仮想通貨と暗号通貨の違いとは?どこよりも詳しく徹底解説!

仮想通貨と暗号通貨は似たような言葉ですが、違いがあります。日本では暗号通貨より、仮想通貨という言葉が一般的に浸透しているようです。海外ではどのような使われ方をしているのか、ということも含めて2つの言葉の違いを、どこよりも詳しく徹底解説します。

仮想通貨と暗号通貨の違いとは?どこよりも詳しく徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨と暗号通貨の違いとは?
  2. 2そもそも仮想通貨と暗号通貨ってなに?
  3. 3電子マネーと仮想通貨の違いは?
  4. 4海外では仮想通貨より暗号通貨が一般的
  5. 5なぜ日本では仮想通貨という言葉が一般的なのか?
  6. 6仮想通貨と暗号通貨の使われ方の違い
  7. 7仮想通貨と暗号通貨の違いとは?まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨と暗号通貨の違いとは?

近年ニュースでも大きく取り上げられるようになった仮想通貨。それの代表としてビットコインも一般的になりました。

日本においては仮想通貨の代表といえばビットコインをイメージする、という人が多いです。また仮想通貨と似たような言葉に、暗号通貨という言葉を目にしたことがある、という人もいます。それらの違いはどこにあるのでしょうか。

日本には、仮想通貨と暗号通貨の2つの言葉があるということです。仮想通貨に比べると、暗号通貨という言葉は馴染みがないという人が多いです。

逆に、海外では仮想通貨と表現したときにビットコインのこと思い浮かべる人はいません。なぜなら海外ではビットコインのこと意味するときには、仮想通貨ではなく、暗号通貨と呼んでいるからです。

仮想通貨と暗号通貨は似たような言葉に聞こえます。しかし詳細に考えると、それぞれが異なる由来や意味を持っている言葉といえます。

この仮想通貨と暗号通貨という言葉の違いを確認しましょう。

なお、仮想通貨は取引所で購入することができます。

仮想通貨の取引所は、手数料が圧倒的に安くビットコインの取引では取引すればするほどビットコインがもらえるお得なZaifがおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいるので、損をしないようにZaifに登録してお得に仮想通貨を購入しましょう。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

そもそも仮想通貨と暗号通貨ってなに?

仮想通貨と暗号通貨の意味の違い

仮想通貨と暗号通貨の意味の違いから確認しましょう。

仮想通貨を英語に訳すと「virtual currency」となります。つまり仮想空間上に存在する通貨という意味です。この意味から、電子マネーなども仮想通貨に含まれるます。

またオンラインゲームで使われる通貨も含まれます。ポケモンGOなどで使われる「ポケコイン」やドラクエなどの「ゴールド」も広義の仮想通貨といえます。

広義としての仮想通貨は、ビットコインだけではなく、電子マネーや、オンラインゲームなどの通貨も含まれる広い意味を持った言葉といえるでしょう。

暗号通貨は英語に訳すと「Crypto currency」となります。つまり、暗号化された通貨という意味です。ブロックチェーンや暗号理論を用いて、取引の安全性を担保したものということになります。

暗号通貨には代表的なビットコインを始めとして、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ライトコイン(LiteCoin)、ネム(Nem)などがあります。

仮想通貨と暗号通貨の由来の違い

仮想通貨と暗号通貨の由来の違いについて確認しましょう。

仮想通貨という言葉そのものは、ビットコイン以前にも存在していました。仮想現実や仮想空間といった世界の中で、利用されるお金という意味を持っていました。

1990年代以降のインターネットの普及に伴って、オンラインゲームという多人数参加型の仮想世界を舞台にしたものが開発され、その世界で利用される通貨も仮想通貨という言葉で表現されます。

デジタルの世界を介して利用されるもの、という広義の仮想通貨という言葉はビットコイン誕生以前に既に存在していたということになります。

つまり仮想通貨という言葉の由来は、仮想現実や仮想空間で利用される実体のない通貨という意味が元になっています。

暗号通貨という言葉の由来はその技術的な背景にあります。

ビットコインができる前も、インターネット上の電子マネーやクレジットカードなどの決済においてはセキュリティを確保するため通信を暗号化する技術が使われていました。

しかしビットコインを暗号通貨とあえて表現しているのは、暗号理論やハッシュ関数、ブロックチェーンの技術が取引に利用されているからであるといえるでしょう。

特定の企業が中央集権的に管理するのではなく全ての取引が暗号化の上で公開され、分散されたマイナー(ブロックチェーンの取引処理を行うユーザー)によって運営されています。

分散型の暗号理論を用いた取引という点がビットコインの大きな特徴であり、「暗号通貨」といわれる由来になっているといえるでしょう。

似たような言葉ですが、仮想通貨と暗号通貨の言葉の由来には大きな違いがあることがわかります。

電子マネーと仮想通貨の違いは?

