ビットコイン(BTC)の送金手数料は減少中?取引所ごとに比較!

ビットコイン送金の手数料が減少しているのは本当でしょうか・・そもそも送金手数料とは?という疑問に日本の代表的な仮想通貨取引所のビットコイン送金手数料を比較しながら、仮想通貨初心者にもわかりやすくビットコイン送金手数料減少の動向を探っていきます。

ビットコイン(BTC)の送金手数料は減少中?取引所ごとに比較!のイメージ

目次

  1. 1ビットコイン(BTC)の送金手数料とは?
  2. 2そもそもビットコイン(BTC)の送金手数料が高い理由
  3. 3ビットコインの送金手数料の相場は?
  4. 4ビットコイン(BTC)の送金手数料は減少中?安くなる?
  5. 5ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の送金手数料比較
  6. 6国内取引所でのビットコイン(BTC)送金手数料比較
  7. 7ビットコイン(BTC)の送金手数料に関するよくある質問
  8. 8ビットコイン(BTC)の送金手数料まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコイン(BTC)の送金手数料とは?

ビットコイン(BTC)を仮想通貨取引所で購入してから実際に利用しようとする場合、まずは自分のウォレットに送金する必要があります。私たちが現在住んでいる日本では今のところ日本円が主流です。

日本円の紙幣と硬貨の現物と、ネット銀行の残高など電子媒体で確認できるものをやり取りして生活が成り立っています。

これに対して、ビットコインは現物ではなく、電子上におけるただのデータの集まりなので、唯一データ上で確認ができる通貨だと言うことができます。そのためビットコイン(BTC)を送金することは、データを送付することを意味します。

具体的に言うとAのウォレットからBのウォレットにビットコインを送るという行為になります。ネット銀行振込の状況を思い浮かべるとイメージし易いですね。

ビットコイン(BTC)のデータのやりとり=送金にかかる料金のことを送金手数料といいます。

送金手数料も大切ですが、取引手数料も忘れてはいけません

送金、取引ともに手数料がお得なのがZaif(ザイフ)です。ザイフでは送金手数料が0.0001BTCから設定でき、優先度によって手数料を各自で変えることができます。

最低額が0.0001BTCは他の取引所と比べても圧倒的に安いです!

またZaif(ザイフ)でビットコインを取引する際は取引手数料が取られるどころか、取引分に対してビットコインが還元されるというシステムを取り入れています。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインの口座開設の作り方・やり方!おすすめ比較!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコイン(BTC)の送金手数料は一律なの?

ビットコイン(BTC)の送金手数料は、仮想通貨取引を行っている一般のユーザーが送金を依頼するスポットである仮想通貨取引所が自由に決めることができます。

送金手数料は一律ではなく各仮想通貨取引所によってそれぞれ異なり、送金手数料が安い仮想通貨取引所と高い仮想通貨取引所が混在することになります。

手数料体系は日本円を扱う銀行と同じです。

この記事では具体的にビットコイン(BTC)の送金手数料を調査し、比較しながら送金手数料の高い取引所と安い取引所にはそれぞれどんなメリットやデメリットがあるのか説明していきます。

そもそもビットコイン(BTC)の送金手数料が高い理由

ビットコイン(BTC)の送金手数料の中身は、前述したように
 

  • 仮想通貨取引所の支払うもの

さらに重要なものが含まれていて、それは
 
  • マイナー(発掘者)に支払う手数料

です。


ビットコインは、今までビットコインが取引された全ての履歴=トランザクション(Transaction)がブロックに収納されているものに通貨としての価値がついているものです。

ブロックが次々にチェーン化していってブロックチェーンと呼ばれています。現在でもブロックチェーンはマイナーにより生成され続けています。

マイナー(発掘者)はビットコインを発掘するとビットコインの他にマイニング手数料も貰うことができます。

このような、マイニング手数料は、ビットコインの総取引のデータ量で適正値が計算されるので、送金希望者が多い混雑時には送金手数料が高いものとなってしまいます。

仮想通貨取引所はマイナーに手数料を払い送金をするのでユーザーから送金手数料を貰う必要があります。わかり易く言うと送金希望者が多い場合は行列ができてしまいその分、送金手数料も嵩みます。

