仮想通貨QASH(キャッシュ)のチャート・価格変動・今後の将来性を解説!

有名な仮想通貨取引所QUOINEXはQASH(キャッシュ)という仮想通貨(トークン)を発行しています。今回はQASH(キャッシュ)の価格やチャートの様子、今後の展望などを詳しく見ていきます。購入を考えている人はチャートや現在価格、今後の見込みを確認しましょう。

仮想通貨QASH(キャッシュ)のチャート・価格変動・今後の将来性を解説!のイメージ

目次

  1. 1QASH(キャッシュ)とは?
  2. 2QASH(キャッシュ)のICOは大成功!
  3. 3QASH(キャッシュ)のチャートと価格変動
  4. 4QASH(キャッシュ)の今後の価格予想
  5. 5QASH(キャッシュ)が簡単に購入できる取引所
  6. 6QASH(キャッシュ)が他の日本の取引所に上場する可能性は?
  7. 7QASH(キャッシュ)の2018年以降のロードマップ
  8. 8QASH(キャッシュ)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨QASH(キャッシュ)のチャート・価格変動・今後の将来性まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

QASH(キャッシュ)とは?

まずはQASH(キャッシュ)とはどんな仮想通貨(トークン)なのかについて見ておきましょう。購入を考えている人やQASH(キャッシュ)について知りたい人は必見です!

QASH(キャッシュ)の概要

通貨名 QASH
キャッシュ
通貨記号 QASH
リリース日 2017.11.21
発行上限 1,000,000,000 QASH
時価総額 194,827,461 USD
20,811,566,820 JPY
時価総額ランキング 234位
2018.04.09現在

QASH(キャッシュ)の基本情報

QASH(キャッシュ)は有名な仮想通貨取引所の一つQUOINEXを運営している会社が発行しているトークンです。

QUOINEXを利用している人ならQASH(キャッシュ)について知っているかもしれませんね。チャートを見たことがある人もいるでしょう。

厳密に言うとQASH(キャッシュ)はトークンであるため、流通させるためのプラットフォームが別に必要になります。

そのプラットフォームは「LIQUID」と呼ばれています。まずはじめにこのLIQUIDとはどんなプラットフォームなのかについてチェックしておきましょう!

QASH(キャッシュ)の購入を考えている方はQUOINEXの口座を開設しておきましょう。日本円の入金から取引まで一か所で行えます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録に関して不明点などがあれば【QUOINEXの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbQUOINEX(コインエクスチェンジ)のスマホアプリの使い方!入金・出金もアプリで可能! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

QUOINE LIQUIDプラットフォーム

LIQUIDプラットフォームの目的は世界中の仮想通貨取引所が取り扱っているコインのトレードを一元化することを目的としています。

LIQUIDではそのために必要なプラットフォームを提供するだけでなく、付随するシステムやサービスも提供することを目指しています。

これにより、2018年現在の仮想通貨市場が抱える問題の一つである「取引所ごとの価格差」を解消することができるようになるかもしれません。

また、仮想通貨取引所によっては流動性が低く、売買したくても注文が約定しないという問題を抱えているということもあります。

LIQUIDはそれらの流動性に起因する問題を解決できるプラットフォームとして期待されています。QASH(キャッシュ)の将来に期待できる要素の一つですのでしっかり覚えておいて下さい。

仮想通貨で最も有名なビットコインの購入は手数料が安くアプリも使いやすいbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。bitFlyer(ビットフライヤー)は国内取引所での取引量が国内1位です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

QASH(キャッシュ)のICOは大成功!

新しい仮想通貨をリリースする時は基本的にICOが実施されます。ICOの成否はその仮想通貨の今後を決める重要な指針と言えるでしょう。

QASH(キャッシュ)のICOは一言でいうと「大成功」しました。ここではQASH(キャッシュ)のICOの様子と上場直後の様子をチェックしておきましょう。

2017年11月6日〜9日の3日間で120億円も調達

QASH(キャッシュ)のICOは2017年11月6日に開始されました。開始当時の価格は1QASH=0.0008ETHとなっていました。

QASH(キャッシュ)のICOは開始から3日で約120億円を調達する大成功を収めました!ICOに成功したということは今後のQASH(キャッシュ)の発展にも期待できるといえます。

このICOの成功を受けて、当初は2017年12月中を予定していたQASH(キャッシュ)の販売開始を2017年11月に行うことになりました。

まさに異例のICOということができるでしょう!

