リップル(XRP)をアップルがApple Pay(アップルペイ)に導入間近か

アップルはApple Pay(アップルペイ)に仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を導入すると発表しました。仮想通貨リップル(Ripple/XRP)はアップルのApple Pay(アップルペイ)だけでなく、Google(グーグル)の注目も集めています。

リップル(XRP)をアップルがApple Pay(アップルペイ)に導入間近かのイメージ

目次

  1. 1リップル(Ripple/XRP)の技術をアップルがApple Pay(アップルペイ)に導入間近か
  2. 2アップルはApple Pay(アップルペイ)の拡大に苦戦
  3. 3リップル(Ripple/XRP)が開発したILP(インターレジャープロトコル)とは?
  4. 4アップルはILPをApple Pay(アップルペイ)に導入することで初のリップル(Ripple/XRP)の技術を利用したIT企業になる
  5. 5Apple Pay(アップルペイ)が導入するかもしれないリップル(Ripple/XRP)の技術的な解説
  6. 6Google(グーグル)もリップル(Ripple/XRP)を導入する噂があるがその真相は?
  7. 7Google(グーグル)がリップル(Ripple/XRP)を必要とする理由は?
  8. 8Google(グーグル)にとってリップル(Ripple/XRP)が最も良い提携先
  9. 9Google(グーグル)はリップル(Ripple/XRP)にかつて出資している
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リップル(Ripple/XRP)の技術をアップルがApple Pay(アップルペイ)に導入間近か

アップルがリップル(Ripple/XRP)が開発したILP(Inter Ledger Protcol)をApple Pay(アップルペイ)に導入を発表

Use The Bitcoinの報道によると、クパチーノを拠点とするハイテク企業アップルは、仮想通貨リップル(Ripple/XRP)のインターレジャーの拡張機能を使用したApple Pay(アップルペイ)の新しい決済方法APIを導入すると発表しました。

Apple Pay(アップルペイ)のAPI決済レジストリ(設定を保存しているファイル)の統合は、macOSとiOS 11.3でアップル独自のWebブラウザSafari 11.1で行うことができます。

アップルが導入するかもしれない将来有望なリップル(Ripple/XRP)を安く購入するなら、手数料場無料で取引できるbitbank(ビットバンク)での購入がおすすめです!

bitbank(ビットバンク)リップル(Ripple/XRP)以外の通貨も手数料無料で取引できるお得な取引所なので、まだ口座を持っていない人は是非この機会に登録をおすすめします!

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アップルはApple Pay(アップルペイ)の拡大に苦戦

アップルは、携帯電話やスマートウォッチなどのモバイルデバイスなどの製品を扱う、主要なハイテクメーカーの1つです。アップルがApple Pay(アップルペイ)を導入し、インターネットやPoSデバイスで簡単に支払いができるようになってから数年が経ちました。

しかし、対応している決済方法が少ないため、小売店がApple Pay(アップルペイ)には多くの障害がありす。

Apple Pay(アップルペイ)の苦戦をリップル(Ripple/XRP)ネットワークで解決か

リップル社が開発したインターレジャーはマルチブラウザに対応しており、アップルがAPIを使用してApple Pay(アップルペイ)の決済サービスを普及させるのに役立ちます。

リップル(Ripple/XRP)が開発したILP(インターレジャープロトコル)とは?

インターレジャーは、異なるレジストリ間の決済を目的としたオープンソースプロトコルです。さらに、このプロトコルには、住所、二要素認証、および署名を使用して、様々な決済方法に適用できるいくつかの標準が含まれています。

決済ネットワークはしばしば、互換性の問題に直面します。この問題は、インターレジャーによって解決することができます。インターレジャーは、異なる価値を持った転送システムが交流できるようにするオープンアーキテクチャの最小限のプロトコルです。

さらに、インターレジャーは、異なる仮想通貨間での決済を可能にします。

GitHubでは、インターレジャーコミュニティは、インターレジャーを次のように定義しています。

「APIなどで利用できる決済方法。インターレジャーを使えば、加盟店はインターレジャー基準に準拠した支払いを要求することができます」

アップルはILPをApple Pay(アップルペイ)に導入することで初のリップル(Ripple/XRP)の技術を利用したIT企業になる

既存の金融部門を混乱させようとしている他のブロックチェーン企業とは異なり、仮想通貨リップル(Ripple/XRP)は銀行や金融機関と協力して、ブロックチェーン技術を活用することで現在の決済システムをより効率的にしようとしています。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)は世界中の多数の銀行と提携していますが、仮想通貨リップル(Ripple/XRP)のインターレジャーをApple Pay(アップルペイ)に導入するアップルはこの技術を採用する最初の大手ハイテク企業です。

