リップル(Ripple/XRP)のイベント/最新ニュース|今後の予定から2018年まとめ一覧|

リップル(Ripple/XRP)のイベントなどの最新ニュースをお届け!2018年様々なリップル(Ripple/XRP)にプラスになるイベントが続いています。今後の価格に影響のあるイベント予定や最新ニュースに加え、2018年のイベントについて一覧でまとめました。

リップル(Ripple/XRP)のイベント/最新ニュース|今後の予定から2018年まとめ一覧|のイメージ

目次

  1. 1リップル(Ripple/XRP)の最新イベント/ニュース一覧
  2. 2リップル(Ripple/XRP)の最新価格チャート
  3. 3リップル(Ripple/XRP)の2018年今後のイベント予定もご紹介
  4. 4リップル(Ripple/XRP)は銀行の敵ではなく協力関係にあるものという考えが2018年は広まりつつある
  5. 5リップル(Ripple/XRP)の新たなビジネスが始動|企業への投資を本格化【2018年4月12日最新ニュース】
  6. 6企業投資はリップル(Ripple/XRP)の将来性を拡大
  7. 7リップル(Ripple/XRP)のイベント/2018年最新ニュースのバックナンバー一覧
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リップル(Ripple/XRP)の最新イベント/ニュース一覧

2018年多くの提携や上場、トークイベントを行っているリップル(Ripple/XRP)のイベント等のニュースをまとめて一覧にしました!

リップル(Ripple/XRP)の最新価格チャート

リップル(Ripple/XRP)の2018年今後のイベント予定もご紹介

2018年は上場や提携などリップル(Ripple/XRP)にとって重要な情報がたくさんあります!

2018年に入って弱気相場が続いていますが、仮想通貨としてリップル(Ripple/XRP)がさらに拡大し今後さらなる拡大をする可能性のあるリップル(Ripple/XRP)のイベントについては要注目です!

今後さらなる拡大とともに価格上昇が予想されるリップル(Ripple/XRP)を購入するならbitbank(ビットバンク)がおすすめです!

bitbank(ビットバンク)でリップル(Ripple/XRP)を購入するメリットは、取引手数料が無料で、リップル(Ripple/XRP)をお得に購入ができるということです!

GMOコインとは違い、チャートを見たり、板を見たりと本格的なトレード画面となっており、リップル(Ripple/XRP)をお得に買いたい人や、本格的なトレード画面での取引をしたい人にオススメです!

ただし、取引量が多いわけではないので、取引が完了しないことなどありますので、GMOコインとの併用がおすすめです!

bitbank(ビットバンク)がおすすめの人

 
  • 手数料が無料というお得な取引で手数料リップル(Ripple/XRP)を取引をしたい人
  • 本格的なトレード画面でリップル(Ripple/XRP)を取引したい人
  

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ちなみに、bitbank(ビットバンク)は取引画面が初心者の人には難しい画面になっています。

これから仮想通貨投資を始めるという方なら、取引画面が最も簡単なGMOコイン
でのリップル(Ripple/XRP)購入がおすすめです!

GMOコインの登録に関して不明点などがあれば【GMOコインの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbGMOコインの特徴と評判比較!仮想通貨(ビットコイン)FXや売買方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップル(Ripple/XRP)は銀行の敵ではなく協力関係にあるものという考えが2018年は広まりつつある

かつて銀行はリップル(Ripple/XRP)やビットコインを潰したがっていた

大手銀行はリップル(Ripple/XRP)とビットコイン(BTC)を潰したがっている。少なくとも、それがビットコイン(BTC)の前提と評価を非難している有名な銀行員の演説を聞いて得られる印象です。

例えば、昨年、J.P. Morgan Chase&Co.総裁Jamie Dimonは、仮想通貨を「不正行為」、「チューリップ・バブル」だと言いました。

銀行がリップル(Ripple/XRP)をつぶそうとしたい理由とは?

それには正当な理由があります。仮想通貨、特にリップル(Ripple/XRP)は銀行と競合しています。「大手銀行がこの2つの通貨のうちの1つを潰すことに成功するとしたら、潰されるのはリップル(Ripple/XRP)でしょう」とGlobal Blockchainの社長兼COOであるShidan Gouranは言います。

「その主な理由は、リップル(Ripple/XRP)が銀行にとってより直接的な競争相手だからです。リップル(Ripple/XRP)は通貨というよりも取引ネットワークのように機能するため、銀行がリップル(Ripple/XRP)に厳しく当たる可能性は非常に高いです」

「一方で、ビットコイン(BTC)はより通貨として機能しているので、同様の脅威をもたらすことはありません」

銀行の意識はリップル(Ripple/XRP)をつぶすからリップル(Ripple/XRP)を活用するに

「一方で、ビットコイン(BTC)はより通貨として機能しているので、同様の脅威をもたらすことはありません」

実際、銀行がビットコイン(BTC)取引に対応しようとしているという兆候があります。

「銀行はビットコイン(BTC)の利用を奨励しているとも言えます。銀行はビットコイン(BTC)で先物を提供したり、クレジットカードではなく銀行口座を使って仮想通貨取引所間での取引を許可したりしているのです」

