ロジャー・バー(Roger Ver)とは?ビットコインの神と呼ばれた男の経歴や最近の動き

ロジャー・バー(Roger Ver)はビットコインの普及に大きく貢献したの神と言われる人物です。そんな、ロジャー・バー(Roger Ver)は最近ビットコインよりもスケーラビリティ問題がないことからビットコインキャッシュを支持しています。

ロジャー・バー(Roger Ver)とは?ビットコインの神と呼ばれた男の経歴や最近の動きのイメージ

目次

  1. 1ロジャーバー(Roger Ver)とは
  2. 2ロジャーバー(Roger Ver)とビットコインの出会い
  3. 3ロジャーバー(Roger Ver)がなぜビットコインの神と呼ばれたか
  4. 4ロジャーバー(Roger Ver)の思想
  5. 5ロジャーバー(Roger Ver)がビットコインキャッシュを支持すると表明
  6. 6ロジャーバー(Roger Ver)がビットコインキャッシュを支持する理由
  7. 7ロジャーバー(Roger Ver)がビットコイン、ビットコインキャッシュ以外で関わりのある仮想通貨
  8. 8ロジャーバー(Roger Ver)の最近の動き
  9. 9ロジャー・バー(Roger Ver)とは?ビットコインの神と呼ばれた男の経歴や最近の動きのまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ロジャーバー(Roger Ver)とは

ロジャーバー(Roger Ver)の経歴

ビットコイン(bitcoin)の神ロジャー・バー(Roger Ver)は1979年2月にアメリカのサンノゼ(シリコンバレー)で生まれました。

ロジャー・バー(Roger Ver)は20歳の時にディアンザ・カレッジを中退した後、コンピューター部品事業「MomeryDealers.com」を立ち上げました

MomoryDealers社は大成功を収め、25歳の時にはロジャー・バー(Roger Ver)はすでに億万長者になっていました。ロジャー・バー(Roger Ver)がMemoryDealers社でCEOとして経営を行っていたのは1999年から2012年までです。

また、ロジャー・バー(Roger Ver)は2000年には、自由党の候補としてカリフォルニア州議会の代議士に立候補しようともしました。

ビットコイン(bitcoin)の神ロジャー・バー(Roger Ver)がビットコイン(bitcoin)を支持し、ビットコイン(bitcoin)への投資をはじめたのは2011年のことです。

ロジャー・バー(Roger Ver)はリップル、Blockchain.info、ビットペイ、クラーケンなどのビットコイン関連の新興企業に100万ドル以上投資しました。

ロジャー・バー(Roger Ver)は2006年に日本に移住しています。そして、2014年にはアメリカの市民権を放棄し、カリブ海のセントクリストファー・ネイビスの市民権を得ました。

ロジャー・バー(Roger Ver)がネイビスの市民権を得たのは、ネイビスがタックスヘブンと言われる地域で、ネイビスの市民権を得れば、ビットコイン(bitcoin)の利益の一部を確定させることができるからでしょう。

さらに、同年の2014年、ロジャー・バー(Roger Ver)はビットコイン(bitcoin)の総合ポータルサイトを運営するBitcoin.comのCEOとなり、同サイトのドメインを取得しました。

その後、2016年には、ロジャー・バー(Roger Ver)は「MGT Capital Investments」の仮想通貨諮問委員会の会長に任命されました。

これにより、ビットコイン(bitcoin)の神ロジャー・バー(Roger Ver)はビットコイン財団の創設者の内の1人として名をはせることになりました。

MGTはジョン・マカフィー(John McAfee)が率いる団体で、サイバーセキュリティの改善を目的としています。よく企業で使用されているセキュリティソフトであるマカフィーを提供しているマカフィー社の創業者
がジョン・マカフィー(John McAfee)です。

ロジャー・バーのような投資家はそうそう現れませんが、この記事を読んでいるあなたも今のうちにビットコインを購入して利益を得ることは可能です。その際にはZaif(ザイフ)取引所をおすすめします。

普通ビットコインの購入には手数料がかかり、いつの間にか資本金が減っていきます。しかしZaif(ザイフ)では現在、ビットコインの取引手数料が還元されて逆にもらえてしまいます

登録は非常に簡単なのでこの機会に登録しておきましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ロジャーバー(Roger Ver)とビットコインの出会い

ビットコイン(bitcoin)の神ロジャー・バー(Roger Ver)がビットコインに出会ったのは、2011年のことです。ビットコインが取り上げられていたラジオ番組を聴いていたロジャー・バー(Roger Ver)はビットコインに興味を持ちました

そして、ロジャー・バー(Roger Ver)はビットコインについてネットで検索した結果、ビットコインには将来性があると気づき、投資に踏み切りました

そこからビットコイン(bitcoin)の神ロジャー・バー(Roger Ver)はビットコイン(bitcoin)の成長に多大に貢献することになったのです。

ビットコインと出会ったとき、実業家のロジャー・バー(Roger Ver)はすでに億万長者だったので、ビットコインに投資したから稼いだわけではありません。

Thumbビットコインの口座開設の作り方・やり方!おすすめ比較!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ロジャーバー(Roger Ver)がなぜビットコインの神と呼ばれたか

