)のみです。コインチェックは現在取引を停止中です。しかもbitFlyer(ビットフライヤー)手数料が無料で購入することができます。

初心者にも操作が簡単でネット金融業界のトップを走っているSBIグループの仮想通貨取引所なので信頼感があります。

また、販売所の価格より安価で取引のできるbitFlyerlightningもありビットコインの先物やビットコインFXもできるので人気があります。

Liskが気になっていて購入を検討している方は、とりあえず口座登録だけでもおすすめします。ポイント制でビットコインを溜めることもできますよ。メールアドレスから個人情報書類のアップロードまで10分程度で完了します。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨リスクコイン(lisk)とは?

発行日 2014年1月
名称 LSK
上限 なし
時価総額(2018/04/21現在) 約1365億円           
時価総額ランキング 22位
現在価格 約1300円

リスクコイン(lisk)は現在時価総額22位に位置付くアルトコインです。DApps(分散型アプリケーション)開発プラットフォームをもち、スマートコントラクトをもつことからイーサリアムと比較されます。

リスクコイン(lisk)は上記に加え、サイドチェーンを作り独自のネットワークを築くことができます。DAppsと合わせると、自身のビジネスや環境に合わせたネットワークを展開することが可能です。

リスクコイン(lisk)はそのような将来性高い機能から、2016年マイクロソフト社から19億円のビットコインによる投資を請けています。パートナーシップ契約も結んでおり、早くから将来性を感じ購入していたユーザーも多いでしょう。

特に2018年、リスクコイン(lisk)は加熱すると言われています。2月には公式サイトやロゴのリブランディング(最デザイン)、またプラットフォームアクセスソフト「Lisk Corre」1.0のベータ版が4月11日にアップデートされるなど、多くの開発ニュースが公開されています。

2017年1月は10円ほどだったリスクコイン(lisk)の価格も、2018年1月には一時期2000円を超え、実に200倍の価格という大きな高騰となりました。

今後の開発や最新アップデートに将来性を感じるリスクコイン(lisk)について、改めて特徴やいままでのチャートを見ていきましょう。

ThumbLisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと今後2018年価格予想、取引所、ニュースまとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)のチャート推移と今後の将来性を予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リスクコインの主な5つの特徴

①スマートコントラクト

リスクコイン(lisk)はイーサリアムと同じく「スマートコントラクト」を利用することができます。

スマートコントラクトとはブロックチェーンネットワークでの取引時、プログラミングにより自動実行契約を行えるシステムです。

取引が完了した瞬間、ネットの商品をダウンロードできるようにしたり、不動産などの契約を完了できるようにするなどが可能となります。

取引記録を保存し、外部不正をその情報を利用し防ぐことが出来るブロックチェーンであれば、遠方でも不正などの不安を取り除いて行えます。

また買い物の場合も買う側も時間帯を気にせず購入でき、売る側も就寝時間に自動対応ができるため非常に利便性が高くなっています。

リスクコイン(lisk)やイーサリアムの他、多くの仮想通貨に導入されていることが多いほど、将来性に重要なシステムの一つです。

Thumbスマートコントラクトとは?仕組みや事例紹介!ブロックチェーンの展望! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②サイドチェーン

リスクコイン(lisk)はサイドチェーンを作り、その中で独自のネットワークを築くことができます。

サイドチェーンとはメインのリスクコイン(lisk)ブロックチェーンとは別に存在する、ベースは同じのブロックチェーンです。

分散することで処理も分けることが出来、メインのブロックチェーン単体のネットワークより動作が軽くなります。また、取引情報も分散化するため、より外部からの攻撃を受けにくくなるメリットもあります。

また、ブロックチェーンを作ることが出来るため、独自の仮想通貨発行も可能になっています。自身のアプリケーションをリスクコイン(lisk)のサイドチェーンで展開する際には、自身の使いたい独自コインも利用することが出来る、と言うことですね。

③承認システムを選ぶことが出来る

またリスクコイン(lisk)は、自身のサイドチェーンに使いたい取引認証システムを設定することも可能です。

例えば、ビットコインと同じくプルーフ・オブ・ワーク(PoW)に設定し、承認技術の高い人を中心にあつめてもよいですし、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)にし、自身の仮想通貨を保有してくれる人を増やしやすくすることもできます。

