ビットコインの分裂とは?仮想通貨の分裂理由や次はいつの予定かを解説!

ビットコイン分裂ラッシュはいつまで? 分裂の理由とは? ビットコインの分裂の理由と、いままでの取引所の付与対応、今後のハードフォークはどのような予定になっているか詳しく解説します。ビットコインのハードフォークの裏にある対立や、価格への影響を考えていきましょう。

ビットコインの分裂とは?仮想通貨の分裂理由や次はいつの予定かを解説!のイメージ

目次

  1. 1ビットコインの分裂がつづく理由とは?  ビットコインのハードフォークについて解説!
  2. 2ビットコインの分裂とは?
  3. 3ビットコインの課題
  4. 4ビットコインが分裂する理由
  5. 52017年8月の1回目の分裂「ビットコインキャッシュ」
  6. 62017年11月の2回目の分裂「ビットコインゴールド」
  7. 72017年11月の3回目の分裂「ビットコインダイヤモンド」
  8. 82017年12月の4回目の分裂「スーパービットコイン」
  9. 92017年12月の5回目の分裂「ライトニングビットコイン」
  10. 102017年12月の6回目の分裂「ビットコインゴッド」
  11. 112017年12月の7回目の分裂「ビットコインプライベート」
  12. 12次のビットコインの分裂はいつ?予定は?
  13. 13ハードフォークで生まれたコインが付与される取引所は?
  14. 14ビットコインの分裂まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコインの分裂がつづく理由とは?  ビットコインのハードフォークについて解説!

ビットコインはハードフォークによる分裂が数ヶ月で非常に増えています。今回はなぜ分裂するのか、仕組みと理由、価格への影響について解説していきましょう。

この記事のポイント

  • ビットコインとハードフォーク
  • ハードフォークで生まれたビットコイン派生コイン
  • ハードフォーク時の各取引所の付与対応

ビットコインの分裂とは?

①ビットコインの仕組み

ビットコインとは世界初の仮想通貨です。取引情報を1からすべてつなげ記録する分散型台帳「ブロックチェーン技術」を利用しています。

このブロックチェーンに記録された取引情報は外部から書き換え不可能であるため、強固なセキュリティとしても働きます。中央サーバーなども必要なく、送金相手に直接送金ができるためネットワークの負荷も分散できます。

365日24時間いつでも送金が反映される上手数料も圧倒的に安く、管理人がいなくてもセキュリティを保てるブロックチェーンネットワーク技術は今かなり注目されています。

現在はビットコイン以外の数多くの仮想通貨が生まれ、送金だけでなく企業内でのデータ共有遠方の方と契約を結ぶeスポーツのオンライントーナメント開催などを行える専用のプラットフォームをもつ仮想通貨も生まれています。

Thumb仮想通貨(ビットコイン)のリスクや危険性は?危ないかどうかを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインの価格変動の理由とは?今後の5年後のチャート予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②ビットコインのハードフォークとは?

「フォーク」とは技術改善のためにシステム変更を行うアップデートのようなことを指します。

「ソフトフォーク」と「ハードフォーク」があり、ハードフォークはブロックチェーンそのものが新しいものになるため、フォーク前の仮想通貨と互換性がありません。その影響で分裂し、新しい仮想通貨が生まれることになります。

ビットコインは仮想通貨の大元で在る分技術が古いため、後から生まれたアルトコインと比べると問題点も多く存在します。特にスケーラビリティ問題や51%問題(後述)の改善が注目され、今後も分裂がつづく可能性は高いでしょう。

ハードフォークで新しい仮想通貨が生まれると、分裂前の仮想通貨を持っている人は同数の付与を受け取れることがあります。つまりビットコインを持っていれば、ハードフォークがあるたびに仮想通貨を受け取れるということですね。

その付与を狙う方が集中するためか、ハードフォークが発表されると該当の仮想通貨は価格が上がる傾向があります。

ビットコインの購入は、ビットコインの取引手数料がなんとマイナスでビットコインを取引すればするほどビットコインがもらえるお得なZaifがおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいます。損をしないようにZaifに登録してお得にビットコインを購入しておきましょう。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbハードフォークとは?ビットコインなどでよく行われる分裂騒動について解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインの課題

