リップルコインのおすすめの取引所は?購入方法や買い方を解説!

リップルコインの2018年のチャートはどうなる? リップルコインの投資向け予想や取引所・購入(買い方)方法をご紹介します! 購入(買い方)におすすめの取引所も日本・海外それぞれ解説! 投資で増やすだけでなく、マイニングに近い形の報酬受け取り方法も?

リップルコインのおすすめの取引所は?購入方法や買い方を解説!のイメージ

目次

  1. 1リップルコインの投資予想! リップルコインの購入(買い方)や取引所をご紹介!
  2. 2仮想通貨リップルコインとは?
  3. 3リップルコインの価格チャートの推移
  4. 4リップルコインのお得な買い方は複数口座を持つこと!
  5. 5リップルコインを購入できるおすすめの日本国内取引所
  6. 6リップルコインを購入できるおすすめの海外取引所
  7. 7リップルコインのおすすめウォレット
  8. 8リップルコインの国内取引所の購入方法・買い方
  9. 9リップルコインの海外取引所の購入方法・買い方
  10. 10リップルコインの今後のイベントと将来性を予想!
  11. 11リップルコインのおすすめの取引所は?購入方法や買い方を解説!まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リップルコインの投資予想! リップルコインの購入(買い方)や取引所をご紹介!

リップルコインの価格は2017年で50倍、一時期は300倍にまで伸び、時価総額もトップ3にまでなりました。銀行提携も大幅に増え、金融企業を中心に本格的に流通を始めるリップルコインのチャートは2018年どのように動くでしょうか?

今回はリップルコインのおさらいや、取引所や購入(買い方)、2018年のチャート予想をご紹介! マイニングに近い報酬受け取り方法やおすすめウォレット、投資予想もご紹介します。

この記事のポイント

  • リップルコインの概要とマイニング報酬について
  • リップルコイン購入におすすめの日本・海外取引所
  • リップルコイン購入(買い方)方法と2018年チャート予想!

リップル(XRP/Ripple)の購入は、2018年6月まで取引手数料が無料のキャンペーン中で人気急上昇中のbitbankがおすすめです。

日本の取引所でリップル(XRP/Ripple)を板取引で購入できるのはbitbankとQUOINEXがありますが、何とbitbank取引手数料が無料です!
なのでリップル(XRP/Ripple)の取引はbitbankを断然おすすめします

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨リップルコインとは?

発行日 2013年9月
通貨単位 XRP
上限 1000億XRP(全て発行済)     
時価総額(2018/04/10現在) 約2兆47億円
時価総額ランキング 3位
現在価格 約52円

①リップルコインの概要

リップルコインはアメリカのRipple.incが開発したビジネス向けの送金・決済システム「リップルネットワーク」で使われている仮想通貨です。

24時間365日一貫して毎秒1500件の取引を処理することができ、クレジットカードと同様のスピードで決済が可能であり、またどんな仮想通貨とも交換が可能な「ブリッジ通貨」の機能があります。

手数料も低く、世界中の金融機関の送金や国際決済も低コストで行えるため、多くの銀行がリップルコインを利用しています。

日本では2017年3月に三菱UFJ銀行がリップルネットワークを利用することを発表し、注目されるようになりました。

それ以来価格が伸び、一時期300倍、現在も時価総額トップ3に入るほどメジャーな仮想通貨になっています。それでいて現在価格も以前50円前後であるため、投資しやすさからも人気があります。

現在、発展途上国を中心に世界の約半数の人が銀行口座を持っていないことが現状です。銀行口座よりスマホ、携帯電話を利用する仮想通貨の方がより多くの人が仮想通貨の利便性を感じることができます。

Ripple.incはこの「IoV(Internet of Value、お金のインターネット)」を世界中に普及することを目的に開発しています。

Thumbリップル(XRP/Ripple)の発行枚数と上限枚数は?発行枚数が減少する理由も解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)社が仮想通貨の未来について語る:仮想通貨技術は絶対に広がる | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②リップルコインはマイニングが不要!