リップル(Ripple/XRP)も銀行に利益をもたらすものであり、ビットコイン(BTC)と同様に奨励されるようになるかもしれません。CrowdfundXのCEO、Darren Marbleは次のように述べています。

「リップル(Ripple/XRP)は銀行に実用的なブロックチェーンソリューションと多大な有用性を提供すると考えます」

「そういうわけで、私は大手銀行がリップル(Ripple/XRP)やビットコイン(BTC)を必ずしも潰しにかかるとは思いません。銀行は積極的にブロックチェーンベースのソリューションに投資・開発しています」

リップル(Ripple/XRP)の本格的な銀行との提携などの普及はいつ?

「しかし、銀行が仮想通貨に頼るという考えを受け入れるまで、そして仮想通貨業界がより確立されるまでにはもう少し時間がかかります。私は、銀行はリップル(Ripple/XRP)に注目していると思います。ただ、これは一夜で起こるようなことではありません」

ビットコイン(BTC)とリップル(Ripple/XRP)の基盤技術を採用することも一つですが、国の通貨の代わりに仮想通貨を使用することはまた別の話です。

なので、投資家が大手銀行と仮想技術の結託がビットコイン(BTC)とリップル(Ripple/XRP)の価格に与える影響に興奮するのはまだ早いです。

Big Banks Could Eventually Warm Up To Bitcoin And Ripple

Forbes MAR 23, 2018 @ 08:51

このように、2018年からはさらなる拡大の時期に入ってきているリップル(Ripple/XRP)は将来有望と言えます。

そのリップル(Ripple/XRP)の最新ニュースは以下でまとめています!

リップル(Ripple/XRP)の新たなビジネスが始動|企業への投資を本格化【2018年4月12日最新ニュース】

リップル(Ripple/XRP)の投資を受けた企業は仮想通貨界で最も古い投資ファンド

リップル(Ripple/XRP)を発行するリップル社は仮想通貨業界でもっとも古い投資ファンドであるBlockchain Capitalに独自のリップル(Ripple/XRP)を使って26億円もの投資をすると発表しました。

Blockchain Capitalはリップル(Ripple/XRP)での投資を受け入れることで価格変動のリスクが投資家に損害を与えないよう、新しいBlock Capital Parellel IV LPファンドを作りました。

このファンドだけでも133億円の資金が集まっており、第4回目の資金調達全体では160億円が集まりました。Blackchain Capitalはブロックチェーン企業を支援しますが、リップル社にも投資しています。

企業投資はリップル(Ripple/XRP)の将来性を拡大

リップル社にとって、リップル(Ripple/XRP)を使っての企業投資はリップル(Ripple/XRP)元帳とインターレジャープロトコルの新しい用途を見つける機会になります。

Blockchain Capitalの共同設立者Stephensは、「医療や個人情報管理など、ブロックチェーンや分散型元帳技術を活用できる分野はたくさんあります」と言いました。

リップル(Ripple/XRP)のイベント/2018年最新ニュースのバックナンバー一覧

リップル(Ripple/XRP)で貴金属投資ができるプラットフォームができる【2018年4月10日】

BPGグループはFacebookやTwitterでの彼らの投稿によるとリップル(Ripple/XRP)を提供する新しいプラットフォームeMetalsを公開するようです。

リップル(Ripple/XRP)のブロックチェーン技術で安心で即時の貴金属取引が可能に!

eMetalsプラットフォームは、金属を投資・交換できるプラットフォームです。このプラットフォームは、通常の金属市場の投資において、取引所が提供する同等の透明性と安全性を提供することが目的です。

eMetalsのブロックチェーン技術を使えば、金、銀、白金、パラジウム、ロジウムをデジタル資産に変換するができます。eMetalsでは、即座かつ安全に世界規模で金を売買することができます。

XAUはリップル(Ripple/XRP)・コンセンサス・レジャー(元帳の進化を維持及び追跡するコンピュータのネットワークによって維持される元帳のプール)上での金です。これは、BPGまたはMalca Amit保管庫に保管された金のデジタル版です。

XAG/XPT/XPDは、リップル(Ripple/XRP)・コンセンサス・レジャー上でのシルバー/プラチナ/パラジウムです。これは、イスタンブール金取引所の保管庫に保管されている銀/プラチナ/パラジウムのデジタル版です。

リップル(Ripple/XRP)は、アクセシビリティ(入手しやすさ)、スピード、セキュリティ、透明性、信頼性を追加して、金属をデジタル化しました。

リップル(Ripple/XRP)を利用した貴金属取引ができるeMetalを提供する企業とは?