電子マネーと仮想通貨の違いを考えていきましょう。

suicaやnanacoなどの電子マネーと呼ばれるものは、それを運営する企業が主体となって管理をしています。つまり電子マネーはそれを運営する企業によって、中央集権的に管理されています。

暗号技術は通信に利用されていても、その価値を担保するために分散型のシステム、暗号理論やブロックチェーンが利用されているわけではありません。つまり暗号通貨ではない、ということができます。

しかし現実世界に電子マネーが法定通貨のように実体が存在するわけではありません。その点においては広義の仮想通貨といえるでしょう。日常的な表現として、日本で電子マネーを仮想通貨と言うことありません。

海外では仮想通貨より暗号通貨が一般的

日本で仮想通貨という言葉からビットコインをイメージする人が多いです。suicaやnanacoを仮想通貨だと考える人、はほとんどいません。

その反対で海外では、仮想通貨を英語で意味する「virtual currency」といってビットコインをイメージする人はほとんどいません。電子マネーやポイントのようなものをイメージする人ならいるかもしれません。

海外ではビットコインなどの意味するときには暗号通貨という言葉が一般的です。つまり英語で暗号通貨を意味する「Cryptocurrency」という言葉を使います。

ビットコインの英語の正式名称とは?

海外ではビットコインを暗号通貨と表現するのが一般的であるとわかりました。
ではビットコインの英語での正式名称はなんというのでしょうか?

2008年に「サトシ・ナカモト」を名乗る者によって、理論として英語で発表されました。分散型暗号取引を実現する理想的な通貨として描かれています。暗号通貨というものについて世界で初めて発表されたものです。

ビットコイン自体が論文として世に出た際には「Cryptocurrency」(暗号通貨)と発表されています。

このことからビットコインの正式名称は
「Crypto currency BitCoin」(暗号通貨ビットコイン)ということになります。

なぜ日本では仮想通貨という言葉が一般的なのか?

なぜ日本では仮想通貨という言葉が一般的になったのでしょうか。
それは、言葉として「暗号通貨」よりも「仮想通貨」の方が人々により定着しやすかったからだと考えられます。

日本において最初にビットコインが注目されたニュースは、2014年に当時に世界でも有数の仮想通貨取引所であったマウントゴックス社が倒産した事件です。

当時のメディアがこのニュースを取り上げた際に「仮想通貨」という言葉で報道しました。

その背景には当時がオンラインゲームの全盛期で、仮想現実の世界にある通貨という意味での表現が、わかりやすかったと考えられます。反対に「暗号通貨」という言葉が親しみにくかったということになります。

一度世間に浸透してしまった言葉を、本来の意味を反映していなとわかったところで、訂正し別の言葉に塗り替えるのは不可能です。

日本においてはビットコインなどを表現する時には「暗号通貨」ではなく、「仮想通貨」という言葉を使わざるを得ないということになります。

仮想通貨と暗号通貨の使われ方の違い

仮想通貨と暗号通貨という言葉に使われ方の違いはあるのでしょうか。

日本においては、仮想通貨と呼ぶのが一般的となってしまっているので、あえて暗号通貨という表現を使うケースは使われ方として少ないといえるでしょう。

暗号通貨といってビットコインがイメージされなければ、説明をする時にも言葉としては使いにくいです。

ですが、ビットコインなどの技術的な背景を理解している人からすれば、暗号通貨ではなく仮想通貨という呼び方が一般的であることには違和感を覚えているかもしれません。

それは仮想通貨という呼び方が海外では一般的でないことや、仮想という言葉がビットコインの特徴や性質を反映していないという違いからです。

現時点で日本において、日本語でビットコインなどを意味するときは「仮想通貨」と呼び、英語で表現するときは「Cryptocurrency」(暗号通貨)という表現になるでしょう。

仮想通貨と暗号通貨の違いとは?まとめ

仮想通貨と暗号通貨の違いについて確認しました。

どちらの言葉も日本においては使われますが、その言葉が生まれた由来や詳細な意味には違いがあることがわかりました。

そして現在、ビットコイン等を意味する時に、日本では「仮想通貨」、海外では「暗号通貨」と国によって言葉の使われ方が全く異なるという状況となっています。

今までにない新しいものを知るときに多くの人は、その国のメディアであるテレビ、新聞、ラジオを通して知る機会が多いです。

メディアを通して言葉を知り、内容を知ります。その時にどの言葉が選ばれたのかということが、日本と海外での違いになったのです。

ビットコイン等の性質を表現しているのは、「仮想通貨」よりも「暗号通貨」という言葉であり、世界的にはその方が一般的に使われる表現となっています。

これからビットコインがより浸透していき、より仮想通貨が生活に身近なものとなる日には、世界と共通の呼び方である「暗号通貨」と呼ばれる時がくるかもしれません。

仮想通貨の購入は、手数料が圧倒的に安くてお得なZaifがおすすめです。
手数料が安いだけでなく取り扱っている仮想通貨の種類も国内で最も多く人気の取引所です。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side