現在行われるICOはほとんどがイーサリアムでの参加が可能です。イーサリアムの購入は手数料のお得なZaif(ザイフ)がおすすめです。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaif(ザイフ)の手数料比較!スプレッド・取引手数料・送金手数料・入出金手数料 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

QUOINEX取引所に上場直後、余剰預金が流れて価格高騰

ICOに大成功したQASH(キャッシュ)は2017年11月21日にQUOINEXに上場されました。上場後の価格はどうなったのかを見ていきましょう。

QASH(キャッシュ)はQUOINEXに上場されるとさらに価格を上昇させ、当初の1QASH=45JPY程度からすぐに1QASH=60~70JPY程度になりました。

この原因はICOで購入できなかった人の資金がQASH(キャッシュ)に流入したためと考えられます。QASH(キャッシュ)はICOが大成功したことからもわかる通り多くの投資家の注目を集めていました。

そのため、購入できなかった人の資金が一気に市場に流入したといえるでしょう。

BTC投資歴1年

(27)

ICOには参加できなかったので上場されてから購入しました。
同じような人が多かったらしくチャートを見てみると一気に上昇していましたね。とても期待できそうな仮想通貨です。

Thumb仮想通貨のホワイトペーパーの意味とは?ICO参加するには必読! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

QASH(キャッシュ)のチャートと価格変動

ここまででQASH(キャッシュ)のICOの大成功と上場直後の価格上昇について簡単にチェックしていきました。

続いてQASH(キャッシュ)のチャートを詳しく分析しながら価格を見ていきましょう!

【2017年11月21日】QUOINEXとQRYPTOSに同時上場時のチャートと価格変動

2017年11月21日はQASH(キャッシュ)が仮想通貨取引所に上場された日です。将来性のある期待の仮想通貨の上場とあって市場の反応も良く、チャートを見ると価格がどんどん上昇しています!

上場後は一時的に価格が下がり、1QASH=0.44USD(47JPY)程度の値をつけたこともありましたが、その後上昇に転じ2017年11月30日には1QASH=1.37USD(146JPY)まで価格が上昇しました。

わずか1週間で価格が約3.1倍になった仮想通貨です。

【2017年12月1日】Bitfinexに上場時のチャートと価格変動

続いて2017年12月1日以降のチャートを見てみましょう。この期間にはQASH(キャッシュ)がBitfinexに上場されるという出来事がありました。
通常、上場取引所が増えると価格が上昇する傾向が見られます。

しかし、チャートを見てみるとQASH(キャッシュ)がBitfinexに上場されたものの市場の反応はあまり見られず、11月中とは逆の下落傾向が見られました。

この期間のQASH(キャッシュ)の価格は1QASH=1USD(110JPY)前後となっています。上場直後からヒートアップしていたチャートが少し落ち着いたようです。

ThumbBitfinex(ビットフィネックス)とは?特徴・手数料・入出金・送金方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

【2018年以降】QASH(キャッシュ)のチャートと価格変動

最後に2017年12月下旬から2018年のチャートを見てみましょう。12月中旬までは一転して下落傾向だったQASH(キャッシュ)のチャートは12月下旬から再び上昇していきます!

チャートは上場直後の価格上昇に匹敵するような急騰を見せ、12月中旬には1QASH=1USD(110JPY)程度だった価格は2018年1月14日には1QASH=2.4USD(264JPY)まで上昇しました!

しかし、その後のチャートを見てみるとQASH(キャッシュ)は仮想通貨関連の規制騒ぎなどの各種騒動によって再び価格は下落し、2018年4月9日現在、1QASH=0.55USD(60JPY)前後でトレードされています。

上場直後の価格と最高値時の価格を比べると6倍以上に急騰しており、QASH(キャッシュ)の将来性の高さに対する市場の期待度をうかがい知ることができます。

Thumb仮想通貨の規制に世界35カ国が動き出す!最も懸念すべきはマネーロンダリング | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

QASH(キャッシュ)の今後の価格予想

QASH(キャッシュ)の今後の価格予想も気になるのではないでしょうか?2018年4月現在、QASH(キャッシュ)が活躍するプラットフォームであるLIQUIDがまだ正式に始まっていません。

これがスタートするとさらにQASH(キャッシュ)へ注目が集まることが予想されています。場合によっては1QASH=10,000JPYを超えるのではないかという予測も出ていますのでかなり期待度が高いといえるかもしれません。

これからQASH(キャッシュ)の購入を考えている人は開発予定など価格推移に関連しそうな情報をしっかりチェックしておきましょう!

QASH(キャッシュ)が簡単に購入できる取引所

続いて仮想通貨QASH(キャッシュ)が購入できる取引所について見ていきましょう。これからQASH(キャッシュ)の購入を考えている人は必見です!

QUOINEX取引所

2018年4月現在、QASH(キャッシュ)を購入できる国内取引所はQUOINEXのみです。QUOINEX取引所のQASH(キャッシュ)取引高はHuobiに続いて世界第2位ですので流動性も高くオススメの取引所です。

QUOINEXは2014年11月に設立された比較的古い仮想通貨取引所であり、セキュリティが高い事で知られています。もちろん、金融庁に正式に登録されている取引所ですので安心してトレードすることができるでしょう。

この取引所を運営している会社が仮想通貨QASH(キャッシュ)を発行していることを考えるとここを利用するのが最もオススメです!

QUOINEXについてもっと知りたい人はこちらもご覧ください。

ThumbQUOINEX(コインエクスチェンジ)取引所の評判・特徴・手数料・入出金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbQUOINEX(コインエクスチェンジ)の使い方とは?口座開設・登録方法・買い方を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

QASH(キャッシュ)が他の日本の取引所に上場する可能性は?