BPGは、認可を受けた金小売業者、小規模高級貴金属精製所、登録済の投資管理会社です。BPGは貴金属への原材料の能動的運用を専門とする世界的な注目を浴びる会社です。BPGはヨーロッパで最も安全な金属の貸金庫の一つを運営しています。

「貴金属精製所として、リップル(Ripple/XRP)・コンセンサス・レジャーとリップル(Ripple/XRP)ネットワーク上で貴金属の所有権を預かり証(IOU)で証明することに大きな可能性を感じています」

「当社は、上場投資信託の透明性があるAURUM(LPMCLによって運営される電子決済システム)を使って、投資家が金属に投資し、取引する新しい場を提供することししました」

You Can Now Trade Gold, Silver, Platinum and Palladium With Ripple

RippleNews、Staf、4 Apr 2018

リップル(Ripple/XRP)の暗号化エンジニアのDavid Schwartz氏が将来性についてコメント【最新ニュース2018年4月9日】

リップル(Ripple/XRP)の最高技術者であるDavid Schwartzは、スラッシュ東京の傍らでインタビューに答えました。

彼は、仮想通貨業界が厳しい時期にある中、リップル社が重視しているのは、今後リップル(Ripple/XRP)の他の仮想通貨との差別化を図るためにユーザーに本当の価値をもたらすことです、言いました。

リップル(Ripple/XRP)のエンジニアは東京のイベントに来てインタビューを受けていた

スラッシュ東京は3月28~29にかけて行われた、スタートアップ企業のためのイベントです。

スラッシュは、起業家精神と新たな世界ビジネスの動向を議論するために、何百もの新興企業、投資家、業界の有力者を集めた国際的に有名なイベントです。スラッシュは学生主導のイベントで、起業家精神に対する人々の意識を変えることを目指しています。

リップル(Ripple/XRP)によって決済の世界は大きく変わる

Davidによると、人々は現在規制ばかりを気にして、仮想通貨やブロックチェーン技術が解決する問題があるという大事なことを忘れてしまっています。そのため、リップル社は規制要件に沿った金融機関向けの決済ネットワークの開発に力を注いでいます

リップル(Ripple/XRP)が今注力している3点とは?

リップル(Ripple/XRP)に関するリップル社の重点について尋ねると、Davidは業績が最も重要であると説明しました。リアルタイムでの送金にリップル(Ripple/XRP)を利用することは、同社の優先事項です。

第2に、セキュリティーを確保することも重要で、リップル(Ripple/XRP)のコードは脆弱性がないかどうか第三者によって定期的に確認されています。

最後にリップル社が重視しているのは非中央集権化です。Davidは積極的な参加がネットワークを強化するため、より多くのユーザーにリップル(Ripple/XRP)とリップル(Ripple/XRP)元帳を利用するよう促しました。

リップル(Ripple/XRP)の将来性が高いのは競合優位性が高いから

Daivdはリップル社の競合について聞かれた際、Swiftが送金市場において主要な競合であると言いました。送金にブロックチェーンを使用している他の企業も競合ではありますが、リップル(Ripple/XRP)の技術の方が優れています。

リップル(Ripple/XRP)の規制への対応は?

Davidはさらに、仮想通貨プロジェクトの成功に際して規制がますます重要な要素になりつつあり、リップル社は規制に従うよう取り組んでいると明らかにしました。非常に厳しく規制されている銀行業界に多くの顧客がいることから、リップル社は規制に対応する必要があります。

リップル(Ripple/XRP)には、今後いくつかのアップデートが予定されています。このアップデートはリップル(Ripple/XRP)の取引のスピードを向上させ、非中央集権化を促し、ユーザーがどのようにお金を受け取るか決められるようにします

Ripple Is Superior To Competition- David Schwartz

Ripple News、Staff、5 Apr 2018

リップル(Ripple/XRP)が中央集権であることから規制が行われるかもしれないという懸念が広がる【2018年4月8日最新ニュース】

リップル(Ripple/XRP)は現在中央集権であるということが重大な懸念につながっています。

リップル(Ripple/XRP)はこれまでも同じような批判は多く受けていましたが、中央集権的であることが大々的に注目されるようになった原因は、この記事の下でも説明していますが、アメリカの主要な取引所であるGemini(ジェミニ)やCoinbase(コインベース)がリップル(Ripple/XRP)の上場を断ったことです。

リップル(Ripple/XRP)がアメリカの主要取引所に断られた理由は?重大ニュースの裏側

これらの主要取引所がリップル(Ripple/XRP)の上場を断った原因が、
リップル(Ripple/XRP)が中央集権的であるために証券という法的分類にされるかもしれず、その場合上場をしてしまうと、取引所側が規制に違反してしまう」ということです。

リップル(Ripple/XRP)が中央集権的であるという批判は、以下の点から言われています。
 

  • 大部分のリップル(Ripple/XRP)をリップル社が保有している
  • リップル(Ripple/XRP)ネットワークを動かす、通称「リップル・ゲートウェイ」がリップル(Ripple/XRP)の流通の権限を持っている

