ビットコインの送金時間は遅い?現在の決済時間の目安を解説!

ビットコインはそのブロックサイズが1MBに限られていることから、送金の際にかかる送金時間は遅いと言われていますが、実際にはどれくらい遅いのでしょうか?今回はそんなビットコインの送金時間の目安について解説していきたいと思います。

ビットコインの送金時間は遅い?現在の決済時間の目安を解説!のイメージ

目次

  1. 1ビットコインの送金時間は遅い?早い?
  2. 2ビットコインの送金時間に関する評判・口コミ
  3. 3ビットコインの送金が遅い理由はスケーラビリティの問題
  4. 4ビットコインの送金に関する基本情報
  5. 5ビットコインの送金時間が遅い時の対処法
  6. 6ビットコインよりも送金時間が早い仮想通貨とは?
  7. 7ビットコインの送金に関するよくある質問
  8. 8ビットコインの送金時間まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコインの送金時間は遅い?早い?

ビットコインは現在仮想通貨における基軸通貨という立ち位置で、海外の取引所を利用する時にも送金の際にビットコインがよく使われたりしますが、このビットコインの送金時間は目安として一体どれくらいかかるものなのでしょうか。

ビットコインの送金時間はビットコイン自体のブロックサイズの関係上、一つのブロックに対して記録できるトランザクション(取引情報)の量が限られてくるので、他の仮想通貨と比べても比較的遅いと言われており、具体的な目安となる送金時間としては早くても20分から翌日まではかかるものだとさています。

ビットコインの他の仮想通貨であるアルトコインでは、現在新しく開発されたものの中にはビットコインに比べても送金時間が何倍も早いものも出てきているので、その中でも時価総額が高いような通貨に関してはビットコインにとって代わる新たな基軸通貨になり得るのではないかとも囁かれています。

ビットコインや多くのアルトコインが購入できるZaif(ザイフ)は、国内で最もおすすめできる取引所の一つです。Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインの送金時間に関する評判・口コミ

ビットコインの送金時間は現在のビットコインの基本性能により、口コミ上でも他のアルトコインに比べて遅いと言われているようです。

ビットコインの送金時間は遅い?ツイッター上での声について

このようにビットコインの現在の送金時間に関しては、利用者が多いこともあってかツイッター上でもあまり評判は良くありません。

送金時間が遅いのであれば投資として購入する場合でもトレードを行う上で不利になってくるでしょうし、決済として使う場合を考えたとしても利用価値としてあまり魅力的ではなくなってくるでしょう。

その反面送金処理速度など基本性能に優れておるイーサリアムやリップルなどは、ビットコインと比べても口コミでも評判は良いです。

もちろん場合によってはビットコインで送った方が送金時間が速かったというケースも考えられます。

イーサリアムとリップルはbitbank(ビットバンク)でまとめて購入できます。bitbank(ビットバンク)は現在キャンペーン中のため、取引所の手数料が無料となっています。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインの送金が遅い理由はスケーラビリティの問題

このようにビットコインの送金が遅い理由としては、スケーラビリティの問題によるものだとされています。

スケーラビリティ問題というのは、冒頭でも少し触れましたがビットコインにおけるブロックチェーン上で取引情報を記録することになるブロックの容量が1MBに制限されていることから、送金に時間がかかってしまうという問題です。

ちなみにブロックチェーンというのは、複数のトランザクション(取引のデータ)を一つのブロックにまとめ、更にその複数のブロック同士を一つ一つ関連付けさせ連鎖して保存させたような状態の事を表します。

更にこれらのデータを多数のユーザー(ネットワーク参加者)同士が監視し合うという仕組みにより、取引のデータの改ざんや複製を防ぐことから、明確な管理元がいなくても公正な取引を実現させることが可能になります。

ビットコインではこのブロックチェーンを構成するブロックのサイズが1MBに限られているので、一つのブロックに対して記録できる取引情報の数も制限され、データ処理速度に関しても比較的遅くなってしまうことから、その分送金にも時間がかかってしまう訳です。

このスケーラビリティ問題の解決策としてはブロックサイズそのものを大きくするという策が挙げられますが、ブロックサイズを拡大させると普通のパソコンで監視するには容量的に難しく、専用の端末でなければならないことからネットワーク参加者も限られてきます。

そうなるとビットコインの本来の特徴である非中央集権的ではなくなるので、単純にブロックサイズを大きくするにもまた問題が出てきます。

またsegwitという取引データを圧縮させることで処理速度を向上させるというような解決策も出てきましたが、これは効率的なマイニングが出来なくなることからマイナー側にとって都合が悪く、のちにビットコインの分裂問題にまで発展することになったものの、結局現在ビットコインではこれが導入されることになりました。

