仮想通貨の業界の将来とは?著名投資家ティムドレイパーの予想や意見まとめ

投資家ティムドレイパーは政府による不確実性が仮想通貨業界の発展を阻害しているといい、仮想通貨業界の厳しい規制は国の将来の発展を邪魔すると言いました。彼は、規制の厳しいカリフォルニアから出たいそうです。また、同投資家は仮想通貨は将来法定通貨を超えると言いました。

仮想通貨の業界の将来とは?著名投資家ティムドレイパーの予想や意見まとめのイメージ

目次

  1. 1著名投資家は仮想通貨業界の将来性をどう考える?
  2. 2仮想通貨の技術はどの業界が最も必要としている?
  3. 3どうすれば仮想通貨技術はさらに様々な業界に浸透する?
  4. 4複数の国での仮想通貨に対する規制は将来どうなっていく?
  5. 5仮想通貨業界最大の問題の一つICOはアメリカでは将来どうなる?
  6. 6仮想通貨業界は新たな新天地を探している?将来を考えるとカリフォルニア以外が良い?
  7. 7仮想通貨は中国では規制されるが、仮想通貨技術の将来性は高く業界としても拡大か
  8. 8仮想通貨投資家のティムドレイパーは他国の仮想通貨業界にどんどんと進んでいる
  9. 9仮想通貨業界でも大きな問題となっているエドワードスノーデン氏について
  10. 10仮想通貨業界の中での戦い|ビットコインvs他の仮想通貨、将来はどうなる?
  11. 11仮想通貨業界全体の問題である価格の変動について
  12. 12有名投資家も将来を有望している仮想通貨業界の今後は?
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

著名投資家は仮想通貨業界の将来性をどう考える?

著名仮想通貨投資家のティムドレイパー(Tim Draper)

Tesla、Skype、Baidu、および他の多くの企業に投資した投資ファンドであるDraper Associatesだけでなく、起業家のためのDraper大学をも設立した投資家兼実業家Tim Draperの仮想通貨業界、仮想通貨投資についてのコメントをまとめました。

ちなみに仮想通貨投資家としてのTim Draperは、2014年のシルクロードのウェブサイト上でのビットコイン(BTC)の購入から、2017年のTezosの支持に至るまで、さまざまな仮想通貨プロジェクトに携わってきました

著名仮想通貨投資家でありベンチャーキャピタリストが考える仮想通貨業界の将来についての質問

投資家Tim Draperはブロックチェーンの採用、米国と中国の仮想通貨に対する規制、そしてなぜカリフォルニアを離れることを望んでいるのかについてCointelegraphに話しました

仮想通貨の技術はどの業界が最も必要としている?

著名投資家ティムドレイパーのコメント

仮想通貨を最も必要としているのは政府です。これは確実です。最悪のサービス、最大の業界、高いコスト。政府というのはつまり人々のことです。業界の規模が関与する人の数に比例する傾向にあります。

政府はほとんどの人に影響を与えており、高いコストで最悪のサービスを提供しています。そして、ブロックチェーンは、ガバナンスに仮想通貨層を作成することでそれを改善することができます。

「これは、政府が競争に加わり始めるきっかけになるかもしれません。そうなれば、サービスは増え、改善し、コストが削減されます。税金は下がり、教育、医療などが改善するでしょう」

また、個人情報を扱うところならどのような企業でも仮想通貨によって利益を得るでしょう。そのため、データや個人に結びつく個人情報は非常に重要です。

なぜなら、個人を指すデータがブロックチェーン上に永久に存在するため、データにアクセスして状況を把握し改善することができるからです。そうなれば、医療、商取引、小売業など、あらゆる種類の業界で利用することができます。より優れた個人情報が得られることで、改善されることはたくさんあります。

どうすれば仮想通貨技術はさらに様々な業界に浸透する?

