インドでビットコイン等仮想通貨の取引が90%も低下|ビットコイン価格低下の要因の一つか

インドではビットコイン(BTC)などの仮想通貨の取引が90%も減少しています。インドはビットコイン(BTC)などの仮想通貨に対して否定的ですが、政府からの明確な規制方針は発表されていないにもかかわらず、銀行により仮想通貨の取り締まりは徐々に厳格になっています。

インドでビットコイン等仮想通貨の取引が90%も低下|ビットコイン価格低下の要因の一つかのイメージ

目次

  1. 1インドでビットコイン(BTC)取引量が90%もダウン
  2. 2インドでビットコイン(BTC)取引量が下がった原因とは?
  3. 3インドのビットコイン(BTC)の規制の動きは世界の銀行の規制の動きと似ている
  4. 4インドのビットコイン(BTC)への規制当局などの厳しい態度の影響
  5. 5世界では仮想通貨に対しては規制は最低限
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

インドでビットコイン(BTC)取引量が90%もダウン

仮想通貨に対する規制圧力と広がる銀行の取り締まりは、インドでの仮想通貨取引に深刻な影響を与えています。インドの規制当局や銀行の代表者たちは、過去2カ月間で、ビットコイン(BTC)取引は90%も減少したと主張しています。

インドでは仮想通貨は法定通貨とはみなされず、当局は仮想通貨の使用に対して否定的な態度を示しています。

同時に、主要なインドの銀行は、そのような規制を義務付ける規則が採択されていないにもかかわらず、取引を規制するための措置を講じようとしています。

インドでビットコイン(BTC)取引量が下がった原因とは?

インドの仮想通貨取引所は、同国のビットコイン(BTC)などの仮想通貨の将来の不確実性に悩まされています。デリーの当局は複数の警告を発し、不正な目的のための仮想通貨の使用を制圧すると脅しています。

インド規制当局のビットコイン(BTC)への厳しい態度

彼らは、ビットコイン(BTC)のような仮想通貨は、インドでは法定通貨としては認められていないと繰り返し述べています。しかし、今のところ、完全な禁止令も明確な規制も導入されていません。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨に対する新しい規制はすぐにできると発表されたものの、結局その約束は守られませんでした。その発表のあと、包括的な法的枠組みの策定作業は続いていますが、一部の当局者は仮想通貨を効果的に規制することは不可能であると気づきました。

政府による規制が存在しないにもかかわらず、インドの銀行は自らの手で問題を解決しようとしています。インド準備銀行(RBI)からの命令なしに、商業銀行はビットコイン(BTC)などの仮想通貨取引の取り締まりを強化しています。

Citibank、ICICI銀行、HDFC銀行、Kotak Mahindra銀行、インド国営銀行をはじめとするインド最大の金融機関は、すでにビットコイン(BTC)取引の取引口座を停止しています。

これらの銀行はまた、普通の市民が仮想通貨関連の取引を行うことを規制する方策を実行しました。2つの銀行は、顧客にクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを使用して仮想通貨を購入することはできないと通達しました。

規制の不確実性と規制当局の否定的な態度は、地元のビットコイン(BTC)取引所での取引量を大幅に減少させた、とEconomic Timesは報道しました。

Coinsecure(コインセキュア)の最高経営責任者、Mohit Kalraは、「すべてのインドの取引所で取引量が90%減少している」とEconomic Timesに語りました。

「私たちの取引所では12月には毎日300~400ビットコイン(BTC)が取引されていましたが、今では1日に約30~40ビットコイン(BTC)に減少しています」と彼は10倍もの減少を説明しました。

インドのビットコイン(BTC)の規制の動きは世界の銀行の規制の動きと似ている

インドの銀行の動きは、JPMorgan Chase、アメリカ銀行、Citigroupのような世界最大の銀行の動きに似ています。

先月、これらの銀行は、仮想通貨の価値が下落していることから債務不履行が懸念されると主張し、クレジットカードで仮想通貨を購入するのを禁止しました。

インドの仮想通貨業界の代表は、地元の銀行を「無責任な過剰な反応」、「一方的な決定」、「妨害行為」を理由に非難しています。インドのブロックチェーンと仮想通貨委員会(BACC)を率いるAjeet Khuranaは、次のように述べています。

「規制当局からの明確な命令なしに、書面で理由を述べることを拒否しながら、私たちにアカウントを閉鎖しろというのは、私たちの事業への妨害行為です」

BACCは、仮想通貨業界での自己規制の導入に取り組んでいます。

インドのビットコイン(BTC)への規制当局などの厳しい態度の影響

「顧客は、自分のお金を引き出すことができないので、パニックに陥り、激しく動揺しています」

インドの他の取引所Bixoxoの最高経営責任者(CEO)Hesham Rehmanはこの状況を以下のように説明しました。

「銀行口座が閉鎖されているため、引き出しサービスを提供するのが難しくなっています。そのため、最大1週間の遅延を引き起こしました。これは私たちの責任ではありません」

