ビットコイン・仮想通貨の買い時は今?暴落した2018年がチャンス!

ビットコイン・仮想通貨の買い時はいつなのか?仮想通貨元年の2017年が終わり、2018年入ってビットコインを含む仮想通貨は暴落を迎えました。2018年に新たに取引を始めるにはどの仮想通貨を買えばよいのか、買い時はどう見極めるのかをまとめました。

ビットコイン・仮想通貨の買い時は今?暴落した2018年がチャンス!のイメージ

目次

  1. 1ビットコイン・仮想通貨っていつが買い時なの?
  2. 2ビットコイン・仮想通貨は今がバブルなのか?
  3. 3ビットコイン・仮想通貨の購入は2018年の今からでも遅くない
  4. 4ベテランの投資家と初心者投資家の仮想通貨の購入の仕方の違い
  5. 5ビットコイン・仮想通貨の暴落時の今は買い時?バーゲンセール?
  6. 6今が買い時のおすすめの仮想通貨を紹介
  7. 72018年の今からビットコイン・仮想通貨を購入する人におすすめの買い方
  8. 8今からビットコイン・仮想通貨を購入する人におすすめの取引所
  9. 9ビットコイン・仮想通貨の買い時のまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコイン・仮想通貨っていつが買い時なの?

ビットコイン・仮想通貨は値動きがあります。どのタイミングが買い時なのか、値動きが大きいだけ悩んでしまいますよね。

暴落してしまったらどうしようという不安もあります。これから仮想通貨を始める人も、すでに購入している人もこれから相場がどうなっていくのか、2018年の今後の見通しも含めて確認しましょう。

2017年高騰したビットコイン(BTC)

仮想通貨元年といわれる2017年に、仮想通貨界の基軸通貨として市場を牽引したビットコインです。1年間でどのぐらい価格が上昇したのでしょうか。

2017年最安値 9万円   最高値 230万円

価格上昇率 約25倍 

ビットコインが2017年を通して平均して上昇を続けたことが、アルトコインなども含めた全体の市場を牽引していきました。

現在は2018年に入ってから、世界的に仮想通貨に対する規制の動きが出てきたことがあり、90万円前後になりましたが、それでも1年間で10倍の価格の上昇ということになります。

規制されるということは、規定が制定されるという意味ですのでルールが明確になるということでもあります。より安全なものになり、信用を得るためには必要なことなのかもしれません。

ビットコインの購入は、ビットコインの取引手数料がなんとマイナスで、取引をすれがするほどビットコインがもらえてお得なZaif(ザイフ)がおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいるので、Zaifに登録してお得に取引をしましょう。
簡単1分で登録できて1000円から始められます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2017年高騰したモナコイン(MONA)

2017年の価格上昇率でトップとなったモナコイン(MONA)です。

2017年最安値 2.8円   最高値 2,300.0円

価格上昇率 800倍 

モナコインは純国産の仮想通貨で、2017年で最も価格が上昇しました。
価格が上昇する要因としては、Bitflyerの海外進出での取り扱いがあります。それに伴って海外での利用者も増加したということです。

またモナコインは技術的にも進んだ仮想通貨といえます。ビットコインなどの仮想通貨には取引処理能力がかねてより問題視されてきました。増大する取引量に対して取引処理能力が追いつかなくなってしまうということです。

それにより取引の遅延や停止が起こってしまうといわれていました。これを解決するための手段としてsegwitという取引サイズを圧縮する方法があります。

これを世界で最初に導入したのがモナコインです。技術開発も活発に行われているということが価格上昇の要因の一つになりました。

ビットコイン・仮想通貨は今がバブルなのか?