仮想通貨業界に携わる私たちは、可能な限り速く仮想通貨のブロックチェーン技術を推進しています。

政府による不確実性が仮想通貨業界の将来を潰す

障害となっているのは、この新しい仮想通貨産業を作っている人々の祖父母世代によって運営されている政府が生み出す不確実性だけです。そして彼らはそれを知らないのです。仮想通貨業界を作っている人々にとっては非常にもどかしい状況です。

つまり、規制当局には70~80歳の人たちがいて、彼らが仮想通貨業界を率いる20歳の人々に指示しているのです。そのくせに、彼らは莫大な教育借金や低水準の教育を若い世代に与え、若い世代が働きにくい状況を作っています。

そして、今若い世代が新しい経済を作り出そうとしているところに、やめろと言います。

投資家Tim Draper、仮想通貨世代の人々に同情

私がミレニアム世代なら、多くの借金を負っているでしょう。将来の仕事には使えない教育を受けているのですから。路頭に迷うでしょうね。そこに、突然この大きなチャンスがやってきます。ビットコイン(BTC)です。

仮想通貨というまったく新しい業界ができたのです。仮想通貨業界はまだ規制当局によって破壊されてはいません。しかし規制当局の介入により、仮想通貨を支援する人々は困難を強いられています。

「しかし、仮想通貨の規制が厳しくなった国は貧困に苦み、仮想通貨に対して寛容な国はどんどん豊かになります。米国もそろそろそれを理解する頃でしょう」

複数の国での仮想通貨に対する規制は将来どうなっていく?

日本は仮想通貨業界の寛容な規制が将来の利益に繋がると理解

日本は仮想通貨に寛容な規制を適用する方が豊かになるとわかったんだと思います。中国は仮想通貨を管理し規制しなければならないと言っています。彼らは多くの貧困を生み出すでしょう。

そして、彼らがそれに気づくのには普通に考えて20年かかります。中国はあまりにも多くのコントロールや制限を入れたり、あまりにも多くの規制を導入したりして、多くの人々の生活を台無しにしています

規制当局は仮想通貨業界を邪魔して自国の将来の成長を阻害

FDA、SEC、またはFASBを見ると、これらの大きな規制当局のいずれもが強引な対応をしています。彼らは自国の成長と富の可能性を破壊しているのです。

仮想通貨の浸透が遅れているのはなぜだか疑問に思うでしょう。その原因は規制当局が生み出す不確実性です。

この不確実性が仮想通貨の進歩を遅らせています。十分に創造性が活かされない状況にしているのです。そして、彼らは世界の他のすべての国や規制当局と競争しています。

なので、私たちのような仮想通貨ファンは仮想通貨に対する規制の緩い国に移住するか、それらの国と働くか、または一員となるでしょう。

仮想通貨業界最大の問題の一つICOはアメリカでは将来どうなる?

投資家Tim Draper から規制当局へのメッセージ

私からSECに言いましょう。すべてを規制すればいい。ただ、誰でも記入できる1ページの文書にしてください。

仮想通貨業界の関係者が単に承認を受けるために1億円を使って人を雇い法的作業を行うといったことがないようにしてください。そんなことに意味はありません。

仮想通貨業界関係者に登録させて、必要なデータを集めるのは構いません。ただ、そのあとは自由にさせてあげてください。

それで、その仮想通貨事業が問題になる程多くの人に影響を及ぼすようになったら、「では、君たちには次のレベルの規制をしなければなりません」とかなんとか言えばいいのです。

しかし、落ち着いてゆっくりと仮想通貨業界を規制していってください。仮想通貨業界を発展させてやりましょう。どんな創造性をこれらのICOが生み出すかは誰にもわかりません。

投資家Tim Draper、仮想通貨業界を昔のインターネット業界に例える

インターネットが出てきた時、政府はそれを止めようとしていました。そして、インターネットのおかげで突然何が起こったのか考えてみてください。私たちの生活はより充実していて、より面白く、よりダイナミックなものになりました。

昔は車が壊れたとき、誰かが来て車に乗せてくれるのに何時間も待っていました。今は車が故障したなら、道路の側に車を置き去りにします。Uberに乗ってすぐ立ち去ります。車が壊れてからUberに乗るまではわずかな時間です。

もしインターネットがなかったら決してそんなことはできなかったでしょう。もし私たちがインターネットを自由に成長させなければできなかったことです。自由は繁栄を、規制は貧困を意味します

 

仮想通貨業界は新たな新天地を探している?将来を考えるとカリフォルニア以外が良い?

