リップル(Ripple/XRP)でトークンが作れてICOが可能に!

リップル(Ripple/XRP)でトークンを作ってICOを行えることがわかりました。リップル(Ripple/XRP)でICOトークンを作成するのをリップル社は歓迎していませんが、防げるものではないと言います。すでに、ICOトークンを作成した会社もあります。

リップル(Ripple/XRP)でトークンが作れてICOが可能に!のイメージ

目次

  1. 1リップル(Ripple/XRP)でトークンが作れてICOができる!
  2. 2多くの仮想通貨プロジェクトがICOプラットフォームのイーサリアム(ETH)以外を探している?
  3. 3リップル(Ripple/XRP)の公式のICOトークン作成に対するコメント
  4. 4しかし、リップル(Ripple/XRP)を利用してトークンを作りICOをしたのはこれが初めてではない
  5. 5ICOトークンをリップル(Ripple/XRP)に作れるようになれば価格への影響は?
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リップル(Ripple/XRP)でトークンが作れてICOができる!

すでにリップル(Ripple/XRP)を利用してトークンを作ろうとしているところも

リップル社のリップル(Ripple/XRP)元帳で仮想通貨トークンを作ってICOを行えることがわかりました。プログラマーたちは他より先にリップル(Ripple/XRP)元帳でトークンを作ろうと目論んでいます。

リップル(Ripple/XRP)元帳で仮想通貨トークンを作れるというのは、いろんな意味でおかしいように思えるかもしれません。まず、リップル(Ripple/XRP)元帳とリップル社との関係を考えてみてください。

サンフランシスコの新興企業リップル社は、分散型元帳技術を世界最大の金融企業に提供することに集中するため、仮想通貨から手を引こうとしてきました。次に、リップル(Ripple/XRP)元帳はオープンソースではありますが、正確にはプラットフォームではありません。

多くの仮想通貨プロジェクトがICOプラットフォームのイーサリアム(ETH)以外を探している?

イーサリアム(ETH)は仮想通貨トークンを作りたい起業家のためのブロックチェーンとして機能してきましたが、最近多くのトークン発行者がイーサリアム(ETH)の代わりとなる仮想通貨を探していることがわかりました。

リップル(Ripple/XRP)で作るトークンが決済には最もおすすめ

たとえば、Allvorにとって、リップル(Ripple/XRP)元帳は、計画しているトークンを使った事業を運営するために魅力的な仮想通貨です。Allvorは、デジタル決済の効率をよくしようとするブラジルに拠点を置く小さな会社です。

Allvorはリップル(Ripple/XRP)を活用できることを非常に嬉しく思っています。

リップル(Ripple/XRP)のプラットフォームは世界で最も進んだ分散型プラットフォーム

リップル(Ripple/XRP)技術のファン雑誌のようであるAllvorのホワイトペーパーには「リップル社によって開発されたリップル(Ripple/XRP)は今までで最も効率的な分散型データベース技術です」と記載されています。

Allvorによると、リップル(Ripple/XRP)元帳の主なセールスポイントは速度ですが、同社がリップル(Ripple/XRP)の分散元帳が仮想通貨トークンを作るのに完璧なプラットフォームだと考える理由は他にもあります

一方で、リップル社はリップル(Ripple/XRP)元帳でトークンが作られるのはあまり歓迎していないようです。声明のなかで、リップル社はリップル(Ripple/XRP)元帳は公開されているため、リップル(Ripple/XRP)技術が予期せぬ使い方をされても防ぐことはできないと言うことを強調しました。

リップル(Ripple/XRP)のスポークスマンは次のように述べています。

「リップル(Ripple/XRP)元帳はオープンソースで分散型プラットフォームなので、ユーザーは作りたいものはなんでも作ることができます。しかし、リップル社はリップル(Ripple/XRP)元帳でのトークンを作詞してのICOを奨励・支援するつもりはありません」

リップル(Ripple/XRP)の公式のICOトークン作成に対するコメント

Allvorは、電子商取引を効率的にするには単に取引を処理するだけではないシステムが必要であることを理解しています。

Allvorには、商業における物流管理、顧客管理、マーケティングソフトウェアを統合するシステムが必要です。そのため、Allvorは「ALV」というICOトークンを作り、このICOトークンと一緒に機能できるプラットフォームを構築しようとしています。

Allvorの共同設立者であり、長年ブラジル経済省の職員を努めてきたCleyton Dominguesは次のように言いました。

「ALVでの支払いが10分以内でできるソフトウェアやプラグイン(追加のソフトウェア)を、あらゆる規模の店がインストールできるようになることが理想です。私たちの課題は、(前述したような)統合を可能にするソフトウェアを開発することです」

投資家に頼らずプロジェクトの資金を自力で調達したAllvorの経営者は、リップル(Ripple/XRP)元帳はすでにさまざまな利益を生み出していると考えています。

たとえば、Allvorのホワイトペーパーよると、リップル(Ripple/XRP)元帳の「複数の支払いゲートウェイ(複数のネットワークの接続システム)」技術のおかげで国際的システムをより簡単に設定できるようになります。

また、リップル(Ripple/XRP)元帳のユーザーは、取引を希望するユーザーと「信頼チャネル」を設定する必要があるため、ユーザーはどの仮想通貨トークンを受け取るのか自分により決定権があるように感じることができます。

最近、個人投資家と機関投資家の両方がICOトークンの無料配布が詐欺のようなものだと嘆いていることを考えるとこれは特に重要なことです。

彼らが嘆いているのは、トークン発行者は単にユーザーが所有しているイーサリアム(ETH)などの他のトークンの量に基づいてICOトークンを配布するということです。

しかし、リップル(Ripple/XRP)のシステムでは、ユーザーがトークンを受け取ると選択をしなければなりません。

Allvorは1000億ものALVトークンを作っています。リップル(Ripple/XRP)保有者に対して3月27日現在で彼らが持っているリップル(Ripple/XRP)の量に基づいてその5%が送られます(彼らが欲しいと選択した場合)。

しかし、リップル(Ripple/XRP)を利用してトークンを作りICOをしたのはこれが初めてではない

初めてのリップル(Ripple/XRP)トークンICOとは?

