ビットコインを買い物で使う方法は?ビットコインを使えるお店も紹介!

今や、聴き慣れてきた人も多い仮想通貨ですが、ビットコインで買い物ができることはご存知でしょうか。仮想通貨は、本来様々な利用方法があります。今回は、そんな数ある仮想通貨の中から、世界中で人気のあるビットコインを買い物で利用する方法についてお伝えします。

ビットコインを買い物で使う方法は?ビットコインを使えるお店も紹介!のイメージ

目次

  1. 1そもそもビットコインは買い物で使えるの?
  2. 2ビットコインを買い物で使うメリット
  3. 3ビットコインを買い物で使うデメリット
  4. 4ビットコインで買い物ができるお店
  5. 5【海外編】ビットコインで買い物ができるお店
  6. 6ビットコインで買い物が出来るビットコインモール
  7. 7ビットコインで買い物する場合の税金に関して
  8. 8ビットコインで買い物をする場合のよくある質問
  9. 9ビットコインを買い物で使う方法まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

そもそもビットコインは買い物で使えるの?

ビットコインは売買だけじゃない!実生活でも利用方法あり

今なお、世間やニュースを騒がしている「仮想通貨」。その価格変動性から売買益による損得の話ばかりが注目されているのが現状です。ですが、仮想通貨はそもそもそれぞれに特性を持っています。

仮想通貨の中の代表格としてビットコインがあげられますが、そのビットコインも売買による利益だけではなく実生活で利用する事ができるのです。ビットコインでは様々な支払いが可能なのです!

そして、その利用範囲は国内だけでなく海外でも利用する事ができます。電子マネーの利用が一般化している現代では、同じような感覚でビットコインを国内・海外で利用する事ができるのがビットコインの魅力です。

ビットコインで買い物をするにあたって最も大切なのはより安くお得にビットコインを取得することです。

ビットコインの取引手数料は意外と高く、いつの間にか損をしているというトラップに引き込まれることがあります。

そんな罠を回避するためにおすすめするのがZaif(ザイフ)です。

Zaif(ザイフ)はその圧倒的な手数料のお得さで有名です。ここ最近は売買手数料を無料にしている取引所が出てきていますが、取引をする度にビットコインがもらえるというのはZaif(ザイフ)だけです。

売買量の0.05%分ビットコインがもらえるというお得感満載のシステムです。

ビットコインでの買い物はこれから主流になってくると思うので、この機会にZaif(ザイフ)のアカウントを作成しておきましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

現時点ではビットコインでの支払いが有名ですが、実はアルトコインでの支払いも徐々に普及してきています。

実際の話、アルトコインの方が比較的送金手数料が安く、スピードも速いので、ビットコインでの買い物よりも効率が良いのです。

ただまだ知名度や安定性が弱いので普及率は低いですが、これも時間の問題だと思われます。そこで賢い人はアルトコインを活発に利用し始めます

そこでアルトコインの利用をする際にお得なbitbankを紹介します。送金スピードの圧倒的速さを誇るリップルというコインがあります。

bitbankはそのリップルを板取引でお得に購入できます。さらに取引手数料も2018年6月まで無料キャンペーン中です。

登録も非常に簡単です。上記のZaif(ザイフ)とセットで登録しておきましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインを買い物で使う方法:ウォレットに登録をする

ビットコインは買い物での支払いに利用する事が可能です。ですが、買い物で利用するためにはビットコインを取引所に置いたままでは利用できず、ウォレットを登録して、ビットコインをウォレットに入れておく必要があります。

取引所にビットコインを置いたままでも利用可能ではありますが、ハッキングなどの被害を受ける可能性があります。

いざ、利用しようとなった時に取引所が利用できなくなって支払いができない!なんて事が起きないためにもウォレットを事前に登録して利用できるようにしておきましょう。

ウォレットには様々な種類があります。デスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットなどがあります。

それぞれのウォレットには特徴があり、同時にデメリットもありますので、自分に合ったウォレットを選択しましょう。

また、ビットコインの資産が増えた場合には分散管理として色々なウォレットにビットコインを移しておく、というのも良いかもしれませんね。

実はこんな利用方法もある!①公共料金の支払い

ビットコインはなんと公共料金の支払いが可能なのをご存知ですか?飲食店など様々な店舗がビットコインでの支払いを導入している中、東京の電力会社が国内としては初めてビットコインでの電気料金の支払いに対応しました。

今後はガス料金の支払いも可能となるのではないか?と期待されています。価格の変動による利益の不確定性が懸念されますが、その問題が解消された時にはビットコインでのすべての公共料金の支払いは現実味を帯びてきます。

