仮想通貨のバーン(Burn)とは?Burnした通貨は価格が高騰する?

仮想通貨で良く耳にするバーン(Burn)とは、どういうシステムなのでしょうか?バーン(Burn)した仮想通貨は価格が高騰するという話も聞きます。過去にバーン(Burn)した通貨の価格の変化や、これからバーン(Burn)する予定の通貨を紹介します。

仮想通貨のバーン(Burn)とは?Burnした通貨は価格が高騰する?のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨のバーン(Burn)とは?
  2. 2Proof of Burn(プルーフオブバーン)
  3. 3バーン(Burn)した仮想通貨一覧を紹介
  4. 4バーン(Burn)間近に控えたTron(トロン/TRX)
  5. 5結局、バーン(Burn)したら仮想通貨は価格が高騰する?
  6. 6バーン(Burn)以降も仮想通貨の価格が上昇し続けるのか?
  7. 7仮想通貨のバーン(Burn)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨のバーン(Burn)とは?

仮想通貨のバーン(Burn)とは、そのままの直訳で『燃やす』という意味です。
すでに発行されている仮想通貨を永久的に使えなくすることを意味します。仮想通貨は発行枚数が決まっているものがほとんどであり、バーン(Burn)することによって、1枚当たりの仮想通貨の価格が高まります。そのため多くの仮想通貨投資を行っている者にとって、非常に重要な情報となります。
特に発表から、実施までの短期的なチャートには大きな影響を与えます。保有している仮想通貨にバーンの発表があった際にはチャートをこまめにチャックすると良いでしょう。

Proof of Burn(プルーフオブバーン)

Proof of Burn(プルーフオブバーン)とは、新しく仮想通貨を発行する際の仕組みのひとつです。ビットコインをバーン(Burn)して、それに応じて新たな仮想通貨を受け取ることができるという仕組みです。

現在このProof of Burn(プルーフオブバーン)の仕組みを利用しているものは、ビットコインのプラットホーム上に作られたCounterpartyなどがあります。

XCPというトークンを燃やすことで、独自のトークンを発行できるというシステムです。日本国内においてはZaifが取り扱いをしています。

バーン(Burn)した仮想通貨一覧を紹介

Trigger(トリガー/TRIG)

Trigger(トリガー/TRIG)は、銃の不当な使用を禁止するべく開発された仮想通貨です。生体認証付きの銃の管理をする際に、その管理全般をブロックチェーン上で行おうというプロジェクトです。非常にニッチな目的ではありますが、その分はっきりとした目的のある仮想通貨といえるでしょう。

 

バーン(Burn)発表日 2017年9月1日
バーン(Burn)実施日 2017年9月16日
 

発表から価格が一気に上昇して、実施の直前あたりで暴落しています。その後も下がる局面が続いたようです。長期的には発表前より価格が高くなっています。

Thumb仮想通貨Triggers(トリガー/TRIG)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

人気のTrigger(トリガー/TRIG)を購入できるおすすめの取引所はBinance(バイナンス)になります。

Binance(バイナンス)世界で最も人気の取引所であり、仮想通貨を200種類ほど取り扱っている上に手数料も圧倒的に安くお得な取引所です。

セキュリティもしっかりしており、ハッカーに狙われたこともありましたがセキュリティが頑丈すぎてハッカーが諦めたほどです。

国内取引所で購入できない人気の将来有望な仮想通貨がたくさん取り扱われているので、登録がまだの方は登録して有望な仮想通貨を手に入れましょう。

メールアドレス一つで簡単1分で登録できます。

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Binanceへのビットコインの送金は、ビットコインの取引手数料がなんとマイナスで取引をすればするほどビットコインがもらえるZaif(ザイフ)がおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいるので、損をしないようにZaifに登録してお得に仮想通貨を購入しましょう。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

送金を早めに済ませたい方はリップルを送金するのがおすすめです。

リップルの購入は、国内で唯一リップルを板取引でお得に購入できて、2018年6月末まで取引手数料が無料のキャンペーン中で人気が急上昇中のbitbankがおすすめです。

bitbankの登録がまだの方はBinanceZaifと一緒に登録しておきましょう。

簡単1分で登録できます。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ALIS(アリス/ALIS)

ALIS(アリス/ALIS)は、日本で開発されている全く新しいソーシャルメディアプラットフォームの開発プロジェクトです。ソーシャルメディアが広告に依存し、収益を上げているのに対してALISでは、その交換可能な仮想通貨であるトークンに価値が生まれることでそれを市場に販売し、収益が生まれるというシステムを採用しています。

 

バーン(Burn)発表日 2017年9月23日
バーン(Burn)実施日 2017年11月17日

発表から実施に向かって価格が上昇しています。実施以降は一旦下がりましたが、その後ジワジワと上昇を続けています。比較的安定したチャートとなっています。

Funfair(ファンフェア/FUN)

イーサリアムを元に開発されている分散型のゲームプラットフォームです。FUNという仮想通貨は、そのゲーム内の報酬などに利用されます。透明性の高いオンラインカジノを作ることを目標としています。

バーン(Burn)発表日 2017年9月27
バーン(Burn)実施日 2017年10月18日

発表から一時的に上昇をしましたが、実施を待たずして価格が下落するというチャートになっています。実施以降も下降トレンドが続きました。

Thumb仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Decentraland(ディーセントランド/MANA)

Decentraland(ディセントラランド/MANA)はイーサリアムを元に開発されている『VRプラットフォーム』でMANAはそのプラットフォーム内で使用されます。
VR(仮想現実)の世界で土地をMANAコインで購入して、そこに自分の作ったコンテンツを販売するお店を経営します。サービス料金はMANAコインで支払うことができます。