これらの中央集権的な性格は、アメリカの法律上は有価証券という分類になってしまいます。

もしもそうなってしまった場合、リップル(Ripple/XRP)は需要の高いアメリカの主要取引所で上場されず、大きな価格上昇要因を失ってしまします。

今後もリップル(Ripple/XRP)の中央集権的であること、そしてリップル(Ripple/XRP)が有価証券に分類されるかどうかについては注目が集まります。

Thumbリップル(Ripple/XRP)の懸念とは?中央集権のために規制が? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップル(Ripple/XRP)でトークンが作れてICOが可能に!【2018年4月6日最新ニュース】

リップル(Ripple/XRP)上でトークンが作れてICOができるということに注目が集まっています

リップル(Ripple/XRP)プラットフォームでICOをしようとしているAllvorというプロジェクトも存在しています。

リップル(Ripple/XRP)で作ったトークンでICOをしようとしているAllvorのホワイトペーパーでは、
リップル(Ripple/XRP)のプラットフォームはイーサリアム(ETH)のプラットフォームよりも優れている点がいくつもあります。」

と語り、そのICOの今後の動向に注目が集まります。

さらに、2017年の時点でリップル(Ripple/XRP)上でICOをしたHolmquist氏もリップル(Ripple/XRP)のプラットフォームは大きな潜在能力を持っているとコメントしています。

リップル(Ripple/XRP)が今後、そのプラットフォーム上で多くの仮想通貨を作れるようになれば、リップル(Ripple/XRP)プラットフォームの将来性は大きくなるでしょう!

さらなる今後の伸びに期待がかかります!

Thumbリップル(Ripple/XRP)でトークンが作れてICOが可能に! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップル(Ripple/XRP)はアメリカの取引所に上場するのに1億円かけても難しい!【2018年4月5日最新ニュース】

リップル(Ripple/XRP)は米取引所大手のGemini(ジェミニ)に1億円をかけても断られた?

リップル(Ripple/XRP)は、米国の2つの主要な仮想通貨取引所であるGemini(ジェミニ)とCoinbase(コインベース)に上場するのに苦労しています。

昨年第3四半期にリップル(Ripple/XRP)の経営者は1億円の現金支払いでリップル(Ripple/XRP)を上場してもらえるようにGemini(ジェミニ)に持ちかけました。

また、昨秋にはCoinbase(コインベース)との予備会談で、ユーザーがリップル(Ripple/XRP)を取引できるようにするため107億以上をCoinbase(コインベース)に融資する意向があると言いました。

しかし、2つの取引所は、どちらもそれら提案を拒否しました。

リップル(Ripple/XRP)を米取引所大手2社が断った理由とは?

Gemini(ジェミニ)とCoinbase(コインベース)は、プラットフォーム上で取引される仮想通貨を選別しており、上場している仮想通貨は多くはありません。

仮想通貨を上場させるのにお金を払うのは珍しいことではありません。問題は、後で仮想通貨が未登録の証券だと判断された場合、状況が複雑になる可能性があることです。そうなれば、取引所と仮想通貨の発行者の両方が罰則を負う可能性があります。

米国の取引所には厳しい規制が課されており、米国での上場はトップ仮想通貨の一員としてのリップル(Ripple/XRP)の立場を強固なものにするでしょう。

リップル(Ripple/XRP)はアメリカで仮想通貨としてか有価証券としてかのはざま

一方で、リップル(Ripple/XRP)という仮想通貨自体はリップル社の持ち株ではありませんが、株との関連性の深さから規制当局がリップル(Ripple/XRP)を証券と見なすのではないかと懸念されます。

リップル(Ripple/XRP)が証券として分類されれば、あまり規制のない仮想通貨業界から離れ、株式のような資産と同様の要件を満たさなければならなくなります。

米国当局は、依然としてどの仮想通貨が証券であるか検討している最中ですので、取引所が慎重なのも当たり前です。

Ripple Struggles to Get Listed on U.S. Exchanges as Regulators Determine What Coins Are Deemed Securities

NewsBTC、Thomas Delahunty、4 Apr 2018

リップル(Ripple/XRP)にオランダ中央銀行が興味を持つ【2018年4月1日最新ニュース】

リップル(Ripple/XRP)の最新のニュースは、オランダ中央銀行が同行の報告書の中で仮想通貨のリップル(Ripple/XRP)についての報告を上げていることです。

報告書によると、オランダ中央銀行(De Nederlandsche Bank DNB)は、リップル(Ripple/XRP)ブロックチェーン技術は2~5秒ごとに迅速な取引処理を行うと説明しています。

オランダ中央銀行は「リップル(Ripple/XRP)はビットコイン(BTC)よりもはるかに処理速度が速く、パソコンスキルも必要としない」と言いました。

リップル(Ripple/XRP)に対するオランダ中央銀行のコメント

「リップル(Ripple/XRP)ネットワークの中心には、「総勘定元帳」があります。総勘定元帳とは、ネットワーク上のすべてのサーバーの情報がある分散型データベースです。各サーバーがネットワークに取引の指示を出すことができます」

「その指示はすべてのリップル(Ripple/XRP)サーバーに転送され、自動的に元帳に取引を登録するための合意がなされます。このプロセスは2~5秒ごとに行われます」