将来的に、税金の支払いなんかもビットコインでできるようになると良いですね。

実はこんな利用方法もある!②寄付

ビットコインは個人間や個人と店舗との交換・支払いだけでなく、なんと「寄付」もする事ができます。寄付の例としては、日本赤十字への寄付や、日本や世界の子供に向けた寄付があります。

中には税金控除の対象となっている団体もあります。通常、投資などで得た運用益は課税対象となり税金の支払い義務が生じます。そのため、ビットコインをはじめ、仮想通貨も利益をあげると税金としていくらか引かれてしまいます。

ビットコインの売買で得た利益を自分のためだけではなく、国内や海外の恵まれない人々のために寄付に使用しても良いですね。

もし、大きな金額を手に入れた場合には、課税される前の税金対策として、そして人々のために寄付を検討してみてはいかがでしょうか?

Thumbビットコイン確定申告の方法!仮想通貨での利益は税金がかかる? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインを買い物で使うメリット

ビットコインは世界中で利用可能!

2009年に誕生したビットコイン。その名は今や全世界に知れ渡り、ユーザーは世界中に存在します。そのため、ビットコインは世界中の店舗で利用する事ができます。先ほどもお伝えしたようにビットコインは店舗へ送金する事で支払いとなります。

この点は海外で利用する際も同様の形となります。海外で買い物をした際にビットコインで支払いすると送金手数料が銀行から送金するよりも格段に安くなるのです!海外送金するにはかなり高額な手数料が取られます。

ビットコインを支払いに利用する事により手数料の節約にもなるため大変便利なのです。

ビットコインだと送金手数料が安くてお得

通常銀行の口座間での送金の場合、どうしても数百円の手数料がかかってしまいます。ですが、ビットコインの場合は手数料の安さも魅力の1つです。仮想通貨取引所によっては手数料がなんと無料となっている取引所もあります。

海外でのビットコイン送金の手数料の相場は0.001BTCと言われています。ビットコインの価格が高い場合には送金手数料が高くなってしまう事もありますので価格のチェックが必要です。

Thumbビットコイン手数料の取引所比較!売買手数料/送金手数料/入出金手数料/スプレッド | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

カードなどは不要!スマホだけで買い物が可能!

ビットコインをお店で支払いに利用する際にはカード類は一切ありません。スマートフォンの操作により、店舗へビットコインを送金するだけなのでその場ですぐに送金する事ができ、電子マネーのように利用する事ができます。

カード類を一切所持する必要がないため、お財布がカードでいっぱいになる心配はありません。また、もっと言うと現金を持ち歩く必要がなくなるので、お財布が不要になるかもしれませんね!

Thumbビットコインのウォレットアプリランキング13選!おすすめ比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインを買い物で使うデメリット

まだまだ買い物できる場所は少ない

ビットコインを買い物に利用するにはまだまだ国内でも利用できる店舗は少数派です。特に地方などに行くと利用できる店舗は少ないです。まだまだビットコインの信用性がない事が影響している事が考えられます。

ですが、海外では利用できる店舗の広がり方はここ数年間で目を見張るものがあります。2013年には1870店舗だったのですが、2015年末頃は7334店舗と4倍までに増えています。

少しずつビットコインの信用性が得られていくと国内でもどんどん利用できる店舗が広がって行く事が期待できます。

Thumbビットコイン決済をビックカメラ全店で導入!使い方や消費税まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取引所が破綻してしまう可能性がある

仮想通貨はまだまだ資産運用の対象(つまり投資)としての認識ではなく、「投機(ギャンブル)対象」です。それだけ価格の変動が大きいものです。また、仮想通貨は銀行や国で保障をしている訳ではありません。

仮想通貨取引所はあくまで一企業です。そのため、当然「倒産」してしまうリスクが生じます。また、取引所が何らかのシステム障害などを引き起こすと一時的に利用できなくなってしまう、というリスクもあります。

もし、そうなった場合は取引所は利用できなくなり、仮想通貨の送金などもできなくなる可能性があります。その場合、店舗でビットコインをいざ利用しようとなった際に「利用できない!、支払いができない!」という事が生じる可能性があります。

ビットコインを買い物で利用する際にはこういった点に注意が必要です。

Thumbビットコインで大損失した芸能人は?投資の失敗から学べること | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ハッキングされてしまうリスクがある

