単価が安い仮想通貨とは?1円以下のおすすめのアルトコインを紹介!

今回は単価が安い仮想通貨として1円以下の仮想通貨について見ていきます。1円以下の安い仮想通貨はおすすめできるのかをしっかりチェックしていきましょう!これらのアルトコインの購入を考えている人はチェックしておくことをおすすめします。

単価が安い仮想通貨とは?1円以下のおすすめのアルトコインを紹介!のイメージ

目次

  1. 1単価が安い仮想通貨は価格は確実に上昇するの?
  2. 2過去に価格が上昇したアルトコイン
  3. 3単価が安い仮想通貨を購入するメリット
  4. 4単価が安い仮想通貨を購入するデメリット
  5. 51円以下のおすすめのアルトコインを紹介
  6. 6単価が安い仮想通貨のおすすめ取引所
  7. 7単価が安い仮想通貨まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

単価が安い仮想通貨は価格は確実に上昇するの?

今回のテーマは「単価の安い仮想通貨」です。ここで取り上げるのは主に「1通貨あたり1円以下」の仮想通貨です。

よく、単価が安い仮想通貨はリターンが大きいと言われますが本当にそう言えるのでしょうか?今回は1円未満のアルトコインが本当に上昇しそうなのかどうなのかをチェックしていきます。

これらのアルトコインの購入を考えている人は是非参考にしてください。

過去に価格が上昇したアルトコイン

まずは過去に価格が大幅に上昇したアルトコインを見ていきます。
見ていくのはリップル、モナコイン、ネム、アーダーの4種類です。実際の上昇率はどうなっているの必見です!

それぞれの仮想通貨の2017年1月1日時点の価格と2018年4月2日までの最高値、価格上昇率は次の表の通りです。
 

仮想通貨

価格変動

上昇率

2017年→2018年

リップル(XRP)

384.23 JPY 500倍 0.77 JPY(2017.01.01)
385 JPY(2018.01.07)

モナコイン(MONA)

1,844 JPY 615.7倍 3 JPY(2017.01.01)
1,847 JPY(2017.12.06)

ネム(XEM)

210.6 JPY 527.5倍 0.4 JPY(2017.01.01)
211 JPY(2018.01.07)

アーダー(ARDR)

226 JPY 227倍 1 JPY(2017.01.01)
227 JPY(2017.01.13)
2018.04.02現在

これらの仮想通貨は現在では有名ですがどれも2017年初頭には価格が非常に安く「草コイン」と呼ばれていた仮想通貨の一つです。

しかし、どの通貨もわずか1年の間で数百倍に伸びていることがわかります。1円以下の価格が安い仮想通貨はこのように数百倍に伸びる可能性を秘めていると言えます!

2018年もこのような仮想通貨が誕生することが予想されますので是非しっかりチェックしておきましょう。

価格の上昇を狙って仮想通貨を取引するなら、アルトコインの売買をおすすめします。アルトコインの売買を行うのにおすすめなのは、取り扱いコイン数が多いzaifがおすすめです。

口座開設がまだの方は下のボタンをクリックすればすぐに口座を開設できますよ。

 

アルトコインをお得に入手したいのなら、取引手数料無料キャンペーン中のbitbankがおすすめです。口座がないと取引できません。この機会にぜひ登録してみてくださいね。

価格が安い理由

価格が安い仮想通貨には「安い理由」があります。ここではそれを少し見ていきましょう。


1. 価格を決めるのは「需要と供給」


仮想通貨も他の市場と同様に「需要と供給」で価格が決まります。仮想通貨には発行数が決まっているものが多く、需要が同程度の場合は発行枚数が多いほうが1枚あたりの価格が安くなります。

そのため、1枚あたりの価格が安くても時価総額は高い仮想通貨というものも存在していますのでしっかりチェックしておくことをオススメします。
 

2. まだ注目されていない場合もある

リリース直後の仮想通貨やBinanceなどの大手取引所にまだ上場されていない仮想通貨は価格が安いことが多くなっています。
こちらは市場参加者からまだ注目されていないためです。
そのため、このような仮想通貨は今後、大手取引所の上場と共に急騰する可能性がありますので要注目です!