投資家Tim Draper、カリフォルニア州から出たいと発言

「誰もがカリフォルニアを離れたがっています。仮想通貨業界の誰もがカリフォルニアを離れたがっています。なぜなら、天気が最高で彼らの友人はおそらくここにいるにもかかわらず、すべてが去る動機となっているのです」

だから私はカリフォルニアを逃亡したい。私は新鮮なスタートを切りたいのです。また、米国を離れたいとも思っていますが、この動機はまた別のものです。

カリフォルニアでは税金が高く、サービスや教育は悪く、道路は貧弱です。テキサス州に行くと個人所得税はありません。素晴らしい道があります。革新を奨励している自由な政府があります。それが必要なのです。

「ニューヨークはカリフォルニア同様の問題を抱えています。異常なまでの規制がされており、互いが互いを押さえつけています。誰かが何をするにも許可を取るための書類に記入しなければいけません」

投資家Tim Draper、昔の政府は市民のために働いていたと主張

しかし、各州に違うルールがあるのはいいことです。私たちのために各州は競争しなければならないのですから。かつては、すべての州が競争していました。あなたに良いサービスを提供するために懸命に働いたのです。

最後に官僚が「あなたの生活を良くするために何ができますか?ビジネス環境を改善するにはどうしたらいいですか?私たちに何ができますか?」と聞いてきたのはいつのことだったでしょうか。

25年前はそうだったのです。私が父と一緒に庁舎にいった時官僚の方々は言ったのです。

「あなたのビジネス環境を改善するにはどうしたらいいですか?あなたの家での生活を良くするために何ができますか?あなたの子供の教育をどう改善したらいいですか?」これが政府の態度でした。

そのため、私の父は政府に肯定的な感情を持っているのです。私が父と違うのは、政府が変わるのをみたからです。突然、「あなたのために何ができますか?」から「私にあなたは何をしてくれるんですか?」に変わったのです。

それは、約20年前のことです。20年前突然そうなったのです。「12CBの書式に記入しましたか?申し訳ありません、ああ、あなたはこの規制当局とも話さなければいけないと思います。私はあなたがそこでパーティーをすることを許可するつもりはないので!」

仮想通貨は中国では規制されるが、仮想通貨技術の将来性は高く業界としても拡大か

投資家Tim Draper、仮想通貨を厳しく規制する中国は将来貧困を招くと批判

中国ではWen Jiabaoが率いる昔の政府は自由でした。彼らは言いました。

「何人かが最初に富裕になるでしょう。調和のとれた環境を作り、成長しましょう。自由な市場を作りましょう」

それはすばらしいものでしたし、40年の繁栄をもたらしました。そして、中国は今や世界の先進国の一つです。

ところが、今は今の中国政府は正反対です。今の中国政府は全てを支配したがります。少なくともトップの男はそうで、それが政府に浸透しています。彼らはお金を出さず、人々の仮想通貨使用を許さず、人々がビットコイン(BTC)を使って支払うことを許しません。

そうすることで、最高の起業家を追い出してしまいます。その結果、全ての人々の行動が制限されていることから、より多くの貧困が生じます

「行動が制限されれば、貧しくなります。動くなと言われれば、飢えていくだけです。異常なまでの規制がもたらすのはこういうことです。そして、それが中国です」

仮想通貨とブロックチェーンは一体

仮想通貨を禁止してブロックチェーンだけを使うのは不可能です。ブロックチェーンで何かを実装しようとするなら、ビットコイン(BTC)が必要になるでしょう。

ビットコイン(BTC)で何かするつもりなら、ブロックチェーンを使うことにもなります。仮想通貨とブロックチェーンは絡み合っているのです。

今、いくつかの他のブロックチェーンが作成されています。これは素晴らしいことです。私はブロックチェーン同士の競争を支持しています。競争は私のような消費者により良いサービスをもたらすのです。

しかし、どういうわけか中国はブロックチェーンとそのサービスである仮想通貨を分離しようとしています。すべての技術を許可するが、使用してはいけませんというのはおかしなことです。中国は何を考えているのでしょう?彼らがいっているのはこういうことです。

「はい、開発は続けます。しかし、使用を許可するとつもりはありませんし、国からお金を持ち出すことは許しません」

多くの中国の仮想通貨ファンは仮想通貨に寛大な国に移住

そうなると、起業家の利益はどこにあるのでしょう?だからこそ、彼らはパロアルトの家を買っているのです。すべての中国人は言っています。「ここを出てパロアルトに行きましょう」

