仮想通貨Alis(アリス)トークンのチャート・価格・今後の将来性を解説!

仮想通貨Alis(アリス)トークンで正しい情報を簡単に探せる! 価格チャートの伸びに期待できる仮想通貨Alis(アリス)トークンの特徴やICO投資、価格チャートの動きや上場している取引所をご紹介します! SEO対策を気にせずこだわりの記事を書こう!

仮想通貨Alis(アリス)トークンのチャート・価格・今後の将来性を解説!のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Alis(アリス)で正しい情報を見つけやすくなる! 価格チャートに期待できる日本発のプロジェクト
  2. 2仮想通貨Alis(アリス/ALIS)とは?
  3. 3Alis(アリス)が考えてる未来!打倒Google?
  4. 4Alis(アリス)は日本発のICO通貨!
  5. 5Alis(アリス)トークンの特徴
  6. 6Alis(アリス)トークンのチャート・価格推移
  7. 7Alis(アリス)のウォレット
  8. 8Alis(アリス)のおすすめ取引所
  9. 9Alis(アリス)トークンの今後の将来性
  10. 10仮想通貨Alis(アリス)トークンのチャート・価格・今後の将来性まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Alis(アリス)で正しい情報を見つけやすくなる! 価格チャートに期待できる日本発のプロジェクト

仮想通貨Alis(アリス/ALIS)はご存じですか? 2017年9月にICO配布を行ったばかりの、日本発のソーシャルメディアプラットフォームプロジェクトです。

Alis(アリス/ALIS)を利用すれば既存の検索サイトでは見つけられなかった記事を見つけやすくなり、書いた側にもアフィリエイトなしで報酬を受け取れます!

今回は仮想通貨Alis(アリス/ALIS)について、特徴や価格チャート、上場している取引所などをご紹介します。

この記事のポイント

  • 仮想通貨Alis(アリス/ALIS)トークンの特徴、ICO配布の投資金
  • 仮想通貨Alis(アリス/ALIS)トークンの価格チャート
  • 仮想通貨Alis(アリス/ALIS)トークンの現在上場している取引所将来性

なお、Alis(アリス/ALIS)の購入は海外取引所での購入になります。
海外取引所で仮想通貨を購入するには、国内取引所から仮想通貨を送金することが必要です。

Alis(アリス/ALIS)を購入するためにビットコインの購入は、ビットコインの取引手数料がなんとマイナスで取引すればするほどビットコインがもらえるZaifがおすすめです。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Alis(アリス/ALIS)とは?

①仮想通貨Alis(アリス/ALIS)の概要

発行日 2017年9月
名称 ALIS
上限 2億800万ALIS
時価総額(2018/03/30現在) 約10億8000万円
時価総額ランキング 420位
現在価格 約29円

②仮想通貨Alis(アリス/ALIS)の基本情報

仮想通貨Alis(アリス/ALIS)はブロックチェーン技術を利用したソーシャルメディアプラットフォームです。日本人が始めたプロジェクトであり、2018年4月にベータ版が開始される予定です。

Alis(アリス/ALIS)はTwitterやFacebookなどのSNSベースのプラットフォームで、正しい情報や充実した内容を載せた「優良記事」をキーワード関係なく優先的に拡散できることを目的としています。

つまりSEO対策などを行わずとも、良い内容であれば上位に来るような仕組みになっているということです。

さらに良い記事を書いたユーザーにはAlis(アリス/ALIS)トークンが報酬で配られるため、アフィリエイトを行わずとも利益を得られるメリットまであります。

今まではアフィリエイト目的で内容がでたらめな記事がトップに出てしまうことがありますが、ブロックチェーンを利用したAlis(アリス/ALIS)プラットフォームが一般化すれば、デマ拡散の原因記事を抑え、素早く正しい情報を得られるようになります。

インターネットで情報を集めるのが一般的である今、Alis(アリス/ALIS)は重要性が非常に高い仮想通貨といえます。

Alis(アリス/ALIS)は日本発のトークンですが、現在国内の取引所ではまだ上場しておらず、Criptopia(クリプトピア)CoinExchenge(コインエクスチェンジ)での上場となっています。

Alis(アリス/ALIS)以外にも多くの草コインが取引できるCoinExchenge(コインエクスチェンジ)はこちらから口座開設ができます。

Alis(アリス)が考えてる未来!打倒Google?