「つまり、リップル(Ripple/XRP)はビットコイン(BTC)より処理速度が速く、コンピューターの容量も少なくて済みます」


オランダ中央銀行の報告書にリップル(Ripple/XRP)が出てきていることからも、銀行が仮想通貨に興味を持っていることがはっきりとわかります。

今後オランダ中央銀行を含めたさらなる銀行業界での仮想通貨(特にリップル(Ripple/XRP))の採用が進みそうです。

De Nederlandsche Bank: Ripple is Faster than Bitcoin and Requires Less Computer Capacity

Ripple News、Staff、31 Mar 2018

リップル(Ripple/XRP)が約30億円を寄付する【2018年3月27日最新ニュース】

昨日、DonorsChoose.orgはサンフランシスコに拠点を置くリップル(Ripple/XRP)から約30億の寄付を受けたこと発表しました。

この非営利団体のWebサイトで寄付が募られていた全てのクラスルームプロジェクトの資金がこの寄付金で集められました。今までで最大の仮想通貨による寄付であるリップル(Ripple/XRP)の寄付は、全ての州の28,210人の公立学校教員からの35,647件もの依頼に応えるものでした。

全部で16,561の公立学校、つまりアメリカの全公立学校の6校に1校が、「色鉛筆や本から蝶の繭やロボットキット」まで様々な教育に必要な物資を受け取ります。

リップル(Ripple/XRP)が寄付したニュースの裏側とは?

DonorsChoose.orgの創設者兼CEOであるCharles Bestは、CEOのBrad Garlinghouseが以前団体に関係していたことからリップル(Ripple/XRP)に話を持ちかけ、と言いました。Garlinghouseは姉妹のMeg Garlinghouseの影響で長年にわたりこの非営利団体を支援してきました。

MegはDonorsChoose.orgがニューヨークのブロンクスでBestの教室から運営していた当初から、この団体で活動してきました。Bestはリップル(Ripple/XRP)の最高責任者に、教師からの依頼を叶えることでどのような影響を与えることができるか説明するメールを送りました。

「驚いたことに、彼らは承認してくれたのです」と、18年前にこの慈善団体を設立したBestは言いました。「これは、最大の仮想通貨による寄付になるでしょう。本当に驚きです」

リップル社は、世界的な金融決済の迅速化のためのネットワークを構築する新興企業です。リップル(Ripple/XRP)は、ネットワーク上の金融機関が迅速に取引するために使用できる仮想通貨です。

マーケティング担当上級副社長のMonica Longによると、この寄付は今のところリップル(Ripple/XRP)による最大の社会貢献です。

リップル(Ripple/XRP)の社会貢献はこれで終わりではありません、とLongは言います。彼女によると、リップル(Ripple/XRP)は将来的には教育に焦点を当てたより多くの慈善事業を行うそうです。

Longによると、DonorsChoose.orgは市場価格に影響を与えないようにするため、2週間に渡って仮想通貨を米ドルに変えると同意しました。通常、DonorsChoose.orgの方針はすぐに売却することです。これは、企業から寄付された株式も同じことです。

Ripple Donates €29 Million in XRP to DonorsChoose.Org, Supporting U.S: Public Schools

NewsBTC、Thomas Delahunty、29 Mar 2018

リップル(Ripple/XRP)の創業者でステラ(Stellar/XLM)を作ったJeb McCaleb氏がイベントに登壇

Mt. GOXを創業し、その後リップル(Ripple/XRP)を共同で創業したJed McCaleb氏が仮想通貨の将来についてコメントをしました。
その中にはリップル(Ripple/XRP)への批判ともとれる意見もありました。

リップル(Ripple/XRP)の創業者の講演イベントの発言内容をまとめると

  • リップル(Ripple/XRP)の共同創業者Jed McCalebは、仮想通貨とその基盤となるブロックチェーン技術が長期的に成功するためには分散型ネットワークが必要だと述べています。
 
  • 「(仮想通貨の)真の目的は、誰もが参加できるインターネットのようなネットワークを作ることです」とステラ(Stellar/XLM)の共同創業者でもあるMcCalebは言います。
 
  • 仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)は、リップル(Ripple/XRP)とは異なり、1つの集中型ネットワークに支配されていない「インターネットと同じような分散型のプロトコル」であると、彼は言います。

リップル(Ripple/XRP)の創業者の考える仮想通貨のあるべき姿とは?

リップル(Ripple/XRP)の共同創業者Jed McCalebは、仮想通貨とその基盤となるブロックチェーン技術が長期的に成功するためには分散型ネットワークが必要だと述べています。

集中型の金融決済ネットワークを使う限り、「SWIFTやPayPalと同レベルのシステム」しかできないと創業者McCalebは言います。

金曜日、創業者McCalebはCNBCの「Fast Money」で「真の目的は、誰もが参加できるインターネットのようなネットワークを作ることです」と言いました。

手数料の有無を独断で決められる機関があってはいけません。そのような機関をなくすことで、仮想通貨は成長し高い普及率を達成することができるのです」

「これが仮想通貨やブロックチェーンが成功するために重要なことです」と創業者McCalebは語りました。

「リップル(Ripple/XRP)からステラ(Stellar/XLM)へ」新たな仮想通貨を作った理由とは?