Apple Pay(アップルペイ)が導入するかもしれないリップル(Ripple/XRP)の技術的な解説

これまでの決済サービスは単一の決済機関内における資金の移動は簡単に行えるものでした。
しかし、複数の機関にまたがった資金移動はコストが高く、時間もかかるため、国際送金などで為替リスクを大きく伴うという状況でした。

その問題を解決するためにリップル(Ripple/XRP)が開発したのが、元帳同士を接続し資金移動を行うための暗号プロトコル「Interledger Protocol(ILP:インターレジャープロトコル)」です。

ILPはブロックチェーンのような任意の元帳を持っておらず、「コネクター」と呼ばれる暗号技術によって保護されたセキュリティも高く、素早い送金を可能にする仕組みです。

この独特の技術であるILPはリップル(Ripple/XRP)(リップル社の開発した仮想通貨)を利用していないためILPの採用はリップル(Ripple/XRP)に影響を及ぼさないという批判をする人もいます。

しかし、リップル(Ripple/XRP)の暗号化エンジニアのDavid Schwartz氏がILPには将来的にリップル(Ripple/XRP)を利用すると発表もしており、ILPの採用をしたApple pay(アップルペイ)でリップル(Ripple/XRP)が利用される日は近いと言えます。

Google(グーグル)もリップル(Ripple/XRP)を導入する噂があるがその真相は?

Google(グーグル)がスマホ決済に力をいれていることと急速なペイメントサービスプロバイダーの発展をみれば、Google(グーグル)がリップル(Ripple/XRP)チームとBrad Garlinghouseと提携しようとするのは賢明なことです。この提携は、仮想通貨業界、インターネット、そして国際貿易の世界を大きく変えることになるでしょう。

 

Google(グーグル)がリップル(Ripple/XRP)を必要とする理由は?

Google(グーグル)がリップル(Ripple/XRP)を必要とする理由①

第1の理由は、技術的な理由ではないという意味ではピンとこないかもしれません。仮想通貨リップル(Ripple/XRP)には勢いがあるという単純な事実のために、Google(グーグル)は仮想通貨リップル(Ripple/XRP)と提携する必要があるのです。

インターネットを開くたびに、新しい企業や銀行がリップル(Ripple/XRP)チームと提携したがっている、仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の決済ソリューションを導入しようとしているとの情報が目に入ります。

例えば最近では、サウジアラビアの金融当局が仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の決済サービスをテストしました。当局はサウジアラビアの中央銀行です。この提携により、サウジアラビアの銀行はより効率的に決済を行うために仮想通貨リップル(Ripple/XRP)のxCurrentソフトウェアと基盤を使用するようになるでしょう。

Google(グーグル)にとって、仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の勢いに乗っかることは賢明な判断と言えるでしょう。

Google(グーグル)がリップル(Ripple/XRP)を必要とする理由②

Google(グーグル)が仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を必要とする第2の理由は、仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を決済方法としてよく知られている利点です。

よく知られていることに加えて、リップル(Ripple/XRP)は取引コストが安いです。一回のリップル(Ripple/XRP)の取引に対して0.043円しかかかりません。

各取引はリップル(Ripple/XRP)ネットワーク上で3.3秒かかります。この速度は、即時に結果を出すGoogle(グーグル)の検索エンジンの速度と同じです。

Google(グーグル)がリップル(Ripple/XRP)を必要とする理由③

Google(グーグル)に仮想通貨リップル(Ripple/XRP)が必要な第3の理由は、すでに仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の導入を予定している他の送金サービスプロバイダとの相互運用性と統合です。

Moneygram(マネーグラム)とWestern Union(ウェスタンユニオン)は仮想通貨リップル(Ripple/XRP)と提携し、送金のためのバックエンド決済システムに使用するためリップル(Ripple/XRP)ネットワークをテストしています。

リップル(Ripple/XRP)ネットワークはすべての送金サービスの中核になる可能性があり、Google(グーグル)は決済システムが他と同様に仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を採用することで円滑に経営を進めることができるのです。

