マイニングに適したGPU(グラボ)のおすすめを比較!収益や電気代は?

マイニングに適したおすすめのGPU(グラボ)とはどのようなものなのでしょうか。収益や電気代のことを考えると、少しでもマイニング効率が良いGPU(グラボ)を利用したいです。マイニングに適したおすすめのGPU(グラボ)を比較します。

マイニングに適したGPU(グラボ)のおすすめを比較!収益や電気代は?のイメージ

目次

  1. 1マイニングに使うGPU(グラボ)ってなに?
  2. 2なぜGPU(グラボ)はマイニングに適しているのか?
  3. 3マイニングに適したGPU(グラボ)の種類
  4. 4マイニングにおすすめのGPU(グラボ)5選を比較!
  5. 5マイニングにおすすめのGPU(グラボ)性能一覧
  6. 6GPU(グラボ)を使ったマイニングにかかる電気代
  7. 7GPU(グラボ)でマイニングすると収益はどのくらい儲かるのか
  8. 8初期投資を回収することはできるのか
  9. 9マイニングPCはBTOで購入するのがおすすめ
  10. 10マイニングに適したGPU(グラボ)のおすすめを比較!まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

マイニングに使うGPU(グラボ)ってなに?

GPU(グラボ)とは、グラフィックプロセッシングユニットのことで、グラフィックを処理するために作成されたものです。具体的には3Dなどをより滑らかに高画質で描いたり、4K動画などの高画質な動画を描いたりさせるために必要となります。

本来の用途としては、3Dをモデリングする仕事はもちろん動画編集や、PCでゲームなどをする際には欠かせないものです。

高性能なGPUは非常に高価ですが、その分計算能力も高いです。仮想通貨のマイニング需要も増加したことで、一部のGPU(グラボ)が品薄状態になっているものもあります。

仮想通貨でマイニングって聞いたことがあるけれど、実は具体的に知らなかったという方も多いと思います。この記事ではマイニングの話に特化していますが、仮想通貨の基本を知りたいのであればとりあえず仮想通貨の取引をしてみることもおすすめします。

初心者も安心のセキュリティーがしっかりしていて落ち着いて取引ができるのはbitFlyer(ビットフライヤー)です。現在アルトコインの取引手数料無料キャンペーンを行っていたり、Lisk(リスク)の取り扱いもありますよ。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)のビットコイン定期積立方法と手順を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

なぜGPU(グラボ)はマイニングに適しているのか?

なぜGPU(グラボ)は仮想通貨マイニングに適しているのでしょうか。それには大きく3つの理由があります。
 

  • GPU(グラボ)の処理能力がCPUと比較して高性能であるから
  • マイニングのハッシュ関数は単純な演算処理でGPU(グラボ)が得意な計算であるから
  • GPU(グラボ)は単純な演算における並列処理を得意としているから


仮想通貨マイニングが行われていた初期の頃は、CPUでも計算が可能でしたがマイニングが進めば進むほど、CPUでのマイニングはGPUと比較して非効率になっていきました。そこでより処理能力の高いGPU(グラボ)が用いられるようになったのです。

またマイニングの作業というのはハッシュ関数の演算処理を行います。ハッシュ関数というのは関数と名のつく通り、入力されたデータに対して、値を返すというもので、単純な計算処理になっています。GPU(グラボ)は単純な演算処理を高速でこなすことができるのです。

またこの演算処理は複数の計算を並列的に行うことでより効率的になります。複数の計算を同時にすることが得意なGPU(グラボ)は、より効率的に演算処理を行うことができるのです。

以上の3点からCPUで仮想通貨のマイニングを行うよりも、より効率的で儲かるGPU(グラボ)で行われるようになったのです。

マイニングに適したGPU(グラボ)の種類

マイニングに適したGPU(グラボ)というのがあります。その特徴とは計算能力の高さと、消費電力の低さです。この両者のバランスが優れたGPU(グラボ)を使うことが重要です。GPU(グラボ)として現在入手可能なものには大きく分けて2つあります。