2011年に、初めて決済方法としてビットコイン(bitcoin)を導入したのが現在ビットコイン(bitcoin)の神と言われるロジャー・バー(Roger Ver)のMemorydealers社です。

さらに、ロジャー・バー(RogerVer)は前述したようにビットコイン(bitcoin)がまだ始まったばかりの時からビットコイン(bitcoin)を支持し、ビットコイン関連の新興企業に多額の投資を行うなどしてビットコイン(bitcoin)の成長に貢献してきたのです。

これがロジャー・バー(Roger Ver)がビットコイン(bitcoin)の神と呼ばれる理由です。

ロジャーバー(Roger Ver)の思想

ビットコイン(bitcoin)の神ロジャー・バー(Roger Ver)は自分のことをリバタリアン、つまり無政府資本主義者であることを語っています。それゆえに、どの国にも属さない通貨である、仮想通貨を支持しているのでしょう。

ロジャー・バー(Roger Ver)は、仮想通貨が法定通貨を凌駕するようになればいいと考えています。

ロジャー・バー(Roger Ver)は仮想通貨が法定通貨にとって変わるには、仮想通貨が政府に規制されてしまう前に仮想通貨を広く浸透させることで、規制ができない状況にしなければいけないと考えています。

Thumb日本銀行は中央銀行の発行する独自仮想通貨はないと否定 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ロジャーバー(Roger Ver)がビットコインキャッシュを支持すると表明

ロジャーバー(Roger Ver)の支持でビットコインキャッシュは高騰

以前からビットコインキャッシュを支持しているロジャー・バー(Roger Ver)とカルバン・エアー(Calvin Ayre)は、ビットコインキャッシュを本物のビットコイン(bitcoin)とするために多額の投資をすることを発表しました。

また、ロジャー・バー(Roger Ver)は、自身が運営するBitcoin.comというニュースサイトでビットコインキャッシュが正式なビットコイン(bitcoin)であるべきだとビットコインキャッシュへの支持を表明しています。

ロジャー・バー(Roger Ver)とカルバン・エアー(Calvin Ayre)は、それぞれが運営するウェブサイト上で以下の共同声明を写真付きで発表し、ビットコインキャッシュへの支持を表明しました。


「ビットコインキャッシュが中本哲史のビジョンを継承しているビットコイン(bitcoin)です。私たちはビットコインキャッシュをビットコイン(bitcoin)と呼びます」

グラフから分かるように、10月17日にこの共同声明が発表された後、ビットコインキャッシュの価格は大きく上昇しました。

ロジャー・バー(Roger Ver)の共同声明によってここまでビットコインキャッシュの価格が急騰したことからビットコイン(bitcoin)の神ロジャー・バー(Roger Ver)の影響力の強さが伺えます。

ビットコインキャッシュを購入する際はQUOINEX(コインエクスチェンジ)がおすすめです。この取引所はなんと日本第2位のビットコインキャッシュ取引量を誇っています。またビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュのレバレッジ取引が可能な点も、他の取引所にはないメリットです

QUOINEX(コインエクスチェンジ)スマホアプリも非常に使いやすいので登録がまだお済でないかたは是非公式ページを覗いてみてください。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録に関して不明点などがあれば【QUOINEXの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbQUOINEX(コインエクスチェンジ)取引所の評判・特徴・手数料・入出金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ロジャーバー(Roger Ver)がビットコインキャッシュを支持する理由

ビットコインとビットコインキャッシュの違い

ロジャー・バー(Roger Ver)がビットコイン(bitcoin)よりもビットコインキャッシュを支持するのは、ビットコイン(bitcoin)にはスケーラビリティ問題があるからです。

ビットコイン(bitcoin)のスケーラビリティ問題とはつまり、ビットコイン(bitcoin)のブロックサイズが小さいために取引量が増加すると送金の遅延が起きると言うことです。送金の遅延が起きれば、送金手数料も高くなるのです。

ビットコインキャッシュは、スケーラビリティ問題を解決するため、ビットコイン(bitcoin)よりも大きなブロックサイズを採用しています。

ビットコイン(bitcoin)のブロックサイズが1MBなのに対して、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBです。ブロックサイズが大きいおかげで同じ時間でビットコインキャッシュにはビットコイン(bitcoin)の4~5倍近くの取引処理速度があります。

故に、ビットコインキャッシュでは送金が混雑して遅延し、手数料が上がるということが起こりづらいのです。

ロジャー・バー(Roger Ver)は前述したように、政府の規制などが入る前に仮想通貨を広く普及させたいと考えています。

そのため、ロジャー・バー(Roger Ver)ビットコイン(bitcoin)のスケーラビリティ問題はビットコイン(bitcoin)の普及を阻害する要因だと懸念しており、スケーラビリティ問題のないビットコインキャッシュの方が良いと考えているのです。

