仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の価格・チャート・購入方法(買い方)・今後の将来性を解説!

仮想通貨オントロジー(Ontology(ONT))は仮想通貨の1つであるNEOからエアドロップされたコインです。今回はオントロジー(Ontology(ONT))の特徴や価格チャートについて、また将来性を含めた今後の価格チャートの動きなどについて説明します。

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の価格・チャート・購入方法(買い方)・今後の将来性を解説!のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)とは?
  2. 2仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)と仮想通貨NEOの関係とは?
  3. 3仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の特徴
  4. 4仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の相場チャート・価格推移
  5. 5仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の購入方法(買い方)の手順
  6. 6仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の2018年以降のロードマップ
  7. 7仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の今後の将来性
  8. 8仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の価格・チャート・購入方法(買い方)・今後の将来性まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)とは?

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の概要


 
Bitcoin Ontology
発行日 2009年1月 2017年11月
通貨単位 BTC ONT
発行枚数 2100万枚 10億枚
開発者 不明 Jun Li
時価総額 14,769,031,629,295円 106,409,238,500円
現在価格(4/17現在) 869,657円 441.10円
アルゴリズム SHA-250 NEOベース

 


ONT(Ontology/オントロジー)は日本の仮想通貨取引所では購入できません。海外の仮想通貨取引所では購入できます。おすすめはBinance(バイナンス)です。

Binanceはまず取引手数料が安く、通常は0.1パーセントで、Binance発行のBinanceトークンを使用すると半額の0.05%になり激安です。

世界1人気の仮想通貨取引所と言えるでしょう。取扱通貨は約200種類もあるのでとりあえず登録して眺めているだけでも仮想通貨業界のトレンドに詳しくなれます。つまり稼げる近道につながるということです。

本人確認不要でメールアドレスだけで5分程度で登録できますのでよろしければクリックしてみてくださいね。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Binance Coin(BNB)とは?チャート・購入方法・取引所・将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の基本情報

オントロジーは昨年発行されたばかりの仮想通貨です。そのためビットコインと比較すると時価総額はまだまだ低い価格となっています。

ですが、発行枚数や人気仮想通貨の1つであるNEOのサポートにより配布された仮想通貨という特徴を踏まえると信頼性や安全性が比較的高く、今後の成長も十分見込まれます。

また、ブロックチェーンの知識がない企業でもブロックチェーンを簡単に利用できるようなシステムを持っているため、一旦利便性が認められると一気にメジャーな仮想通貨となる可能性があります。

オントロジーは仮想通貨ランキングでは、4/24現在で48位です。やはり、NEOの弟分的な立ち位置であるためか、オントロジーが誕生してまだ日が浅いにも関わらず仮想通貨ランキング50位以内にランクインしています。

この事からもオントロジーの人気が伺え、今後の将来性も期待十分!と言えますね。

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)と仮想通貨NEOの関係とは?

仮想通貨NEOの保有者にONTのAirDrop(エアドロップ)が行われた

そもそも、エアドロップとはなんなのでしょうか?仮想通貨におけるエアドロップとは、簡単に言うと仮想通貨を「無料」でもらう事ができるという事です。これは、誰でももらえるものではなく、特定の条件を満たした人のみが受けられるものなのです。

このオントロジーのケースで言えば、仮想通貨NEOの保有者に対してオントロジーが配布されました。オントロジーはこのようにNEOをベースとして誕生した仮想通貨なのです。

ThumbAirDrop(エアドロップ)とは?仮想通貨を無料で貰える仕組みや方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の特徴

オントロジーは中国の企業であるOnchain社によって開発されました(NEOの創業者と同じ)。オントロジーの大きな特徴は、専門的な知識を必要とするブロックチェーンをどんな企業でも簡単に利用可能にしたという事です。

つまり、オントロジーの主な特徴はブロックチェーンと企業を繋ぐ事とも言えます。NEOの創業者と同じだからNEOと似ているのでは?と思ったかもしれませんが、NEOの目的はデジタル資産であるという事と、グローバルなスマートエコノミーです。

