リップル(Ripple/XRP)の価格上昇は?今後の将来性を予測!

リップルコイン(Ripple/XRP)の価格は順調に上昇した後、1月8日に暴落しました。今後の将来性はリップルコイン(Ripple/XRP)が金融機関に導入されるかにかかっています。しかし、今後将来性が見えたとしても、価格自体は大して上昇しないかもしれません。

リップル(Ripple/XRP)の価格上昇は?今後の将来性を予測!のイメージ

目次

  1. 1リップルコイン(Ripple/XRP)とは?
  2. 2リップルコイン(Ripple/XRP)のチャート(価格推移)
  3. 3リップルコイン(Ripple/XRP)の価格が暴落した要因
  4. 4リップルコイン(Ripple/XRP)の価格は今後まだまだ上昇するのか予測!
  5. 5リップルコイン(Ripple/XRP)の将来性は?
  6. 6リップルコイン(Ripple/XRP)を最安で購入できる取引所
  7. 7リップルコイン(Ripple/XRP)のよくある質問
  8. 8リップルコイン(Ripple/XRP)の価格上昇まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リップルコイン(Ripple/XRP)とは?

リップルコイン(Ripple/XRP)の基本情報

リップルコイン(Ripple/XRP)は2013年9月にスタートした仮想通貨です。ビットコインなどの多くの仮想通貨は、中央組織がない非中央集権型であることが1つの大きな特徴になっています。

しかし、リップルコイン(Ripple/XRP)は「リップル社(Ripple Labs, Inc.)」という1企業が開発・運営を行っています。これにより、ビットコインの弱点である「送金の遅さ」と「送金手数料の高さ」は解決されています

一方で、仮想通貨の専門家の中にはいくら有用な通貨とは言っても、リップルコイン(Ripple/XRP)を発行しているリップル社が一番儲かり、今後の方針によっては保有者に利益が回らないことのあるということで、リップルコイン(Ripple/XRP)を嫌っている人も多いようです。

そして、リップル社は「送金の速さ」と「送金手数料の安さ」というリップルコイン(Ripple/XRP)の利点を銀行送金に活かすため、世界中の銀行と提携して実用化に向けて精力的に活動しています。

つまり、リップルコイン(Ripple/XRP)は他の仮想通貨とは異なり、「決済サービス」であり取引を円滑に行うためのものです。リップルコイン(Ripple/XRP)はある通貨から別の通貨に両替するさえに、一瞬だけリップルコイン(Ripple/XRP)になることから「ブリッジ通貨」と呼ばれています。

リップルネットワークの「ブリッジ通貨」として作られたリップルコイン(Ripple/XRP)は、利用するたびに、消滅する仕組みとなっているので、基本的には価格の変動はないとされていますが、実際には価格は変動しており、リップルコイン(Ripple/XRP)ウォレット内に「現物」として保有できます。

また、リップルコイン(Ripple/XRP)はできたと同時に全1000億リップルコイン(Ripple/XRP)が発行されたので、マイニングは必要ありません

リップルコイン(Ripple/XRP)のチャート(価格推移)

2017年のリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が急上昇!

上の価格推移を表すチャートをみると、2017年、リップルコイン(Ripple/XRP)の価格は5月に激しく高騰したあとは一時期伸び悩んでいることがわかります。

そして、価格推移チャートではついに12月にリップルコイン(Ripple/XRP)の価格は大幅に高騰し、20円程度だったリップルコイン(Ripple/XRP)は一気に100円近くまで高騰しました。

価格推移チャートの結果、リップルコイン(Ripple/XRP)は2017年の1年間で約300倍もの上昇率を記録していることがわかります。

2018年スタートもリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が高騰!