現在主流になっているYahoo!やGoogleといった検索サイトは、検索をしたキーワードの数が多い記事ほどトップにくる仕組みになっています。

そのためキーワードが多ければ内容の善し悪しにかかわらず多くの人の目に留まることになり、開いてみたらアフィリエイトだらけで欲しい情報が見つからなかったり、間違った情報が広まってしまったりなどの欠点がありました。

キーワードを検索しやすいよう文字を調整することを「SEO対策」といい、これは記事を書く側にもストレスになるシステムでもあります。

このような事態を避けるべく、Alis(アリス/ALIS)プラットフォームはキーワードにかかわらず、内容を読んだ人が良い記事だと評価するとトップに来るようになるシステムになっています。

さらにそのような記事を書いた本人と、拡散してくれたユーザーそれぞれにAlis(アリス/ALIS)トークンが配られ、アフィリエイト無しで利益を得ることができます。

書いた側、読んだ側双方にメリットがあり、ストレスも軽減される上、Alis(アリス/ALIS)トークン保有数が多いほど多く貰えるようになっているため、情報検索がより楽しくなることでしょう。

Alis(アリス/ALIS)はブロックチェーンの書き換え不可能な取引情報により不正も行いにくく、既存の検索システムより非常に透明性が高いプラットフォームになると予想されます。

Alis(アリス)は日本発のICO通貨!

Alis(アリス/ALIS)は日本発のプロジェクトです。そのため、日本人のファンが多く存在します。

2017年9月1日~29日の間にAlis(アリス/ALIS)トークンのICO配布が行われ、13000ETH(当時約4億3000万円)の投資を受けました。参加人数は約4380人とされ、その6割以上が日本人だったようです。

さらにAlis(アリス/ALIS)トークンやICO配布に関して日本経済新聞NHKにも取り上げられ、ニュースで見かける人も多かったことでしょう。2018年4月には本格的なスタートも予想され、価格チャートの上昇が期待できます。

Thumb仮想通貨のホワイトペーパーの意味とは?ICO参加するには必読! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Alis(アリス)トークンの特徴

①運営陣は日本人中心

Alis(アリス/ALIS)はメンバーのほとんどが日本人で、CEOも日本人です。それだけで国内では親近感や信頼感を感じている方も多いでしょう。

同じ日本発の仮想通貨「モナコイン(MONA)」がありますが、あちらもファンが多く、投げ銭できるアプリや取引所での上場も増えています。

つまり、Alis(アリス/ALIS)トークンは人気はもちろんのこと、国内取引所での上場もかなり期待が高いです。

モナコイン(MONA)がbitflyer(ビットフライヤー)に上場したときには1年で700倍以上の価格上昇になり、同じような上昇がAlis(アリス/ALIS)トークンにも期待できます。

モナコイン(MONA)が上場しているbitflyer(ビットフライヤー)は、レバレッジが15倍まで可能なビットコインFXも人気です。

スマホアプリは非常にシンプルで見やすく、初心者でもボタン一つで簡単に取引ができます。

仮想通貨取引では複数の取引所に登録しておくことが取引の基本なので、登録がまだの方は登録しておきましょう。
簡単1分で登録できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②ICOで売れ残ったAlis(アリス)トークンはBurnにより燃焼

Alis(アリス/ALIS)トークンはICO配布により4億を超える投資額を手に入れましたが、Alis(アリス/ALIS)トークンが売り切れる程ではありませんでした。

そのため、希少性をあげるために、2017年11月にAlis(アリス/ALIS)トークンの一部をburn(焼却)しています。

売れ残った分だけでなく、チームが所有するAlis(アリス/ALIS)トークンもホワイトペーパーに記載された比率に合わせてburnされているようです。

思い切った判断ですが、希少性は確実に上がっているため、この点もAlis(アリス/ALIS)トークンの価格チャートに上昇の期待ができます。

③Steemとの違い

Alis(アリス/ALIS)プロジェクトのきっかけは、仮想通貨steemのプラットフォームでした。そのため、Alis(アリス/ALIS)はsteemのシステムを参考にしています。

steemもソーシャルメディアプラットフォームです。Alis(アリス/ALIS)と同じく、投稿した記事が評価されると、トークンを受け取れる仕組みになっています。

steemには不便な点も多く、一つは「日本語がない」こと。もう一つは「トークンが3種類あってややこしい」ことです。

steemのプラットフォーム「steemit」では記事を評価されると、評価に応じて「Steem Power(SP)」50%「Steem Doller(SMD)」50%が配布されます。