Thumbブロックチェーンとは?仕組み・特徴をわかりやすく解説【初心者向け】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインの送金に関する基本情報

ビットコインの送金の流れ

ビットコインを送金する際はビットコインの送金先アドレスを指定するだけで送ることが出来ます。

送金先アドレスというのはメールアドレスのようなもので、これさえ分かっていれば送り先の相手が国内外問わずどこにいてもビットコインを送付できます。

また銀行のように特定の発行元を介すということなく直接相手に送る事になるので、24時間365日問わずいつでもすぐ相手にビットコインを送ることができます。

この時ビットコインそのものは即座に送れる訳ですが、送り主から受け取った直後では取引ステータスが未承認となり、受取人がその送付されたビットコインを実際に使えるようになるまでには、その取引が承認される必要性があります。

この承認作業は銀行で言うところの残高の管理業務のことで、ビットコインではネットワーク参加者によってこの作業が行われます。

ちなみにこの取引の承認作業のことをビットコインの発掘(mining)にちなんで「マイニング」と呼ばれており、これを行うネットワーク参加者はマイナーと呼ばれています。

マイナーはマイニング(取引の承認作業)を行うことによって報酬を得ることが出来ます。

このマイニングによって得られる報酬により、世界各国で数多くの人たちが日々マイニングを行っており、これにより不正されることなくビットコインの仕組みが成り立っています。

ちなみにマイニング自体は誰でも自由に参加できますが、近年では参加者が急増したことにより、普通のパソコンで行うのは厳しくそれ専用のコンピューターが必要になってくるので、始めるにはある程度の初期費用がかかります。

そしてネットワーク参加者であるマイナーによって承認作業が行われることで、初めて受け取ったビットコインを使うことが出来ます。

Thumbビットコインマイニング(採掘)は儲かる!?利益・やり方などを徹底調査! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

トランザクション(取引)の承認作業の回数と時間

ビットコインの送金時にはマイニングという取引の承認作業が行われることで送金が成立するわけですが、この承認作業はブロックチェーンの特徴上、1回につき約10分で行われるようになっています。

そして次のブロックが追加されるごとに承認回数が増えていき、その回数が増していく分セキュリティもより強固なものとなっていきます。

承認作業が行われる回数は利用する取引所によっても変わってくるようです。
以下は各取引所における承認作業の回数(目安)になります。
 

取引所 承認作業の回数
Zaif(ザイフ) 6回
bitFlyer(ビットフライヤー) 3~6回
coincheck(コインチェック) 3回
bitbank.cc(ビットバンク) 3回
QUOINEX(コインエクスチェンジ) 6回
BitPoint(ビットポイント) 3回
※承認作業の回数はあくまで目安となります。

承認作業は6回行わればセキュリティ的にもほぼ間違いないと言われています。6回の承認であれば所要時間は1時間(60分)となります。

各取引所における承認回数を把握しておけば、ビットコインの送金にかかる時間も大体分かります。

取引所によっては手数料を支払うことで承認回数を0回にすることができますが、この場合はセキュリティ的に問題があるので注意が必要です。

ビットコインの送金状況を確認する方法

ビットコインを送金したあと、ちゃんと届いているかどうか送金状況を確認したいというような場合は、BlockchainchainFlyerなどのトランザクション(取引)を閲覧できるサイトで確認すると良いでしょう。

Blockchainでの確認方法としては、サイトの「サーチ」内にある検索窓に送ったビットコインの送金アドレスやトランザクションIDを入力することで送金状況をチェックすることができます。

国内の大手取引所であれば、送金履歴の画面などから閲覧できるトランザクションIDが大体リンク付きで表示されているので、ここをクリックすればこうしたサイトへダイレクトにアクセスすることができるようになっています。

上記画像の赤枠で囲った部分に、送金アドレスやトランザクションIDを入力すると、取引の詳細情報が確認できる画面に移ります。

送金したビットコインがまだ決済完了していない場合は、緑色で表示されたビットコインの送金額の横に赤色で「未承認の取引!」と表示されますが、無事にビットコインの決済が完了した場合は、赤色で表示された「未承認の取引!」が消えて、取引情報の概要が全て表示されます。

画面の下の方では過去24時間におけるトランザクション(取引)の数やビットコインのチャートなどが確認できます。

トランザクションの数が多ければ多いほど、取引の処理にかかる時間がかかるので、送金時間も遅めになります。

chainFlyerでの確認方法としては、画面の検索窓にビットコインの送金先アドレスやトランザクションIDを入力することで、送金状況を確認することができます。

確認画面にある取引履歴で送ったビットコインの額の下に表示されている確認回数がいつまで経っても0になったままである場合は、アドレスを間違えて送っていることも考えられるので、もし誤りがあると気づいた場合で決済が終わる前であればキャンセルするようにしましょう。