McCalebはリップル(Ripple/XRP)の共同創業者です。仮想通貨リップル(Ripple/XRP)は時価総額で第3位の仮想通貨です。しかし、創業者McCalebはシステムの稼働方法について異なる考えを持っていたため、2014年にステラ(Stellar/XLM)を作るためにリップル(Ripple/XRP)チームから離れました。

McCalebは仮想通貨リップル(Ripple/XRP)について、「リップル(Ripple/XRP)の研究所の外でノードを稼働させることが非常に難しい」と述べています。

「[リップル(Ripple/XRP)チームが]ノードの大部分を実行しています。利用者にとっては不安でしょう」

ビットコイン(BTC)取引所Mt. Goxを開設し、2011年に売却したMcCalebは、知っている限り、他に成功している分散型ネットワークはインターネットだけだと言いました。

ステラ(Stellar/XLM)の最高技術責任者McCalebは次のように述べています。

ステラ(Stellar/XLM)で構築しようとしているのはインターネットレベルのプロトコルです。ステラ(Stellar/XLM)は非営利団体によって作られなければいけません。営利企業によってインターネットが作られたと想像してみてください。まったく違う世界になるでしょう」

ステラ(Stellar/XLM)の成功のもう一つの鍵は、主な投資家を少数の参加者に限定しないことです、と創業者McCalebは述べました。

「ステラ(Stellar/XLM)を成功させるためにやっていることの一つは、基盤となる仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)を広く分配することです」と創業者McCalebは言いました。

リップル(Ripple/XRP)よりも非中央集権のステラ(Stellar/XLM)の現状は?

仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)は、今年初めに時価総額においてトップ10の仮想通貨となりました。しかし、今年、ステラ(Stellar/XLM)は約34%下落しています。

ステラ(Stellar/XLM)の取引完了までにかかる時間は、ビットコイン(BTC)の時間の5分の1以下ですと、創業者McCalebは述べました。

今週初め、創業者McCalebはCNBCに、仮想通貨とその基盤であるブロックチェーン技術は、誰もが見ることができる公的元帳を作ることで、将来の銀行業務を変えるだろうと言いました。

創業者McCalebは、今後10年間で仮想通貨でないものでもほとんどの財産がデジタル化されると予測しました。

Ripple co-founder: Cryptocurrency needs a decentralized network to be successful

CNBC、Kellie Ell、23 Mar 2018

リップル(Ripple/XRP)のイベントが日本で開催!

リップル社のCTO、Stefan Thomas、仮想通貨責任者David Schwartzが3月28日にSlush Tokyoの開会式に出席します。

イベントの公式ページには次のように書かれています。

「リップル社と提携して、Slush Tokyoは、3月27日にリップル社と共催の開会式に皆さんをご招待します。開会式には、リップル社のCTO、Stefan Thomasや仮想通貨責任者David Schwartzがゲスト出演してくださいます」

「リップル社と共に開会式を始められることを光栄に思っています。開会式では、同じ技術責任者の方達と共に音楽や軽食を楽しめるようになっています。ぜひAndaz Tokyo Rooftop BarでのSlush Tokyo開会式にご参加ください!」

リップル(Ripple/XRP)のCTOが参加するスラッシュとはどんなイベント?

フィンランドのヘルシンキでの300人の集会あったSlushは世界的に有名なイベントに成長しました。次世代の偉大な国際企業を支援するという、Slushの理念に変わりはありません。2015年以来、Slushは東京でも開催され、2017年には5,000人の出席者を集めました。

Slushにはいつも独特の雰囲気と熱意がありました。Slushの根本的目的は、創設者と投資家の出会いを容易にし、世界的な新興企業コミュニティを構築することです。

Slushは、世界中の学生が運営する非営利団体です。2015年にSlushは初めて東京と北京で開催されました。また、2016年には、Slushは東京、上海、シンガポールで開催されました。

世界的なコミュニティイベントに加えて、Slushは世界各地に急速に進出しています。Slushは、全大陸で最も有名な新興企業とイベントを共催しています

Ripple CTO and Chief Cryptographer Join Slush Tokyo on March 28

Ripple News、Staff、17 Mar 2018

2018年3月23日 リップル(Ripple/XRP)が中国の規制当局との提携を発表

Thumbリップル(Ripple/XRP)が中国当局とも提携|中国で正式採用! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月19日 リップル(Ripple/XRP)がポーランド仮想通貨取引所のBitbay(ビットベイ)に上場

リップル(Ripple/XRP)がポーランドのBitbay(ビットベイ)という取引所に上場しました。

Bitbay(ビットベイ)はポーランド初の仮想通貨取引所で、すでにオランダに第二の事務所を置くなど世界展開にも本腰を入れている取引所です!