次に2018年初めの価格推移チャートも見てみましょう。

価格推移チャートによると、2018年、リップルコイン(Ripple/XRP)の価格は241円からスタートしました。翌日1月2日には250円に到達し、上昇の兆しが見えてきました。

そして、価格推移チャートでは1月3日にはリップルコイン(Ripple/XRP)の価格は289円に高騰しました。この2日間で資産的には100万円も増加しています。

価格推移チャートからその後、1月4日早朝のデータをみると、ついにリップルコイン(Ripple/XRP)の価格は300円まで高騰し、資産が1000万円を超えました。同日1月4日夜、リップルコイン(Ripple/XRP)の価格はさらに400円に高騰しています。

2018年1月8日ついにリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が暴落

最後に、2018年1月8日の価格推移チャートを見てください。

価格推移チャートによると、リップルコイン(Ripple/XRP)の価格は400円まで高騰したあと、徐々に下落しました。そして、ついに1月8日にはリップルコイン(Ripple/XRP)の価格は大暴落です。

1月11日には、価格推移チャートによるとリップルコイン(Ripple/XRP)の価格はお正月の時の価格ぐらいまで下落しました。

リップルコイン(Ripple/XRP)の価格が暴落した要因

価格推移チャートをみる限り1月8日を機に高騰していたリップルコイン(Ripple/XRP)の価格は暴落しています。その理由はなんでしょう。

リップルコイン(Ripple/XRP)が1月8日に暴落したのは、その日に中国マイニング規制、コインマーケットキャップによる韓国レートの排除が起きたからです。

この日は、仮想通貨全体が暴落しましたが、特に韓国マネーが価格が上がる原因になっていたリップルコイン(Ripple/XRP)にとっては韓国レートが排除されたことは大打撃でした。

リップルコイン(Ripple/XRP)の価格は今後まだまだ上昇するのか予測!

今後の予測①2018年5月にリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が上昇

SNSなどの書き込みから感情を分析し、今後の流れを予測するウェブボットというソフトウェアは今までビットコインやNEOなどの価格上昇の予測を的中させた実績があります。

そんなウェブボットが、リップルコイン(Ripple/XRP)の価格は今年の5月頃に高騰すると予測しています。

いくらにまで上がるという具体的な数字はありませんが、世界的な金融体制の変革により、リップルコイン(Ripple/XRP)に注目が集まるというのがウェブボットの予測です。

これまでウェブボットは2017年のビットコインの創造を超えた価格の上昇を予想し、見事的中させた実績を持ちます。

いくら上がるのかを具体的に予想しているものの中で、考えられないような価格のものも意外と信憑性があるのかもしれません。

今後の予測②今後、長期的に見ればリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が5ドル上昇

米国のベンチャー企業向け株式市場ナスダックは昨年「リップルコイン(Ripple/XRP)はすぐに1ドルまで上昇する」と予測しました。そしてこの「1ドルに達する」という予測はすでに的中しています。この予測と同時に、ナスダックは長期的には5ドル以上まで上がるとも予測しました。

この予測は、各金融機関はコスト削減と効率性を理由にブロックチェーン技術を評価しており、国際送金を専門とするリップルコイン(Ripple/XRP)の需要が上がるのではないかという考えからです。

今後の予測③2018年末にはリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が7ドルまで上昇

Ripple Coin Newsの報道では、今年の終わりまでに最低でも7ドルまで上がるとの予測が出ています。この予測の根拠には、国際送金への需要・提携先の多さ・高度な技術という3点があります。

国際送金への需要というのは現在主流のSWIFTよりも高性能なリップルコイン(Ripple/XRP)が注目度を上がるということです。SWIFTというサービスは国際送金のために現在主流となっているサービスで、200もの国と地域にサービスを提供しています。

SWIFTでは、それぞれの銀行には「SWIFTコード」というものが割り当てられており、そのコードを使ってクロスボーダー取引を行います。SWIFTのユーザー数は11,000人を超えており、金融システムの基盤を築いてきました。

