ネム(NEM)財団についての速報|財団のトップが交代でさらなる拡大を目指す

ネム(NEM)財団の速報によると、ネム(NEM)財団のトップは辞任し、ネム(NEM/XEM)のエコシステムの向上に集中する予定です。別の速報によると、ネム(NEM)財団は盗まれた資金の追跡をやめると発表しました。追跡の効果があったのかどうかはわかりません。

ネム(NEM)財団についての速報|財団のトップが交代でさらなる拡大を目指すのイメージ

目次

  1. 1ネム(NEM)財団とは?ネム(NEM/XEM)とどんな関係?
  2. 2ネム(NEM)財団の速報|ネム(NEM)財団トップ2人が交代
  3. 3ネム(NEM)財団の人事変更の時期とその目的とは?
  4. 4ネム(NEM)財団のトップの交代に関する声明
  5. 5ネム(NEM)財団の過去の情報・ニュース
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ネム(NEM)財団とは?ネム(NEM/XEM)とどんな関係?

ネム(NEM)財団とは、日本でも人気の仮想通貨であるネム(NEM/XEM)の拡大を目的に存在している財団です。

ネム(NEM)財団はシンガポールに存在する財団で、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンをどんな人にでも利用できるようにした通貨であるネム(NEM/XEM)の中心的なグループです。

ネム(NEM)財団の存在している目的は大きく以下の三つです。
 

  • ネム(NEM/XEM)ブロックチェーンをすべての産業に
 
  • ネム(NEM/XEM)ブロックチェーンを政府に
 
  • ネム(NEM/XEM)ブロックチェーンを教育機関に

ビットコインが生まれて9年になる2018年、ブロックチェーンの名前はよく聞くようになりましたが、その技術の浸透はまだまだ進んでいません。

ネム(NEM/XEM)ブロックチェーンは今存在するブロックチェーンの中でも特に利用しやすいものになっており、それらを世界に広めようとしているのがネム(NEM)財団です。

ネム(NEM)財団公式のTwitter(ツイッター)もある

仮想通貨のネム(NEM/XEM)は多くのファンを世界に持っている仮想通貨で、ネム(NEM)財団の公式Twitter(ツイッター)以外にも多くのネム(NEM/XEM)に関するアカウントも存在しています。

ネム(NEM)財団には国境を超えて多くの人が参加している

先ほど、ネム(NEM)財団はシンガポールに本社があるとお伝えしましたが、ネム(NEM)財団に参加している人は、国境の垣根を超えて、多くの国から参加している人がいます。

ネム(NEM)財団の中にはZaif(ザイフ)のトップの朝山CEOも参加

国境を超えたネム(NEM)財団を表すのに最もわかりやすい人が、日本にいます。

それは日本で初めてネム(NEM/XEM)の取り扱いを始めた仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)のCEOである朝山氏です。

朝山CEOはネム(NEM)財団が今最も力を入れているカタパルトというネム(NEM/XEM)をさらに利便性を高めた通貨にする開発の中心的な人物と言えます。

ちなみに人気通貨であるネム(NEM/XEM)を購入するのなら、手数料が安く、多くのユーザーが利用しているZaif(ザイフ)がおすすめです!

Zaif(ザイフ)は日本の仮想通貨取引所の中で最もネム(NEM/XEM)を取引している取引所で、手数料も安く、取引がしやすいため初心者の人にもおすすめの取引所です!

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ネム(NEM)財団の速報|ネム(NEM)財団トップ2人が交代

そんなネム(NEM/XEM)の今後にとって重要な機関のネム(NEM)財団から「役職変更が行われる」と発表しました。

Lon WongとJeff McDonaldはネム(NEM)財団から離れ、顧問役を務める予定です。 また、Kristof Van de Reckが暫定的にネム(NEM)財団の会長に選出されました。

ネム(NEM)財団の人事変更の時期とその目的とは?