「マイニング」とはビットコインなど、ブロックチェーンを利用する際に必要な取引認証です。マイニングを行うことで新しいデータ(ブロック)が生成され、その際にビットコインが発行されます。

仮想通貨を採掘するような作業であることからマイニングと呼ばれています。プログラミング技術を持っている人はマイニングの報酬を狙うことも投資に役立っています。

一方、リップルコインは独自のネットワークで繋がっており、ブロックチェーンは利用していません。そのためマイニングも不要であり、その処理がないことも圧倒的な決済スピードに繋がっています。

しかしマイニング処理を行う人は報酬を受け取ることができるため、マイニング報酬を得られないことはデメリットとも言えます。ですがマイニングとは別の方法で、リップルコインを受け取れる方法があるようです。

それは大手IT企業IBMが主催する、科学的研究の計算協力というボランティアチーム「World Community Grid(WCG)」へ参加する方法です。

WCGコミュニティに登録後、無料ソフトウェアをインストールしたPC稼働しておくことでサーバーから送られてきたデータを計算、送信します。

これだけで分散型ネットワーク研究に貢献することができ、報酬を受け取ることができます。やり方自体は通常のマイニングに近いですね。

マイニングと同じく電気代はかかってしまいますが、PCを稼働させるだけでリップルコインが報酬として支払われることになるため、特別なマイニング技術は必要ありません。他の仮想通貨のマイニング報酬より狙いやすくおすすめの方法です。

Thumb仮想通貨(アルトコイン)のおすすめマイニング(採掘)方法とは? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルコインの価格チャートの推移

リップルコインの2018年価格予想のため、まずは今までのチャートの動きをおさらいしましょう。リップルコインは2017年3月頃、イングランド銀行と提携と三菱UFJ銀行と提携のニュース発表から価格が動き始めました。

5月には韓国取引所coinoneで上場と、Ripple.incが保有するリップルコインのロックアップを開始したことでさらに高騰しました。ロックアップとは「一定期間リップルコインを市場で売却させない」ことです。

当時大量のリップルコインをもっていたRipple.incは、最もリップルコインを自由に大量売買できる状態でした。市場操作が可能であるため、多くの投資家が不安視していたのです。

そのため、Ripple.incはロックアップを行い、さらに保有するリップルコイン550億XRPを、54ヶ月間毎月最大10億XRPずつ分けて市場に流す、という取り決めを行いました。この事から不安視する投資家が減り、元々機能的に将来性があったことからも高騰したと予想されます。

2017年12月にはRipple.incの技術を活用した日韓国際送金の実験が開始されたニュースに加え、アルトコインブームで他のアルトコインと共に大きく伸びています。

2017年初めには1円以下だったリップルコインは、ここで300円までのぼり、300倍の価格上昇となっています。

Thumbリップル(Ripple/XRP)2018年の価格予想!今後1000円まで上がる? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)のイベント/最新ニュース|今後の予定から2018年まとめ一覧| | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨の将来性ランキング!これから伸びる有望な通貨!【2018年版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルコインのお得な買い方は複数口座を持つこと!

リップルコインは現在時価総額トップ3までのぼり、日本、海外ともに取り扱う取引所が非常に多くなっています。ですので投資方法として複数の取引所を利用した売買を行えます。

複数の取引所を利用するメリットは、リアルタイムで価格の安い取引所から購入することができることです。「アービトラージ取引」といい、安い取引所で購入後、価格の高い取引所へ送金しそこで売却することで利益を得やすくすることが可能です。

資産分散もできるため、取引所へのハッキングなどで失うリスクも減らすことができます。リップルコインだけでなく、他の仮想通貨投資を狙う上でも複数口座を持つことをおすすめします。

Thumbビットコインの取引所間の価格差で稼ぐ!【アービトラージ(裁定取引)】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルコインを購入できるおすすめの日本国内取引所

購入先取引所①bitBank

リップルコインの購入におすすめの日本取引所①は「Bitbank(ビットバンク)」。インターネットマーケティングを行う「株式会社セレス」の代表取締役が関わる仮想通貨取引所です。

Bitbankはチャートが見やすく100を越える充実したツールがあるため、とくに経験者は自信にあったトレードが可能です。スマホでも同様の機能を利用できるため、いつでも精密な取引ができます。

さらにFX取引ではレバレッジも20倍まで可能の上、口座開設まで非常に速く登録後数分で取引可能となっています。

セキュリティも高く、ホット(オンライン)ウォレットには高レベルセキュリティ保障の多重署名ウォレット「BitGo」を利用しています。安全重視の投資を行う上でも、Bitbankはおすすめです。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!
 