ビットコインの送金時間が遅い時の対処法

ビットコインを送金した場合は、基本的には目安として1時間以内で届くと言われていますが、送金手詰まりが起これば翌日になってもまだ送られていないというようなケースもあったりします。

少しでも早くビットコインを着金させたい時の対処法としては、送金手数料を多く支払ったり、ビットコインよりも送金速度が速い仮想通貨に変更して送る方法があります。

ビットコインの送金手数料を高くする

ビットコインの送金時間が遅い時の対処方法としてまず挙げられるのが、ビットコインの送金手数料を高くするということです。

この手数料を多めに支払うようにすることで、取引の承認作業を行っているマイナーに優先的にマイニングをしてもらえるようになるので、送金を早くすることができます。

この時の決済スピードを速めるために上乗せする送金手数料と、承認作業の優先度の目安としては以下のようになっています。
 

手数料 優先度
+0.0000BTC 通常
+0.0001BTC 少し優先
+0.0002BTC 更に優先
+0.0005BTC 最優先

ちなみに現在のレートが70万円程度であったとして、承認作業を最優先してもらえるように手数料+0.0005BTCを支払う場合は、約350円程度と割と少額な手数料で済みます。

どうしても速くビットコインを送金させたいような場合であれば、このように送金手数料を追加で支払うのも良いのではないでしょうか。

bitflyer(ビットフライヤー)でも送金時の手数料を上乗せすることで送金速度を速くする機能があります取引アプリも使い安く、初心者にもおすすめです

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbbitflyer(ビットフライヤー)でビットコインを送金する時間や手数料まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

送金が早い仮想通貨に変更する

ビットコインの送金時間が遅い時の対処方法として次に挙げられるのが、現在のビットコインでの送金をキャンセルして、他の送金スピードが速いネムやリップルなどの仮想通貨に変更するという方法です。

ただこの時の変更する仮想通貨に関しては、送金先にも送りたい通貨が取り扱われていなければなりません

ビットコインでの送金をキャンセルする場合は、取引所であれば送金履歴からキャンセル手続きを行うことができます。

ビットコインよりも送金時間が早い仮想通貨とは?


ビットコインは現在その性能や利用者の多さから、他の仮想通貨に対しても決済速度は遅いという事になるので、基本的にビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインの方が送金時間は大抵早いと考えても良いでしょう

以下はビットコインとその他アルトコインの送金時間の目安になります。

仮想通貨 送金時間
ビットコイン(BTC) 20分~
ビットコインキャッシュ(BCH) 10分~
イーサリアム(ETH) 10分~
ライトコイン(LTC) 10分以下~
ネム(XEM) 1分以下~
リップル(XRP) 4秒~

送金時間の目安に関してはその時の混雑具合や、取引所から初めて送金するような場合により遅れてくることもあります。

また上記の目安となる送金時間はあくまでも現在においての目安であり、例えば今後ビットコインに導入が予定されているライトニングネットワークが施されれば決済スピードも早まりますし、ネムであれば近々実装される予定であるカタパルトが導入されることで送金速度がリップル以上に早くなります。

イーサリアム、ネム、ビットコインキャッシュの購入はZaifがおすすめです。口座の開設は無料でできます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください

Thumbzaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインの送金に関するよくある質問

一度送金処理された場合はキャンセルできる?

指定のアドレス先へ送金手続きをした後でも、取引が完了していなければ送金をキャンセルすることができます

送金先のアドレスを間違えてしまった場合や、ビットコイン以外の決済スピードの早い仮想通貨に変更したい場合は送金をキャンセルすると良いでしょう。

送金スピードの速いリップルはbitbankで購入するのがおすすめです。リップルを購入できる取引所は他にもありますが、スプレッドという手数料のかからない取引所はbitbankだけです

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

Thumbbitbank(ビットバンク)でリップル(XRP)が最安で購入できる!?手数料を徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

送金されているかの確認はどうすればできますか?

Blockchainなどのサイトで送金状況を確認しましょう。

この時送金アドレスが間違っていたりすれば、その仮想通貨は戻ってこない可能性も十分に考えらるので、アドレス間違いに気が付いたら即座に送金をキャンセルするようにしておきたいところです

ビットコインの送金時間まとめ

今回はビットコインの現在の決済時間の目安について紹介していきました。

まとめるとビットコインの現在の送金速度は仮想通貨の中でも遅いので、決済スピードを早めたいのであれば送金手数料を上乗せさせたり、他の決済速度の速い仮想通貨に変更して送るのが有効的です。

リップル以外のアルトコインの購入は、取り扱い銘柄が多く手数料がお得なZaif(ザイフ)がおすすめです。口座は無料で開設できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

Thumbzaif(ザイフ)のウォレットの使い方!ビットコインとネムの送金方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side