①スケーラビリティ問題

ビットコインの「スケーラビリティ問題」とは、一言でいえば「送金反映に時間がかかる」という問題です。

これはブロックチェーン技術の欠点とも言えるのですが、ビットコインは取引承認時、データが正しいか確認する「マイニング」を行う必要があります。

また、ブロックごとに書き込み可能なトランザクション(取引データ)の量も決まっており、新しくブロックを生成するとなるとさらに時間がかかります。処理に時間がかかりやすいシステムなのです。

クレジットが数秒で決済できるのに対し、ビットコインは決済まで10分ほどかかります。ビットコインをお買い物に利用できるお店は増えていますが、店頭で使うにはかなり不便な時間ですね。

ビットコインの後も多くの仮想通貨がブロックチェーン技術を導入しているため、スケーラビリティ問題を解決するシステムを必ずと言って良いほど導入し、速いこともPRしています。

②51%問題

ビットコインのもう一つの課題51%問題は「二重支払問題」「リプレイアタック」とも呼ばれます。その通り、外部不正により取引を重複させるハッキング行為です。

ブロックチェーンは取引が終了すればその履歴がセキュリティとなり守られますが、取引する瞬間は「マイニング」を行うマイナーの手が入ります。

このマイニングを悪質なグループまたは個人がネットワークの半数以上(51%)を支配すると不正取引を行えるようになってしまい、自身のウォレットから悪質グループのウォレットに送金させられるようになってしまいます。

ただマイニングには膨大な電気代とノードが必要になるため、51%も占めるコストを用意するにはたとえグループでもかなり負担がかかります。

そのことからも起きる可能性はきわめて低い不正と言われていますが、数少ないブロックチェーンの脆弱性をついている問題であり軽視できない問題といえます。

ビットコインが分裂する理由

ビットコインの分裂する大きな理由の一つに「Segwit(セグウィット)」「Segwit2x」というソフトが大きく関わっています。このソフトについて詳しく解説していきましょう。

①Segwitとは?

「segwit」はブロックチェーンの大きさをそのままに、内部データを圧縮することができます。ブロックチェーンのデータ量に余裕ができるため、スケーラビリティ問題を改善することができます。

2017年8月にビットコインに導入されますが、当時segwit2x導入の問題で対立が起きており「ブロックチェーンを大きくしたビットコイン」も発行することになりました。

結果ハードフォークが行われ、ブロックサイズを8倍にしたビットコインキャッシュと分裂しています。

Thumbビットコイン(BTC)のセグウィット(segwit)仕様での利用が大きく伸びる | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb ビットコイン(BTC)の送金がセグウィット(Segwit)のおかげで送金手数料が安くなり、送金遅延問題が解消! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②Segwit2Xで意見が対立

「segwit2x」とはsegwitの機能に加え、ブロックサイズを2倍にするソフトです。より大きなスケーラビリティ問題の改善が見込めます。

ですが現在、segwit2xの導入を支持するマイナーと、反対するビットコイン開発者で対立が起きており、現在も導入を見合わせている状態です。その理由は、導入することでマイナーが有利になりすぎてしまうからと言われています。

マイナーはマイニングを行うほど報酬が得られます。segwit2xが導入されれば機会がふえ、儲けを得られるということですね。許可してしまうと51%問題を起こしやすくなる可能性も高くなります。

その他、segwit2xの開発者は1人で行っていることや、segwit2xノードも性能が低いため、その点もセキュリティ面から導入を避けたいという理由もあります。

現在もsegwit2xは導入未定となっており、危険性を確認できるまではビットコインに別の技術を導入し新しい仮想通貨と分裂する、ということが続いています。segwit2xの影響がビットコインの分裂を増やしている原因の一つとも言えるでしょう。

Thumbsegwit2xのハードフォークとは?ビットコインの分裂と問題点解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2017年8月の1回目の分裂「ビットコインキャッシュ」

①ビットコインキャッシュとは?

ビットコインから初の分裂で生まれた「ビットコインキャッシュ」はsegwitの導入はされていませんが、ビットコインの8倍のブロックサイズを持っています。

その影響からスケーラビリティ問題の改善が期待されました。初のビットコインハードフォークということで、当時も期待や注目をあび、数ヶ月で価格・時価総額が上位になっています。

②開発された目的

目的はSegwitの欄でもお話ししたとおり、ビットコインのSegwit導入の影響で分裂しました。

ビットコイン開発者はSegwit2xには反対でしたが、Segwitは導入には賛成でした。そのため「先にsegwitを行いデータを下げ、その後segwit2xを導入しブロックサイズを上げるという条件で和解し分裂させたのです。

しかしSegwit2xに関してはやはり解決せず、現在も対立を続けたままビットコインは分裂を続けています。

Thumbビットコインキャッシュ(BCH)の価格高騰理由と今後の将来性を予想【2018年】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインキャッシュ(BCH)の2018年と今後は?チャート、取引所、ニュースまとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法(買い方)とおすすめ取引所比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインキャッシュ(BCH)は今後さらに活用の幅が増える!価格への影響は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2017年11月の2回目の分裂「ビットコインゴールド」

①ビットコインゴールドとは?