Thumbbitbank(ビットバンク)でリップル(XRP)が最安で購入できる!?手数料を徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbbitbank(ビットバンク)の口座開設方法~本人確認の手順【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

購入先取引所②GMOコイン

リップルコインの購入におすすめの日本取引所②は「GMOコイン」です。大手のオンラインサービスGMOが運営しています。

ユーザー同士の取引ではなく、取引所から直接購入する「販売所」形式の取引所であるため、購入時はややコストがかかりますが、入出金、送金の手数料が無料であるため先ほど紹介したアービトラージ取引が行いやすい取引所です。

サーバーも非常に安定しており、マルチシグを利用したコールドウォレットを導入しておりセキュリティ面でも安心できます。

またマイニング事業もおこなっており、マイニングを行える方は他の仮想通貨の報酬も受け取れるためおすすめです。

GMOコインの登録に関して不明点などがあれば【GMOコインの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbGMOコインの特徴と評判比較!仮想通貨(ビットコイン)FXや売買方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbGMOコインの口座開設(登録)・本人確認方法を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

購入先取引所③coincheck

リップルコインの購入におすすめの日本取引所③は「coincheck(コインチェック)」。国内では13種類と国内でもっとも多い取引所です。

取引所の見やすいデザインを目指して開発が行われているため、PC、スマホアプリ共に感覚的に利用できるデザインになっています。

電気代にビットコインを利用できるシステムや、Visa加盟店でスマホやカードを利用した仮想通貨支払が可能な「バンドルカード」とも連携しており、投資以外でも利用しやすい取引所です。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)が大量流出した「コインチェック事件」が起きた際も日本円での返金をすぐに処理できたことから一度は不安が広がりましたが、信頼は以前よりも増したことがあります。

是非コインチェックの綺麗なインターフェースを実感しましょう。

coincheck(コインチェック)の登録に関して不明点などがあれば【coincheckの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!
 

Thumbcoincheckの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェック(coincheck)でのアルトコインの買い方・売り方・手数料まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルコインを購入できるおすすめの海外取引所

購入先取引所①Huobi

リップルコインの購入におすすめの海外取引所①は「Houbi」。中国の取引所ですが、中国政府の仮想通貨規制により現在シンガポールに移転しています。

バイナンス、OKExと共に中国3大大手取引所の一つで流通量が非常に高く、リップルコインを含め約90種以上と非常に多い仮想通貨を取り扱っています。日本語対応で日本からでも投資しやすいのも利点です。

さらにチャートが見やすく、気になるペア相場をお気に入りにいれて整理することができます。

独自トークンHT(Huobiトークン)も購入でき、手数料の支払に充てると50%オフや新規上場通貨のエアドロップなどのサービスがありますので、もし投資に利用する際は一緒に購入すると良いでしょう。

日本語対応ではじめやすく、はじめての海外取引所にはおすすめの取引所です。

ThumbHuobi(フオビ).pro仮想通貨取引所の使い方!登録・口座開設・本人確認・入出金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

購入先取引所②Kraken

リップルコインの購入におすすめの海外取引所②は「Kraken(クラーケン)」です。サンフランシスコの取引所で、2014年に日本進出しており日本語でも利用できます。

海外取引所ですが、日本円で入金できる扱いやすい取引所です。仮想通貨は17種類となっており、ジーキャッシュ、ステラといった国内では取引していない仮想通貨にも投資できます。

取引手数料0.10%~と安くセキュリティも高いですので、こちらも海外取引所を初めて利用するときにおすすめの取引所です。

ThumbKraken(クラーケン)の使い方とは?口座開設・登録方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbKraken(クラーケン)取引所の評判・特徴・手数料・入出金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

購入先取引所③Coinone

リップルコインの購入におすすめの海外取引所③は「coinone(コインワン)」。韓国の大手取引所です。

対応言語は韓国と英語のみですが、メジャーな仮想通貨9種類が上場しておりリップルコインも取引しやすくなっています。

チャートの機能も多く、他の取引所の値動きを見ながら取引できますので、価格差を比較しながら購入することができます。

Thumb韓国の3大仮想通貨取引所!【Bithumb・Coinone・Korbit】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルコインのおすすめウォレット

①Ledger Nano S

リップルコインおすすめウォレット①は「Ledger Nano S(レジャーナノS)」です。

外付けUSBのためオンラインと切り離しが簡単に出来る、手のひらサイズのハードウォレットで扱いやすい特徴があります。秘密キーもありハッキングにつよく20種類以上の仮想通貨に対応しています。

さらにイーサリアム公式ウォレット「MyEtherWallet」と連携することが可能で、連携するとさらに種類を増やすことができます。

品薄状態が続くほど人気のハードウォレットですので、仮想通貨投資にはぜひ利用をおすすめします!

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②GateHub

リップルコインおすすめウォレット②は「GateHub(ゲートハブ)」。リップルネットワークを利用したオンラインウォレットです。

リップルコインのブリッジ機能を利用し、他の仮想通貨の素早い送金や決済が可能です。加えて仮想通貨や金銀などの取引も行え、投資利用も行いやすくなっています。

秘密キー利用でセキュリティも高いウォレットです。ですがやはりネットに繋がったままは安全とは言い切れないので、利用する際はハードウォレットやコールド(オフライン)ウォレットとあわせて分散管理するこをおすすめします。

Thumbリップルウォレット(Ripple Wallet)を保管するGatehub・Toast Wallet | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③Toast Wallet

リップルコインおすすめウォレット③は「Toast Wallet!」。リップルコイン専用のウォレットです。

2017年8月開始したばかりで、デスクトップ、スマホ対応でいつでもどこでも確認することができます。さらにオフラインでも利用可能でバックアップも取れるため、失うリスクも低く安全管理することができます。

他のウォレットと組み合わせて利用すると、投資や資産管理を行いやすくおすすめです。

Thumbリップルウォレット(Ripple Wallet)を保管するGatehub・Toast Wallet | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルコインの国内取引所の購入方法・買い方

それでは今回は、bitbank(ビットバンク)を利用した国内での購入方法(買い方)をご紹介します。

まず、下のボタンからbitbankの公式ページにアクセスして新規アカウント(新規口座)を作りましょう。トップページ右上の「新規口座開設」をクリックします

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

買い方手順①取引所の口座開設

「新規口座開設」をクリックすると、上の画面のようにメールアドレス入力を求められます。利用するアドレスを入力後「登録」をクリックしましょう。登録したメールに「仮登録メール」が届きます。

届いたメールに載っているリンクにアクセスすると、利用規約、取引ルール、リスク事項に同意するページに進めます。内容を十分理解した上でチェックボックスにチェックを入れ、取引開始ボタンをクリックすればアカウント作成は完了です。

ただ、日本円入金には「本人確認」が必要になります。今後の取引の為にも行っておきましょう。ログイン後「基本情報」から基本情報(氏名、生年月日、住所)を入力できます。

続けて運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードといった本人確認書類をWebからアップロードを行い、bitbankから書留郵便が届いたら本人確認が完了します。

買い方手順②取引所へ日本円の入金

次に取引のために、日本円をbitbankアカウントに入金しましょう。ログイン後右上メニューの「入出金」をクリックすると入出金画面に進みますので、日本円の右側にある「入出金」ボタンをクリックします。

bitbank指定の振込用口座が表示されていますので、自身の銀行口座から振込を行います。

振込反映が完了すればbitbankから振込完了のメールが届きますので、それを確認後アカウントに日本円が反映されているか確認しましょう。

買い方手順③取引所でリップルコインを購入

準備が整ったらリップルコインを購入してみましょう。右上メニュー「トレード」をクリックすると、上のようなチャート画面へ進めます。

①左上の相場ペアをクリックし「XRP/JPY」を選択するとチャート、注文ボードがXRP/JPYペアになります。

その状態で②注文ボードに、希望のリップルコイン数量、もしくは日本円で希望価格を入力し「注文」をクリックしましょう。これでリップルコインが購入され、アカウントに反映されます。

リアルタイムの価格で注文を出す場合は「成行」、チャート予想しており希望レートで予約する場合は「指値」を選択して注文するとより安定した投資を行えます。

Thumbbitbank(ビットバンク)の口座開設方法~本人確認の手順【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbbitbank(ビットバンク)の入金・出金方法と反映時間と手数料を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルコインの海外取引所の購入方法・買い方