この点もインターネット上にある仮想通貨ならではのリスクです。仮想通貨はインターネット上に存在するため、ハッカーによるハッキングのリスクがあります。

利用しようと思った際にwalletを開いてみると、そこにあるはずのビットコインがない!という事が起こりうるのです。セキュリティ対策は日々レベルアップしていますがハッキングの可能性はぬぐえません。

どのくらいのビットコインを保持して普段使いするのか、利用計画を立てながらお買い物で利用するようにしましょう。

Thumbコインチェック(coincheck)が600億円以上のハッキング被害!ネムの盗難が原因だがセキュリティ対策は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

価格変動で支払いが増える可能性がある

ビットコインはまだまだ価格の変動が大きく投機対象としてみられています。1BTCの価格が急落してしまうと、利用する時に使うビットコインの量も自然に多くなる可能性があります。

支払いで利用とした時に、思っていたよりも多くのビットコインが必要となり支払いが困難になる!といった事が起こる可能性があります。

仮想通貨は法定通貨と違い価格が非常に不安定です。一日で価格が急落する可能性は十分にあるため、常に価格の変動状況をチェックしておく必要があります。

ビットコインで買い物ができるお店

amazonでビットコインを使って換金できる

今や、国内、海外含めて知らない人はいないといっても過言ではない、ネットショップ世界最大手の「amazon」。なんと、amazonが仮想通貨(ビットコイン)での決済を導入しているのです!

これはネット通販業界においてかなりの影響力を与える出来事です。amazonユーザーにとってもかなり仮想通貨の利便性を上げる大きな出来事です。

ですが、今はビットコインを使って直接amazonで販売している商品を購入できる訳ではありません。現在は、amazonギフト券をビットコインで購入してから、それをamazon内での買い物に利用する、というような使い方となっています。

海外のamazonサイトにおいてもまだ直接ビットコインでの決済は対応していません。そういった面倒なところが今後の課題と言えます。

Thumbビットコインでamazonギフト券が購入できるamatenの登録方法と使い方! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

bitFlyerでamazon券が購入できる

amazonギフト券はコンビニなど様々なところで購入可能ですが、ビットコインを利用するなら仮想通貨取引所にて購入しましょう。日本の大手仮想通貨取引所と言われるbitflyer。bitflyerにてビットコインを利用してamazonのギフト券が購入可能です。

bitflyerにログインし、トップ画面となったら、左側のバーにある「ビットコインを使う」をクリックすると上の画像のような画面に切り替わります。ここでお好みのamazonギフト券をクリックします。

すると、このように画面が切り替わりますので、aoazonギフト券の金額とビットコインの枚数を確認して、良ければ「支払う」をクリックして購入完了となります。

比較的簡単にギフト券は購入できます。購入したら自分で実際に利用しても良いですし、もちろん人にプレゼントしても良いです!今や国内でも多くの人が利用しているamazonのギフト券なので喜ばれることは間違いないでしょう!

ビックカメラ全店でビットコインを使って買い物ができる

全国に店舗展開しているビックカメラでもビットコインで決済が2017年に可能となりました。2017年12月に利用可能金額の上限が30万円に引き上げられたため、30万円分の買い物はビットコインでも可能、ということです。

海外でも普及してきているビットコインを決済可能にする事で、海外からの観光客への販売促進を狙っているようです。海外ですと為替変動リスクがありますし、いちいち両替する手前がなくなるので観光客には嬉しいサービスです。

国内でもビットコインは普及してきているため、私たちにとっても支払い方法が増えることは嬉しいですよね。

Thumbビットコイン決済をビックカメラ全店で導入!使い方や消費税まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

bitflyer以外では決済できない可能性も!?

まだまだ試験的に利用されているビットコインでの決済。ビックカメラが提携しているbitflyerのウォレットを利用して決済する場合には問題ありませんが、bitflyer以外のウォレットを使用する場合には決済ができない場合がある可能性があります。

様々な仮想通貨取引所でビットコインを扱っていて、ウォレットも様々なものがあるため、こういった点はデメリットと言えます。

しかし、この現実を見たときにどれほでbitFlyerが信頼されているかを見ることができます。bitFlyerは現在国内で取引が一番多い取引所です。

それほで初心者の方に使われやすく、アクセス数が多いということです。デザインも素晴らしく綺麗でなんの迷いもなくトレードを行うことができます。また、セキュリティ面に対しても多大な信頼を誇っています。

もし初心者の方で、取引所を悩んでいる方はbitFlyerをおすすめします。最近では有望コインのリスクも上場させました。

登録も簡単に簡単で、五分もあれば完了します。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

その他の使える店の一覧

amazonやビックカメラ以外の店舗でも利用可能です。全国展開している店舗ではDMM.com、ハッピーライフ・ギフト、メガネスーパーやソフマップなどで利用可能です。

またネット通販サイトでもビットコインの利用が可能です。necfru,ジェイソンウィンターズ,東京時計など様々なジャンルのお店でビットコインを利用する事ができます。

その他、地方によって利用できる店が異なります。様々な分野の店舗でビットコインの利用が可能となっています。今後のさらなる広がりに期待です!