あるいは、歓迎してくれる日本にも多くの中国人が移住しようとしています。すべての若者が日本に移住しようとしています。彼らは言います。

「うわー。この政府はビットコイン(BTC)を国の通貨として受け入れている!私もここの一員になりたい!」

仮想通貨投資家のティムドレイパーは他国の仮想通貨業界にどんどんと進んでいる

投資家Tim Draper、カザフスタンに仮想通貨を自由にさせるようアドバイス

私はカザフスタンの首相と話しました。そこで、私はエストニアの事例と興味深い電子政府の可能性について話しました。

そして、私は「カザフ」とは自由を意味するのだから、カザフスタンは自由な国でなければいけないと言いました。仮想通貨を自由にすることで、より裕福で豊かな国になることができます。

現実にいる一定の数のカザフスタン人だけでなく、仮想空間に10億のカザフスタン人を存在させてはどうでしょう。そして彼らを皆あなたの世界の一部にして、彼らのために他の仮想国家と競争してください。

カザフスタンの首相は賛成してくれました。だから私はそうなると思いました。

現在下の方の規制当局職員が、仮想通貨を厳しく規制しようとしました。それは、法律ではなく提案です。彼が非難されて、解雇されるのを願っています。彼はICOを規制するときは、慎重にしなければならないということを知らない昔の規制官のようです。

ICOとIPOは同じではありません。IPOは数十万人に影響を与えますし、企業は何十兆円もの価値があります。一方、ICOが影響をあたえるのは非常に限られた人数だけです。

全員を守らないといけないわけではありません。単に人々が進化しているだけなのです。

仮想通貨業界でも大きな問題となっているエドワードスノーデン氏について

エドワードスノーデン氏はビットコインのブロックチェーンを批判

仮想通貨に対して批判をしているスノーデン氏に対するTim Draper氏のコメントは以下の通りです。

「誰がスノーデン氏の話を聞くのでしょう?この男は公開したのです!彼はすべての情報を公開し、危険にさらしました。スノーデン氏のビットコインに対する批判は、私が彼の哲学を「全ては公開されるべき」私が考えていたのですがそれと正反対です」

「彼は、「私たちはオープンで透明性が高い」「これが世界があるべき姿だ」「オープンで透明性が高く、非中央集権型です」などと言っていたのではないでしょうか」

「ビットコイン(BTC)は彼の言っていることと完璧に一致します。だから彼の話を聞く理由が理解できません」


この意見の後、Tim Draper氏は次のように続けました。
世界で最も大きな銀行を経営する人の話を聞きますか?
そういった銀行の経営陣はビットコイン(BTC)を使うなと言っているのにです。それに耳を傾けるのでしょうか?

銀行の経営陣からすると、人々が自分の銀行からお金の1%、2%、5%を引き出し、仮想通貨に投資していると知っているのです。だから彼はすべての顧客を失うことになると非常に不安に思っているのです。事実そうなるでしょう。後々彼は顧客を失うことになります。

それを知って、将来性は度外視して仮想通貨に対して批判をする人の意見をあなたは聞きますか?

仮想通貨が将来的にすべての法定通貨を置き換える可能性は高いです。仮想通貨の方がより優れた通貨であり、世界のすべての最高技術者が法定通貨を仮想通貨で置き換えようと取り組んでいるからです。彼らはドルのサービスを改善しようとはしていないのです。

仮想通貨と法定通貨の戦い|将来どうなる?

法定通貨は1京円相当の市場です。つまり、仮想通貨市場が法定通貨市場を超えるまでの道のりは長いです。仮想通貨市場は今千億円規模です。法定通貨を超えるには仮想通貨市場は現在の規模の1000倍にならなければいけません

 

仮想通貨業界の中での戦い|ビットコインvs他の仮想通貨、将来はどうなる?

私は競争が好きです。競争は素晴らしいと思います。私はビットコイン(BTC)が明らかにリーダーだと思います。そして、ビットコイン(BTC)は他のすべての仮想通貨が超えるべき基準となります。ビットコイン(BTC)はマイクロソフトのようなものになるでしょう。

しかし、Yahooのような終わり方をする可能性もあります。YahooはGoogleが業界に参入したことでシェアを奪われました。このような事態が起こる可能性はあるのです!