ですが、NEO・ONTの共同設立者は「NEOとONTを組み合わせる事で実社会に役立つエコシステムを構築する」と発表しています。そのため、ONTの成長も、NEOにとっては重要と言えます。

Thumbブロックチェーン技術が影響を与える異業界15選!今後の動向を徹底分析! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ONTが解決するプラットフォームの現状の課題

現状のプラットフォームはいくつかの課題を抱えています。その1つが、プライバシー保護の脆弱性です。

また1箇所で様々なデータを管理すると、データの処理などに時間がかかってしまいます。またコストもかかってしまうため企業としては大きな問題となりえます。

特にプライバシー保護の脆弱性においては、昨今大きな問題となっています。個人情報の流出などの被害は度々世間を賑わせています。

信頼性のあるプラットフォームを構築

オントロジーは、NEOからエアドロップされた仮想通貨です。基本的にはNEOのネットワークを利用したものになるので信頼性があり、また高い処理能力を有している、と言えます。

また、オントロジーはデータの管理を複数のコンピュータに分散しています。そのため、処理速度や通信速度が早くなったり、コストの削減もでき、そしてプライバシー保護の能力も高くなり、現状のプラットフォームが抱える問題を解決する事ができます。

こういった問題を解決する事で、オントロジーは企業にとってネットワークにおいて「インフラストラクチャ」になる事を目指しています。

ブロックチェーン技術を簡単に利用できるようになる

ブロックチェーン技術、というととても難解でなかなか手が出せないようなイメージがします。また、それを企業の経営に利用する、となるとさらにハードルが上がります。

ですが、オントロジーは、どんな企業においても簡単にブロックチェーン技術を利用する事ができる、という事を目指しています。

仮想通貨オントロジーを利用するだけで簡単に、しかも自分の業種などによってツールをカスタマイズする事で、情報の共有・管理などを簡単にする事ができるのです。しかもNEOという高い信頼性を持ったネットワークがベースとなっています。

あらゆる企業がオントロジーを利用する事が可能なため、オントロジーの将来性は非常に高い、と言えますね。

Thumbブロックチェーンとは?仕組み・特徴をわかりやすく解説【初心者向け】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

オントロジーの実際の利用例

オントロジーでは、データの管理を分散化して行っています。そのため、各データの転送が当事者の承認を経て行われるようになります。そのため、プライバシーの保護性が上がります。

またスマートコントラクト(契約)の機能も持ち合わせているため、企業間での契約や商品の管理にも利用する事ができます。なんと、医療においても利用可能です。

医師からのデータを製薬会社側へ転送する事で、製薬会社側で患者さんへ直接薬を販売・購入する事ができるのです。

いちいち病院へ行かなくても医師から処方された薬を購入できる、というのは移動が大変な人にとっては嬉しいですよね。

Thumbスマートコントラクトとは?仕組みや事例紹介!ブロックチェーンの展望! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の相場チャート・価格推移

2018年3月からオントロジーの売買が始まったのですが、当初は138円台となっていました。そこから徐々に価格は上場していき、2018年4月23日現在で440円台にまで上昇しています。

Binanceへ上場して1ヶ月程度で価格が2倍以上にまで成長しているところを見ると、オントロジーへの期待、信頼性の高さが伺えます。

【2018年3月8日】Binanceに上場時のチャートと価格変動

では、より細かく見ていきましょう。オントロジーはまず、オントロジーやNEOと同じ中国の仮想通貨取引所であるBinanceへ上場しました。その頃の価格は日本円では138円台でした。

そこから徐々に認知度が高まり、約1ヶ月程度でその価格が2倍程度にまで跳ね上がりました。

それと同時に時価総額もぐんぐん上昇しており、オントロジーの価格同様の変動を見せています。

【2018年4月以降】現在のチャートと価格変動

4月に入った時には、オントロジーの価格は220円台となっていました。現在に至るまで、Binenceへの上場当初から順調に価格の上昇を続けています。

4月13日には一時540円と上場当初価格の約4倍近くにまで価格が上がっています。発行枚数が10億枚ととても多いことと「NEO」、という強いバックアップが後押ししているためか、オントロジーは順調に成長を遂げています。

オントロジーのチャートはNEOの価格変動に影響を受ける!?