Thumbビットコイン決済をビックカメラ全店で導入!使い方や消費税まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

【海外編】ビットコインで買い物ができるお店

アメリカで利用できるお店

アメリカでは、スターバックスや、なんとラスベガスのカジノなんかでもビットコインでの決済が可能です。スターバックスで利用する際には、ビットコインの決済サービスを行なっているアプリをダウンロードして利用する必要があります。

ラスベガスでは2014年からビットコインの決済可能となっています。もちろん近くのホテルでもビットコインでの決済が可能となっているので、ラスベガスへ行くとビットコインを便利に利用できます。

また、なんとハワイにはビットコインATMがあり、ハワイにいてもビットコインの売買ができるのです!これは大変便利ですね!

ThumbビットコインATMは日本に何店舗?設置場所や使い方や手数料を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

その他、海外でビットコインを利用できるお店

海外通販サイトでもビットコイン決済に対応しているものがあります。例えば、ホームページ作成で有名なwordpress、また日本は非対応ですがRakuten.com、旅行予約サイトの大手であるExpedia.comでもビットコイン決済が可能です。

その他、アメリカ以外でもヨーロッパ、中東地域でもビットコイン決済が可能な店が多く存在しています。

ビットコインで買い物が出来るビットコインモール

ビットコインモールとは?

世の中には様々なネット通販サイトが存在しますが、このビットコインモールはなんと「仮想通貨だけ」で購入できるネット通販サイトです。使用できる仮想通貨はビットコインとモナコインです。いずれも日本ではメジャーな仮想通貨です(円は使用不可です)。

仮想通貨しか利用できないため、クレジットカード情報の漏洩の心配がありません。ネット通販ではクレジットカードを利用する場面が多いと思います。

仮想通貨での決済により、クレジットカード情報を入力する事がなくなるため、クレジットカード情報が悪用される心配はありません。

Thumbモナコイン(monacoin)とは?評判と買い方や使い道を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

どんな商品が販売されているの?

ビットコインモールでは実に多くの商品を取り扱っています。

カテゴリ別では、家電やAV機器、OAサプライ、パソコン関連、生活家電から、キッチン用品、生活雑貨、スポーツ雑貨、ホビー・ゲーム・おもちゃ、そして、カー用品から業務用品まで幅広く取り揃えています。

ビットコインで買い物する場合の税金に関して

ビットコインでの支払いも課税対象になる!

2017年の9月に国税庁から仮想通貨への課税に対する発表がありました。その内容は、端的にお伝えすると、仮装通貨では、支払いをしていても課税対象となり税金の支払い義務が生じる、との事です。

売却益に対してはもちろん課税されますが、ビットコインで購入したものに対しても課税されるとは驚きです。ビットコインが、購入した当初よりも値上がりした状態で買い物をすると、その利益が確定した分が課税対象となり税金が発生します。

これは、気づかないうちにかなりの額が課税されており、支払いきれないほどの税金が請求される、なんて事が起こりうるためこまめにチェックする必要があります。

ちなみに、サラリーマンが仮想通貨で得た利益に関しては「雑所得」として課税対象となり、一定額を超えた場合には税金の支払い義務が生じます。その他、課税対象・税金に関しては、国税庁のホームページをチェックしたり、税理士に相談してみて下さい。

ビットコインで買い物をする場合のよくある質問

ビットコインが使えるお店は今後増える?

これまでは、ビットコインは利用できる店や機会が少なくてあまり実用性がない!なんて思っていたはずです。ですが、ビットコインの広がりとともにビットコインでの支払いが可能な店が国内でも、そして海外でも増えてきています。

国内で言えば公共料金である電気代やガス代の支払いにもビットコインが利用可能です。また海外の大手通販サイトamazonでもビットコインを利用する事が可能となっており、その利用範囲は徐々に拡大しています。

ビットコインの利用はまだ大手企業が中心に試験的に取り組んでいる最中です。そこで利便性が認められた場合は今後、中小企業などでもビットコインの導入が始まる可能性は十分にあります。

海外からの観光客に関して言えば、両替の必要性がなくなるため、観光地などでは重宝される可能性があります。

お店側としてもメリットがあります。それはクレジットカード払いの場合ですと手数料をカード会社へ支払わなければいけないのですが、ビットコインで決済する事でそういった事がなくなり「経費削減」が可能となるのです。

こういった面で、今後、仮想通貨でもっとも世界的に人気のあるビットコインの利用範囲が拡大していく可能性が期待できます。

デビットカードで買い物はできるの?