ビットコインや仮想通貨がバブルだと言う人の根拠

2018年に入って暴落をした仮想通貨ですが、今まさにバブルであるという人がいますが、それはなぜでしょうか。仮想通貨がバブルであるという人に根拠はありません。

ただ価格が想像を超えたスピードで上昇を続けているという状況をバブルと表現しているということです。現在起きている価格の上昇は、投機対象としての上昇であり、実体経済に与える影響を反映していないという考えも根底にあります。

また、これほどに1年で成長した市場なので億単位の資産を築いた人もいます。『億り人』などと表現される人が数多くいました。

そうした人たちに出遅れまいと、仮想通貨に新規に参入した人たちの資金が、冒頭を引き起こしているという側面があります。そうした熱狂を帯びた状態そのものをバブルという風に表現されているのかもしれません。

ビットコインや仮想通貨がバブルではないと言う人の根拠

そもそもバブルとは適正価格をから大きく乖離した価格上昇のことを意味します。ここでいう適正価格というのが、株式などにおいては理論的に算出できるものですが、仮想通貨ではそれを算出することができません。

なので適正価格が存在しない以上、価格の上昇も暴落もバブルであるという風に断定することができないという意見です。

確かに一見すると価値ない、実体を持たないデータの集合が、価値を持っているというとなんだかバブルのようです。

しかし通貨としての側面を成立させるまで普及してない状態ではそれを判断することができません。法定通貨である円やドルが、価値を持っているのは、モノと交換ができるということを信用しているからです。紙幣でモノが買えなければ、ただの紙切れです。

それは仮想通貨も同様で、将来それでモノの売り買いができるような時代が来れば、それ自体が信用となり価値が担保されるのです。

ビットコイン・仮想通貨の購入は2018年の今からでも遅くない

仮想通貨元年の2017年を過ぎ一年が経った2018年ですが、今から仮想通貨を購入しても間に合うのでしょうか。これからの仮想通貨界の見通しや、動向を確認しましょう。

日本では仮想通貨の投資信託が開始されていない

日本では仮想通貨の投資信託が開始されていません。

世界では投資信託の仕組みの仮想通貨投資が普及を始めています。自分でどれに投資をすれば良いか考えなくても、プロが運用をしてくれるので、より仮想通貨の投資に参入するハードルが下がるようになるでしょう。

2017年9月にSBIホールディングスが仮想通貨に投資を行うファンドを作ると発表しています。

米ヘッジファンドと共同での開発を目指しているということなので、国内では「仮想通貨の投資信託」はSBIグループより誕生しそうです。その時期もそう遠くはないでしょう。

機関投資家がまだ仮想通貨市場に入ってきていない

機関投資家とは、普通銀行、信用金庫、信託銀行、年金基金、各種共済組合、農林中金、生命保険会社、損害保険会社、政府系の金融機関など、預金や積立金などの大量の資金を使って運用を行う大口投資家のことを指します。

今仮想通貨に投資を行っているのは一般の投資家がメインで、機関投資家はほとんど参入していません。

機関投資家は安定したリスクの少ない安定感のある投資先をメインとしているので、この先の成長などが予測できない仮想通貨の市場には参入していないということでしょう。

仮想通貨が将来に渡って利用されるようになったり、ブロックチェーンという技術が人々の生活になくてはならないものになるとき、状況が変わってくるでしょう。

基軸通貨であるビットコインの価格が安定して機関投資家が参入してくるようになれば、それだけ金融資産としての価値も認められたということになります。

また2018年は初頭より法的な整備や規制が進み、取引所などの認可制になったことで安全に取引ができるようになれば、より機関投資家なども参入しやすくなってくるでしょう。

機関投資家の動かす資金量は、一般投資家の資金量とは比べものにならないくらい大きいです。つまりその1部でも仮想通貨の市場に入ってきたならば、大きな影響力を持つと考えて良いでしょう。

他の金融市場と比較して仮想通貨市場の規模はまだ小さい

2017年の1年間で仮想通貨全体の時価総額は約2兆円から94兆円と1年間で約47倍も大きくなりました。
他の金融市場はどうなのでしょうか。代表的な株式市場と比較をしてみると

世界の株式市場全体の時価総額が約1京円です。
仮想通貨時価総額を100兆円と考えても、まだ株式市場全体の100分の1ほどしかありません。

これから機関投資家などの大口の参入があれば、さらに市場は拡大するという可能性があります。今から先の2018年は仮想通貨がより実生活に浸透し、成熟を迎える年といえるでしょう。