さて、今まではオントロジーの価格変動にみる成長ぶりについてお伝えしてきました。そこで、オントロジーの親分的な存在であるNEOのチャートの動きとの関係性はいかほどなのか?と思いNEOの価格変動チャートをチェックしてみました。

すると、全く同じとまではいきませんでしたが、NEOの価格が上昇しているタイミングと似たタイミングでオントロジーの価格も上昇していることに気がつきました。

これは、オントロジーはそれ自体だけではなく、NEOの影響も少なからず受けているのではないか?という事が言えます。

つまり、オントロジーを購入して売買して利益を得ようとした時には、NEOの動きもチェックする必要があるのでは?と言えます。

今後の価格チャートの動きは?

オントロジーを開発したOnchain社は2014年に設立した会社でまだまだ歴史は浅い会社です。会社としての成長もまだまだこれからで将来性が期待できます。

また、今後の予定の中には、オントロジーをエアドロップしたNEOとの統合や政府との連携を視野に入れているようです。特に政府との連携は注目に値します。

もし、政府との連携が可能となった場合、中国の市場の大きさ、そして国際社会への広がりを考慮するとかなりの期待度と言えます。

そのため、オントロジーの価格も上昇する可能性は十分と言えます。今後も右肩上がりで価格が上昇するのではないか?と予想できるほど将来性は十分です。

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の購入方法(買い方)の手順

仮想通貨オントロジーは国内の取引所での取り扱いがない!

ここからは、実際にオントロジーを購入する方法について説明していきます。オントロジーは海外の仮想通貨取引所でしか取り扱っていないため、まず国内の取引所でビットコインを購入します。

その後ビットコインを海外の取引所へ送金してからオントロジーを購入する流れになります。今回は、国内の仮想通貨取引所であるZaifを例にしてビットコインの購入方法、そして送金方法について説明します。

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

では、実際にオントロジーの購入方法の説明に移ります。先ほども説明しましたが、オントロジーは海外の取引所でしか取り扱いがないため、まず、国内の取引所でビットコインを購入します。

Zaifでの「簡単売買」での購入方法を説明します。ログインをした後に「簡単売買」をクリックします。

すると、このような簡単画面のページに移ります。ビットコインを選択して売買に移ります。

購入希望のビットコインの数量、または購入したい日本円の合計価格を入力します。

購入する場合は、「BITCOINを買う」をクリックします。まだこの時点では購入が完了していないのでご安心下さい。

次に、注文確認画面が表示されます。注文価格、注文数、総価格をすべて一度確認した上、注文に問題が無ければ「OK」をクリックします。

仮想通貨の価格はリアルタイムで変動している為、入力中の買い価格と、確認画面での注文価格が変わってしまう可能性があります。

ですが、確認画面が表示されてから30秒間は価格の変動がないのでその制限時間内に購入を決定すると、価格の変動なく希望の価格で購入することができます。

Huobiへビットコインを送金

続いて、購入したビットコインをHuobiへ送金します。Huobiへ送金するにあたり、事前に、Huobiでアカウントを開設し、送金先のアドレスをコピーしておきましょう。


トップ画面を開いたら、画面右上のアカウントページをクリックし、アカウントのページへ移動します。

アカウントページに移ったら、「入出金と履歴」のところで、Bitcoinのアイコンをクリックしましょう。

次に「出金」をクリックします。

出金アドレスの欄に事前にコピーしておいたHuobiのアカウントの出金先のアドレスをペーストします。「出金先アドレスの管理」を使用しすると、あらかじめ登録をしておいたアドレスから選択をして選ぶことが出来るようになります。