1円以下の価格の安い仮想通貨の購入を考えている人はお目当ての通貨が「なぜ安いのか」をしっかり見極める必要があります。
詐欺コインなども紛れている可能性もありますのでしっかりチェックしておきましょう!

単価が安い仮想通貨を購入するメリット

1円以下の単価が安い仮想通貨を購入するメリットをいくつか見ていきます。

少額で購入できる

単価が安い仮想通貨は当然のことながら少額から購入することができます。例えば1枚あたり1円の仮想通貨の場合、1000円で1000枚購入することができます。

このように少額で購入できるというのは様々なアルトコインに分散投資しやすいのでこちらもメリットの一つと言えるでしょう。

また、価格が安いのでお試し感覚で購入することもできます。

大きく価格が上昇する可能性を秘めている

一部の例外を除き、価格が安い仮想通貨は時価総額もまだまだ低いことが多くなっています。それは、市場がまだその仮想通貨に注目していないことを示しています。

その理由は上場されている取引所が少なかったり開発途中だったりとさまざまですが、これらの問題が解消されると一気に市場から注目されるようになる可能性を秘めています。

そうなると価格が一気に上昇しますので大きなリターンを得ることができます。少額でも大量の通貨を購入できますのでさらにリターンは大きいと言えるでしょう。

これが1円以下の安いアルトコインを購入する最大のメリットです。

単価が安い仮想通貨を購入するデメリット

もちろん、価格が安い仮想通貨の購入にはメリットだけではなくデメリットもあります。こちらもしっかり覚えておきましょう。

大きな損失が出る可能性がある

こちらはメリットで紹介した「大きく価格が上昇する可能性がある」の逆パターンです。少し下がるだけでも枚数が多い分大きな損失が出る可能性があります。

いわばハイリスク・ハイリターンの投資ですので分散投資などのリスクヘッジは極めて重要です。

詐欺コインが隠れている可能性がある

スキャムと呼ばれる詐欺コインに引っかかってしまう人は大勢います。特にICOに参加する場合に注意する必要があるポイントです。

1円以下の安い仮想通貨には名前も聞いたことが無いようなアルトコインが多数存在しています。その中に詐欺コインが紛れ込んでいる可能性もあります。

詐欺コインを購入しないためにも購入を考えているアルトコインのホワイトペーパーや公式サイトをしっかりチェックする必要があるでしょう。

取引所の上場廃止の可能性がある

さまざまな理由により取引所が上場廃止する可能性があります。そうなると価格が一気に下落する可能性があるので要注意です。

1円以下の安い仮想通貨を購入する場合はこうしたリスクが伴っていることをしっかり覚えておきましょう!

1円以下のおすすめのアルトコインを紹介

ここまでで1円以下の仮想通貨を購入するメリットとデメリットを見ていきました。ハイリスク・ハイリターンな投資ですので自己責任でしっかり理解した上で参加しましょう!

続いてここでは1円以下の価格が安いアルトコインの中から特におすすめのものをご紹介します。

Bytecoin(BCN)

通貨名
通貨単位

Bytecoin(バイトコイン)
BCN

価格

0.22 JPY/BCN
時価総額: 41,628,616,212 JPY

時価総額ランキング

66位

主な取引所

Poloniex
HitBTC
2018.04.02現在

Bytecoinの最大の特徴は匿名性の高さです。「リング署名」と呼ばれる技術を利用することによって取引の匿名性を確保しています。

どこからどこに送金されたのかを追跡することを極めて困難にしていますので匿名性が要求されるような場面で活用されることが期待されています。

また、Bytecoinはトランザクション処理が早いため送金にかかる時間が短いという特徴もあります。同じ特徴を持つ仮想通貨はリップルなどがありますが、Bytecoinは前述の匿名性と合わせて考えると大きな武器になるでしょう。

Bytecoinの詳しい情報はこちら

ThumbBytecoin(BCN)バイトコインとは?仮想通貨の特徴・価格変動・購入方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Dogecoin(DOGE)

通貨名
通貨単位

DOGECOIN(ドージコイン)
DOGE

価格

0.3 JPY/DOGE
時価総額: 33,166,239,624 JPY

時価総額ランキング

25位

主な取引所

Bittrex
Poloniex
HitBTC
2018.04.02現在

DOGECOINは時価総額ランキング25位と1円以下の安いアルトコインの中では時価総額が高くなっています。

時価総額が高いということは市場から注目されており、多くの人がトレードしているということです。これは「仮想通貨の信頼性」という面で大きなアドバンテージになっています。