「平均取引量は300~500ビットコイン(BTC)から20~30ビットコイン(BTC)に減少しました」と彼は付け加えました。ZebpayやKoinexのような一流のインドの取引所の日次取引量も1,000から300~500ビットコイン(BTC)に減少しました。

Zebpayの取引責任者Nischint Sanghaviによると、仮想通貨が銀行を通して利用されれば、仮想通貨の追跡し、課税することができます。禁止することでは、違法取引を抑止することはできない、彼は言いました。

Sanghaviは、インドの取引所で実施されている顧客の身元確認手続きやマネーロンダリング対策は、お金の流れを把握しやすくする、と考えています。

仮想通貨に対して否定的なインドでは、すでに2つのインドの取引所が業務を中断させられました。約35,000人の顧客を持つBtcxindiaとEthexindiaは、3月5日に仮想通貨取引を中断しました。

以前、news.Bitcoin.comが報道したように、友人や親戚の持つ海外口座を使って海外から仮想通貨を購入しようするインド人が増えています。また、現金取引でビットコイン(BTC)や他の仮想通貨を手に入れようとする者もいます。

いくつかの報道によると、規制外の預金を禁止する新しい法律が制定されようとしています。仮想通貨業界を合法化する規定がないまま、そのような法律がインドで採択されれば、インドの仮想通貨市場の状況は悪化し続けるでしょう。

Bitcoin Trade Drops in India Amid Uncertainty and Clampdown

Bitcoin.com、Lubomir Tassev、22 Mar 2018

世界では仮想通貨に対しては規制は最低限

インドでは、規制こそ行っていませんが、仮想通貨に対してかなり厳しい態度でした。

しかし、世界は最低限の規制はしても、仮想通貨自体に対してはかなり緩やかな態度で臨んでいる国がほとんどです。

世界の仮想通貨への規制などの対策の足並みを揃えようとしたG20の成果

世界20カ国の財務大臣や銀行の総裁などのクラスが集まる、G20では、今年仮想通貨への対応の仕方について対話を行いました。

G20が行われる前は、フランスやドイツが、G20にて国境を超えた仮想通貨に対する規制の必要性を会話するべきと言う、提案がなされるなど、仮想通貨に対してかなり厳しい態度で臨むと考えられていました。

しかし、実際に行われてみると、仮想通貨への規制は、今まで通りで、これ以上新たな規制を行うことはないという決定がなされました。
※仮想通貨を利用した犯罪取引などに対する動きへは厳しく臨む


それまで、G20では仮想通貨に対してマイナスの動きを行うと考えられていたため、今回のG20の決定は大きなプラス材料となり、仮想通貨の価格はその前後で大きく変わりました。

今後も世界としては、仮想通貨に厳しい態度で臨む国もあるかもしれませんが、多くはその有用性を伸ばして、違法な動きを無くしていくという動きとなるでしょう。

G20での仮想通貨への規制の枠組みに対する各国の対応

G20を終えた後、世界の国で仮想通貨に対する動きがありました。

<イギリス>
仮想通貨の規制委員会を発足させ、そこで仮想通貨に関わる違法な動きやその他仮想通貨に関わる動きを監視していく。

イギリスでは仮想通貨に対しては寛大な国で、世界でも金融の中心地として、さらなるイギリスの金融界での影響力を持つために、仮想通貨などのフィンテックサービスの促進を行っていくという動きです。

<フランス>
イギリスと同様仮想通貨の違法な動きを取り締まる対策委員会を発足させました。
フランスではICOや、仮想通貨投資プラットフォームで怪しいものは取り締まりをするなど、イギリスよりも厳しい動きですが、仮想通貨を完全に規制をするという方針ではありません。


このように世界では、仮想通貨に対してある程度の規制を行ってはいますが、仮想通貨の技術は称賛しています。

今後さらなる仮想通貨による経済システムの変革は起きると考えられます。

リップル(Ripple/XRP)が国際送金を変えていることや、アイオータ(IOTA/MIOTA)がIoTの世界を変えているなど、今後も世界を変える技術が生まれる可能性があります。

仮想通貨への抜本的な規制が行われないとなった今、今後も仮想通貨の動きには注目が必要です!

将来にわたって大きく経済に変化を与えるであろう、人気の通貨を購入するならおすすめは人気通貨をまとめていて安く購入ができるbitbank(ビットバンク)です。

人気通貨のリップル(Ripple/XRP)やイーサリアム(ETH)を手数料無料で購入ができます!

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

このニュースを見た人はこちらの仮想通貨ニュースも見ています

Thumbイギリスが仮想通貨情報|イングランド銀行や仮想通貨取引所の動向について | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side