カタパルトのプライベートベータ版リリースの第1段階で、LonとJeffはビジネスパートナーとの提携の拡大に焦点を絞るつもりです。これらの新事業との提携やコンサルタンティングは、世界中でこのブロックチェーンのアプリケーションを実装するために不可欠です。

ネム(NEM/XEM)エコシステムは成長しています。顧問役に回れば、LonとJeffは軽視されている確実なシステムインテグレーターの開発により多くの時間を費やすことができます。

ネム(NEM)財団のトップの交代に関する声明

ネム(NEM)財団のトップを交代することにしたLon Wong氏は今回の財団の人事の変更に対して、以下のようにコメントを発表しました。

ネム(NEM)財団のトップのLon Wong氏のコメント

私たちがネム(NEM)財団の4年目を迎えていく中で、私たちの今後の展望と、このネム(NEM)財団のプロジェクトが私にとってどれほど重要であるかについてお話したいと思います。

ネム(NEM)財団の成功を確実にすることがずっと私の夢でした。多くの試練と苦難を経験しましたが、あらゆる面においてネム(NEM)財団は成功を収めました。しかし、たった一つ変わらないことがあります。

それは、ネム(NEM/XEM)の最良のエコシステムを構築するための私の努力です。私はネム(NEM/XEM))が1仮想通貨あたり0.018円といった価格で始まった時から、いつも全力でネム(NEM/XEM)の開発に取り組んできました。

昨年、ネム(NEM)財団の設立と拡大に伴い、ネム(NEM/XEM)の価値が飛躍的に向上しました。私はネム(NEM)財団の創立者として誇りを持って、ネム(NEM)財団が世界に進出するのを見届けています。

ネム(XEM)財団の後援で作られたネム(NEM/XEM)は、独自のブロックチェーンセンターを設立する最初の仮想通貨プロジェクトです。

このブロックチェーンセンターが作られたのは素晴らしい成果の表れであり、世界中のネム(NEM)財団のプロジェクトチームが集結し大きな夢の実現を目指すという団結力を証明しています。この素晴らしいコミュニティとチームを率いることができたのは、私にとって特権であり名誉でした。

ネム(NEM/XEM)のカタパルトの発行についてのコメント

カタパルトはちょうど立ち上げたばかりで、すぐにプライベートチェーンのオープンソース版がリリースされる予定です。その後すぐにパブリックチェーンの準備が始まります。私はカタパルトがネム(NEM)財団の次なる大きな成果になると信じています。

カタパルトが、ネム(NEM)財団は世界のリーダーとして認められるはずです。私は、ブロックチェーンが価値の取引や移動でできること以上のことができる大規模なエコシステムがネム(NEM/XEM)にとって不可欠であると信じ続けています。私たちの優れた技術は、業界全体に広まるべきです。

ProximaXというネム(NEM/XEM)から生まれた新たな通貨

ネム(NEM/XEM)を発行する前、私が必要だと考えたことの一つは、ネム(NEM/XEM)のパブリックチェーンと分散型ファイル管理システム上に確実な抽象化レイヤーを持つ総合ソリューションを作ることでした。しかし、当時は他に緊急の問題があり、このアイデアは後回しとなりました。

みなさんの多くは、ProximaXプロジェクトを開始するという最近の公式発表を見たでしょう。ProximaXについて詳しく説明させてください。

このプロジェクトはネム(NEM/XEM)のエコシステムを拡大することを目的としています。これは決してネム(NEM/XEM)と対抗するものではありません。ProximaXはネム(NEM/XEM)の有用性を高めるために作られました。

ProximaXの仮想通貨であるXPXの作成自体がネム(NEM/XEM)ブロックチェーン上で行われ、ネム(NEM/XEM)を取引手数料として使用しています。実際、ProximaXはネム(NEM/XEM)の強力さと、ネム(NEM/XEM)ブロックチェーンがどれだけプロジェクトを支えることができるかを表しています。

ProximaXが広く普及すれば、ネム(NEM/XEM)は取引に必要となるため利益を得ることになります。ProximaXとネム(NEM/XEM)は深く繋がっており、双方のエコシステムの実用性は大きく向上するでしょう。

ネム(NEM)財団は、世界を股にかける準備ができている有能な指導者と熱心な従業員たちに恵まれています。私たちには勢いがあり、今物事は良いように進んでいます。そのため、慎重に検討した結果、私はネム(NEM)財団の代表を辞任し、ProximaXを構築してネム(NEM/XEM)のエコシステムを成長させることに集中すると決めました。