自身のアプリケーションにあった承認システムを選べるため、参加者の増やし方も工夫しやすくなっています。

④フォージング

リスクコイン(lisk)は発行上限がありません。その代わりに発行枚数を制限し希少性を維持しています。さらに取引承認時の報酬も毎年変わります。

リスクコイン(lisk)の取引承認はマイニングではなく「フォージング」と呼ばれますが、これは「1年目は5LSK、2年目は4LSK……」という感じに、ブロックチェーンの取引認証時の報酬が毎年少しずつ下がっていく仕組みになっています。

報酬の価格は下がりますが、フォージングはマイニング同様取引手数料も報酬に含まれるため、フォージングを行う人によってはあまり影響がないこともあります。

上限がなく長期的な利益を見込め、それでいて希少性が維持されるのであればあまりデメリットに感じる人もいないかも知れません。

⑤開発言語がJavaScript

リスクコイン(lisk)はDAppsの開発言語にJavaScriptを使用しています。

JavaScriptといえば、おそらく詳しくない方でも聞いたことがあるかも知れません。それほど一般的なプログラミング言語です。

つまりリスクコイン(lisk)では多くの人がDAppsの開発に参加しやすく、自身のブロックチェーンや仮想通貨を発行し設定もできる、DApps開発プラットフォームとして欲しい機能がたくさん詰まっているのです。

この事からも、リスクコイン(lisk)は主に開発中心に盛り上がる仮想通貨といえます。関わる人が必然的に増えやすいこの関係性には、長期的な将来性を期待できるでしょう。

リスクコインの過去の価格チャートと高騰した要因とは?

2017年6月5日の価格チャートと高騰の要因

リスクコイン(lisk)の特徴をご覧頂いたところで、次にリスクコイン(lisk)が今までに高騰したニュースを見ていきましょう。

まず2017年6月5日頃、60円台から400円と約6.7倍の価格高騰となりました。とくに大きな発表やニュースがあったわけではないようですが、可能性としてはヨーロッパで開催された「Blockchain Expo 2017」が大きいとみられています。

リスクコイン(lisk)のほか登壇した多数のアルトコインと共に、期待度から一時的に高騰したと考えられます。

2017年8月20日の価格チャートと高騰の要因

次に2017年8月20日頃のリスクコイン(lisk)のニュースです。210円台~800円と約4倍の価格高騰となりました。

このときのニュースは、リスクコイン(lisk)のリブランドと、SDK(開発者用)ツールの配布の予定をしている、ということの発表でした。リブランドは今後開発やアップデートが続くという確信にもつながり、期待度が高まりやすいニュースです。

JavaScriptが利用できるSDKツールも公開されることで、リスクコイン(lisk)でのDApps開発の加熱度にも注目が集まり、高騰したと考えられます。

また、インドの取引所「BitBay India」にも上場がきまったニュースも発表されています。インドも中国に続きかなり人口の多い国ですので、流通量の増加が期待されました。

2017年11月上旬の価格チャートと高騰の要因

次のリスクコイン(lisk)高騰は2017年11月上旬です。500円台~1200円台と約2.5倍となりました。このころリスクコイン(lisk)はフォージングによる半減期を迎えていました。

流通するリスクコイン(lisk)の量が減ることで希少性があがるのではという予想から、価格上昇しています。

また東京カンファレンス、ドイツ・ベルリンのミートアップにリスクコイン(lisk)も参加し、期待度が高まったことも高騰理由として上げられます。

先ほどのリブランディングやSDKツールの公開も迫り、このときはリスクコイン(lisk)全体の加熱度が非常に高まっていました。

Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)のチャート推移と今後の将来性を予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月20日にリスクコインがリブランディングを実施

リスクコイン(lisk)は2018年2月21日にリブランディングを行いました。

リブランディングとは名前を変えることを指し、過去の例を挙げるとDarkcoinが「DASH」に、AntSharesが「NEO」と変わっています。

ただリスクコイン(lisk)元の「LISK(リスク)」から変わることはなく、変更があったのはロゴの変更やホームページのデザインといったところだけになりました。

リブランディングによる価格チャートへの影響は?