これから仮想通貨取引を始められる方は、手数料が安くてお得なだけでなく国内で最も多くの仮想通貨を取り扱っている人気のZaifがおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいるので、損をしないようにZaifに登録してお得に仮想通貨を手に入れましょう。

簡単1分で登録できて1000円から始められます。

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

初心者でも簡単で使いやすい上にベテランでも大満足のチャート分析アプリのビットレ君があるGMOコインも一緒に登録しておくのがおすすめです。

外出先でもチャンスを逃さず取引をするために、登録がまだの方はZaifと一緒にGMOコインも登録しておきましょう

簡単1分で登録できます。

GMOコインの登録に関して不明点などがあれば【GMOコインの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbGMOコインの特徴と評判比較!仮想通貨(ビットコイン)FXや売買方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ベテランの投資家と初心者投資家の仮想通貨の購入の仕方の違い

仮想通貨に限らず投資とは、いつどれだけの売り買いを行うかという技術が重要になってきます。ベテランの投資家と、初心者投資家の購入の仕方に違いがあるのでしょうか。

ベテラン投資家は暴落時に買い増し

ベテランの投資家は暴落した時より、保有している仮想通貨を買い増しする傾向にあります。少しでも安く保有枚数を増やすということが、重要であるということです。

さらに暴落するというリスクを考えて一度に大量に購入せず、下がる過程で少しづつ買い増しを行う『ナンピン』という方法も行われます。安いときに買い高くなって売るということが投資においては基本です。

保有している通貨が暴落しても、悲観せずにチャンスと捉えれるような余裕のある投資を心がけましょう。

初心者投資家は暴落時に狼狽売りをしがち

初心者投資家は暴落時に狼狽売りをしがちです。狼狽売りとは、価格が下落を始めた時に、もっと下がってしまうかもしれないという不安から、売却をすることをいいます。

特に自分が購入した時点の価格まで近ずいてきた時や、含み損が大きく膨らんだ時などに、これ以上損をしたくないという気持ちが強くなってしまいます。

暴落時には売りが売りを呼び止まらなくなることもあるでしょう。資金に余裕を持ちながら取引をしないと、より売りたい気持ちが強くなってしまい、結果的に損をしてしまうといことになります。

資産は分散を行い、購入するときも余裕を持ちならが少しづつ取引をおこなうことが重要です。

初心者投資家は暴騰時にイナゴになる?

価格の上昇に飛びついて急に集まり、価格が下落へ転じ暴落する過程で一気にいなくなることから、そのような投資家はイナゴ呼ばれています。

急騰する相場で上手に売り抜けるには経験が必要です。市場の熱狂と同じく、買い煽りが激しく行われて、どんどん価格が上昇している局面に手を出すと高値で掴んでしまいがちです。

反転し下落が始まってもすぐに売ることができず、完全に暴落局面になり狼狽売りしてしまうことになります。大口の売りが入り養分になってしまう可能性が高いので、初心者投資家は熱狂や買い煽りが起きているときは冷静になるようにしましょう。

ビットコイン・仮想通貨の暴落時の今は買い時?バーゲンセール?

ベテランの投資家は暴落時に買い増しを行うということでした。今ビットコインを含む多くの仮想通貨の価格が下落しています。では今は買い時なのでしょうか。

今の価格の下落の原因の一つに、各国の仮想通貨に対する相次ぐ規制にあります。仮想通貨が世界中で規制の対象となり、これからの先行きを不安視する人が増えたということです。

これは仮想通貨の外的な要因です。仮想通貨のそのものに重大な欠陥が発見されたわけではありません。あくまでも仮想通貨を取り巻く環境に対する不安要素なのです。

日本ではコインチェックがNEMの流出で世間を賑わせました。仮想通貨はハッキングで盗まれてしまうということを不安視する人たちが、まさに狼狽売りをした結果が現在の価格といえます。