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月16日 リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレットサービスのAbra(アブラ)に採用される

Abra(アブラ)はリップル(Ripple/XRP)を取り引きも、保管&管理もできるウォレットアプリです。

すでに多くの仮想通貨を取り扱っており、世界的にも人気のアプリであったため、今回の採用はリップル(Ripple/XRP)にとっても、同アプリを利用している人にも大きなニュースとなります。

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月15日 リップル(Ripple/XRP)に中国巨大企業のテンセントが出資を発表

Thumbリップル(Ripple/XRP)に中国の超巨大IT企業のテンセント(Tencent)が2000億円出資! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月14日 リップル(Ripple/XRP)がタイ最大級の銀行の送金サービスに採用

タイ最大規模の銀行であるサイアム商業銀行はリップル(Ripple/XRP)を利用した送金サービスにユーロとイギリスポンドを追加し、国際送金事業に弾みをつけると発表しました。

今後同行はリップル(Ripple/XRP)を利用した送金サービスをさらに広げる予定で、今回のサービスは2018年9月に開始予定とのこと。

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月13~15日 リップル(Ripple/XRP)CEOがシンガポールのMoney20/20というイベントで登壇

Thumbリップル社が仮想通貨Ripple/XRPを採用した新たな使い道を発表:スタートアップへ投資 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月13日 リップル(Ripple/XRP)が韓国仮想通貨取引所のGOPAXに上場

韓国で取引量第五位のGOPAXにリップル(Ripple/XRP)が上場しました。

リップル(Ripple/XRP)の人気が他の国よりも高いといえる韓国での上場は今後のリップル(Ripple/XRP)にとって大きな弾みとなるでしょう。

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月10日 リップル(Ripple/XRP)がGainCapitalが運営する仮想通貨取引所に上場

様々な金融サービスを行っているGainCapitalががリップル(Ripple/XRP)の取り扱いを開始発表しました。

同社はすでに世界展開をしている企業で、世界的なリップル(Ripple/XRP)を利用した金融サービスを提供する予定とのこと。

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月8~9日 リップル(Ripple/XRP)CTOがブロックチェーンアフリカ2018で講演

リップル(Ripple/XRP)のCTOで3月27日の東京Slushのイベントにも参加するStefan Thomas氏が登壇しました。

2018年3月7日 リップル(Ripple/XRP)を利用した送金アプリのマネータップが日本で登場すると発表される

Thumbマネータップというリップル(Ripple/XRP)の送金アプリが誕生 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月6日 リップル(Ripple/XRP)がフランスの仮想通貨取引所Bititへ上場

仏仮想通貨取引所のBititにリップル(Ripple/XRP)が上場しました。

同取引所は2018年仮想通貨の上場に力を入れていくとのことで、まずは人気のリップル(Ripple/XRP)を上場させました。

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月3日 リップル(Ripple/XRP)がリヒテンシュタインのFrick銀行で取引開始

Thumbリップル(Ripple/XRP)を含む仮想通貨5つがリヒテンシュタインのFrick銀行で取引、保管が可能に | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月2日 リップル(Ripple/XRP)が米国際決済事業者のFreetcorの子会社Cambridgeの支払いサービスで提携発表

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)がまたも提携か!次は国際決済会社のFreetcorの子会社Cambridgeの支払サービス | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年3月1日 リップル(Ripple/XRP)を利用した送金テストに韓国の銀行が成功

韓国の大手銀行であるWoori bankがリップル(Ripple/XRP)を利用した送金サービステストに成功したと発表しました。

同行はSBIが主催する、日本や韓国、タイの銀行60行が参加するコンソーシアムのメンバーであり、今後これらの銀行で、安価で即時に反映される国際送金サービスができる可能性が大きくなりました。

同行では今後国際送金サービスに利用する予定とのこと。

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月27日 リップル(Ripple/XRP)が独立系金融コンサルファームのdeVereグループの仮想通貨取引所に上場

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)が上場!しかも2社同時! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月27日 リップル(Ripple/XRP)が米仮想通貨取引所のCoinstocsに上場

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)が上場!しかも2社同時! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月26日 リップル(Ripple/XRP)がメキシコの国際送金企業のサービスで利用されると発表される

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)と提携した大手送金業者がサービススタート! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月22日 リップル(Ripple/XRP)が4つの銀行や送金サービスプロバイダーと提携したことを発表

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)がまたも大型提携!今回は中南米地域最大のブラジルの銀行とインドとシンガポールの送金事業者 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月19日 リップル(Ripple/XRP)がメキシコでイベントを開催

Thumbリップル(Ripple/XRP)が中南米へ進出しさらなる拡大!2/21にイベントをメキシコで開催【仮想通貨の最新ニュース】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月18日 リップル(Ripple/XRP)がBITPoint(ビットポイント)に上場

リップル(Ripple/XRP)が日本の仮想通貨取引所のBITPoint(ビットポイント)に上場をしました。

日本で人気のリップル(Ripple/XRP)は今後も多くの取引所にどんどんと上場をしていくでしょう!