しかし、SWIFTを利用した場合、送金が完了するには最短で1日~3日かかり、手数料も支払わなければいけません。そこで登場するのがSWIFTよりも速く・安く国際送金ができるリップルコイン(Ripple/XRP)であり、注目度が上がる所以になっています。

2018年末までにリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が7ドルまで上がると予測しているのはRipple Coin Newsだけではありません。Investing prも、今年の年末までにリップルコイン(Ripple/XRP)の価格は7ドルに到達するだろう予測しています。

今後の予測④2018年にリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が10ドルまで上昇

株式・債券市場の価格推移を予想しているProfit Confidentialは、リップルコイン(Ripple/XRP)の価格は2018年に10ドルまで上がるとの価格予測をしています。

このような価格予測は、提携先がどんどんと増加し、リップルコイン(Ripple/XRP)の実用化が近づくにつれて投資家たちの期待度も上がると考えた結果だそうです。

リップルコイン(Ripple/XRP)の将来性は?

将来性①リップルコイン(Ripple/XRP)の価格予想の共通点

リップルコイン(Ripple/XRP)の今後の価格予想には、リップルコイン(Ripple/XRP)の国際送金の手段としての将来性と技術への期待という共通点があります。

確かに、リップルコイン(Ripple/XRP)のサービスが各金融機関に採用されて実用化されれば、国際送金は格段に便利になり世界の金融システムは大きく変化します。

リップルコイン(Ripple/XRP)のサービスはそれだけ規模の大きいものなのです。これが、リップルコイン(Ripple/XRP)のサービスの実現で価格が高騰するとの予測がある理由です。

例えば、上のチャートはリップルコイン(Ripple/XRP)の2017年12月から2018年1月までの価格変化を表したものです。年が明けたあたりで価格が上昇しています。この上昇の原因は、リップルコイン(Ripple/XRP)のCEOであるBrad Garlinghouseの発言であると考えられます。

Brad Garlinghouseは2018年1月4日に以下のようなコメントをツイートしました。

「過去数ヶ月に渡り、私は実際に銀行・決済サービス関係者と会議を重ねてきました。彼らはリップルコイン(Ripple/XRP)のサービスを採用するため真剣に計画を練っています」

価格推移チャートから分かるように、このツイートがされた時にちょうど価格推移チャート上のリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が上昇しています。

リップルコイン(Ripple/XRP)CEOの発言で着実に開発が進んでいることがわかり、リップルコイン(Ripple/XRP)の将来性への期待が高まったのでしょう。

つまり、リップルコイン(Ripple/XRP)の実用化が現実的なものになればなるほど、価格の高騰が見られると考えられます。

Garlinghouseのツイートとリップルコイン(Ripple/XRP)価格変動のチャートを見比べてみると、リップルコイン(Ripple/XRP)の開発状況や実用化に向けた進捗と価格が比例していることは明らかです。

将来性②今後、銀行はリップルコイン(Ripple/XRP)のサービスを利用するのか

上のチャートは、イギリスのケンブリッジ大学のチームが発表した調査結果です。このチャートに記載されているデータによれば、調査対象となった銀行の5分の1が今後2年以内にブロックチェーン技術を利用すると答えています。

さらに、全体の約40%が今後10年の間にブロックチェーン技術を利用するとのことです。

リップルコイン(Ripple/XRP)の価格予測では、リップルコイン(Ripple/XRP)が実用化され銀行などの金融機関に採用されるかどうかがリップルコイン(Ripple/XRP)の価格高騰の鍵となっています。

そのため、このチャートが示しているように多くの金融機関がリップルコイン(Ripple/XRP)を採用するようになれば、リップルコイン(Ripple/XRP)の価格が大幅に上がることが見込めます。

将来性③リップルコイン(Ripple/XRP)は投資対象としての将来性は低い

リップルコイン(Ripple/XRP)の国際送金としての機能は今後も変わらず魅力的であるものの、リップルコイン(Ripple/XRP)が投資対象として将来性があるかどうかは確かではありません。

