ビットコインとリップルの違いを徹底比較!どっちを購入すべき?

この記事では有名な仮想通貨であるビットコインとリップルの違いを比較しながら見ていきます。2018年のビットコインとリップルの展望はどうなっているのかを詳しく見ていきましょう!これらの通貨の購入を考えている人はしっかり比較しながら違いを把握しておきましょう。

ビットコインとリップルの違いを徹底比較!どっちを購入すべき?のイメージ

目次

  1. 1ビットコインとリップルの特徴とは?
  2. 2ビットコインとリップルの基本情報の違いを比較
  3. 3ビットコインとリップルの開発目的の違いを比較
  4. 4ビットコインとリップルの承認アルゴリズムの違いを比較
  5. 5ビットコインとリップルの管理者の動機の違いを比較
  6. 6ビットコインとリップルの性能の違いを比較
  7. 7ビットコインとリップルの価格チャートの比較
  8. 8ビットコインとリップルの比較に関するよくある質問
  9. 9ビットコインとリップルの違いを徹底比較!まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコインとリップルの特徴とは?

この記事では有名な仮想通貨の中から「ビットコイン(BTC)」と「リップル(XRP)」の特徴や違いを比較しながら見ていきます。

ビットコインやリップルの購入を考えている人や将来有望な方を購入したい人は是非さまざまな違いを把握して投資の参考にしてみてください!

まずはビットコインとリップルの特徴を簡単に見ておきましょう。

ビットコイン

ビットコインは2009年にリリースされた仮想通貨で、最も古い仮想通貨かつ最も時価総額が高い仮想通貨です。

2018年現在でも仮想通貨の王様としての地位を維持しており、さまざまな場面で利用されています。仮想通貨投資に新規参入する人もビットコインから購入することが多く、目が離せません!

しかし、最も古い仮想通貨であるゆえに性能の低さからくる問題(スケーラビリティ問題など)があり、それらの問題への対応がビットコインの未来を決めると言えるかもしれません。

Thumbビットコインのメリット・デメリットは?投資や利用する場合別に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインの購入は、ビットコインの取引手数料がなんとマイナスで取引すればするほどビットコインがもらえるお得なZaifがおすすめです。

手数料は気がつけが大きくかさんでいるので、損をしないようにZaifに登録してお得にビットコインを購入しましょう。

簡単1分で登録できて1000円から始められます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップル

リップルは送金手段として開発されており、送金速度を重視した仮想通貨です。今後は金融機関同士の国際送金の場面で利用されることが期待されており、世界中の大手金融機関が協賛しています。

リップルが国際送金に活用されるようになれば2018年現在主流の銀行を介した送金よりも手数料が安く、かかる時間も短くなることでしょう。

効率的な送金システムの構築という面で大活躍してくれることが期待されており、要注目の仮想通貨です!

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

暗号通貨投資中

(27)

ビットコインもリップルも有名な仮想通貨ですので将来性にも期待できそうです。しかし、それぞれに違いがあり、その違いが今後の発展に影響していく可能性もあるので今後の動きから目が離せません。
この2つの仮想通貨の違いをしっかり学んでおくことは間違いのない投資判断のためにも重要です。

国内取引所でリップルを購入するならbitbankがおすすめです。
取引手数料の無料期間中に口座開設と購入を済ませましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ビットコインとリップルの基本情報の違いを比較

 

ビットコイン

リップル

通貨記号

BTC XRP

開発者

Satoshi Nakamoto Ryan Fugger

中央機関

存在せず Ripple Inc.

承認アルゴリズム

Proof of Work Ripple Consensus Ledger

承認時間

約10分 約4秒

発行上限

21,000,000 BTC 100,000,000,000 XRP

時価総額

112,410,681,367 USD
12,040,476,697,241 JPY
18,442,253,686 JPY
1,975,377,455,699 JPY
時価総額ランキング 1位 3位
2018.04.07現在

ビットコインとリップルの違いを比較した際に最も注目したいポイントは「承認時間(ブロック生成速度)」「アルゴリズム」です。

それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう!
 

承認時間(ブロック生成速度)

これは取引データを記録するブロック(取引台帳のようなもの)の生成がどの程度行われるかを示したものです。

ビットコインは約10分となっています。また、1ブロックの容量も1MBとかなり少ないのが特徴です。そのため、ビットコインの流通量が増えると共に送金データを記録しきれなくなり送金速度が低下してきました。

これを「スケーラビリティ問題」といい、ビットコインの今後の発展のためにも解消が急務とされています。

一方でリップルはブロック生成速度が4秒と極めて早く、ビットコインより遥かに早い送金速度を実現しています。

もともと送金システムとして開発されていますのでビットコインより性能に優れ、今後世界中で送金手段として活用されていくことでしょう。

2018年現在、リップルを送金するとほぼ一瞬で着金しますのでその性能は素晴らしいものです。将来有望な仮想通貨の一つですので今後も注目しておきましょう!

