Binance(バイナンス)への規制の影響は?中国以外の規制問題

中国のBinance(バイナンス)は世界中で仮想通貨に対する規制が強まっている中、難局に直面しています。日本、韓国、米国や香港などでも規制が強まっています。中国のBinance(バイナンス)は規制を回避するため、事務所やサーバーの場所などを秘密にしています。

Binance(バイナンス)への規制の影響は?中国以外の規制問題のイメージ

目次

  1. 1Binance(バイナンス)の創業者が「規制が最も大きなリスク」と発言
  2. 2Binance(バイナンス)に対する中国以外での規制
  3. 3Binance(バイナンス)への専門家の意見
  4. 4Binance(バイナンス)の現状は?すでに中国国外に本拠地がある?
  5. 5Binance(バイナンス)はすでに中国の規制の影響でマルタの移転を発表
  6. 6Binance(バイナンス)以外の仮想通貨取引所も海外へのビジネス進出を加速
  7. 7しかし、中国の規制でも仮想通貨取引所は成長している!
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Binance(バイナンス)の創業者が「規制が最も大きなリスク」と発言

Binance(バイナンス)創業者Zhao Changpengは、たった8カ月足らずで中国の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)を取引価値世界最大の仮想通貨取引所に成長させることができました。

しかし、世界中の規制当局が仮想通貨市場を厳しく取り締まり始めている中で、中国の取引所Binance(バイナンス)は難局に直面するかもしれません。Zhaoは、規制はBinance(バイナンス)のリスクだと言っています。

先にBinance(バイナンス)の情報を知りたい方はこちら!

ThumbBinance(バイナンス)の本社が移転!マルタ島へ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Binance(バイナンス)に対する中国以外での規制

韓国のBinance(バイナンス)に対する規制

世界中の金融監督当局と政府は、適切に仮想通貨関連の活動を規制するため仮想通貨市場を研究し法律を制定してきました。

中国のBinance(バイナンス)は業界で最も緩い顧客確認(KYC)の方針を持っており、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を支持しています。そのため、中国のBinance(バイナンス)は規制の厳格化を懸念しているのです。

韓国の金融委員会は、過去数ヶ月間、仮想通貨取引におけるKYC規則を厳格化しました。これは、マネーロンダリングや市場操作などの犯罪行為を助ける匿名性のレベルを制限するためです。

米国の金融監督当局である証券取引委員会(SEC)は、ICO、仮想通貨ヘッジファンド、および取引所を積極的に精査しています。

 

Thumb韓国政府は仮想通貨取引所の運営にライセンス制を導入する可能性が | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

日本のBinance(バイナンス)に対する規制

中国のBinance(バイナンス)は事業拡大を目指していることから、規制圧力の増大が重くBinance(バイナンス)にのしかかります。

日本のFSAからの尋問と、免許なしでの日本国内での営業を禁止するという公式通知を受けて、Zhao Changpengは先月、日本での事務所開設計画を取りやめたと報道されました。

Twitterで彼は、「新しい(多くの場合より良い)機会が出てくるのは、いつも変化の時期です」とつぶやいています。

また、この第2四半期で212億円の利益をあげた中国のBinance(バイナンス)は、最近の数ヶ月で香港の証券先物委員会などからいくつかの警告を受けています。香港の規制当局は有価証券と見なされる仮想通貨を取引することを認めていません。

 

Binance(バイナンス)への専門家の意見

Gatecoin(ゲイトコイン)取引所のアジア太平洋地域事業開発責任者Thomas Glucksmannは、次のように中国のBinance(バイナンス)について述べています。

「現在、私たちの周りには規制当局の地雷原があります。仮想通貨ビジネスを歓迎する国は少数であり、仮想通貨取引所に対してきちんと明確なルールとガイドラインを制定している国はもっと少ないです」

シンガポールに拠点を置くAsia Fintech Societyの社長David Shanは、中国のBinance(バイナンス)についてBloombergに次のように述べています。

「Binance(バイナンス)は規制と透明性に欠けています。Binance(バイナンス)はオフィスビルの前に止まりコーヒーを売って、街で正式に経営しているコーヒーショップを苦しめるトラックのようなものです」

中国のBinance(バイナンス)の顧客の多くは、Binance(バイナンス)の方針を支持しています。「規制は少ないほど良い。私はBinance(バイナンス)には自身のプラットフォームを守る能力があると確信しています」と、米国の仮想通貨トレーダーであZachary IsingがBloombergに語りました。

Binance(バイナンス)の現状は?すでに中国国外に本拠地がある?