リップル(Ripple/XRP)はどんどん多くの会社や金融機関と提携を結んでおり、その将来性には期待がかかります。一方で、一般ユーザーのリップル(Ripple/XRP)取引は制限されていっています。

2016年には、リップルコイン(Ripple/XRP)が運営しているripple tradeのリップルコイン(Ripple/XRP)ウォレットが廃止されました。

今のところ、別の会社のウォレットは使えますしリップルコイン(Ripple/XRP)は今も仮想通貨として存続していますが、リップル社自体はリップルコイン(Ripple/XRP)の個人ユーザー取引をなくし、BtoBビジネスに専念するつもりかもしれないとの噂もあります。

事実、銀行用のシステムとして売り込むなら、個人ユーザーを引きつける必要はありませんし、ブリッジ通貨として利用されているリップルコイン(Ripple/XRP)にとって仲介手数料となるリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が高騰しすぎるのは困ります

また、リップルコイン(Ripple/XRP)が投機商品となって価格の下落上昇が極端になるのも問題です。そのため、リップルコイン(Ripple/XRP)の値段が今後固定される、リップルコイン(Ripple/XRP)とは別の通貨ができるといった噂も流れています。

故に、リップルコイン(Ripple/XRP)の自体は今後も様々な活躍が期待されますが、通貨としてリップルコイン(Ripple/XRP)の価格が上昇し続けるかは疑問です。

将来性④リップルコイン(Ripple/XRP)の安全性や使い勝手の良さで価格が上がる

リップルコイン(Ripple/XRP)の価格が今後も上昇し続けられるかは、リップルコイン(Ripple/XRP)の本来の役割である各国通貨の橋渡しとなる、ブリッジ通貨としての使い勝手の良さや、それに伴う供給量の増大が鍵となります。

安全で使い勝手が良い、という評判が広まれば需要はさらに高まるでしょう。反対に、何か大きな問題が起きたり、システム設計に不十分なところが発覚すれば「使えない」通貨として一気に人気がなくなり価格が急落する可能性もあります。

将来性⑤2018年にリップルコイン(Ripple/XRP)関連の事業が一気に動き出す!

2018年はリップル関連事業が一気に始まる年です。

まず、三菱東京UFJ銀行がバンク・オブ・アメリカなど米欧豪の大手銀行6行と提携し、リップルコイン(Ripple/XRP)を利用した次世代型送金システムを作ると2017年3月に発表しました。

三菱東京UFJ銀行は2018年に個人向けの24時間365日利用できる高速送金サービスの提供を予定しており、リップルコイン(Ripple/XRP)の実用化は間近です。

また、SBIとリップルコイン(Ripple/XRP)が共同出資して設立したSBI Ripple Asiaの24時間リアルタイムでの送金できる金融プラットフォームを開設するプロジェクトもアジアを中心に広がっていくそうです。

日本だけでリップルコイン(Ripple/XRP)のニュースはこれだけあるのです。海外にもリップルコイン(Ripple/XRP)関連のニュースがあることを考えると2018年のリップルコイン(Ripple/XRP)には期待できます。

2018年、リップルコイン(Ripple/XRP)価格の高騰も起きるかもしれません。

リップルコイン(Ripple/XRP)を最安で購入できる取引所

おすすめの取引所bitbank(ビットバンク)

リップルコイン(Ripple/XRP)を購入するのにまずオススメするのが、bitbank(ビットバンク)です。bitbank(ビットバンク)は最近できた取引所で、リップルコイン(Ripple/XRP)に対して「取引手数料無料キャンペーン」「リップル(XRP)争奪キャンペーン」を行っています。

この2つのキャンペーンはリップルコイン(Ripple/XRP)を大量に取引する人にとって有益なキャンペーンです。リップルコイン(Ripple/XRP)の大量保有を考えている人や、リップルコイン(Ripple/XRP)を短期トレードしようと考えている人には非常にbitbank(ビットバンク)を是非おすすめします。