銀行口座からの即時決済が可能な「デビットカード」。今や様々なデビットカードがありますが、このデビットカードの実用性はどうなのでしょうか?デビットカードはすべてのお店で利用できる訳ではないため、利便性は、現金と比較するとやや劣ります。

ですが、仮想通貨での支払いと比較すると普及はしているため、仮想通貨よりは利便性がある、と言えます。法定通貨での支払いのため、仮想通貨のように価格が大きく変動する事はありません。

仮想通貨では価格の変動により利益を得た場合は、課税対象になるため、税金の支払いが必要になる場合があります。ですが、デビットカードは法定通貨を扱っているため、課税される心配はありません。

税金の事を気にしないで、またクレジットカードのように借金の心配がなく買い物ができるのがデビットカードの魅力です。

Thumbビットコインのデビットカードを徹底比較!おすすめのカードとは? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインを買い物で使う方法まとめ

ビットコインを買い物で利用するにはウォレットへの登録を

ビットコインをお店で利用するためには、事前にウォレットを登録しておく必要があります。ビックカメラでも利用したい!というい方はbitflyerのウォレットに登録する事をおすすめします。

ビットコインを実施に利用する場合には、このウォレットからビットコインを使用する形です。実店舗やネット通販でも利用する事ができるので大変便利です。

ですが、まだまだ試験運用段階のため、特に地方のお店などではビットコインを利用できないお店も多い可能性があるため、まだまだ利便性は低いと言えます。

ビットコインは世界中で利用方法がある

ビットコインは海外でも利用可能です。ビットコインは海外でも人気の仮想通貨のため、それに応じて海外の店舗でもビットコイン決済が可能なお店があります。

アメリカではスターバックスでも利用が可能です。また海外ネット通販サイトamazonでもビットコインを利用する事ができます。

海外でビットコインを利用する事で、現金を両替する手間が省けたり、両替の際の手数料が節約する事ができます。

ただ、仮想通貨の価格は常に変動しています。いざ利用しようとした際に価格が急落している!というリスクは付きまとうので、仮想通貨での支払いに頼るのは避けましょう。

ビットコイン利用には「税金」にご注意を!

仮想通貨では価格変動により得た利益は課税対象となります。ですが、その利益で支払いをしたとしても、実は「課税対象」となります。仮想通貨の価格は常に変動しており、急激に価格が上昇したり、下落したりします。

そのため、お店での買い物、またはネット通販での買い物の際に、価格が上がっており、そこに利益が生じていた場合、支払いをすると利益とみなされて課税対象となり税金の支払い義務が生じます。

そのため、知らない間に多額の税金を支払わなければいけない状態になっていた、なんて事が起こる可能性があるので、価格の変動にはいつも注意しておきましょう。

今後の利用方法の拡大に期待!

ビットコインはただの投機対象ではありません。実は、国内や海外のお店で支払いに利用できる仮想通貨だったのです。ビットコインで支払いをする事で余計な手数料などがかからず、そして海外でも利用できるため大変便利です。

ですが、特に国内ではまだまだ利用できるお店は限られています。そのため、今後、ビットコインの有用性が認められ、そして試験運用が成功となれば国内でもビットコインを利用できるお店が増えてくる事でしょう。

今後、ビットコインの価格の変動だけでなく、実用的な利用範囲の広がりにも注目です。

今回の記事ではビットコインをお得に取得するための取引所を紹介しましたが、仮想通貨をFxで取引するのも一つの手です。

GMOコインのスマホアプリ「ビットレ君」が非常に評判が高く、チャンスに対してワンタッチで注文が可能です。チャートツールも充実しており、初心者から経験者まで扱いやすいといえます。

入出金手数料は無料のうえ、サーバーがしっかりしているので安定した状況で取引ができます。

仮想通貨でFxを試して見たい方は、ぜひGMOコインの公式ページを訪ねて見てください。

GMOコインの登録に関して不明点などがあれば【GMOコインの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbGMOコインの特徴と評判比較!仮想通貨(ビットコイン)FXや売買方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side