価格を安定させるために、これらを現金化するには仮想通貨steemに交換する必要があります。非常にややこしい仕組みです。

Alis(アリス/ALIS)はこれらの点を改良し一つのトークンで日本語でも使えるようなプラットフォームになっています。

加えて「多くの良質記事を素早く発見できる」「記事の価値がユーザーに反映される」「ブロックチェーンによりデータの信頼性と低コストを実現する」を行いました。

ちなみにきっかけですが、Alis(アリス/ALIS)のホワイトペーパーによると「steemでメンバーの一人が旅行の記事をあげたところ1日で30ドル(約3200ドル)を受け取り、ドミノピザを食べたことからsteemの仕組みに興味を持った」そうです。

ビットコインのピザのエピソードと似ていますね。

Thumb仮想通貨Steem(スチーム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

④起こりうる不正にも対処方法を考えている

Alis(アリス/ALIS)は評価や記事の内容でトークンが受け取れるため、不正の方法として複数のダミーアカウントで自分の記事に評価を入れるなどは可能になってしまいます。

その対策としてもAlis(アリス/ALIS)プラットフォームは既に配慮しており、登録の際には二段階認証本人確認の徹底、または既に持っているSNSアカウントと連携することでアカウントを増産しにくくするなどを予定しているようです。

また評価に関しても、連続的に評価を送られた時や、低評価を何度も受けている記事をあげているアカウントなどに対してはブロックチェーンの記録なども判断しながら凍結処置を行うようです。

ブロックチェーン外で起こりうる不正に関してもホワイトペーパーに記載があり、この点もAlis(アリス/ALIS)トークンの将来性に繋がりやすいでしょう。

Alis(アリス)トークンのチャート・価格推移

①2017年11月17日はburnによる下降

まず始めに目立つAlis(アリス/ALIS)トークンの価格チャートの動きは、2017年11月17日前後です。上がってからすぐに急落しています。

ここは恐らく先ほどの、Alis(アリス/ALIS)トークンICOのburnが関わっているでしょう。Alis(アリス/ALIS)トークンのICOが売り切れにならなかった点から、不安を感じた方もいるかもしれません。

②2018年12月28日頃からミートアップによる上昇

次に2017年12月28日~2018年元旦にかけてAlis(アリス/ALIS)トークンの価格チャートが上昇しているのが目立ちます。

このときTwitterではクリスマスに行ったAlis(アリス/ALIS)のミートアップ(交流会)についての記事が上がっており、参加者も感想をつぶやいている方が多くいました。

体験してきた参加者の記事によると、Alis(アリス/ALIS)プラットフォームの詳細やコミュニティ、ベータ版のデザインモックアップ(サイトやアプリの全体的なデザインを見せること)などが行われています。

しっかりとした情報を得られたことや、メンバーのユーモアある説明に楽しめた人が多くいたようです。この報告や記事の影響からAlis(アリス/ALIS)トークンの価格が伸びたと予想されます。

この後のAlis(アリス/ALIS)トークンの価格は平均的で目立った動きがありませんが、2018年4月にAlis(アリス/ALIS)プラットフォームベータ版の予定がありますので、その時にまた大きな変化があるかもしれません。

Alis(アリス)のウォレット

Alis(アリス/ALIS)トークンはイーサリアム公式の「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」を利用することができます。

イーサリアム自体とてもメジャーなアルトコインであり、Alis(アリス/ALIS)トークン以外でもイーサリアムブロックチェーンを利用しているアルトコインが多く存在します。

ウォレットをお持ちでない方は、MyEtherWallet一つあると、非常に利便性高く保管することが可能でしょう。

また、オフラインで管理したい方は「Ledger Nano S(レジャーナノS)」がオススメです。セキュリティも高く、MyEtherWalletと連携も可能です。

対応通貨も多く非常に人気があり、品薄気味だそうですので、利用される際は早めの購入をおすすめします。

Ledger Nano S(レジャーナノS)」は人気であるがために、それを利用した詐欺が多発しています。詐欺に遭わないためにも必ず正規取扱店で購入しましょう。

Alis(アリス)のおすすめ取引所

①Cryptopia(クリプトピア)

現在国内の取引所では、Alis(アリス/ALIS)トークンは購入ができません。今回は上場している海外の取引所をご紹介します。

まずはCryptpia(クリプトピア)。かなり老舗の海外取引所で、Alis(アリス/ALIS)トークンふくめた発行されたばかりの仮想通貨や、マイナーなトークンも多く上場しています。

実に550種類以上の仮想通貨を取り扱っており、全く聞いたことないような仮想通貨を知ることでしょう。

手数料も0.2%と安めです。またCryptpia(クリプトピア)には「カルマシステム」というものがあり、チャットや投げ銭などで「カルマ」を貯めると自身で上場させたい仮想通貨を選ぶことができるのも魅力的です。