また、bitbank(ビットバンク)は2017年9月に仮想通貨取引所として金融庁から正式に許可をもらっています。リップルコイン(Ripple/XRP)の取扱いについてきちんと国に許可をもらってというのは安心感があります。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

おすすめの取引所GMOコイン

次にオススメするのが、GMOコインです。

国に許可をもらっているというのはGMOコイン同じで、2017年9月に仮想通貨取引所として金融庁から正式に許可をもらっています。

GMOコインは超大手FX会社GMOグループの取引所です。GMOコインは、取引手数料・口座開設が無料で、口座開設を完了すると20,000Satoshiをプレゼントするというキャンペーンを行なっています。
 

入出金手数料

 
日本円(JPY)
 

ビットコイン(BTC)
入金
  • 即時入金:無料
  • 振込入金:振込手数料は顧客負担
無料
※マイナーに支払う手数料は顧客負担
出金 無料 無料


GMOコインの1番のメリットは、入出金時や取引時にかかる手数料がすべて無料です。特に、即時入金手数料が無料であることで、すぐにお金を入金して取引することができます。
 

また、GMOコインは口座プランをアップグレードすると、20,000Satoshiをもらえます。「Satoshi」というのはビットコインの単位で、「1Satoshi=0.00000001BTC=1億分の1BTC」、つまり日本円だと約0.007円です。

なので20,000Sahoshiとは、約140円のことです。簡単にビットコインをもらえるのはかなり嬉しいことです。

GMOコインの登録に関して不明点などがあれば【GMOコインの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbGMOコインの特徴と評判比較!仮想通貨(ビットコイン)FXや売買方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルコイン(Ripple/XRP)のよくある質問

リップルコイン(Ripple/XRP)を今後、長期保有で、価格の上昇を考えても大丈夫ですか?

「結局リップルコイン(Ripple/XRP)の価格はいくらまで上がるの?」
ということが一番気になるところかもしれません。

今回の記事でご紹介した、5ドルや7ドルや10ドルなど、具体的にいくらまで上昇するなどの予測もありますが、その価格を当てに購入をするよりも、
今後の将来性を考えて、伸びしろがある仮想通貨の1つのリップル(Ripple/XRP)は今の価格よりも上がるということを意識することの方が良いでしょう。

短期トレードをする時も、長期トレードをする時も、価格がいくらまで上がるという考え方ではなく、何%の価格上昇で利確をするのかを意識することの方が良いからです。

銀行間の送金などのためにリップルコイン(Ripple/XRP)が採用されていっており、今後リップルコイン(Ripple/XRP)自体がなくなる可能性は低いと言えます。

それに、リップルコイン(Ripple/XRP)は、一度利用されると、消化されていく仕組みになっているため、普及が進むにつれ、数が少なくなり、需要が増えるのでリップルコイン(Ripple/XRP)の価値は上昇すると考えられます。

いくらまでというゴールを先に決めるのではなく、上昇の幅を考える方が賢明と言えるでしょう。

リップルコイン(Ripple/XRP)の価格上昇まとめ

リップルコイン(Ripple/XRP)のこれまでの価格の高騰や下落の推移をまとめました。

多くの人が注目するリップルコイン(Ripple/XRP)の価格は今後いくらまで上がるのか注目が集まります。

本メディアでも、リップルコイン(Ripple/XRP)の価格は2018年に1000円に上がる可能性があるという記事を作りましたが、リップルコイン(Ripple/XRP)がいくらまで上がるという予想は多くの投資家や評論家がしています。

今後のリップルの価格の上昇はかなりの確率で起こると考えられ、ぜひ今後も注目したい仮想通貨です!

この記事を見た方はこちらの記事も見ています

Thumbリップル(Ripple/XRP)をプロが評価|将来性や今後について | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side