送金を何度もする場合、ミスをなるべく少なくするために登録しておくことをおすすめします。

最後に、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「出金」をクリックすると出金完了です。

出金は今すぐに行わないけれど参考程度にこの記事をご覧いただいている方もいるかもしれませんね、海外送金用のビットコインを増やすのにはZaif(ザイフ)がおすすめだということはお伝えしたい点です。

zaifは先ほどのトップ画像の通り、ビットコインの取引手数料がマイナス0.01%
取引をすればするほどチャリンと手数料分のお金が入ってくるのです。

さらに、そのビットコインを諸条件を満たしてZaif Exchangeに預けておくのもおすすめです1日1回預けられたビットコインの前日の残高の0.01%分が利殖ボーナスとして用意されるからです。本当?と思われた方は、ご確認のためにもぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaif(ザイフ)の使い方!登録から入出金や購入方法までを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

HuobiでONT(Ontology/オントロジー)を購入

Huobiのアカウントへビットコインを送金したら、いよいよオントロジーの購入に移りましょう!

トップ画面において「取引所」をクリックすると、取引画面に切り替わります。

チャートなどが表示された取引画面に移動します。この画面よりさらに下にスクロールすると、注文欄と注文板が表示されます。

Huobiは、値段を指定して注文をする「指値注文」と、値段を指定せずに注文する「成行注文」の選択が可能です。どちらの注文方法をする場合も、最初に通貨ペアの選択をします。

Huobiでiは、USDT、BTC、ETHの3つが基軸通貨になっているので、まず基軸通貨を選択し、その後に取引する通貨を選択することになります。

通貨ペアの選択が完了したら、注文欄へ進み、「指値注文」を選択、「買値」と「注文数」を入力して、「買い」をクリックして購入完了となります。

指値注文は、指定した価格で売ってくれる売り手が見つかって初めて取引が成立するため、相場と大きくかけ離れた価格を指定して注文した場合、取引が成立しないケースがあります。できるだけ相場に近い価格で設定することをおすすめします。

成行注文の場合も、通貨ペアを指定して、注文板で注文を行います。

「成行注文」を選択した後、「取引額」を入力して、「買い」をクリックします。成行注文は、指値注文とは異なり、すぐに購入することができるというメリットがあります。

しかし、相場が急変している際には、想定よりも不利な価格で売買が成立してしまう可能性がありますので、購入するタイミングに注意が必要になります。

ThumbHuobi(フオビ).pro仮想通貨取引所の使い方!登録・口座開設・本人確認・入出金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の2018年以降のロードマップ

2018年

  • ブロックチェーンの機能とパフォーマンスの向上
  • ONT IDの導入
  • ONTスコアの導入
  • ONT Signの導入

オントロジーのロードマップですが、2018年には、まず基本的なパフォーマンスの向上を図りつつ、新たに様々なセキュリティ機能向上に向けたプロジェクト(ONT ID、ONTスコアやONT Sign)が予定されています。

セキュリティ機能向上により、法人や銀行政府機関など、多方面との連携を図る事ができるようになり、オントロジーの認知度が一気に高まる事が期待されます。

2019年

  • シャーディング技術の開発
  • 新たなスマートコントラクトプラットフォーム
  • 新たなネットワークプラットフォーム
  • ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムの開発の完了
  • 分散型の金融サービスを開始

2019年には、よりオントロジーをビジネスで活用しやすくするための活動が予定されています。新たなプラットフォームの開発などが予定されており、ビジネスにおける利便性の向上を図ります。

また、金融業界においては、既存の金融サービスをサポートするようなサービスをオントロジーから提供する事も予定されています。

2020年

  • シャーディング技術の実装を完了する
  • チェーンネットワークの大規模展開を図る
  • 世界的なトップ・トラスト・コラボレーション・プラットフォームとしての地位を定着させる

2020年にはいよいよオントロジーが世界的なコラボレーション・プラットフォームとしての地位を確率していく年となります。

ブロックチェーンのシステム、エコシステムを実装させて、さらにセキュリティ面の機能を向上させて多方面で活用できるネットワークの基礎としてオントロジーが利用されるようになっていきます。

ですが、オントロジーのロードマップは2020年がゴールではないことを公式ページで発表しています。それはつまり、オントロジーは常に成長を続ける事を意味しています。

NEOからエアドロップされたオントロジーですが、向上心のある開発スタッフがいる限り将来性は十分にある、と期待できます。

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の今後の将来性

NEOとの連携が予定されており、将来性は高い!

