Bitstamp(ビットスタンプ)とは?口座開設・登録方法・手数料を解説!

Bitstamp(ビットスタンプ)の登録方法や口座開設、入金や出金手数料について解説!口座開設時に必要な書類や口座開設方法、情報登録や法定通貨での入金、出金など、Bitstamp(ビットスタンプ)の今後についても詳しく解説!

Bitstamp(ビットスタンプ)とは?口座開設・登録方法・手数料を解説!のイメージ

目次

  1. 1Bitstamp(ビットスタンプ)とは?
  2. 2Bitstamp(ビットスタンプ)の特徴
  3. 3Bitstamp(ビットスタンプ)のメリット
  4. 4Bitstamp(ビットスタンプ)のデメリット
  5. 5Bitstamp(ビットスタンプ)の手数料
  6. 6Bitstamp(ビットスタンプ)の口座開設・登録方法
  7. 7Bitstamp(ビットスタンプ)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Bitstamp(ビットスタンプ)とは?

Bitstamp(ビットスタンプ)の基本情報

運営会社 Bitstamp Ltd.
代表者 Nejc Kodric
所在地 イギリス
スロベニア
取扱通貨 BTC BHC LTC ETH XRP 
取引手数料 0.1~0.25%
日本からの送金方法 クレジットカード・デビットカード
アプリ対応 クリプトフォリオに対応

Bitstamp(ビットスタンプ)は欧州最大級の取引所と言われている人気の取引所です。2011年に会社を設立していて、今年で7年目の取引所です。

日本で一番老舗の仮想通貨取引所であるBTCBOXでも今年で4年目、ということはBitstamp(ビットスタンプ)はかなり老舗の取引所と言えますね。

老舗の取引所は信頼性があると思いますのでヨーロッパなどの海外でユーザーが多いもの納得です。Bitstamp(ビットスタンプ)は通貨の取引量がとても多いため、流動性が高いのが特徴です。

2018年時点で取引量ランキングが世界5位になり、その取引量の多さはBitstamp(ビットスタンプ)の魅力の一つです!

残念ながら日本語対応していないことや、口座開設時に英語表記の居住地証明が必要なことから(英語表記の居住地証明を持っていない方は少し手間がかかりますよね)、現在日本人ユーザーがそこまで多くないのも現状です。

しかし世界最大級の取引量や、老舗の取引所としてのその信用性の高さを考えると、登録しておいて損はないと思います!

また最近日本人ユーザーもクレジットカードが使えるようになったことでかなり使いやすくなりました!さらに、Bitstamp(ビットスタンプ)はRipple(リップル)のゲイトウェイとしても利用されています。

Bitstamp(ビットスタンプ)は海外の仮想通貨取引所ですので、実際に利用する際には、ビットコインを送金する必要があります。そのため今回は海外送金に強く便利な日本の仮想通貨取引所をまず紹介いたします。

DMM Bitcoinサーバーが非常に強くアクセスが集中しても安定して稼働します

また、送金時におけるビットコインのマイナーへの手数料が0.0008以上と安い設定になっているので海外送金がお得です。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の登録に関して不明点などがあれば【DMM Bitcoinの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumb仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン)の特徴・評判・手数料・入出金方法 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbDMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の特徴・評判・口コミ・メリット・デメリット | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Bitstamp(ビットスタンプ)の特徴

Bitstamp(ビットスタンプ)の取扱通貨は5種類

Bitstamp(ビットスタンプ)の取扱通貨は5種類あります。

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • Ripple(リップル)
  • Litecoin(ライトコイン)
  • BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)

法定通貨のドルやユーロからも購入することができます。

またビットコインから他の通貨へと変えることもできますが、ビットコインからしか他の通貨を買うことができないので、法定通貨以外での購入の場合は先にビットコインへの交換をしておくことをオススメします。

Bitstamp(ビットスタンプ)は欧州最大の取引所

Bitstamp(ビットスタンプ)のビットコインの取引量は、全取引所の中で5位(2018/2/24時点で)、とかなり大きい取引所(取引量が多い取引所)だということがわかりますね。Bitstamp(ビットスタンプ)の今後にも注目したいところです。

Bitstamp(ビットスタンプ)はRipple(リップル)のゲイトウェイ

最近話題になっているRipple(リップル)のゲイトウェイですが、Bitstamp(ビットスタンプ)もゲイトウェイとして使われています。

Rippl(リップル)のゲイトウェイは3種類、いずれもXRP Ledgerと現実マネーを繋ぐ役割を果たしています。ゲイトウェイは全部で10社程度ですが、老舗取引所のBitstamp(ビットスタンプ)もその1つとなっています。

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)は次のビットコイン?仮想通貨の違いは? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Bitstamp(ビットスタンプ)のメリット

日本からクレジットカードで購入ができる

Bitstamp(ビットスタンプ)ではクレジットカードやデビットカードで通貨の購入ができます。(VISAカード、マスターカードが使えます)仮想通貨取引と言えば、銀行振り込みというイメージが強いですが、クレジットカードが使えると便利ですよね!