リスクコイン(lisk)のリブランディングによるチャートの反応には高騰は見られませんでした。名前はそのままで大きな変更がなかったことや、その他の最新発表も以前聞いたニュースのみだったようで、購入者が大きく増える形にはならなかったようです。

ただ、この情報でリスクコイン(lisk)の今後の予定を知り、ロードマップをみて次の購入タイミングを測っている人が増えたようです。

この発表の約1ヶ月後に、プラットフォーム「Lisk Core 1.0」のアップデートが予定されています。そのような最新情報もリブランディングで公開されました。

リスクコインの今後の将来性に関わるイベント

今後の将来性イベント①アップデート(lisk core 1.0)

ここからはリスクコイン(lisk)の高騰に繋がるような2018年最新情報やアップデートの予定などをご紹介します。

まずもっとも最新のアップデートとして、2018年4月11日に「Lisk Core 1.0」が最新アップデートとなりました。ベータ版ですので、今後製品化に向けてさらに開発が進みます。

Lisk Coreはメインブロックチェーンデータアクセスを行えるシステムで、高度な技術ユーザー向けのツールです。

内容はかなり難易度が高いですので、完結に紹介すると、

  • 新APIデザイン導入
  • P2Pの転送レイヤーAtomic block writesを完全サポートするためのデータベースレイヤーを書き換え
  • タイプ0トランザクションに64byteデータフィールドを追加


がアップデートで追加されたようです。リスクコイン(lisk)プラットフォームの中心となるシステムですので、今後もさらにアップデートや最新技術が追加されることでしょう。

この公開後、リスクコイン(lisk)の価格チャートは高騰とまでは行きませんが、ゆっくり上昇トレンドに切り替わり始めています。

今後の将来性イベント②2018年4月から開発者向けにSDK配布

2018年4月中に、開発者向けツール「SDK(Sidechain Development Kit)」が公開される予定です。

SDKツールがあれば、ユーザーはJavaScriptを用いてリスクコイン(lisk)でDApps開発を行えるようになります。

SDKツールでは上記に説明した「Lisk Core」の他、Lisk Coreの実行ツール「Lisk Commander」、取引に利用できる暗号を集めた「Lisk Elements」、そしてサイドチェーンの登録、独自ICO発行が可能になる「Lisk Hub」が利用できます。

SDKツールが公開されればリスクコイン(lisk)の本格的な開発が進み、長期的な将来性に繋がることが期待されています。

今後の将来性イベント③分散型取引所(DEX)が2018年7月にリリース予定

リスクコイン(lisk)は2018年7月頃、DEX(分散型取引所)が利用できるようアップデートを予定しています。

DEX(分散型取引所)が実装されるとウォレット内で仮想通貨の取引が可能になり、法定通貨に変更も簡単に行えます。

現在は取引所でウォレットをつくり取引を行いますが、取引所の運用は取引所への不正攻撃や倒産による資産損失のリスクがつきまといます。

ウォレットで取引が出来る様になれば、常に資産は手元で管理しながら運用することが出来、セキュリティも自身の工夫で高めることが可能です。DEX(分散型取引所)が追加されれば、投資目的のユーザーの参加も大幅に増えることでしょう。

今後の将来性イベント④半減期が2018年11月に来る?

リスクコイン(lisk)は仕組み通り、今年も11月頃にフォージングの報酬を下げる予定となっています。

時期は前後する可能性もあるため、正確な日程はわかりませんが、半減期を迎えればまた希少性があがり価格上昇が見込めます。

カウントダウンはhttp://www.liskdelegate.io/で確認することができますので、ブックマークなどしておくとおすすめです。

リスクコインの今後の将来性に触れた口コミ・評判

リスクコイン(lisk)は期待できる最新情報やアップデートが多く、Twitterでも悲観的な意見は見受けられないほど高評価のツイートが多くありました。

予想では年末には価格が3万を越えるのでは、と述べている方もいました。イーサリアムの1/5~1/3、もしかすると並ぶほどではないか、と話すユーザーもおり、リスクコイン(lisk)への期待の強さを感じます。

2018年以降はリスクコインの価格チャートはどうなる?

SNSでこのように推している理由などがあると注目するユーザーも増えやすくなるため、このような点からもリスクコイン(lisk)の価格上昇の可能性は高いと言えるでしょう。

SDKツールが導入されれば開発は一気に加熱する期待や、リスクコイン(lisk)プロジェクトへの信頼や期待もさらに高くなります。

また、開発者ツールができるということはリスクコイン(lisk)が世界で一般的に利用されるような大きなネットワークを築く可能性も秘めています。

そうなればリスクコイン(lisk)は長期的な需要を得ることになり、投資において安定したチャートとなりやすいと予想されます。

リスクコインの今後の将来性や価格チャートに関するよくある質問

リスクコインの最新ニュースを手に入れるには?