1円以下の安いアルトコインには上場廃止になる可能性があるような通貨も紛れていることを見ていきました。しかし、DOGECOINは仮想通貨市場で重要な地位にある仮想通貨ですのでそうした心配が少ないと言えます。

少額でも購入でき、ある程度の信頼性がある仮想通貨をお探しの人におすすめです。

Dogecoinの詳しい情報はこちら

Thumb仮想通貨Dogecoin(ドージコイン)とは?特徴・チャート・価格・購入方法(買い方)・取引所を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Dropil(DROP)

通貨名(通貨単位)

Dropil
DROP

価格

0.57 JPY/DROP
時価総額: 17,578,060,973 JPY

時価総額ランキング

454位

主な取引所

TIDEX
YoBit
2018.04.02現在


Dropilは聞いたことがない人も多いかもしれません。ERC-20トークンの一つですが、上場されている取引所も少なく、まだまだこれからの仮想通貨と言えるでしょう。

分散型取引所のシステムやアービトラージに関連するシステムなどを備えており、将来性にも期待できそうなアルトコインです。

大手取引所に上場された場合、さらに価格を上昇させる可能性を秘めている仮想通貨と言えるでしょう!こちらも要注目です。

Kin(KIN)

通貨名
通貨単位

KIN
KIN

価格

0.02 JPY/KIN
時価総額: 14,211,525,018 JPY

時価総額ランキング

100位

主な取引所

EtherDelta
Mercatox
YoBit
2018.04.02現在

Kinは有名メッセンジャーアプリ「kik」を開発している企業が開発している仮想通貨です。そのため、メッセンジャーアプリ内での支払いに使われることを想定して開発されています。

メッセンジャーアプリは世界中で多くの人が使用しています。そのため、kikだけでなく他のメッセンジャーアプリでの支払いシステムとして使われるようになればさらに伸びていくことが予想されます。

今後の開発に要注目の仮想通貨です!

Kinの詳しい情報はこちら
 

Thumb仮想通貨Kin(キン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

単価が安い仮想通貨のおすすめ取引所

ここまでで2018年に伸びそうな1円以下の仮想通貨を見ていきました。次にこのような仮想通貨を購入する人におすすめの取引所を見ていきます。

Binance(バイナンス)

Binanceは2018年4月現在、世界最大の取引所として知られています。100種類以上の仮想通貨が上場されており、草コインと呼ばれる価格が安い仮想通貨もたくさん上場されています。

また、取引手数料も安いためお得に仮想通貨をトレードすることができる取引所です。仮想通貨投資をするなら絶対にアカウントを開設しておきたい取引所の一つです!

Binanceについての詳しい情報はこちら

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

海外の取引所を使うにはまず国内取引所のアカウント開設を!

海外取引所では基本的に日本円を利用してトレードすることができません。そのため、一旦国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入して送金しておく必要があります。

まずは国内取引所のアカウントを開設し、仮想通貨をトレードできるようにしておきましょう!

その中でもおすすめの取引所が「Zaif」です。Zaifはビットコインの取引手数料が-0.01%となっており、トレードすればするほどビットコインが貰えるお得な取引所です!

手数料は意外と馬鹿にならないので是非Zaifのアカウントを開設しておきましょう!

Zaifの詳しい情報はこちら

Thumbzaif(ザイフ)の手数料・特徴・評判は?他取引所と徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

単価が安い仮想通貨まとめ

今回は1枚あたりの価格が1円以下の単価が安い仮想通貨について見ていきました。メリットやデメリットをチェックすると共に、2018年に伸びていきそうなおすすめの仮想通貨についてもチェックしていきました。

ハイリスク・ハイリターンな仮想通貨投資ではありますが、少額で大きなリターンを狙いたい人は是非挑戦してみるのはいかがでしょうか?

アルトコインの売買をするには仮想通貨取引所に口座開設しておく必要があります。そこでおすすめなのが今ビットコイン取引手数料が-0.01%というキャンペーン中のZaifです。手始めに取引しながら手数料が貰えるのでタイミングを逃さないためにも口座開設をしておきましょう。

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side