ビットコインゴールドはユーザー主導のハードフォークにより、ビットコインから分裂しました。

主な違いはアルゴリズムで、ビットコインがSHA256を使用しているのに対し、ビットコインゴールドはEquihashという新しいアルゴリズムを導入しています。

マイニングも誰でも利用可能なPCのGPU(画像専門に演算処理するプログラム)を利用できるため、ビットコインよりマイニング参加がしやすくなっています。

Segwit導入や、取引時に本物の取引である「目印」をつけられる「リプレイプロテクション(51%攻撃対策)」も行われており、ビットコインよりかなり改善点がみられる仮想通貨です。

②開発された目的

ビットコインゴールドはマイナーの中央集権化を防ぐために作られています。

ビットコインの報酬は「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」と言われるもので、簡単に説明するとマイニングの仕事量が高い人に多く報酬が分配される仕組みです。そのため、マイニング報酬が一部の人に偏りやすいという問題があります。

その影響から、特別大きな機材を必要とせず、だれでも持っているPCで参加できるよう考慮されています。マイニングする人数もふえ、トランザクション処理も速くなります。

ThumbBitcoin Gold(ビットコインゴールド/BTG)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2017年11月の3回目の分裂「ビットコインダイヤモンド」

①ビットコインダイヤモンドとは?

ビットコインダイヤモンドはビットコインとビットコインキャッシュのメリットを合わせた仮想通貨です。ブロックサイズは8倍で、Segwitも導入されています。

その影響からスケーラビリティ問題が大幅改善されており、ビットコインの5倍の処理能力を持っています。

供給量はビットコインの10倍を目指しており、上限も2億4000万とビットコインの10倍になっています。分裂時、取引所から受け取れる配布は通常1BTC=1枚ですが、ビットコインダイヤモンドは1BTC=10枚受け取ることが可能でした。

その付与の多さから注目する人も多かったようですが、怪しい部分も多く付与を行わない取引所も多くありました。その影響からか、価格もキャッシュほど大きく伸びていないようです。

②開発された目的

ビットコインダイヤモンドが怪しいと思われた理由でもあるのですが、この仮想通貨は発行された目的がわかっていません。

公式では「ユーザーのプライバシー保護」「転送コスト削減」「参入コストの削減」をメインにしており、それが送金内容の暗号化やブロックサイズの多さ、10倍の配布量に繋がっています。

しかし、通常分裂を行うハードフォークの知らせは数ヶ月前が普通なのに、ビットコインダイヤモンドはハードフォーク直前の知らせでした。その影響からかデマや価格上昇・お金の回収が目当てでは、と疑われてしまっています。

ビットコインゴールドは付与を行っていた取引所も、ビットコインダイヤモンドは行わない、または未定としているところが多かったのもその影響が大きいでしょう。

ただ、Segwit2xの導入がもともと11月予定だったことを考えると、ビットコインキャッシュと同じくSegwit2x延期の代わりに分裂した可能性もあるかもしれませんね。

ThumbBitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインが分裂(ハードフォーク)10個以上に?次の分裂は12/1? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2017年12月の4回目の分裂「スーパービットコイン」

①スーパービットコインとは?

ビットコインを分裂したスーパービットコインは8倍のブロックサイズに加え、イーサリアムに導入されている複雑な取引を自由に設定できる「スマートコントラクト」が導入されています。

加えて、Segwitを利用しトランザクションデータをまとめて承認する「ライトニングネットワーク」と、取引内容を暗号化したまま、マイナーにも非公開に行う「ゼロ知識証明」も導入されており、ビットコインの大幅な進化を実現しています。

リプレイプロテクションも導入されており、ビットコインの中では非常に安定した仮想通貨といえます。

②開発された目的

スーパービットコインはビットコインの需要を高めるために分裂しました。

あらゆる取引に特化した「イーサリアム」やゼロ知識証明の代表「ZCash」といった、需要の高いシステムを持ったアルトコインが中心になりつつあります。

需要の高いシステムをもったスーパービットコインを発行することでビットコインの価格維持と、ビットコインに興味を持って貰うことを目的としています。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2017年12月の5回目の分裂「ライトニングビットコイン」

①ライトニングビットコインとは?