 

バーン(Burn)発表日 2017年12月4日
バーン(Burn)実施日 2017年12月15日

発表から価格が上昇し、実施後も下落はせずにさらに上昇を続けています。現在も少し下げていますが、十分に価格は維持されているチャートになっています。

Einstenium(EMC2)

Einsteinium(アインシュタニウム/EMC2)は、科学研究を支援するために作られた仮想通貨です。一定の割合が常にアインシュタニウム財団へ寄付されることで、価格上昇によって寄付を増大させているということになります。寄付にもなって自分の利益にもなるという新しい性質を持った仮想通貨といえるでしょう。

バーン(Burn)発表日 2017年9月下旬頃
バーン(Burn)実施日(初期発表) 2017年10月6日
バーン(Burn)日程変更 2017年10月3日
バーン(Burn)実施日 2017年10月25日

初期のバーンの予定に向かって価格の上昇は続いていましたが、日程の変更が発表されてから価格が下がり、その後もジワジワ下げていく局面が続きました。最終的な実施の直前も、少しだけ上昇しましたが、当初のバーン発表ほどの上昇はありませんでした。

Thumb仮想通貨Einsteinium(EMC2)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

FliK(フリック/FLIK)

仮想通貨FliK(フリック/FLIK)は、映像を作るクリエイターにとって、より収益効率の高いプラットフォームを作ることを目指す仮想通貨プロジェクトです。

バーン(Burn)発表日 2017年10月8日
バーン(Burn)実施日 2017年10月22日

バーン(Burn)の発表から上昇を続けましたが、高騰した局面から反転し暴落しています。その後は徐々に下げが続きましたが、現在は持ち直しつつあります。

バーン(Burn)間近に控えたTron(トロン/TRX)

Tronの概要

TRON(トロン/TRX)は、ブロックチェーンの技術を利用して音楽や、映像ゲームなどのコンテンツを配信するためのプラットフォームを構築することを目指している通貨です。
今までは、コンテンツの配信にGoogleやAppleといった大手のプラットフォームを利用するしかなかったクリエイターとユーザーを直接繋ぎ、コンテンツの質を上げることをTronでは目標としています。

Tronのバーン(Burn)はいつ?

TRON(トロン/TRX)は2018年にバーンが予定されています。その時期は第一四半期ということなので早くて3月末ということになります。
Tron開発側から正確な時期について明言されているわけではないので、延期や中止になる可能性もあります。過去にもバーンの予定が延期になった通貨もありました。

Tronのチャートはどうなる?

Tronのバーン実行予定が3月の末なので、それより事前に価格が高騰する可能性はあります。その反面バーンが実施されなかった場合は、価格が暴落する可能性もあります。
またバーンが延期ということもあり、その場合もTronのチャートは乱高下をするでしょう。また日本の取引所への上場も噂されています。日本での取り扱いがまだ無い仮想通貨なので、上場された際には価格が上昇傾向に向かうのではないでしょうか。

ThumbTRX(仮想通貨トロン/TRON)のチャートと価格、取引所、将来性、今後の上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbTRON(トロン/TRX)が高騰中!アリババとの提携やZaif上場か!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

結局、バーン(Burn)したら仮想通貨は価格が高騰する?

バーン(Burn)する仮想通貨は、バーン(Burn)が行われる日に向かっては短期的には価格が高騰する傾向にあります。しかし短期的な価格の高騰は、利益確定の売り圧力も強くあります。バーンの行われる日よりも早い段階で、価格が崩れ始めることもあります。
長期的に見ると、バーン(Burn)する前よりは価格が高騰していることが多いようです。

バーン(Burn)以降も仮想通貨の価格が上昇し続けるのか?

多くの場合バーンの直前をピークにして価格が下がる傾向がありました。底値は、バーンが行われる前より上昇しています。しかし短期的な上昇があるため、利益を逃してしまったと考えがちですが、その仮想通貨そのものの将来性や今後の発展が、その通貨の価値を支える最大の要素です。バーンはもちろん、取引所への新規の上場や、開発の状況。また様々な機関との提携などの要素も見逃さないようにしましょう。

仮想通貨のバーン(Burn)まとめ

仮想通貨のバーンは短期的な局面において高騰するので、その情報を早く入手して上手く乗ることができれば短期の利益を得ることができるかもしれません。

そのためには、将来性のある仮想通貨を事前に整理しておくことが重要です。どんな仮想通貨でもバーンをすれば上がるというものではなく、その仮想通貨の今後に対する期待感が前提としてなければなりません。

バーンが価格に大きな影響を与えることは間違いないので、気になる通貨の情報はこまめにチェックしておきましょう。

バーンが行われる仮想通貨を素早く購入して、バーンによる高騰を逃さず利益をあげるためにも、できるだけ多くの取引所に登録しておくことは仮想通貨取引において非常に重要です。

バーンだけでなく、新たな取引所への上場や仮想通貨のアップデート、ハードフォークやその他仮想通貨特有のイベントなどではバーンと同じように価格が高騰することが多いで、そういった時にも素早く購入して波に乗れるようにしっかりと複数の取引所に登録をしておきましょう。

まずは取り扱っている仮想通貨が多いBinance(バイナンス)に登録しておきましょう。
メールアドレス一つで簡単1分で登録できます。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Binanceへのビットコインの送金は、ビットコインの取引手数料がなんとマイナスで取引をすればするほどビットコインがもらえるZaif(ザイフ)がおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいるので、損をしないようにZaifに登録してお得に仮想通貨を購入しましょう。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side