「NVIDIA」社のGeForce系GPU(グラボ)「ATI」社のRADEON系GPU(グラボ)です。両者ともGPU(グラボ)の世界では大手の2社とされています。この2つの会社がGPU(グラボ)業界では、お互いにライバルとして市場で競争を繰り広げています。

GeForce系とのRADEON系で特徴が異なります。マイニングをする際に得意な仮想通貨が変わったり、消費電力に差があったりします。それぞれのGPU(グラボ)がどのような特徴を持っているか確認してみましょう。

GeForce系GPU(グラボ)

GeForce系GPU(グラボ)は非常に信頼性も高くゲーマーなどの間では、多く使われているGPU(グラボ)です。

そのためリセールバリューが非常に高く、マイニングを辞めた後もかなり高値で売却をすることが可能です。マイニング効率的には消費電力が比較的少ないRADEONに軍配が上がるケースも多いようです。

しかしRADEON系と比較して幅広い通貨のマイニングが得意なので、汎用性だけでいえばGeForce系GPU(グラボ)も使いやすいとされています。

RADEON系GPU(グラボ)

RADEON系GPU(グラボ)は、ゲーミングユーザーや一般ユーザーからの人気は低いですが、比較的消費電力が少ないという点で、コストパフォーマンスに優れたマイニングをすることができます。

その消費電力の低さと、GeForce系に比べて価格が低いことから、マイナーからは非常に人気が高いGPU(グラボ)です。

ゲーミングユーザーから人気がないのは、GeForce系GPU(グラボ)が非常にゲームに向いているのでわざわざ使う人が少ないということにあります。

仮想通貨のマイニングにおいては、イーサリアム系の仮想通貨マイニングの際に利用されることが多いです。

非常に効率よくイーサリアム系はマイニングできるということで、イーサリアムが高騰した際には、一時は品切れということもありました。現在も非常に入手困難なものが多いです。

元の価格が控えめで、消費電力も低いので効率の良いマイニングが可能です。初期投資が安く済み、マイニング効率が高いということは、それだけ初期投資の回収も早くできるということになります。

マイニングにおすすめのGPU(グラボ)5選を比較!

GPU(グラボ)には大きく分けて、2系統あるということがわかりました。それぞれ特徴があり、どちらがおすすめということはありません。両者を比較した上で、おすすめのGPU(グラボ)を紹介していきます。

おすすめ①Nvidia GeForce GTX 1070

Nvidia GeForce GTX 1070シリーズはゲーミングPCとして需要のあるGPU(グラボ)です。処理性能が高く、消費する電力は控えめで、利益を追求するには最適なGPU(グラボ)と言えるでしょう。

入手の難易度もそんなに高くなく、価格も安価なためコストパフォーマンスに優れたGPU(グラボ)だといえます。

おすすめ②Nvidia GeForce GTX 1080 Ti

Nvidia GeForce GTX 1080 Ti はゲーミング業界で最高のグラフィックカードとも言われており、非常に強力な性能を持っています。

4Kでのゲームを行う際はこのGPU(グラボ)が推奨されているほどです。非常に高い性能を持っていますが、元の値段が高価である点や、消費電力が高めである点から、電気代の面で運用にはテクニックが必要なGPU(グラボ)と言えるでしょう。

おすすめ③AMD Radeon RX 580

AMD Radeon RX 580は性能面でGTX 1070と同等なパワーを持ったGPU(グラボ)です。現在マイニングブームのため入手が困難になっている状況です。また、ゲーミングPC用途ではあまり人気がないようです。

Ethereum系統のマイニングを得意としており、初期需要の多くはEthereumのマイニングを目的としていました。非常にマイニング向けのGPUでマイニング効率が高く、電気代に直結する消費電力が少ない点が魅力です。