Thumbリップル(Ripple/XRP)2018年の価格予想!今後1000円まで上がる? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アルゴリズム

ビットコインはアルゴリズムに最も初期から存在しているProof of Workを使用しています。これは最も早く計算を完了させたノードに報酬が支払われる仕組みで、トランザクション処理の寡占化などの問題を抱えています。

リップルの場合は仮想通貨として一般的なブロックチェーンを利用しておらず、独自のRipple Consensus Ledgerというものを使用しています。

これは複数のノードがお互いにトランザクション処理を行うものです。また、これらのノードには一切の報酬が支払われないのが特徴です。

ビットコインとリップルにはこのような基幹技術の違いがありますのでこちらもしっかり覚えておきましょう!

Thumbビットコインマイニング(採掘)は儲かる!?利益・やり方などを徹底調査! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコイン以外にも国内で最も多くの銘柄を揃えるZaifは、絶対に口座開設しておきたい取引所です。

また、ビットコインやイーサリアム、ネムなどは積み立て投資でリスクを抑えた投資が可能です。

簡単1分で登録できて1000円から始められます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインとリップルの開発目的の違いを比較

次に見ていくのはビットコインとリップルが開発された目的とその違いです。

それぞれの仮想通貨は目的が違いますので購入する前にこの違いをしっかり押さえておきましょう!

ビットコインの開発目的

ビットコインが開発された目的は「決済」です。世界中で広く用いられる新たな決済手段を作り出すことを目的として作られました。

そのため、ビットコインを利用して商品を購入できる店舗なども徐々に増えてきています。

しかし、決済にビットコインがもっと用いられるためには先程のスケーラビリティ問題の解決が必須です。ビットコインも日々新たな技術を採用することにより解決に努めていますので今後は徐々に解消されることが予想されます。

今度、開発がさらに進めば仮想通貨の基軸通貨としての地位をより強固なものとすることができるでしょう!

Thumbビットコイン・仮想通貨の買い時は今?暴落した2018年がチャンス! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルの開発目的

リップルの開発目的は「送金システム」です。主に金融機関同士で安全かつ速やかに国際送金を行うことを目的としています。ビットコインと目的が違う仮想通貨であることがわかります。

2018年現在の国際送金はおもに銀行間のやり取りを通して行われています。しかし、この方法では多数の銀行を介することによる手数料の高騰や送金時間の長時間化が問題となっています。

リップルのシステムを利用して送金すれば世界中どこへでもほぼ一瞬で送金することができるので飛躍的に便利になることでしょう。

もちろん、手数料も大幅に削減できるので利用者にとっても金融機関にとっても嬉しいシステムです。

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインとリップルの承認アルゴリズムの違いを比較

続いてビットコインとリップルの承認アルゴリズムの違いについても比較してみましょう。

アルゴリズムの違いは仮想通貨の特徴や性能の違いにつながりますのでチェックは必須です!

ビットコインの承認アルゴリズム

ビットコインの承認アルゴリズムはリリース当初から2018年現在まで「Proof of Work」が使用されています。

これを簡単に説明すると出題された問題を最も早く解けたノードが取引データを収めたブロックと呼ばれるものを取引台帳であるブロックチェーン上に流す権利を得られるということです。

出題された問題を速やかに解くためには膨大なマシンパワーが必要となり、トランザクション承認(マイニング)に参加するためのハードルが高くなるというデメリットがあります。

スケーラビリティ問題だけでなくProof of Workに起因するこれらの問題もビットコインを悩ませています。

今後ビットコインがどうなるかを考える時はこれらの状況も念頭においておきましょう。

リップルの承認アルゴリズム

リップルは承認アルゴリズムに独自開発されたRipple Consensus Ledgerを使用しています。

この方法はビットコインのように権利を争って問題に解答する必要はありません。そのため、それらに伴うプロセスを削減でき、高速な送金速度を実現しています。

また、ビットコインでは権利を得たノードは報酬を得ることができますが、リップルでは無報酬です。さらに、承認ノードは選ばれた特定のノードだけですので安全性も高いといえるかもしれません。