Google(グーグル)にとってリップル(Ripple/XRP)が最も良い提携先

要約すると、決済サービスアプリ作る際に、仮想通貨リップル(Ripple/XRP)と提携すればGoogle(グーグル)にとって最大の利益になるということです。

世間の波は、既存の法定通貨、VISA、マスターカードから急速に変わりつつあります。今、仮想通貨とブロックチェーン技術の時代が始まろうとしています。

その時代の扉を開けるには、リップル(Ripple/XRP)が一番適している仮想通貨です。

Google(グーグル)はリップル(Ripple/XRP)にかつて出資している

Google(グーグル)のグループに当たるのグーグルベンチャーズが、リップル社に対して出資をしています。

上の写真のようにしっかりグーグルベンチャーズのHP上にも、リップル社に対する出資をしていることが確認できます。

Google(グーグル)が出資したというと、会社が違うため少々適格とは言えませんが、将来性をしっかりと見定めることで定評があるグーグルベンチャーズに投資をしてもらっているリップル(Ripple/XRP)の将来性が高いということがうかがえる、大きな情報です。

Apple Introduces Interledger API for Apple Pay Payments

Financemagnates、Arnab Shome、9 Apr 2018

3 Reasons Why Google Pay Needs Ripple

RippleNews、Staff、23 Feb 2018

アップルやGoogle(グーグル)とも提携がされると噂される将来有望なリップル(Ripple/XRP)を購入するなら

リップル(Ripple/XRP)を日本で購入できる取引所の中でおすすめの取引所は、GMOコイン、bitbank(ビットバンク)、DMM Bitcoinです。

それぞれにリップル(Ripple/XRP)を購入するのに強みがあり、自分に合った取引所をメイン取引所にして、他の取引所も併用して場面に合わせてリップル(Ripple/XRP)の取引をすることをおすすめします!


GMOコインでリップル(Ripple/XRP)を購入するメリットは、
初心者の人でも簡単な操作でリップル(Ripple/XRP)を購入ができるということです!

取引でチャートを見たり、板を見たりと難しい画面が多いと苦手という方は、GMOコインであれば操作画面はシンプルで、初心者の人でも迷わず購入まで行えます!

GMOコインでリップル(Ripple/XRP)の購入がおすすめの人

 
  • 難しい操作をしないで簡単に購入をしたい人!
  • チャートを見たり、取引所形式のすぐに購入ができないなどの取引が難しいのは苦手という人
 

bitbank(ビットバンク)でリップル(Ripple/XRP)を購入するメリットは、取引手数料が無料で、リップル(Ripple/XRP)をお得に購入ができるということです!

GMOコインとは違い、チャートを見たり、板を見たりと本格的なトレード画面となっており、リップル(Ripple/XRP)をお得に買いたい人や、本格的なトレード画面での取引をしたい人にオススメです!

ただし、取引の操作が初心者の人には少々難しいかもしれませんので、取引は簡単な方がいいと言う人にはGMOコインとの併用がおすすめです!


bitbank(ビットバンク)がおすすめの人

 
  • 手数料が無料というお得な取引で手数料リップル(Ripple/XRP)を取引をしたい人
  • 本格的なトレード画面でリップル(Ripple/XRP)を取引したい人
  

DMM Bitcoinでリップル(Ripple/XRP)を購入するメリットは、DMM Bitcoinが日本で唯一リップル(Ripple/XRP)をレバレッジ取引ができるということです!

人気通貨のリップル(Ripple/XRP)をレバレッジ取引できるのはDMM Bitcoinだけなので、最近できた取引所にも拘わらず、DMM Bitcoinには登録が殺到しています。

さらに今は口座開設をすると1000円をもらえるというキャンペーン中です!(3月末まで)

しかし、現物取引ができませんので、GMOコインとbitbank(ビットバンク)との併用がおすすめです。

DMM Bitcoinがおすすめの人

 
  • リップル(Ripple/XRP)をレバレッジ取引したいという人
  • 口座開設をしてお得に1000円もらいたい人
 (ぜひそのお金でレバレッジ取引を始めてみるのをおすすめします!)
  

このニュースを見た人はこちらのニュースも見ています

Thumbリップル(Ripple/XRP)2018年の価格予想!今後1000円まで上がる? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)はアメリカの取引所に上場が難しい? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)の懸念とは?中央集権のために規制が? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side