しかし忘れてはならないのは、仮想通貨そのものがハッキングをされたことは一度もないということです。取引所がハッキングされたことと、仮想通貨そのものへの信頼を同じように考えてしまってはいけません。

取引所リスクというのは、仮想通貨に限らずお金を預けている以上はゼロにはなりません。

大切なのはその取引所がセキュリティ対策をどのように行っているのか、もし万が一に取引所がハッキングなどの被害にあった場合に、預け入れをしていた顧客に対してどのような補償行うのかということです。

規制が終わり、法的な整備が整った状態で再び安心して仮想通貨の取引が行われるようになれば、それに伴って価格が安定してくるのではないでしょうか。

現在のビットコインの価格は、2017年の11月期の水準となっています。ここが最終的な底になるという見方もあれば、再び活気を取り戻すにはもうしばらく時間がかかるという見方もあります。

今が買い時のおすすめの仮想通貨を紹介

買い時仮想通貨①リップル(XRP)

リップル(XRP)は米国のリップル社が開発をした送金システムに利用される仮想通貨です。

リップル社はこのリップルネットワークを利用して、世界中の国々からの即時決済、即時送金を格安の手数料で実現することを目指しています。

そしてそのためには多くの銀行がこのシステムに参入することが重要です。現在もこのシステムに参入を表明している金融機関は増え続けており、現実に利用される可能性が高い通貨として注目されています。

現在国内ではSBIがリップルの利用を牽引しており、SBIとリップルの共同出資により『SBI Ripple Asia』が設立されています。

またそれにより24時間リアルタイムで送金が可能な金融インフラを整備する計画の中心にリップルが据えられています。61にも及ぶ国内銀行もこの計画に参加を表明しており、アジアを中心として今後より発展が期待されています。

コインチェックのネム流出事件以降、価格が低下し、非常に購入しやすい価格帯まで下がっています。2018年において将来性の面でも、非常に期待感の高い通貨なので、外的要因のみで価格が下がっている現在は割安な仮想通貨といえるでしょう。

リップルの購入は国内で唯一リップルを板取引でお得に購入できて、2018年6月まで手数料が無料キャンペーン中で人気が急上昇中のbitbankがおすすめです。

簡単1分で登録できます。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

買い時仮想通貨②ネム(XEM)

ネム(XEM)は金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目的としている仮想通貨プロジェクトで、その中で利用される仮想通貨がXEM(ゼム)となります。

特徴としては、ブロックチェーン技術の合意形成の方法にPOI(プルーフオブインポータンス)を採用している点です。ネムの利用を複数の点からスコア化して、多くの利用を行う人が恩恵を受けられるシステムとなっています。

またネムは2018年中にカタパルトと呼ばれるアップデートが予想されています。そのアップデートが行われれば、一気に決済の処理速度が向上します。

世界で最速の処理速度を誇る決済手段と言われているVISAが1秒間4000件の処理を行えるのに対して、ネムも1秒間に4000件と同じ速度を実現できるようになるということです。

カタパルトが行われると価格が上昇する可能性が高いのです。実装される日程が確定するとその情報だけで、価格が上がり始める可能性は高いです。

コインチェック社の流出事件で一躍有名になりました。現在その影響もあってか、大きく価格を下げています。しかし、ネムのシステムがハッキングされたということは一度もありません。

今まさに将来性を持った仮想通貨といえるでしょう。価格を大きく下げている現在では買い時の仮想通貨です。

ネムの購入は手数料が安くてお得なZaifがおすすめです。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

買い時仮想通貨③リスク(Lisk)

Liskはイーサリアムと同じようなスマートコントラクト属性をもつ仮想通貨です。現在スマートコントラクトといえばイーサリアムというほどに、シェアは圧倒的ですがLiskにもイーサリアムにはない特徴があります。

それはメインのブロックチェーンとは別に分散型アプリケーション上に『サイドチェーン』と呼ばれるブロックチェーンを用意してコードを書いて動作させることができるという点です。