Bitstamp(ビットスタンプ)は2017年から世界的にクレジットカードでの取引を開始、今まで欧州近郊の28カ国だけだでしたが、アジアや南米など、世界的に拡大しました

クレジットカードが使えるようになったことにより、欧州以外のユーザーも使いやすくなり、さらに取引が増えると思われます。

日本から海外の取引所への入金は手間がかかりますが、クレジットカードで取引ができれば、簡単に、そして実質日本円でも取引ができることになります!

クレジットカード取引の普及はBitstamp(ビットスタンプ)ユーザーにとって便利なポイントですよね!

取引量が多く流動性が高い

Bitstamp(ビットスタンプ)は大きい取引所なので、取引量が多いと説明しましたが、取引量が多いということは流動性が高いということになります流動性とは取引や送金の流れ、つまりほど多くの通貨に交換することができるかということです。

流動性が高ければ高いほど通貨の価値は上がりますし、流動性が高いことはなにより安定しているということになります。取引量が多い=流動性が高い ということは、売ったり買ったりがしやすいということになりますね。

特に売る時には、流動性の高い取引所で売る方が取引が成立しやすいので、通貨を売るのにはとても良い取引所だと思います。これはかなりのメリットだと思います!

より多くの通貨を取引したい方にはBitstamp(ビットスタンプ)への登録や口座開設をしておくことをオススメします。

海外仮想通貨取引所の登録が初めての場合方はBitstampへの登録と同時に仮想通貨取引所として最大のBainance(バイナンス)にも登録しておくことをおすすめします。

バイナンスは中国の取引所で100種類以上ものコインを扱っています。手数料も確然として安いです。

さらに本人確認が不必要なのでメールアドレスとパスワードの入力のみで登録が完了します。

この機会にぜひ登録しておきましょう!

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)での送金(入金・出金)方法・送金手数料・送金時間を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

BinanceもBitstampも海外取引所なので日本の取引所からビットコインを送金する必要があります。

ビットコインをお得に送金できるのは、ビットコインのmaker手数料が-0.01のZaifです。Zaifでビットコインを調達してキャッシュバックを得ることもできるし、Bainanceにも送金できるからです。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Bitstamp(ビットスタンプ)のデメリット

以前ハッキング被害にあっている

2015年1月にハッキング被害に遭っていて、約19000BTCが奪われました。日本円にすると当時でなんと12億円分にもなります。その原因としては、Bitstampのアルゴリズムの乱数生成パターンを解析されてしまった可能性が高いということです。

運用用と保管用にウォレットを分けて保管していたため、被害額は19000BTCでとどまったそうです。

ハッキング後1週間で運営を再開。現在は新たにセキュリティーレベルを上げたウォレットBitGoを採用しています。

BitGoは多重署名ウォレットで、2つの鍵が必要となるので、これまでよりもハッキングされにくい仕組みになっています。

日本語対応はされていない

日本語対応していないので登録や口座開設、入金や出金のすべてが英語表記になります。そして日本円での取引が出来ないところもBitstamp(ビットスタンプ)のデメリットの1つと言えます。米ドルかユーロ、ビットコインに交換して取引をすることになります。

居住地を証明する書類が必要

Bitstamp(ビットスタンプ)の口座開設時には、居住地を証明する書類が必要になります。日本語表記のものは無効になってしまうため、必ず英語で書かれているものが必要です。例えば、パスポートや銀行残高証明などです。

英語表記の居住地証明書を持っていない方は少し手間がかかるかな?と思いますが、本人確認は写真のアップロードのみですので、こちらはすぐにできると思います。

他の海外取引所では、本人確認の際、テレビ電話で確認するところもあるので、それから比べると楽な方ですね。

Bitstamp(ビットスタンプ)の手数料

Bitstamp(ビットスタンプ)の取引手数料

Bitstamp(ビットスタンプ)の手数料は過去30日の取引量によって変わる仕組みになっています。取引量が多いほど、手数料は安くなります

手数料 過去30日の取引量(米ドル)
0.25% ~20.000ドル
0.24% ~100.000ドル
0.22% ~200.000ドル
0.20% ~400.000ドル
0.15% ~600.000ドル
0.14% ~1.000.000ドル
0.13% ~2.000.000ドル
0.12% ~4.000.000ドル
0.11% ~20.000.000ドル
0.10% ~2.000.000.000ドル

Bitstamp(ビットスタンプ)の入出金手数料

Bitstamp(ビットスタンプ)の入金手数料は、ビットコインの即時出金時に0.1%の手数料がかかりますが、そのほかの入金には手数料はかかりません。また法定通貨も取扱できるので、法定通貨の入出金にはおすすめの取引所です。

Bitstamp(ビットスタンプ)の口座開設・登録方法

Bitstamp(ビットスタンプ)へアクセス

まずは、Bitstampの公式サイトへアクセスします。

Create Account をクリックします。

必要項目の記入

必要事項を入力します。

上から順に

  • 名前(英語表記)
  • 苗字(英語表記)
  • Eメールアドレス
  • 国籍(英語表記)