しかし、退くのが難しい市場に参入するのに多くの投資家は慎重です。

Bloombergによると、リップル(Ripple/XRP)の人気は最近高まっていますが、リップル(Ripple/XRP)の経営者はCoinbase(コインベース)やGemini(ジェミニ)のような主要な米国の取引所にリップル(Ripple/XRP)を上場させるのに苦労しています

しかし、業界の起業家でビットコイン(BTC)ブラックフライデー運動の主催者であるJon Holmquistは、リップル(Ripple/XRP)のプロトコルはあらゆる種類の資産に対応する、分散型取引所として機能するように設計されているため、それは問題ではないと述べました。

また、実はHolmquistが2017年6月にリップル(Ripple/XRP)でICOトークンを最初に発行しました。

初のリップル(Ripple/XRP)のICOトークンはどのようなもの?

HolmquistはICOを通じて16万円相当のリップル(Ripple/XRP)を調達しましたが、約1ヶ月後に米国証券取引委員会(SEC)がThe DAOに提出した指示に従い、投資家の資金を返却すると決めました。

HolmquistはCoindeskに「多くのICOをしようとする会社はリップル(Ripple/XRP)で初めてトークンを作ることに躊躇しているように感じます」と言いました。

リップル(Ripple/XRP)にICOトークンを作るのは、煮え切らない評価を得ていますが、彼はより多くの起業家にトークン発行におけるリップル(Ripple/XRP)元帳の利益に気づいて欲しいと考えています。

リップル(Ripple/XRP)にはまだ見ぬ可能性がたくさんあると彼は言います。

「リップル(Ripple/XRP)コミュニティーはとても力強いと思います。リップル(Ripple/XRP)には投資してそのまま何もしていない投資家達がたくさんいます。そんなリップル(Ripple/XRP)のネットワークに入り、それらの投資家の強みを生かすことができます!」

 

An XRP ICO? It's On Whether Ripple Likes It or Not

Coindesk、Brady Dale、5 Apr 2018

ICOトークンをリップル(Ripple/XRP)に作れるようになれば価格への影響は?

ICOトークンをリップル(Ripple/XRP)で作れるようになれば、今後のリップル(Ripple/XRP)の価格への影響は大きくなるでしょう!


ここ最近は仮想通貨の価格が大きく下がる弱気相場になっていますが、仮想通貨の価格への影響が大きい特徴として、「プラットフォーム通貨」が上げられます。

リップル(Ripple/XRP)が今後、そのプラットフォーム上で多くのトークンを作れるようになれば、リップル(Ripple/XRP)プラットフォームの将来性は大きくなるでしょう!

さらなる今後の伸びに期待がかかります!

リップル(Ripple/XRP)を購入するならおすすめの取引所は?

リップル(Ripple/XRP)を購入するのに最もおすすめの取引所はbitbank(ビットバンク)です!

bitbank(ビットバンク)でリップル(Ripple/XRP)を購入するメリットは、取引手数料が無料で、リップル(Ripple/XRP)をお得に購入ができるということです!

GMOコインとは違い、チャートを見たり、板を見たりと本格的なトレード画面となっており、リップル(Ripple/XRP)をお得に買いたい人や、本格的なトレード画面での取引をしたい人にオススメです!

ただし、取引の操作が初心者の人には少々難しいかもしれませんので、取引は簡単な方がいいと言う人にはGMOコインとの併用がおすすめです!


bitbank(ビットバンク)がおすすめの人

 
  • 手数料が無料というお得な取引で手数料リップル(Ripple/XRP)を取引をしたい人
  • 本格的なトレード画面でリップル(Ripple/XRP)を取引したい人
  

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

もう一つbitbank(ビットバンク)にない強みを持った取引所としてDMM Bitcoinがあります!

DMM Bitcoinでリップル(Ripple/XRP)を購入するメリットは、DMM Bitcoinが日本で唯一リップル(Ripple/XRP)をレバレッジ取引ができるということです!

人気通貨のリップル(Ripple/XRP)をレバレッジ取引できるのはDMM Bitcoinだけなので、最近できた取引所にも拘わらず、DMM Bitcoinには登録が殺到しています。

さらに今は口座開設をすると1000円をもらえるというキャンペーン中です!(3月末まで)

しかし、現物取引ができませんので、GMOコインとbitbank(ビットバンク)との併用がおすすめです。

DMM Bitcoinがおすすめの人

 
  • リップル(Ripple/XRP)をレバレッジ取引したいという人
  • 口座開設をしてお得に1000円もらいたい人
 (ぜひそのお金でレバレッジ取引を始めてみるのをおすすめします!)
  

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の登録に関して不明点などがあれば【DMM Bitcoinの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumb仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン)の特徴・評判・手数料・入出金方法 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

このニュースを見た人はこちらのニュースも見ています

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)のイベント/最新ニュース|今後の予定から2018年まとめ一覧| | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side