おすすめ④AMD Radeon RX Vega 56

AMD Radeon RX Vega 56はRadeon系統の中では比較的新しく発売されたGPU(グラボ)です。性能的にはNvidia GeForce GTX 1070以上の性能を持っています。

さらに電力効率はNvidia GeForce GTX 1070より良くなっているので、おすすめのGPU(グラボ)といえるでしょう。単体での入手は比較的難しいGPU(グラボ)なので、BTOで組み込まれているものを探すと良いでしょう。

おすすめ⑤AMD Radeon RX 480

AMD Radeon RX 480は非常に安価であり、性能面でも非常に優れたGPU(グラボ)です。初期費用にたくさん費用がかかると、それを回収するまでにより時間がかかってしまします。なるべく安く済ませたい場合には最適な選択肢と言えるでしょう。しかしマイニングブームの中で、非常に入手困難となっています。

マイニングにおすすめのGPU(グラボ)性能一覧

GPU

得意な仮想通貨

マイニング効率

電力効率

参考価格

入手しやすさ

おすすめ度

GTX 1070

Bitcoin

高い

良い

¥55,860

簡単

10点

GTX 1080 Ti

Bitcoin

かなり高い

悪い

¥99,980

簡単

7点

RX 580

Ethereum

高い

良い

¥65,168

難しい

10点

RX Vega 56

Monero

高い

少し悪い

¥79,460

難しい

8点

RX 480

Ethereum系

普通

良い

¥25,000

入手困難

7点

GPUの価格はやはりそこそこすることがわかりましたね。RX 480が比較的安価ですが入手は困難だそうです。

GPU RX Vega 56が得意とするMONEROという仮想通貨も気になりませんでしたか?MONEROを現在購入できるのは海外仮想通貨取引所になります。

海外仮想通貨取引所でおすすめなのはBinanceです。海外の取引所ですが日本語のインターフェイスが利用でき取り扱い硬貨数も200種類以上あるので使い勝手が良く人気があります。

登録も非常に簡単でメールアドレスのみが必要条件です。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、BinanceでMONEROを購入するには日本の仮想通貨取引所から資金を送金する必要がありますので日本の仮想通貨取引所も合わせて紹介いたします。

実はマイニングでビットコインやイーサリアムを入手しながら仮想通貨の売買でキャピタルゲインを得る方法がダブルで収益に繋がるのでおすすめの方法とも言われています。

ビットコインの取引手数料がマイナス0.01%だったりイーサリアムの取引も無料で行えるZaifで口座開設しておきましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

GPU(グラボ)を使ったマイニングにかかる電気代

GPU(グラボ)を使ったマイニングを行う際に考えなくてはいけないことがあります。それはマイニングにかかる電気代です。マイニングでいくら仮想通貨を手に入れても、電気代が同じくらいかかってしまったら、プラスマイナスゼロになってしまいます。

GPU(グラボ)でマイニングをするときには、電気代との兼ね合いを常に意識しないといけません。日本は諸外国に比べて、比較的に電気代が高い国とも言われています。例えば、GPU(グラボ)を6枚使って1日に1000wの電力を使用した場合の電気代は約600円です。

どの仮想通貨をマイニングするかにもよりますが、600円を超えた部分が収益となります。電気代を安くする方法としては、契約の内容を見直すことがあります。多少は改善されるかもしれませんが、電気代の高い日本では大きく影響はないでしょう。
 

GPU(グラボ)でマイニングすると収益はどのくらい儲かるのか

GPU(グラボ)でマイニングすると収益はどのくらい儲かるのでしょうか。先ほどの電気代の例であれば、1日あたり600円以上のマイニング収益が、儲かるかどうかの損益分岐点になります。

GPU(グラボ)を6枚使って1日にマイニングできる量は一ヶ月平均すると1日あたり2000円前後とされています。これから電気代の600円を差し引いた1400円がマイニングで儲かる部分となります。1ヶ月あたり42000円の収益が儲かるということになります。