しかし、業界の先頭に立っているとき、新しい技術ができたときはその技術を自身の仮想通貨に追加するでしょう。

ビットコイン(BTC)は素晴らしいネットワーク効果を持っているため、ビットコイン(BTC)が最大の仮想通貨になる可能性が非常に高いです。ネットワークが成長するにつれてビットコイン(BTC)は成長します」

仮想通貨業界全体の問題である価格の変動について

私はすべての仮想通貨が競争しなければならないという考えが好きです。そして仮想通貨同士で交換ができるということが好きです。

そして、今仮想通貨は法定通貨に交換することもできます。しかし、時間が経つにつれて法定通貨に交換することの重要度は低くなると思います。

私がもっと重要だと思うのは、例えばカナダでビットコイン(BTC)でのみ購入できるケンタッキーフライドチキンが登場したことです。そして、ビットコイン(BTC)でしか購入できない家やヨットなどもあります。これらを購入するのにドルを使うことはできません。

私はこのようなことがますます起こってくると思います。将来、法定通貨でコーヒーを買おうとすると笑われるような時代が来ます

価格変動についての質問を聞くたびに、ビットコイン(BTC)には1ビットコイン(BTC)の価値があると答えています。ビットコイン(BTC)は非常に安定しています。他のすべての通貨、法定通貨に対して価格は変動します。しかし将来その問題もなくなるでしょう」

誰かが価格変動について話しているとき、彼らは混乱していると思います。1ビットコイン(BTC)はまだ1ビットコイン(BTC)であり、今後も1ビットコイン(BTC)の価値しかありません。

だから私はビットコイン(BTC)の価格が変動しているとは思いません。ビットコイン(BTC)はビットコイン(BTC)です。そして、ビットコイン(BTC)は使われるべきです。

Tim Draper: "Everybody Wants to Leave California"

Cointelegraph、Cointelegraph、15 Apr 2018

有名投資家も将来を有望している仮想通貨業界の今後は?

これまでに様々な成長前の企業やサービスに対して投資をしてきたTim Draper氏も注目する仮想通貨業界の将来はどうなるのか、気になる仮想通貨業界の将来についての記事をまとめました。

将来性有望な仮想通貨のランキングを編集部が本気で作りました!

Thumb仮想通貨のおすすめ銘柄(通貨)ランキング!【2018年最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

将来性が高いという仮想通過筆頭のリップル(Ripple/XRP)が2018年に1000円に到達するかもしれないとい予想をまとめました!

Thumbリップル(Ripple/XRP)2018年の価格予想!今後1000円まで上がる? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

著名投資家のTim Draper氏も将来性を認める仮想通貨のビットコインを購入するならおすすめの取引所は?

多くの仮想通貨の中でも特に注目が集まり、価格が2018年末には200万になるとも言われているビットコインはTim Draper氏もその将来性を高く評価している通貨です。

そんなビットコインを取り引きすればするほどもらえるという世界でも数少ない取引所が日本のZaif(ザイフ)という取引所です!

国内取引所では手数料が圧倒的に安く、日本でも最も長く運営している取引所の一つです!
Zaif(ザイフ)で購入できる通貨はZaif(ザイフ)で買うのが最もおすすめです!
また、海外取引所を利用する際にもZaif(ザイフ)を利用するのが最もお得と言えます!

しかしZaif(ザイフ)は、サーバーが弱く、取引が途中できなくなることがあります。
長期保有ではなくトレードをするという人は、他の取引所との併用がおすすめです!
併用にはサーバーが強いGMOコインDMM Bitcoinがおすすめです!

Zaif(ザイフ)がおすすめの人はこちら!
 

 
  • 手数料を安く抑えたい人
  • 頻繁に取引をする人
  • 海外取引所を利用する人
  • アルトコインを多く取引したい人
   

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

このニュースを見た人はこちらのニュースも見ています!

Thumb仮想通貨の市場規模は?現在の推移と将来どうなるかの予測! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨の将来性ランキング!これから伸びる有望な通貨!【2018年版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side