承認作業の混雑を考えていなかったビットコイン開発当初は安いと思っていた送金手数料は市場参加者の増加と共に高いものとなってしまうという事態が発生していました。

ビットコインの送金詰まり

2017年は年末にかけてビットコインのチャートが鰻昇りで、仮想通貨に興味のない一般人にも認知された記念すべき年であったと言えます。実は、その影で年末に約30万人ものユーザーがビットコインの送金づまりの被害を被っていたことはご存じでしたでしょうか?

送金づまりまでの問題は、仮想通貨の世界に足を踏み入れていなければ知るよしもありませんよね。ですが、一歩踏み入れるとこの送金速度・送金づまりという問題はトレーダーにおいてかなりの重要要素であることがわかります。

実は、過去の全ての取引履歴の集合のブロックチェーンから成るビットコインですが、この1ブロックに収納できるトランザクション(取引履歴)の容量は決まっているのです。

1ブロックの容量は1MB(メガバイト)で、収納できるトランザクション(取引履歴)は約3,000件です。

そのキャパシティ以上に送金依頼が集中してしまうと、送金完了の確認、報告が遅れてしまいます。この状況をビットコインの送金づまりと言い、スケーラビリティ問題とも呼ばれています。

今から振り返ると2017年の年末はこの送金づまりがピークだったと言えます。

ビットコインの未確認取引が多ければ多いほど処理が送金依頼の数に追いついていけていない状態になります。

取引が正しいのかどうかの承認作業は1回~6回が平均で3回くらいからが推奨されています。仮想通貨取引所によって承認回数が異なります。

1回の承認を調査するのに平均して10分かかりますので、3回承認調査をする仮想通貨取引所では30分かかる計算になります。

承認に時間はあまりかけなくていいから、特にアービトラージの関係でとにかく早く送金完了をして欲しいと考えるユーザーも多くいることでしょう。

その場合は、送金を依頼するときにマイナーに支払う手数料を上乗せする形で送金時間の短縮を図ります。郵便局でいうと速達の手数料のようなものです。

ビットコインの送金手数料の相場は?

ビットコインの送金手数料は1BTCに対して、0.0001BTCの割合にしていこうという紳士協定がありますが、基本的にに各取引所で独自で設定することが可能です。

各取引所のウェブサイトをみるとビットコインの送金手数料が無料のところから0.001BTCのところなど幅があります。


手数料の計算方法は日本円で計算したい場合は、BTCの価格×手数料になりますので、例えば1BTCが100万円で手数料が0.001BTCの場合は、100万×0.001=1,000円という計算になります。

この手数料が安いと感じるのか高いと感じるかは、ユーザーが取引所で送金する頻度にもよります。自分のトレードスタイルにあった取引所を選ぶ指標のひとつになります。

ビットコイン(BTC)の送金手数料は減少中?安くなる?

ビットコイン市場全体の取引のデータ量が多くなるとマイナー(発掘者)に支払う手数料が高騰していき⇔反対に、取引のデータ量が減少するとマイナー(発掘者)に支払う送金手数料は安い方向に動きます。

取引量が縮小すると、ユーザーは一時的に支払う送金手数料を抑えることができるメリットがあります。

しかし、ビットコインの取引量が減少するということは市場が活況ではない、参加者が減少してしまっているのではないかという不安につながりるので必ずしも喜べることではないでしょう。

仮想通貨取引所は銀行や証券取引所と同じように、実際の市場の動向より先に、業界でだいたい同等に利用手数料などの価格決めて、ユーザーに取引ルールをアナウンスしておかないと市場が成りたちません。