またGPU(グラボ)に合わせてどの通貨をマイニングするのかということも重要になってきます。より儲かる環境にするには、GPU(グラボ)の種類によって得意な仮想通貨が変わることを考えて最適化をする必要があります。

初期投資を回収することはできるのか

高性能なマイニングPCには費用がかかります。初期投資を回収してからが儲かる部分であると考えることもできます。

仮にマイニングPCを購入に30万円かかったとしましょう。通貨によっても変わりますが、GTX 1080 Ti 搭載の30万円のマイニングPCであれば1ヶ月に電気代を引いて、儲かる部分が4000円前後だと言われています。

毎月同じだけ収益があるとして、マイニングPCの初期投資を回収するのに75ヶ月(約6年)かかります。

仮想通貨の価格は変化していきます。現在ビットコインは70万円前後で推移していますが、今後の値動きはわかりません。

仮想通貨市場がどのように動くかによって収益が大きく変化し、初期投資の資金を回収するのにかかる期間が変わってくるということがわかります。

どの仮想通貨をマイニングするのかということが、収益や初期投資を回収する期間にも影響を与えることがわかります。より儲かるマイニングをするためには、長期的にみて価格が安定して上昇する仮想通貨を見極めることも重要です。

2018年の仮想通貨市場がどのように動くか注意しながらマイニングを行いましょう。

ThumbブロックチェーンはAIに2018年に取って代わられる?仮想通貨は今後どうなる? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

マイニングPCはBTOで購入するのがおすすめ

マイニングPCはBTOで揃えるのがおすすめです。BTOとはBuild to orderのことで受注生産を意味します。つまり、注文があってから初めてPCを生産するという方式です。すでに完成されているものと違い、自分の注文通りにカスタマイズすることができます。

マイニングを行う際はGPU(グラボ)が非常に重要になってくるので、しっかりと自分の希望にあったマイニングPCが組み上がるようにBTOで注文をしましょう。

AMD Radeon RX Vega 56のように、単品ではあまり流通していませんが、BTOの中に組み込まれているGPU(グラボ)もあります。また中古PCの中に、思わぬ掘り出し物が眠っていることもあります。

有名なPCのBTOサイトとしては

  • TSUKUMO
  • ドスパラ
  • PCワンズ
  • パソコン工房
  • Ark
などがあります。

Thumbマイニングとは?やり方・意味・仕組み・方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

マイニングに適したGPU(グラボ)のおすすめを比較!まとめ

マイニングに適したGPU(グラボ)には「NVIDIA」社のGeForce系GPU(グラボ)と「ATI」社のRADEON系GPU(グラボ)があることがわかりました。

それぞれの系統で特徴があります。GPU(グラボ)の種類によって入手のしやすさも異なりますので、BTOサイト等を探しながら、おすすめの中から自分にあったものを選びましょう。

GPU(グラボ)の種類によってマイニングが得意な仮想通貨が変わってきます。また動かし方によって電気代も大きく変わるようです。マイニングは電気代との戦いです。

より儲かる環境にするためには、少ない電気で効率よくマイニングをすることが重要であり、それが収益に繋がります。

現在の仮想通貨のレートでは、大きな収益に繋がらなくても日々変化する仮想通貨の今後の市場がどうなるかわかりません。将来的に上昇すればマイニングPCに投資した金額を回収し、しっかりと儲かるようになるといえるのではないでしょうか。

マイニングとGPU(グラボ)のお話いかがでしたでしょうか?仮想通貨で売買収益をあげながらマイニングを行うことができれば今後の付加価値としての楽しみも増えますよね。

口座開設がまだの方はセキュリティーに対しての不安ある方も多いと思いますがbitFlyer(ビットフライヤー)ではセキュリティーが世界一と評価されていたり、万が一の補償が500万円まであったりとなにかと安心要素の多い取引所なのでおすすめです。

登録には10分もかかりません。非常に簡単な操作で完了することができます。
1000円から始められる取引なのでぜひ始めてみましょう!

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)の口座(アカウント)開設/登録方法まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side