リップルコインを海外の取引所で購入する方法(買い方)は、まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。今回は国内大手取引所Zaif(ザイフ)を利用した購入方法をご紹介します。

Zaif(ザイフ)は国内大手の仮想通貨取引所で、ブロックチェーンの研究を行う会社が運営しており、セキュリティ面も信頼できます。また、取引時のサービスも多く、取引するほどにプラスして仮想通貨を受け取ることもできます。

非常に安定感の強いお得な取引所と言えますので、この機会に是非Zaif(ザイフ)の登録もおすすめします。

まだアカウントをお持ちでない方は是非公式ページを覗いてみましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

買い方手順①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でビットコインを購入しましょう。新規登録や本人確認が未だでしたら、この見出しの下部にあるリンクを参考に登録してみましょう。

まずZaif(ザイフ)にログインしましたら、右上のメニューが表示から「簡単売買」をクリックします。画面が下の画像のように切り替わるはずです。

変わりましたら、下に続く画像のように、赤枠のところに希望のビットコインの量を入力しましょう。日本円でも指定ができます。

金額に問題がなければそのまま「BITCOINを買う」をクリックします。数分たてば、自身のZaif(ザイフ)ウォレットにビットコインが反映されます。

ThumbZaif(ザイフ)のアカウント作成・登録から入金方法まで詳しく解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

買い方手順②Huobiへビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、海外取引所のアカウント(ウォレット)にビットコインを送りましょう。今回は先ほど紹介したHoubiで解説します。

「簡単売買」のあったメニューに「アカウント」がありますのでそちらをクリック後、中央の①「入出金と履歴」という項目があるのでそちらをクリックします。すると下のような画面が表示されます。

②送る仮想通貨の種類と「送金」をクリックすると、③「出金アドレス」「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」が表示されます。

アドレスはHoubiにある自身のウォレットアドレス、出金金額は送りたいビットコイン量を入力します。

出金手数料は無記入なら「0.0005BTC」になります。上乗せするとより速く送金が完了しますので、もし急ぎの場合は0.0005BTCより多い量を入力しましょう。

一番下の「2段階認証トークン」は、設定している人のみ表示されます。スマートフォンのアプリを利用した認証ですので、設定済の方はスマートフォンに表示される番号を入力して下さい。

すべて入力したら、一番下の「出金」をクリックしましょう。数分たてばHoubiに送金が完了します。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

Thumbzaif(ザイフ)の2段階認証の設定と解除方法!【スマホ・PC】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

買い方手順③Huobiでリップルコインを購入

ビットコインが送れたら、最後にHoubiの取引所でリップルコインとビットコインを交換しましょう!

Houbiにログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①の検索ボックスに「XRP」と入力します。

次に下にある「BTC」をクリックすると、下に「XRP/BTC」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。

すると、中央のチャートが「XRP/BTC」に切り替わり、購入や売却の取引ペアもXRP/BTCに切り替わります。

先ほどの画面を下に下げると、取引画面がありますので、ここでリップルコインを注文できます。

希望のリップルコインの数量、もしくはビットコインの数量で決め、「買いXRP」をクリックすれば購入完了です。

リップルコインの今後のイベントと将来性を予想!

①2018年以降に予定されているイベント

リップルコインの特徴や取引所などをご紹介したところで、最後にリップルコインのイベントなどから2018年以降の将来性を予想していきましょう。

まず2018年頭に起きたイベントを振り返ると、まず2月にはカナダの取引所Coinsquareに上場を果たしています(上部画像)。また一つリップルコインの流通量が上がるイベントが増え、チャートの上昇につながると予想できます。

また3月にはシンガポールで行われた金融工学に関する大規模なカンファレンス「Money20/20アジア」が開催されました。

そこでは各国の中央政府または同政府から債務保証を受けた機関に対し融資を行う国際機関「世界銀行」の経済専門家Dilip Ratha氏が「2030年までに送金手数料を7%から3%への引き下げを重要な目標」としていることを述べています。

それに対しRiplle.incのCEOであるガーリングハウス氏は「それが実現されれば、我々は失敗したと言える。さらにもし成功すれば0.3%にまで下げることができる」と話し、リップルコインが世界金融ネットワークに大きな貢献を行う姿勢を感じさせられました。