毎日のビットコインの取引データ量によって逐一ユーザーの手数料を細かく上げ下げすることはしません。

データー量が減少したからと言って急に取引手数料が安くなったり、その反対に高くなったりするようなことはなく手数料体系は分かり易いものとなっています

ビットコインコア0.16.0のリリース

ここでビットコインの送金時間を短縮させるために開発されたセグウィット(segwit)という重要な技術の内容について説明をしていきます。

セグウィット(segwit)はSegregatedWitnessの略です。ビットコインの取引履歴を1ブロックあたりに収納できるデータ量を従来に比較して60%ほど小さくすることができるのです。スマホやPCにインストールする圧縮ソフトのようなイメージです。

ブロックチェーンの一つのブロックに収納できるデータ容量が高いということは、ビットコインの承認作業時間が短縮されよりスムーズになると賞賛されています。

しかし、ビットコインコア0.15.1ではセグウィット(segwit)がきちんと動作する環境の整備がまだ追いついていないという点が課題でした。

2018年2月にリリースされたビットコインコア0.16.0はセグウィット(segwit)に完全に対応しているということで話題を集めています。

ビットコインコア0.16.0を利用すればビットコインの送金速度が速くなります。さらに加えてマイナーに支払う手数料も減少することになるのでユーザーにとっては取引所の送金手数料が安い方向に動くメリットが浮上することが多いに考えられます。

ビットコイン(BTC)の手数料の変化

ビットコイン(BTC)の送金手数料の変化はチャートで確認することができます。ビットコインの送金手数料はもともとは紳士協定で1BTCあたり0.0001BTCにしていこうと決められていたように、ほぼ手数料がかからないと言える価格帯でした。

しかし、2017年の下期は毎日ビットコインが値上がりしていくという正にバブル状態だったので、送金手数料もどんどん値上がっていきました。手数料のチャートを確認すると、2017年12月下旬をピークに減少の一途をたどっています。

ビットコインの送金手数料が減少した主な要因は
 

  • ビットコイン取引のデータ総量が減った
 
  • ビットコインコア0.16.0のリリースによりセグウィット(segwit)が実装され送金が早くなった

という点が大きいでしょう。

ユーザー目線から考えれば取引手数料が安いと手数料分の経費を考慮しないでサクサクとトレードができるので利点が多いように思えます。

しかし、これと対照にマイナーに支払われる手数料が減り、マイナーが減少するとブロックチェーンの承認作業が遅くなると言う問題も新たに考えられます。

望ましいビットコイン(BTC)の送金手数料は?

マイナー(発掘者)にある程度の手数料が支払われることによりマイニングも行われ、ビットコインの市場活性化に繋がると考えることもできますよね。

ビットコインの良い点のひとつとして送金手数料が安いという部分があるので、今後も送金手数料が安いという強みは継続していっていただきたいですね。

長期的な仮想通貨の普及について考えると、まずは安定的な送金手数料体系で推移していくことが望ましいでしょう。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の送金手数料比較

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)のハードフォークです。ブロックチェーンのひとつのブロックサイズが1Mのところ8M のサイズに増量されているので、単純計算でビットコインの8倍のブロックサイズを持っていることになります。

これはビットコインキャッシュ(BCH)を用いることによってビットコイン(BTC)が従来から抱えている送金詰まり問題、スケーラビリティを気にすることなくトレードできるようにという側面が込められています。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)に手数料の推移を比較してみるとビットコインキャッシュ(BCH)のほうが送金手数料が安い位置で安定していることがわかります。

今のところ8Mサイズのブロックに充分な余裕がある状況で送金が行われています。

取引手数料があまりに安い位置で長期推移し続けるとマイニングに参加する業者もあまり増えずビットコインキャッシュ(BTC)の取引参加者は価格の上げ下げによるキャピタルゲインを期待できなくなってしまうことが予想されます。

今後、仮想通貨市場内のトレードでビットコインキャッシュを所有して価格上昇などの期待したい場合は、各仮想通貨のイベントカレンダーやWebボットの動向をチェックするなどしょうましょう。変化の多い仮想通貨業界からは今後も目が離せないですね。

Thumbビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークを2018年5月に予定 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所でのビットコイン(BTC)送金手数料比較

国内の仮想通貨取引所のビットコインの送金手数料を比較していきましょう。

送金手数料が高い取引所と低い取引所でそれぞれのメリットとデメリットを明確に整理していくことは仮想通貨をトレードするときの自分のトレードスタイルを確率することに重要な作業です。

 bitFlyerのビットコイン(BTC)送金手数料

bitFlyerのビットコインの送金手数料は高いのでしょうか、安いのでしょうか。具体的な送金手数料をみていくと
 

  • bitFlyerでビットコインを送金する際に0.0004BTCかかります

分かりやすく計算すると、ビットコインが100万円だった場合、400円という計算です。

他の日経の金融機関などと比較すると安いか同等な印象ですね。bitFlyer(ビットフライヤー)は利用者のシェアが多く、安心して利用できる仮想通貨取引所であると言われています。

セキュリティーに関しては世界基準で信頼を得ています
。さらにbitFlyer(ビットフライヤー)のインターフェイスは技術が高く、初心者も簡単に取引が行えるデザインです。

とりあえず仮想通貨の取引を始めて見たい!という方にオススメします。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!
 

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

coincheckのビットコイン(BTC)の送金手数料

coincheckのビットコイン(BTC)送金手数料をみていきます。
 

  • coincheckのビットコイン(BTC)送金手数料は0.001BTCです。

ビットコインが100万円だった場合は1,000円という計算になります。日頃使用している日本円の金融機関に比べて少し高いように感じる方も多いのではないでしょうか。

coincheckは他の仮想通貨取引所に比べてビットコイン(BTC)の送金手数料がやや高いと言われていますが、それを補うかのように送金の速度は速いと感じ利便性を重要視しながら利用している一定数のユーザーも存在しています。

マネックス証券によるcoincheck株式会社の買収の報道もありますので今後ますます目が離せませんね。

これはあくまでも予想ですが、マネックス買収後に何かしらのキャンペーンが発表されるかもしれません。そんな時に登録をしていなかった!といって良い機会を見逃してしまっては持ったいないので登録だけは済ませておいてもいいかもしれません。

どちらにしろコインチェックは非常に扱いやすく価格のチェックがしやすいのでチャート分析のために使っている方も多いです。

登録はスムーズに進めることができ、5分ほどで完了します。

coincheck(コインチェック)の登録に関して不明点などがあれば【coincheckの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbcoincheckの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Zaifのビットコイン(BTC)の送金手数料

  • Zaifのビットコイン送金手数料は選択制で0.0001BTC以上を自分で選択することができます。

安い手数料をっ選択した場合は送金時間がよりかかります。送金時間の短縮を狙うのであれば高い手数料を選択するようにすれば良いので簡単です。

0.001BTC以上が推奨されていますのでcoincheckと同等の水準(=ビットコインが100万円の場合1,000円)になりますのでその他のサービスを比較して自分のスタイルに合った仮想通貨取引所を選ぶようにしましょう。

Zaifは現在、ビットコインの送金とは別に、ビットコインの取引手数料が-0.01%というお得なキャンペーンも行っています。

また、makerを利用したビットコインの取引を行うと更に-0.05%になります。とてもお得なのでこの機会に利用することをおすすめします。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

送金手数料比較一覧

ビットコインの送金手数料と送金スピードを比較して一覧で表にしました。送金手数料が高いか低いか、具体的な時間は送金依頼をしたときのトランザクションの状態と別途高速手数料を支払うかどうかでも異なります。

代表的な仮想通貨取引所でもはっきり時間を明記しているところは少数派です。今回の一覧表における送金時間の目安の表現方法は、ホームページ上での送金に関する項目を調査しています。