最後に
  • I agree to Bitstamp's Terms of Use and Privacy Policy  
(私はBitstampの利用規約とプライバシーポリシーに同意します)にチェックを入れ入力完了です。

入力後、登録完了のメッセージが出ます。和訳すると、登録完了。お客様IDとパスワードを記載したメールを送信しました。初めてのログイン後、すぐにパスワードを変更してください。と書いてあります。

このメッセージに従い、セキュリティー強化のためログイン後はすぐにパスワードを変更しましょう。

受信したメールのURLをクリック

先程、登録したメールアドレス宛にメールが送られてくるので開いてURLをクリックします。Cliant ID:(お客様ID)Password:(パスワード)送られてきたIDとパスワードは最初のログイン時に使います。

ログイン後は安全のためすぐにパスワードを変更することをオススメします。

ログイン

画面右上のLoginをクリック。
先程メールで届いたIDとパスワードを入力しログインします。

個人情報の記入

ログイン後すぐにパスワードを変更しましょう。
パスワードの変更はSettingsのChange Passwordから行います。


赤線(パスワードが古すぎます。今すぐ変更してください)と出てくるので

上から順に、

  • 変更前のパスワード
  • 新しいパスワード
  • もう一度、新しいパスワード

を入力します。最後にCHANGE PASSWORD をクリックすると、新しいパスワードに変更完了です。次に個人情報の入力をします。

上から順に

  • First Name名前
  • Last Name苗字
  • Address 住所
  • Postal Code 郵便番号
  • City 都道府県
  • County 国
  • Nationality 国籍
  • BirthDate 生年月日

を入力します。

次に「外国戡定税法に基づき報告の義務があります」

  • 米国市民ですか?
  • 米国居住者ですか?
  • 米国納税者ですか?

の3つの質問にYes/Noで答え、最後に、顔写真付きの身分証明、居住証明書を送信して個人情報の登録が完了です。顔写真つきの身分証明書はカラーなおかつ顔がはっきりわかるのもを送りましょう。

居住証明は、銀行口座や政府認定の居住証明書が必要です。公共料金でも大丈夫ですが、必ず英語で記載されているものを送りましょう。

3月以内に発行されたものでないと、無効になってしまうので注意が必要です。また、ウェブ明細やクレジットカードの明細、携帯電話の料金明細も無効となります

Bitstamp(ビットスタンプ)買収への動き

ここ最近、噂になっているBitstamp(ビットスタンプ)の買収。韓国の投資家が4憶円で買収するという噂が出てきています。

つい先日のニュースでも、「すでに両社は大筋で合意」の文字が。欧州最大級、世界トップクラスの取引所、Bitstamp(ビットスタンプ)の買収にTwitterでは連日激しい論争が行われています。

関係者も噂を認める発言をしていることから、今回の買収の噂は事実に近いと思われます。買収先が、現在仮想通貨規制が行われている韓国ということもあり、韓国で規制の対象となるのではないかと心配する声も出てきています。

一方で、今回の買収が良い方向に動くのではないかという声もあり、今後の動きにかなり注目が集まっています。ツイッターでもBitstamp(ビットスタンプ)買収の記事が拡散されています。

Bitstamp(ビットスタンプ)まとめ

欧州最大の取引所のBitstamp(ビットスタンプ)、日本語対応していないことで口座開設や個人情報登録、口座登録や入金、出金が少し難しいかと思われますが、通貨の流通量の多さや、流動性の高さはとても魅力的です。

英語が苦手でない方、より多くの通貨を取引したい方にとってはとても良い取引所なのではないでしょうか。法定通貨での取引ができるので、法定通貨の入金や出金にはオススメの海外取引所です

現在、韓国の投資家によるBitstamp(ビットスタンプ)買収の動きに注目が集まっていますが、これまで長く築きあげてきた取引所の信頼性の高さやユーザー数の多さ、取引量の多さは変わらず保って欲しいですよね。

多少の不安もありますが、今回の買収が良い方向に動くことを願っています!

Bitstamp(ビットスタンプ)の詳しいお話とても有益な内容でしたね。特に英語が苦手な方は、口座開設の本人確認情報の入力方法などが詳細に記載されていますのでぜひ参考にしてくださいね。

買収の動きなど今後もチェックしてbtcfeedのサイト上でも情報発信できればと思います。

海外の仮想通貨取引所は英語が苦手の場合苦戦してしまうことが多いのですが、そんな中で本人確認が不要で登録がとても簡単と言われているのがBinanceです。

また最近のアップデートでインターフェイスが更新され、かなり見やすくなりました。この機会に登録してみてください。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb韓国の仮想通貨最新ニュース:規制解除後の税金や取引所の事情 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb韓国政府は仮想通貨取引所の運営にライセンス制を導入する可能性が | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side