Thumb仮想通貨取引所Cryptopia(クリプトピア)の登録方法・使い方・買い方解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②CoinExchange(コインエクスチェンジ)

CoinExchange(コインエクスチェンジ)にもAlis(アリス/ALIS)トークンが上場しています。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)は上場仮想通貨が450種類を越え、マイナーな仮想通貨で一攫千金を狙うのにぴったりな海外取引所です。また、取引にはビットコインだけでなくイーサリアムも利用可能になっています。

手数料は0.15%と、日本の取引所よりかなり低コストです。登録も早く本人確認が必要ありませんので、速やかにAlis(アリス/ALIS)トークンを手に入れることができます。

※CoinExchange(コインエクスチェンジ)はQUOINEX(コインエクスチェンジ)とは別の取引所です。

ThumbCoinExchange(コインエクスチェンジ)での草コインXPの買い方(購入)・売り方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

なお、海外の取引所でAlis(アリス/ALIS)を購入するのであれば、ビットコインを買うことをオススメします。(CoinExchange(コインエクスチェンジ)はイーサリアムでも可能ですが、多くの取引所で対応しやすいのはビットコインです)

国内の取引所は、世界でも取引量が多く安定したbitflyer(ビットフライヤー)や、手数料が安いZaif(ザイフ)がおすすめです。詳しい内容は以下のリンクにありますので、興味をもたれましたらぜひ登録してみてください!

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Alis(アリス)トークンの今後の将来性

①Alis(アリス)のデザインモックアップ

上がAlis(アリス/ALIS)プラットフォームの「デザインモックアップ」です。サイトやアプリの全体的なデザインを見せ、ユーザーに視覚的に説明します。

Alis(アリス/ALIS)のデザインを見ると、たしかにTwitterやFacebookに近いSNSの記事プラットフォームという印象があります。シンプルで操作も分かりやすく、記事の概要も載っているためある程度確認してから内容をみることも可能です。

このようなデザインをあらかじめ載せてもらえると、Alis(アリス/ALIS)のプラットフォーム実現を投資家も実感でき信頼感や安心感につながるでしょう。開発の細かな部分も将来性を感じます。

②コミュニティの発展に力を入れている

Alis(アリス/ALIS)は開発メンバーが非常にコミュニティを大事にしている印象があります。

TwitterでもAlis(アリス/ALIS)トークンの擬人化したキャラクターに丁寧に返事を行っており、2月にはボイスチャットが行える「Discord(ディスコード)」も導入を始めています。

ユーザーやファンに直接会話を行い、反応を積極的に受け入れていく姿勢を感じます。長期的なファンを獲得しやすく、この点もAlis(アリス/ALIS)の将来性が高いと言えるでしょう。

③プロダクトの進行が明確になっている

さらにAlis(アリス/ALIS)メンバーは毎日「今日の活動内容」をつぶやいています。一日で完了するのかどうかというほど細かい内容で記載されており、メンバーの丁寧さが伺えます。

Alis(アリス/ALIS)トークン保有者も開発が今何をしているのか把握しやすいですし、信頼感にも繋がるでしょう。メンバーがAlis(アリス/ALIS)に対しかなり真摯に取り組んでいる部分が至るところから感じられ、長期的な将来性に期待できます。

仮想通貨Alis(アリス)トークンのチャート・価格・今後の将来性まとめ

Alis(アリス/ALIS)の特徴や価格、ICO配布、上場している取引所や将来性についてお話ししましたが、いかがでしょうか?

Alis(アリス/ALIS)は現代の需要に合ったプラットフォームであり、正しい情報が広まるようになれば、おそらく本と同じようにネットの情報収集に信頼性ができることでしょう。なにより開発やファンに非常に愛されているトークンだと感じます。

今は海外の取引所のみでしか上場していませんが、Alis(アリス/ALIS)は日本発ということもあり国内の取引所での上場も期待できます。ICOトークンのburnもあり、価格上昇も将来性も非常に気になる仮想通貨といえるでしょう。今後のニュースに期待しましょう!

海外取引所へのビットコインの送金は、ビットコインの取引手数料がなんとマイナスで取引すればするほどビットコインがもらえるZaifがおすすめです。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Steem(スチーム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Civic(シビック/CVC)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Elastos(エラストス/ELA)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Viacoin(ヴィアコイン/VIA)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Po.et(ポーエット/POE)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ICON(アイコン/ICX)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbICOの大半が失敗!2018年仮想通貨のICO投資の76%が失敗 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side