送金時の承認回数がわかるものは記載いたしました。送金時間はあくまで参考程度にしてください。

国内取引所 送金手数料 送金スピード
bitFlyer 0.0004BTC 一定数以上の承認回数
Zaif 0.0001BTC以上選択制 承認回数は6回
coincheck 0.001BTC 承認回数は3回
bitbank 0.001BTC ビットコインの承認回数は2回
QUIONEX 無料 基本的に遅い、数日かかることもある
GMOコイン 無料 別途マイナーへの手数料あり 最短で30分~
DMM Bitcoin 無料 別途マイナーへの手数料あり 3営業日以内に完了
BIT Point 無料 約10分~30分

ビットコインの送金手数料が無料の取引所も多いですが、無料の場合は送金の完了まで日数を要す場合もありますので注意が必要です。また別途マイナーへの手数料を徴収される場合もあります。送金を急いでいる場合は高速料金を加算するようにしましょう。

各仮想通貨取引所のサイト上にはネットワークの混雑状況によって多少の変化があると但し書きがされています。

承認回数が一回で約10分の送金時間がかかるという単純計算の他に別途トランザクションの状態による所要時間を考慮しながら時間に余裕を持ちながらビットコインの送金をすると良いですね。

Thumbビットコイン手数料の取引所比較!売買手数料/送金手数料/入出金手数料/スプレッド | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコイン(BTC)の送金手数料に関するよくある質問

ビットコインの送金手数料に関するよくある質問を紹介いたします。

ビットコインの送金時間はどれくらい?

ビットコインの送金時間は1承認につき10分というアナウンスがありますが、実際に利用してみると送金料金に上乗せしてマイナー手数料を納めるなど高い料金設定にしたほうが、無料など安い料金体系の送金時に比較して早まるということがわかりました。

高速料金やマイナーに支払う手数料は各仮想通貨取引所によって異なりますが、ビットコインの送金時間は10分~30分と記載している取引所が多いです。

海外取引所に送金する場合のおすすめの通貨は?

仮想通貨を海外取引所へ送金する際におすすめな通貨は
 

  • イーサリアム
 
  • リップル


イーサリアムはスマートコントラクトが活用でき、リップルは送金システムに優れているので日本のメガバンクとも提携をするなど、共に送金時間が早いと評判が高いです。

そもそも、仮想通貨を海外取引所に送金する場合は、海外取引所で扱っている通貨でないと送金することができません。


日本円を海外の金融機関に送金する場合、通常手数料は数千円かかり安いものではありません。また、着金には数日の時間を要します。実はそれらの手数料に比較すると仮想通貨を海外に送金した方が安い手数料で資金を送金できるというメリットがあります。

仮想通貨の送金概念は銀行振り込みとは違います。a国からb国の金融機関へ送金するのではなく、AウォレットからBウォレットに送金するという手順を踏むことになります。

仮想通貨取引所のそれぞれにおける硬貨の送金手数料や送金時間を把握しておくことは重要です。

例えばイーサリアムを例に取ると、Zaifでの送金手数料は0.01ETH~、bitFlyerでは0.005ETHで、送金手数料ひとつとってもそれぞれの違いがあります。

ビットコイン(BTC)の送金手数料まとめ

ビットコインの送金手数料は仮想通貨取引所によって違うことがわかりました。仮想通貨のアビートラージ取引を行っている人は特に、送金の機会が頻繁にあります。

仮想通貨取引における売買手数料だけでなく送金手数料にかかってくるコストを事前に調べて比較し把握しておくことをおすすめします。

仮想通貨の取引に慣れてきて扱う資産が増加すればするほど、資金を海外の仮想通貨取引所に送る機会は増えるでしょう。その際に手数料の高いか低いかは重要になってきます。

仮想通貨取引所間でも、送金手数料の高いところに比較して、もっと安いところは他にないか?など日々イベントの動向などをチェックしながら多角的にトレードをしていくと仮想通貨の世界が更に楽しくなってきます。

まずは複数の仮想通貨取引所に口座開設をしておくことをおすすめします。

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side