ビットコインとリップルの管理者の動機の違いを比較

仮想通貨の管理者の動機の違いはあまり注目することはないかもしれませんが、今後の発展を考える際にはこちらの違いもチェックしてみましょう。

ビットコインの管理者の動機

ビットコイン管理者の動機は基本的に「報酬を得ること」です。つまりお金儲けのためにビットコインのシステムを管理しているといえます。

これはマイニングの報酬で利益が出ているうちは機能しますが、今後マイニングの難易度と報酬が釣り合わなくなった場合に管理を放棄するというリスクがあります。

お金儲けのために管理している以上上記のリスクが伴っていますので今後のアップデートでどうなっていくのかがとても気になります。

リップルの管理者の動機

リップルの管理者の動機は「システムの安定性を維持するため」です。リップルにはマイニング報酬がないため、お金儲けにはなりません。

さらに、リップルの管理者は利用者でもあるのでシステムを安定性が維持されれば利用者としてもその恩恵を享受することができます。

そのため、報酬のみを目的としたビットコインよりは機能しやすいと言えるかもしれません。その一方で、リップルのシステムに魅力がなくなれば管理する理由もありませんのでシステムの魅力の維持が必要です。

こちらも今後のアップデートなどから目が離せません。

ビットコインとリップルの性能の違いを比較

性能の違いは仮想通貨の未来を決める最も重要なステータスです。購入を考えている人はしっかり性能の違いをチェックしましょう。

送金能力の違い

送金能力を見てみるとブロック生成速度が約4秒であるリップルに軍配が上がります。今後、仮想通貨の発展にともなって流通量が増えてもスケーラビリティ問題などが発生しにくいと言えるでしょう。

一方でビットコインはブロック生成速度が10分と遅いため、送金能力の向上は今後のアップデート次第と言えそうです。

この違いは将来性や利便性にも関わる大きな違いですのでしっかり把握しておくことをオススメします。

Thumbリップル(Ripple/XRP)がまたも提携か?サウジアラビア最大の銀行が同技術で送金テストを完了 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

消費電力の違い

ビットコインはProof of Workを使用しているため、かなりの電力を消費するというデメリットがあります。

リップルにはこのデメリットがないので2018年時点ではリップルが優れています。

Thumbビットコインマイニングの電気代はいくら?電気代の計算方法と収益を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインとリップルの価格チャートの比較

続いてビットコインの価格チャートとリップルの価格チャートを比較してみましょう。
これまでの価格推移がどうなっているのかもとても大切な情報です。

ビットコインのチャート

ビットコインの価格チャートは上記の通りとなっています。チャートを見てみると特に2017年に大幅に価格が上昇したことがわかりますね。

価格が一時2,000,000円を超えた時もありました。2018年に入ってからのチャートは下落傾向で、4月現在価格は概ね700,000円前後となっています。

リップルのチャート

続いてリップルの価格チャートを見てみましょう。リップルのチャートを見ると、2017年末から2018年1月はじめ頃にかけて一気に価格が上昇した後再び下落したことがわかります。

この期間のチャートを見ると急騰前の価格は30円程度だったものの、最高値時は400円目前まで上昇しました。
その後下落し、2018年4月現在の価格は50円程度となっています。

急騰の時期が若干違いますが価格推移に大きな違いはなく、ほぼ同じ傾向で推移したと言えるでしょう。

ビットコインとリップルの比較に関するよくある質問

最後にビットコインとリップルに関するよくある疑問をチェックしてみましょう。

リップルの分散型台帳はブロックチェーンではない?

リップルではRipple Consensus Ledgerというシステムを利用しています。ここにトレードのデータを追加できるのは指定されたノードのみとなっています。

一方でブロックチェーンの定義は「不特定多数のノードがトレードのデータを追加できるタイプの取引台帳」となっています。

リップルでは不特定多数のノードが追加できるわけではないのでブロックチェーンの条件を満たしていません。

今後はビットコインとリップルのどちらを購入すべき?

今後のビットコインの発展は開発の進み具合やアップデートの状況によると言えます。
一方でリップルは大手金融機関が参加しているなど将来性に期待できます。

こう考えるとリップルの購入が有利なように思えます。しかし、仮想通貨の世界は日進月歩ですので最新の状況をしっかり調べてご自身で判断することが重要です!

Thumbリップル(Ripple/XRP)2018年の価格予想!今後1000円まで上がる? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインとリップルの違いを徹底比較!まとめ

この記事ではビットコインとリップルの購入を検討している人に向けて、購入前に知っておくべき違いを比較しながら見ていきました。

これまでのチャートの様子や価格についてもチェックしていきましたので購入前にはしっかり分析することをオススメします!

Thumbビットコインの価格変動の理由とは?今後の5年後のチャート予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨は取引所によって取り扱い通貨が異なるので、複数の取引所に口座を持つのは当たり前となっています。

ビットコインの購入は取引手数料がなんとマイナスで取引すればするほどビットコインがもらえるお得なZaifがおすすめです。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルの購入は板取引でお得に購入でき、2018年6月まで仮想通貨の取引手数料が無料キャンペーン中で人気が急上昇中のbitbankがおすすめです。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side