ネム(NEM/XEM)の未来は明るく、最高のものはまだこれから作られるでしょう。 ネム(NEM)財団での同僚たちの活躍とネム(NEM)エコシステムの構築を引き続き支援していただきますようお願いします。私は私の役割を果たします。今後の私の活動も全てネム(NEM/XEM)の利益となるものであることを約束します。

ネム(NEM)財団のトップは財団のアドバイザー陣に入り、今後もネム(NEM/XEM)の発展に貢献

今回のネム(NEM)財団の人事はさらなるネム(NEM/XEM)の発展のためのものであり、今後もネム(NEM)財団や、今回アドバイザー陣に入るLon Wong氏を含め、注目が集まります。

ネム(NEM)財団の過去の情報・ニュース

ネム(NEM)財団がCoincheck(コインチェック)のハッキングで盗まれたネム(NEM/XEM)の追跡を終了

ネム(NEM)財団は、サイバーセキュリティ専門はハッカーが仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)から盗んだ5億以上のネム(NEM/XEM)トークンのほとんどまたは全てをロンダリングしたと考えていることから、追跡をやめました。

3月19日付の声明でネム(NEM)財団は、2月にハッカーの口座につけられた追跡用モザイクを無効にしたと発表しました。この追跡用モザイクは法執行機関とネム(NEM/XEM)コミュニティが盗難時5.3億もの価値があった資金を追跡し、評判の良い取引所で盗難資金がロンダリングされるのを防ぐためのものでした。

ネム(NEM)財団の役員のハッキング発生のインタビュー

ネム(NEM)財団の追跡終了の内容

ネム(NEM)財団は声明で次のように述べています。

「3月18日より、ネム(NEM)財団は、Coincheck(コインチェック)の盗難以降ネム(NEM/XEM)の動きを追跡するために配置された追跡用モザイクを無効にしました」

「この追跡はハッカーが盗んだネム(NEM/XEM)をロンダリングしにくくするのに効果的であり、法執行機関は有用な情報を集めることができました。今回の調査は慎重に行わなければならないため、これ以上の詳細は発表できません」

今月初め、CCNは、ハッカーたちが盗んだ資金の少なくとも40%を主にダークウェブチャネルを通じてロンダリングし、盗まれた仮想通貨は日本、カナダ、中国の取引所に流れ着いたと報じました。

しかし、マネーロンダリング業者は過去数週間で速度を早め、木曜日には日本の公共放送局NHKワールドは、盗まれたネム(NEM/XEM)はすべてハッカー所有の口座から持ち出されたようだと報じました。つまり、ハッカーが資金のロンダリングを完了した可能性が高いです。

ネム(NEM)財団が追跡のために利用したシステムは活用されたのか?

ネム(NEM/XEM)の追跡用モザイクシステムによって法執行機関が盗難資金を奪還できたかどうかはわかりません。ネム(NEM)財団は継続中の調査が「細心の注意を要するもの」であることからこれ以上の議論はしないと言いました。

盗難から2ヶ月が経過していますが、ハッキングを行なった個人またはグループは依然として謎のままです。韓国の諜報機関関係者は、今回のハッキングの方法と北朝鮮政府によるハッキングに類似点を見つけたと報じられましたが、法執行機関によって正式に告発された者はいません。

After Catapult NEM(XEM) Changes the Positions of the Team

RippleNews、Staff、4 Apr 2018

A Letter from Lon Wong

Nemflash、Julian、3 Apr 2018

NEM Foundation Calls Off Chase for Stolen Coins from $530 Million Coincheck Hack

CCN、Josiah Wilmoth、23 Mar 2018

ネム(NEM/XEM)の取引をすでにしている人で、さらに大きな額で取引をしたいと考えている人はDMM Bitcoinがおすすめです!

DMM Bitcoinでは人気通貨のネム(NEM)に加えて、リップル(Ripple/XRP)もレバレッジ取引をすることができます!

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の登録に関して不明点などがあれば【DMM Bitcoinの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumb仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン)の特徴・評判・手数料・入出金方法 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

このニュースを見た人はこちらのニュースも見ています

Thumbネム(XEM/NEM)の購入方法・買い方・チャートを徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side