ビットコインと分裂したライトニングビットコインは、マイニング報酬方法に「DPoS(デリケイデット・プルーフ・オブ・ステーク)」を導入しています。

DPoSはマイニングに大衆性を持たせたシステムで、ライトニングビットコイン保有者の投票で決まったマイナーがマイニングの権利と報酬を受け取れる、という方法です。ユーザーが中心に利用しやすくなります。

他、スマートコントラクトやリプレイプロテクションも導入されており、ブロックサイズはビットコインの2倍ですがブロック生成速度が3秒と、非常に速い送金速度を持っています。

②開発された目的

上記の特徴の通り、マイナーの非中央集権型を目指した仮想通貨です。ビットコインゴールドと同じですが、報酬方法を変える形で実現しています。

2017年12月の6回目の分裂「ビットコインゴッド」

①ビットコインゴッドとは?

ビットコインから分裂した「ビットコインゴッド」は、スーパービットコイン同様ライトニングネットワークを導入しておりスケーラビリティ問題を改善しています。他、スマートコントラクトやゼロ知識証明も導入の予定です。

また取引の報酬方法は「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」となっており、コミュニティ内で保有量が多い人から毎日少しずつ報酬を得られるようになっています。

②開発された目的

ビットコインゴッドはユーザーが中心の仮想通貨を目指しています。コミュニティのメンバーが報酬を貰えるシステムや、オープンソースであるため開発や管理もコミュニティユーザーが所有しています。

2017年12月の7回目の分裂「ビットコインプライベート」

①ビットコインプライベートとは?

ビットコインから分裂した「ビットコインプライベート」は、仮想通貨「Zclassic」に導入されている匿名性に特化した「zk-snarks」を導入しています。

zk-snarksは取引履歴のみを残し、取引内容は一切見えないように送金が行えます。他、リプレイプロテクションも導入されており、51%問題にはかなりセキュリティが高いといえます。

ビットコインゴールドと同じくEquihashを利用したアルゴリズムと、開発もオープンソースであり、大衆的な仮想通貨です。

②開発された目的

ビットコインプライベートは名前の通り、プライバシーを重視した仮想通貨です。加えて非中央集権も目指しており、オープンソースやマイニングを行いやすいプログラムを導入しています。

Thumbビットコインプライベート(BTCP)が2月28日にハードフォークを予定 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

次のビットコインの分裂はいつ?予定は?

今後ビットコインの分裂はさらに加速し、現在も「ビットコインウラン」「ビットコインキャッシュプラス」「ビットコインアトム」といった、数多くのビットコインが付いた名前の仮想通貨が生まれるというニュースが多くあります。

日程や仕組みもほとんどが不明で詐欺やデマでは、と疑われることが多いですが、複数の著名人が「2018年、ビットコインは50回分裂する」という話をされており、どれも本当のハードフォークの可能性も高いです。

ビットコインの分裂の価格への影響は?

ハードフォークが行われると、分裂前の仮想通貨は価格が上昇しやすいです。期待から価格が上がることもありますが「新しい仮想通貨の付与が貰えるから」という影響も強いでしょう。

新しい分裂に対しデマが噂されるのはあまりにも回数が多いというのもありますが、そのような取引所や個人が金策のために建てている可能性も高く、「ビットコインプラチナ」の時も韓国の高校生のデマだったのでは、と大騒ぎになっています。

ビットコインから分裂した仮想通貨が増えれば、結果的に市場のほとんどがビットコイン派生の仮想通貨になりますが、おそらく大元であるビットコイン自体の価格は機能的にも怪しくなることでしょう。

分裂した仮想通貨の中でも特に価格が伸びている「ビットコインキャッシュ」のハードフォークは5月ごろに予定があるようで、もし本当であれば「ビットコインキャッシュがビットコインに代わる仮想通貨になる」可能性も高いかも知れません。

ハードフォークで生まれたコインが付与される取引所は?