QASH(キャッシュ)が上場されている国内取引所はQUOINEXだけであることを紹介しました。海外取引所ではいくつかあるものの、他の国内取引所に上場される予定があるのか気になる人も多いかもしれませんね。

2018年4月現在、残念ながら他の国内取引所への上場予定は発表されていないようです。しかし、今後他の国内取引所に上場されることになれば価格が上昇することに期待できます。

そういった面では今がチャンスと言えるかもしれませんね。もちろんリスクもありますので購入の際にはしっかり自分で確認した上で購入することをオススメします。

QASH(キャッシュ)に注目している人は今後の仮想通貨関連のニュースから目が離せません!

Thumb仮想通貨のFUDとは?FUDの意味・使い方・最近のFUDと思われるニュースまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

QASH(キャッシュ)の2018年以降のロードマップ

続いてQASH(キャッシュ)のロードマップを見ていきましょう。上記のロードマップを見れば今後の開発予定がひと目でわかりますよ!

今後注目したいのは「LIQUIDの正式スタート」と「ブロックチェーンの完成」です。

QASH(キャッシュ)が使われるプラットフォームであるLIQUIDが完成すればさらに注目を集め、価格が上昇することが期待できます。

さらに、独自ブロックチェーンが完成すればQASH(キャッシュ)の大きな強みとなることでしょう。QASH(キャッシュ)は将来性に期待できる仮想通貨ですので今から要注目です!

QASH(キャッシュ)の今後の将来性

ここではQASH(キャッシュ)の将来性を左右しそうな要素を詳しく見ていきます。QASH(キャッシュ)の購入を考えている人はもちろん、QASH(キャッシュ)とはどんな仮想通貨なのかを知りたい人も是非しっかりチェックしておくことをオススメします。

LIQUIDの正式スタート

QASH(キャッシュ)の将来性を考える上で絶対に忘れられないのが「LIQUID」です。QASH(キャッシュ)はもともとこのLIQUID上で使われる仮想通貨(トークン)です。

これは世界中の仮想通貨取引所と一元化するための大規模なプラットフォームです。LIQUIDがうまく稼働すれば取引所ごとの価格差や流動性の問題を一気に解決することができるでしょう。

今後の仮想通貨市場全体にも影響してきそうなプラットフォームですので注目しておきましょう!

※LIQUIDの正式スタート予定は2018年第2四半期です

Thumb仮想通貨のトークンとは?仮想通貨との違いをどこよりも詳しく解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

独自ブロックチェーンの完成

QASH(キャッシュ)は2018年4月現在はイーサリアム(ETH)のブロックチェーンを利用した仮想通貨(いわゆるERC-20トークン)です。

しかし、QASH(キャッシュ)は独自のブロックチェーン(QASHブロックチェーン)を開発しています。

どうやらこのブロックチェーンの詳細までは発表されていないようですが、完成後はQASH(キャッシュ)に関連するものは全てこのブロックチェーン上で稼働するようになる予定です。

この中にはもちろん前述のLIQUIDを含んでいます。

※QASHブロックチェーンの完成は2019年第2四半期予定です

イーサリアムを含む多くのアルトコインはZaif(ザイフ)で購入ができます。取引所によって取り扱い銘柄が違うので、複数の口座を持つことは仮想通貨取引では当たり前となっています。この機会にZaif(ザイフ)の口座も開設しておきましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

銀行免許の取得

さらにQASH(キャッシュ)は銀行免許の取得も目指しています。LIQUIDは仮想通貨だけでなく法定通貨も巻き込んだ一大プロジェクトとなっています。

そのため、QASH(キャッシュ)で銀行が運営できるようになるとさらにLIQUIDの利便性や信頼性が高まることが予想できます。

仮想通貨には現在、国家の規制などの問題はありますが、クリアできた場合はQASH(キャッシュ)の大きな強みとなるでしょう。こちらも将来性に期待できる要素の一つです。

※銀行免許の取得は2019年第3四半期の予定です

仮想通貨QASH(キャッシュ)のチャート・価格変動・今後の将来性まとめ

この記事では仮想通貨QASH(キャッシュ)の詳細やチャートの様子、さらには将来性について詳しく見ていきました。

仮想通貨取引所が抱える問題の解決を目指しておりとても将来性に期待できる仮想通貨であることに気付かされたのではないでしょうか?

ロードマップどおりに開発が進めば世界中から注目される仮想通貨に成長するかもしれません。将来性のある有望な仮想通貨ですので気になる人はしっかりチェックしてみてください!

2018年4月現在、QASH(キャッシュ)が購入できる国内の仮想通貨取引所はQUOINEXだけですのでアカウントを持っていない人はこの機会に開設するのがオススメです!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録に関して不明点などがあれば【QUOINEXの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbQUOINEX(コインエクスチェンジ)取引所の評判・特徴・手数料・入出金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side