リスクコイン(lisk)の最新ニュースやアップデート情報を得るなら、やはり公式の情報がもっとも信頼できます。ですので公式のTwitterやブログが良いでしょう。ちょっとしたつぶやきが高騰につながることもあります。

また最近では「Tereglam」「Discord」などのチャットツールを使用するところもあります。コミュニティに入れれば直接質問なども出来るようになりますので、ぜひ利用をおすすめします。

また先ほどカウントダウンを知らせるページ(http://www.liskdelegate.io/)の下部にも、アップデート情報や最新ニュースをお知らせしている欄がありますので、そちらも参考にしてみて下さい。

すごく注目度が高いけど本当にあがる?

リスクコイン(lisk)は期待度が高く可能性は高いですが、上がるかどうかは絶対ではありません。これはリスクコイン(lisk)に限らず、投資ではどこでも同じです。

儲けている人がそう予想していたから、という理由での投資は失敗したときも責任転嫁してしまう原因になり、今後投資を行う上での経験を生かすことができません。

公式の最新ニュースを参考に予想するユーザーが多くいますが、あくまで参考にし、最終的にどのような投資を行うか、あるいは止めるかはしっかりした理由を持って行いましょう。

また高騰したときも慌てて購入せず、下がるのを待ちましょう。チャートは波を打つものですので、ずっと上昇することはありません。チャートが下がり始めたときに購入しても遅くありませんので、急激な動きのときこそ冷静に対処しましょう。

リスクコイン(lisk)を購入できる取引所は?

冒頭でもお話させていただきましたが、リスクコイン(lisk)は注目度も上がっていて購入を検討している人が増えています。今のところ国内ではbitFlyer(ビットフライヤー)が先駆けて2018年に上場を始めましたのでまずはこちらの口座登録を済ましておきましょう。

ビットフライヤーは国内の仮想取引所では一番と言っても良いほどの知名度で、実際にユーザー数、取引量が高いです。利点はそれだけでなく世界一セキュリティがしっかりしている取引所だと評価されたこともあります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また海外の取引所でLiskを購入したいのであればBinance(バイナンス)をおすすめします。Binance(バイナンス)は世界最大の仮想取引所で取り扱う仮想通貨は約200種類にも及んでいます。

ビットコイン、イーサリアム、リップルなどはもちろんのことLiskも購入できます。世界中の人に指示されている最大の要因は手数料の安さです。

Binanceで投資資金を動かしたい場合は日本の仮想通貨取引所から資金を送金する必要があるので、bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設と同時にBinanceでも口座開設手続きを済ましておけば間違いないでしょう。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リスクコイン(lisk)の今後の将来性は?チャートからみた価格予想!まとめ

リスクコイン(lisk)の今後の最新イベントの紹介やチャート予想、将来性などをご紹介・考察しましたがいかがでしょうか?

リブランディング発表時、開発者のメンバーは「とにかくたくさんの人にLisk CoreやSDKツールで開発を使って欲しい」と何度もお話ししていたようです。

リスクコイン(lisk)の開発メンバーこそリスクコイン(lisk)に一番熱く取り組んでいることが伺えます。そのことからも、最新情報にはぜひ期待していきましょう!

Lisk(リスク)についてとても詳細な情報を掴むことができましたね。
最後にもう一点お伝えしたいのは、例えば海外の取引所でliskを購入したい場合ですが、海外送金にお得な日本の取引所を紹介したいと思います。

海外送金に強い日本の仮想通貨取引所はZaif(ザイフ)です。なぜなら投資資金として必要になるビットコインをお得に購入することができるからです。

Zaif(ザイフ)で導入しているビットコイン購入手数料マイナス0.01%は正に破格です。取引するほど逆に収入になるという画期的なシステムです。キャンペーン期間中の今お早めに口座開設をしておくことをおすすめします。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbzaif(ザイフ)のウォレットの使い方!ビットコインとネムの送金方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

ThumbLisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと今後2018年価格予想、取引所、ニュースまとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)のチャート推移と今後の将来性を予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb【仮想通貨】Lisk(リスク/LSK)が購入できるおすすめ取引所と買い方を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbLisk(リスク)が中国大手のHuobiにも上場!多くの取引所で上場し注目です | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side