ハードフォークで付与される仮想通貨は、取引所によっては行わない場合も多いです。今までの国内仮想通貨取引所の付与予定の例を見てみましょう。

①国内の取引所のビットコインハードフォークへの対応

  ビットコインゴールド(BCG) ビットコインダイヤモンド(BCD)
bitFlyer(ビットフライヤー) BCGに対し前向きな意見
BCGが安定がはっきりすれば付与
付与は行わない
coincheck(コインチェック) BCGの脆弱性が発覚しなければ付与 付与予定を発表
Zaif(ザイフ) 付与には後ろ向き
BCGが安定すれば付与の可能性はある
付与は行わない
bitbank(ビットバンク) 付与には後ろ向き
BCGが安定すれば付与の可能性はある
付与は行わない
GMOコイン BCGの安定性がユーザーに付与できるほどと判断できれば付与 付与は行わない

国内の仮想通貨取引所は、行う予定としているところでもほとんどが「付与日程は未定」です。安全性が確認でき次第付与を行うということを発表しています。

ただ、目的があやふやであったことが影響し、ビットコインダイヤモンドは多くの取引所が否定的です。声明を出していない、または「付与は行わない」と宣言した取引所がほとんどでした。

唯一、coinchack(コインチェック)だけはビットコインダイヤモンドの付与の発表を行っています。中国の大手取引所「binance(バイナンス)」が付与を開始した後なので、その価格上昇を見て判断したものではと見られています。

またZaif(ザイフ)の朝山氏は頻繁に行われているハードフォークにあまり良い印象を持っていないことを明かしており、おそらくZaif(ザイフ)では今後の付与の可能性は限りなく低いと予想できます。

Thumbコインチェックでビットコインゴールド(BTG)の付与確定!各取引所の対応まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

今後新しく分裂したビットコインの仮想通貨の仕組みによっては付与も期待できますので、ぜひこちらからご登録してみてください。各取引所の詳しい解説も載せています。

特にbitFlyerは付与に対して前向きな姿勢なのでbitFlyerだけでも登録しておきましょう。

初心者でも簡単で使いやすいアプリがあっておすすめです。
簡単1分で登録できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Zaifは手数料が圧倒的にお得で仮想通貨の取り扱い国内で最も多い人気の取引所です。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

GMOコインは初心者でも簡単でかつベテランにとっても大満足で高機能なビットレ君というアプリがあって評判です。

GMOコインの登録に関して不明点などがあれば【GMOコインの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbGMOコインの特徴と評判比較!仮想通貨(ビットコイン)FXや売買方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

bitbankはリップルを国内で唯一板取引でお得に購入できて、2018年6月まで仮想通貨の取引手数料が無料で人気が急上昇中の取引所です。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②Binanceのビットコインハードフォークへの対応

一方、海外の取引所Binance(バイナンス)は付与にかなり積極的で、ダイヤモンドも11月25日に付与を行うと発表し、実現しています。

ツイッターでは「ビットコインから分裂した仮想通貨には全て対応する」と宣言しているようで、付与を期待するならBinance(バイナンス)を利用するのが良いでしょう。

Binanceは世界で最も人気の取引所で手数料も圧倒的にやすく仮想通貨の取り扱いも200種類ほどと多いおすすめの取引所です。

メールアドレスだけで簡単1分で登録できます。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!a

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインの分裂まとめ

ビットコインや仮想通貨の分裂理由や取引所の付与対応についてお話ししましたが、いかがでしょうか?

ややこしい程にビットコインが分裂していて混乱してしまうほどですが、ハードフォークのタイミングは価格の変動に期待できるので、購入の目安になるかも知れませんね。

ビットコイン以外にもすでに1000種類を越えるたくさんの仮想通貨がでていますので、ビットコイン以外のハードフォークも注目していきましょう。

この記事を読んでいる方はこちらも読んでいます

Thumbsegwit2xのハードフォークとは?ビットコインの分裂と問題点解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェックでビットコインゴールド(BTG)の付与確定!各取引所の対応まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZcash(ジーキャッシュ/ZCH)が6月にハードフォークしZcashdが生まれる!今年は仮想通貨、特にアルトコインのハードフォークが頻発 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbLitecoin Cash(ライトコインキャッシュ/LCC)はスキャム(詐欺)?ライトコインがハードフォークした通貨とは? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbMonero(モネロ/XMR)がハードフォークを3月に予定!【仮想通貨最新ニュース】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb次のビットコインの半減期はいつ?2020年?チャートや価格への影響 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side