このことも2018年以降、リップルコインの流通量や価格チャートには期待できると予想できます。

2020年にはRipple.incのロックアップも終了し、その際にはRipple.incから残りの450億が大量に流出することになります。

需要が高まった頃に安定した流通量が期待できますので、価格は上昇しつつも安定したチャートが予想できます。投資目的としてもリップルコインは購入しやすいチャートとなるでしょう。

Thumb【リップル重大ニュース】リップル(Ripple/XRP)がカナダの仮想通貨取引所で取り扱い開始 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)のイベント/最新ニュース|今後の予定から2018年まとめ一覧| | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②SBIバーチャルカレンシーズ上場予定

リップルコインの国内でのイベントでは「取引所SBIバーチャルカレンシーズの開始と上場」があります。

SBIバーチャルカレンシーズは2018年開始予定のSBIクリプトカレンシーホールディングスの傘下取引所で、リップルコインの他にビットコイン、イーサリアム、独自コインのSBIコインの取引を予定しています。

上場する仮想通貨は今のところ少ないですが、独自コインがあるということはHoubiのHKトークンのような取引時の割引や保有数による報酬があると予想できます。

SBI自身が大きな金融企業でることもある上、2016年5月からRipple.incと共同で「SBI Ripple Asia」を設立しており、2017年12月には導入にむけて送金実験を実施中です。

「リップルコインとは繋がりが深い企業の取引所」ということからも、2018年SBIバーチャルカレンシーズは特にリップルコイン流通量・価格チャートに大きな期待が出来ると予想されます。開始の日が待ち遠しいですね。

Thumbリップル(XRP)がSBIバーチャルカレンシーズで取扱開始!公式サイトから最新情報 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbSBIバーチャルカレンシーズはいつ?優先口座開設メールの配信開始! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③リップルコインに投資したら売らない方が良い?

仮想通貨は基本的に数が少なくなれば稀少価値が上がり、価格チャートがあがりやすいと予想される通貨です。

さらにリップルコインは既に1000億枚発行済で、使い捨ての仮想通貨です。ブロックチェーンを使わない代わりに使い捨てにすることでセキュリティをあげているのです。

つまり今後流通するほど減っていく仮想通貨であるため、希少性はどんどん上がると予想できます。ただ、リップルコインは他の仮想通貨との橋渡しとなるため、保有する人が増えてしまうと価値も需要も無くなってしまいます。

Ripple.incとしてもそれは避けたいと考えているため、今後もしかすると発行量を増やすなどの策を行う可能性は高いですが、価値を失くさないために全ての保有は避け、一部だけでも売買を行うとチャートの動きは安定するでしょう。

リップルコインのおすすめの取引所は?購入方法や買い方を解説!まとめ

リップルコインのおすすめ取引所や購入(買い方)、2018年のチャートや投資予想をお伝えしましたが、いかがでしょうか?

リップルコインは利便性も将来性も高く、企業中心のネットワークであることもあり流通量は期待できます。それだけに、発行量の少なさはやはり気になるところですね。

ただブロックチェーンを利用したネットワークではありませんので、今後発行量を増やしていくこともあるかもしれません。

リップルコインの発行バランスが整えば安定した価格チャート上昇も期待できます。2018年の開発やニュースに期待しましょう。

リップルは2018年6月まで仮想通貨の取引手数料が無料キャンペーン中で、リップルを板取引でお得に購入できるbitbankがおすすめです。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbリップル(XRP/Ripple)の発行枚数と上限枚数は?発行枚数が減少する理由も解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨の将来性ランキング!これから伸びる有望な通貨!【2018年版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)2018年の価格予想!今後1000円まで上がる? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)のイベント/最新ニュース|今後の予定から2018年まとめ一覧| | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)社が仮想通貨の未来について語る:仮想通貨技術は絶対に広がる | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbbitbank(ビットバンク)でリップル(XRP)が最安で購入できる!?手数料を徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(XRP)がSBIバーチャルカレンシーズで取扱開始!公式サイトから最新情報 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨(アルトコイン)のおすすめマイニング(採掘)方法とは? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップルウォレット(Ripple Wallet)を保管するGatehub・Toast Wallet | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side