以上が、ビットコイン(bitcoin)の神ロジャー・バーがビットコインキャッシュを支持する理由です。

ロジャーバー(Roger Ver)がビットコイン、ビットコインキャッシュ以外で関わりのある仮想通貨

ロジャー・バー(Roger Ver)は長い間ビットコイン(bitcoin)を支持してきたのにもかかわらず、最近ビットコイン(bitcoin)は多くの側面からすでに1番ではなくなっていると指摘し、イーサリアムはビットコイン(bitcoin)よりも優れていると言いました。

ロジャー・バー(Roger Ver)は、イーサリアムは一日の取引量でビットコイン(bitcoin)に優っていると言い、セグウィットの採用やライトニングネットワークの実装でビットコイン(bitcoin)が成長する可能性もあるが、それまではイーサリアムの方が優れていると言う事実は否めない、と主張しました。

イーサリアムは、技術革新、デペロッパー、取引処理という面ではすでにビットコイン(bitcoin)よりも優れていると言えますが、時価総額ではまだビットコインが優勢です。

しかし、ロジャー・バー(Roger Ver)は昨年1年間でイーサリアムの価格が8倍も上昇したことを考えると、今後イーサリアムの価格が倍増し、ビットコイン(bitcoin)の時価総額を抜くこともあり得ると言います。

そもそも、仮想通貨市場で市場規模が2倍になったりするのは何も珍しいことではないので、すでに市場規模が大きいとはいえイーサリアム市場が2倍に膨らむのはあり得ない話ではありません。

しかしながら、今のところ、ビットコイン(bitcoin)の価格は上昇傾向にあるのに対し、イーサリアムの価格はここ数週間停滞しています。そのため、イーサリアムが時価総額でビットコイン(bitcoin)を抜くのがいつになるかはまだわかりません。

Thumbイーサリアム(ETH)の発行枚数は?発行上限枚数がない理由を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ロジャーバー(Roger Ver)の最近の動き

最近のロジャー・バー(Roger Ver)の活動としてあげられるのは、まず、ICOソリューション「Wowoo(ワォー)」にアドバイザーとして参加したことです。

Wowooは、「感動を価値化」を目指しているプラットフォームで、そのプラットフォーム上ではWobitという仮想通貨を投入することで、芸術作品や慈善活動などに感動の気持ちを伝えることができるようになります。

WowooはICOで資金調達を行う予定ですが、ロジャー・バー(Roger Ver)が絶賛したことで早くも大きな注目を集めています。

また、2018年1月6日、ロジャー・バー(Roger Ver)は、OKWAVE代表の兼元謙任と同社取締役の松田元との共著「世界は逆転する!仮想通貨サービス・ICOで世界を変える」を出版しました。

さらに、ロジャー・バー(Roger Ver)は、2018年3月23日~25日の3日間東京で開催されるSATOSHI'S VISIONで基調講演者として登壇する予定です。

このカンファレンスには、Bitcoin.com, Bitcoin ABC, Bitcoin Unlimited, Yours.org , nChainなど、世界中のビットコインキャッシュに関わる開発機関やコミュニティが集まります。

最後に注目すべきは、ロジャー・バー(Roger Ver)が自身の運営するBitcoin.comのメイト・トーカイCOOとともに、仮想通貨を担保にした現金借入を可能にする「マネートークン」の顧問に就任したということです。

マネートークンを使用して、仮想通貨を担保に現金を借りることができれば、現金が必要な時に仮想通貨を売る必要がなくなります。そうなると一度仮想通貨になった資産は、二度と現金にならないかもしれません。このサービスは仮想通貨市場に大きな影響を与えるでしょう。

Bitcoin.comを主催するロジャー・バー(Roger Ver)と同社トーカイCOOがマネートークンの開発に参加するとなると、ビットコインキャッシュを担保とした現金ローンも可能になり、ビットコインキャッシュ保有者が融資をうけやすくなるためビットコインキャッシュのコミュニティも盛り上がります。

また、ビットコインキャッシュのコミュニティが力強いことは有名なことです。なので、彼らのサポートが得られればマネートークンの実現するエコシステムが強化され、製品としての魅力も上がるでしょう。

ロジャー・バー(Roger Ver)とは?ビットコインの神と呼ばれた男の経歴や最近の動きのまとめ

ロジャー・バー(Roger Ver)は、ビットコインが出始めた当初から、ビットコイン(bitcoin)やビットコイン関連の新興企業に対して多額の投資を行っていたことなどから「ビットコインの神(ビットコインジーザス)」と呼ばれるようになりました。

現在ロジャー・バー(Roger Ver)は、ビットコイン(bitcoin)よりもイーサリアムの方が優れていると発言したり、ビットコインキャッシュを支持したりしています。

ロジャー・バー(Roger Ver)がビットコインキャッシュの支持を表明したことでビットコインキャッシュの価格が高騰するなどその影響力には凄まじいものがあります。

最後に日本一のビットコインキャッシュ取引量をもつbitbank(ビットバンク)をご紹介します。日本円でビットコインキャッシュを購入できることはもちろん、現在取引手数料無料キャンペーン中です。

また初心者の方が一番心配なセキュリティー面もしっかりしており多くのユーザーから多大な信頼をえています。ビットコインキャッシュの取引を考えている方はbitbank(ビットバンク)を登録しておきましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side