中国のBinance(バイナンス)の事務所やサーバーの場所でさえもが、取引所を管轄する国を特定できないようにするため秘密にされています。Zhaoは最近のインタビューで「不必要な規制を避けるために、なにか独創的なことをするのに抵抗はありません」と述べました。

Coinmarketcap.comによると、中国のBinance(バイナンス)の1日の取引量は1912億円近くにも達していますが、その取引量の統計を監査する規制当局はありません。

Binance Fights Increasing Regulation

NewsBTC、Ricardo Esteves、1 Apr 2018

Binance(バイナンス)はすでに中国の規制の影響でマルタの移転を発表

今回問題になっている日本や韓国等での規制の問題を解決するために、Binance(バイナンス)はすでに、比較的仮想通貨に対して寛大な規制を設けて、法の整備を急いでいるヨーロッパへと移転を発表しています。

Binance(バイナンス)の発表している移転先は、地中海に浮かぶ小国のマルタです。

マルタは、現在仮想通貨ビジネスを支援することを発表している取引所で、Binance(バイナンス)の移転を機に大きく注目が集まりましたが、それ以前から仮想通貨やブロックチェーン関連企業が集まっている国です。

Thumbヨーロッパ仮想通貨情報:規制が緩和され取引所も人気!税金が無料の国も! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この移転により、Binance(バイナンス)が現在直面している規制への問題を解決する狙いがあります。

マルタが選ばれる理由は、仮想通貨に対して寛大であるだけでなく、世界的にも早期から仮想通貨ビジネスに対するはっきりとした規制の方針を取り入れていたことにあります。

同様に世界的な仮想通貨取引所であるBitfinex(ビットフィネックス)がスイスに移転の表明しています。

Thumbスイスの仮想通貨情報:取引所やICOが集まる都市や規制について | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Binance(バイナンス)以外の仮想通貨取引所も海外へのビジネス進出を加速

Binance(バイナンス)以外にも、仮想通貨取引所の中で海外の移転を急いでいる取引所は多くあります。

先ほど挙げたBitfinex(ビットフィネックス)は元々香港をベースとした取引所でしたが、すでにスイスの移転を表明する前からその本社機能は香港の外にありました。

さらに、中国3大仮想通貨取引所の一つである「Huobi(フオビ)」もアメリカに移転をすると発表しました。

ThumbHuobi(フオビ).pro仮想通貨取引所の使い方!登録・口座開設・本人確認・入出金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Huobi(フオビ)は元々2017年の中国の規制の影響で、海外利用者を増やしていましたが、さらなる海外路線の拡大の意図が見て取れます。

しかし、中国の規制でも仮想通貨取引所は成長している!

Binance(バイナンス)やその他の仮想通貨取引所に対して、様々な国や地域で規制の影響が大きくなってきてはいるものの、仮想通貨取引所としては成長をし続けているのが実情です。

Thumb中国の仮想通貨取引所は規制をされたが縮小はせず、成長した! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Binance(バイナンス)の閉鎖の可能性はある?

Binance(バイナンス)に対する、悲観的な意見が日本や、中国で大きく取り沙汰されていますが、Binance(バイナンス)は世界最大級の取引所であり、CEOも仮想通貨社会に対して影響力を持った人と言えます。

さらに今回マルタと言う仮想通貨取引所を行うのに最も適した場所に移転をするということを踏まえても、あまり閉鎖の心配をしないでも大丈夫でしょう!

しかし、仮想通貨取引所を分散して持っておくことに越したことはありません!
海外取引所をBinance(バイナンス)しか利用してなかった方は他の取引所も登録をおすすめします!

特にBinance(バイナンス)の次におすすめはHitBTCです!
Binance(バイナンス)同様に多くの仮想通貨を取り扱っていて、ICOした通貨も多く取り扱われます!
最近ではノアコインが上場したことで注目が集まりましたね!

簡単に口座開設ができるのでぜひこの機会にBinance(バイナンス)以外の取引所でも口座開設をおすすめします!

ThumbHitBTCの使い方は?登録・口座開設・入金方法・出金(送金)方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

海外仮想通貨取引所を利用するなら持っておきたい国内取引所をご紹介!


おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

このニュースを読んだ方はこちらのニュースも見ています

Thumbロシアで仮想通貨の法律が制定間近:制定は7/1までに確定か | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side