全てのプログラムをひとつのブロックチェーンで処理するより、複数のブロックチェーンを別々に動かすことにで、処理能力を高めるという方法です。またメインのブロックチェーンに書き込まれる情報量が必然的に減るのでブロックの生成速度も早くなります。

また開発にJavaScriptを採用しています。広く一般的にどこの国でも利用されている言語を採用していることでエンジニア開発への参入がしやすく効率的に取り組みができるようになっています。

また、2018年の2月にリブランディングイベントが開催され、ロゴが新たになったり、ホームページが刷新されたりと開発も活発に行われていて今後の発展が楽しみな通貨です。

価格は他の仮想通貨同様に、価格が落ち込んでいる状態で1000円を切るまでになってきています。将来性のある仮想通貨ですので今が買い時といえるでしょう。

Liskの購入は、セキュリティが世界一しっかりしていると評されたこともある人気のbitFlyerがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年の今からビットコイン・仮想通貨を購入する人におすすめの買い方

一気に購入せずに最初は少額から余剰資金で購入する

価格の変動が激しい仮想通貨です。購入する際には、一気にまとまった金額で購入をすることは避けて、少額から余裕のある範囲で購入をするようにしましょう。

少額であれば、分散しながら購入することもできますし、余裕のある範囲なので価格が下がってきても落ち着いて相場を見ることができます。

毎月積み立てる

ビットコインに興味はあるけれど、売り買いのタイミングなどがわからない人や、長期的にコツコツと積み立てをするように投資をしてみたいという人は『Zaifコイン積立』を利用すると良いでしょう。

『Zaifコイン積立』は登録した口座から毎月固定された金額を自動引き落としして希望した金額で積み立てをすることができる仕組みです。

価格は日々変動する中で一定額を長期的かつ継続的に購入することでリスクを最小限に抑えながら投資をすることができます。長期的に安定した収益を目指したい人にオススメです。
 

今からビットコイン・仮想通貨を購入する人におすすめの取引所

bitFlyer

bitFlyerは日本最大規模の取引量・ユーザー数を誇る仮想通貨取引所です。海外での事業展開も積極的に行っており、アメリカでの仮想通貨交換業者としてのライセンスを取得し、2017年11月に事業を開始しています。

さらに2018年の1月にはEUでのライセンスを取得し事業を開始しました。それだけ、仮想通貨取引所としての安全性や、信頼性を評価されているということです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

bitbank

bitbankはアルトコインが取引所形式でお得に取引できる取引所で
 

  • リップル
  • イーサリアム 
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • ビットコインキャッシュ

を取引所で扱っています。他の取引所ではアルトコインは販売形式が多く、5%から10%前後の手数料がかかってしまいます。特にリップルとライトコインについては取引形式で購入できるのは日本国内でbitbankのみとなっています。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引が可能な取引所です。人気のアルトコインを揃えており、新たなる市場を狙って作られています。

証拠金維持率80%でロスカット、レバレッジ倍率が最大で5倍と安心な設定となっています。

また手数料面も安く、特に入出金手数料が無料という点は目を引くものがります。日本円の出金時に手数料がかからないという点は他の取引所にも影響を与え改善されていくかもしれません。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の登録に関して不明点などがあれば【DMM Bitcoinの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumb仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン)の特徴・評判・手数料・入出金方法 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコイン・仮想通貨の買い時のまとめ

ビットコイン・仮想通貨の買い時というのは決まったものはありません。投資には必ずリスクが伴います。しかしそのリスクを最小限にする方法はあります。

ビットコイン・仮想通貨を購入する時にも同じようなことがいえるでしょう。必ず余剰資金で投資を行うことや、少しづつ購入しリスクを分散することなどです。

また、仮想通貨を支えている技術的であるブロックチェーンは日々進化しています。2018年も大きく躍進する年になるでしょう。

今巷では、ブロックチェーンはインターネット以来の大発明であるといわれて、その発明の進化していくスピードはインターネットの時と同様に著しいものがあります。日々情報をチェックするということも買い時を判断する上で重要になってくるでしょう。

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side