仮想通貨オントロジーは、もともとNEOからエアドロップされたものです。ロードマップをみてわかるように、オントロジー単独での成長は十分に見込めるもので将来性はあると言えます。

また、今後NEOとの連携を図ることが予定されていますNEOは言わずと知れた人気仮想通貨の1つです。そのNEOとの連携を図ることでより実用的な仮想通貨となる事が予想されます。

NEOとの連携が実現する事でオントロジーの認知度はさらに上がる事が予想されますので、そういった面でも将来性は十分にある仮想通貨の1つと言えます。

Thumb仮想通貨NEO(ネオ)の特徴・買い方・おすすめ取引所・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨ONT(Ontology/オントロジー)の価格・チャート・購入方法(買い方)・今後の将来性まとめ

仮想通貨オントロジーはNEOからエアドロップされた仮想通貨

仮想通貨オントロジーは、国内でも人気の仮想通貨であるNEOの保有者へエアドロップされたコインです。そのため、そのほかの仮想通貨よりも比較的認知度が高い仮想通貨です。

また、NEOからエアドロップされた、という事で信頼性も高いため将来性も期待できる仮想通貨なのです。

Thumb仮想通貨NEO(ネオ)の特徴・買い方・おすすめ取引所・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

オントロジーの購入は海外の仮想通貨取引所で行う

では一体オントロジーはどこで購入する事ができるのでしょうか?オントロジーは残念ながら国内の仮想通貨取引所で購入することはできません。

国内の取引所でビットコインを購入した後に、それを海外の取引所へ送金、その後にオントロジーの購入が可能となります。

NEOとの連携も予定されており、今後の成長に期待!

オントロジーの将来性はどうでしょうか?公式ホームページには今後の予定であるロードマップが記載されています。

そこには、今後さらに機能の充実とネットワークプラットフォームとしての世界規模での発展の道しるべが書かれています。2020年にはオントロジーは世界で利用される仮想通貨となる事が予定されています。

また、オントロジーが発展するに当たり、オントロジーをエアドロップしたNEOとの連携も予定されています。人気仮想通貨NEOとの連携する事でオントロジーのさらなる成長が期待できます。今後のオントロジーの成長に注目です!

オントロジーとNEOの動向やチャートの行方も気になります。今のうちに購入しておくチャンスかもしれませんね。

お伝えしてきたようにONT(Ontology/オントロジー)を購入する場合はまず日本の仮想通貨取引所で購入資金のビットコインを購入し海外取引所に送金してそこで購入するというステップが必要です。

海外送金用のビットコインを増やすのにもうひとつおすすめなのはbitFlyer(ビットフライヤー)です。

日本の仮想通貨取引所でアプリが使い易いといわれているのがbitflyer(ビットフライヤー)です。
初心者にも簡単に操作しやすいアプリだと人気があります。また二段階認証などのセキュリティ面も安心です。

ネット銀行で有名なSBIグループの仮想通貨取引所で、金融業界のノウハウがしっかりとしています。

ビットコインとAmazonギフト券を交換できたり、ポイントサイトのようにビットコインを貯めることができます。


アルトコインの取引手数料が無料なので海外送金の通貨ペア用のアルトコインの貯蓄を検討している際にも利用しやすいです。

仮想通貨取引所はできるだけ多く登録して資産の分散管理することをおすすめします。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)の使い方!登録から入金や購入方法までを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインの買い方・売り方などの売買方法をbitFlyerで解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb加納裕三(bitFlyer社長)の経歴やプロフィールは?出身高校や大学は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side