2018年2月16日 リップル(Ripple/XRP)がCrypto Emporiumに導入される

Crypto Emporiumは仮想通貨決済だけが利用できる高級品を集めたショップです。

仮想通貨で高級品を購入できるという新規性と独自性で人気の同社がリップル(Ripple/XRP)を利用した決済の受け入れを開始しました。

2018年2月15日 リップル(Ripple/XRP)がサウジアラビア国立銀行と提携

Thumbリップル(Ripple/XRP)がサウジアラビアの国立銀行と提携!【リップル最新ニュース】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)がまたも提携か?サウジアラビア最大の銀行が同技術で送金テストを完了 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月15日 リップル(Ripple/XRP)が世界最大の国際送金サービスのWestern Unionのサービスでテストされていると発表される

Thumbリップル最新ニュース:世界最大送金サービス企業がRipple/XRPのテスト開始! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月15日 リップル(Ripple/XRP)がカナダの仮想通貨取引所のCoinfieldに上場

Thumb【リップル重大ニュース】リップル(Ripple/XRP)がカナダの仮想通貨取引所で取り扱い開始 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月11日 リップル(Ripple/XRP)が世界最大規模の国際送金事業者のUAE Exchangeと提携を発表

Thumbリップル(Ripple)がUAEの巨大両替、送金業者と提携!リップルがさらに拡大! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年 2月10日 リップル(Ripple/XRP)がインド最大規模の仮想通貨取引所に上場されると発表

Thumbリップル(Ripple)がインド最大の取引所に上場!さらにほぼ同時に中国企業でも採用! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月9日 リップル(Ripple/XRP)が中国の商社で決済通貨として利用されていると発表

Thumbリップル(Ripple)がインド最大の取引所に上場!さらにほぼ同時に中国企業でも採用! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月9日 リップル(Ripple/XRP)が中国の国際送金事業者のLian Lianと提携を発表

Thumbリップル(Ripple)が中国の国際送金サービスの会社と提携 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月8日 リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨アプリのRobinhood(ロビンフッド)で追跡が可能に

送金手数料を無料にでき、様々な通貨を送金、受取ができるRobinhood(ロビンフッド)という注目のアプリでリップル(Ripple/XRP)の追跡が可能になりました。
今後リップル(Ripple/XRP)の取り扱いが予定されています。

2018年2月8日 リップル(Ripple/XRP)がカナダの仮想通貨取引所Coinsquareに上場

カナダの仮想通貨取引所のCoinsquare(コインスクエア)でリップル(Ripple/XRP)が上場する予定です。

同取引所はカナダで最大規模の仮想通貨取引所であまりリップル(Ripple/XRP)を取り扱っていない同国でリップル(Ripple/XRP)の取り扱いが始まるというのは念願と言えます。

2018年2月7日 リップル(Ripple/XRP)CEOが米Yahoo(ヤフー)のイベントに登壇

リップル(Ripple/XRP)のCEOが、米Yahoo(ヤフー)が開催する「Yahoo Finance All Markets Summit:Crypto」に参加すると発表されました。

2018年2月3日 リップル(Ripple/XRP)がスペイン最大手のサンタンデール銀行との提携を発表

Thumbリップルがさらに普及!ヨーロッパの大手銀行でリップルが採用される! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年2月1日 リップル(Ripple/XRP)がクレジットカード会社大手のアメリカン・エキスプレスとブロックチェーンを利用した決済システムを開発導入

2017年末にアメリカンエクスプレスと提携してブロックチェーン決済を行うと発表し大きく価格を上げたリップル(Ripple/XRP)は、ついにアメリカンエクスプレスの一部法人での決済を可能にしました。

今後さらなるリップル(Ripple/XRP)を利用した決済サービスの拡大が予測されます。

2018年2月1日 リップル(Ripple/XRP)がアブダビ国立銀行と提携を発表

Thumbリップルがアラブ最大の銀行と提携を発表!2018年はさらにリップルが拡大 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年1月30日 リップル(Ripple/XRP)をSBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨として上場すると発表

Thumbリップル(XRP)がSBIバーチャルカレンシーズで取扱開始!公式サイトから最新情報 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年1月30日 リップル(Ripple/XRP)がドバイ最大手の仮想通貨取引所BitOasisに上場

アラブ首長国連邦(UAE)で最大手の仮想通貨取引所のBitOasisがリップル(Ripple/XRP)の取り扱いを行うと発表しました。

アラブ地域での導入により、リップル(Ripple/XRP)のさらなる世界的な知名度の向上に期待がかかります。

2018年1月26日 リップル(Ripple/XRP)CEOがブロックチェーンカンファレンスというイベントで講演

リップル(Ripple/XRP)のCEOがアメリカ、サンフランシスコで開催された「Blockchain Connect Conference」にて登壇をしました。

2018年1月15日 リップル(Ripple/XRP)が中国人民銀行と提携を発表

Thumbリップル(Ripple)の中国銀行との提携はどうなる?価格は1カ月で80%も下落! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年1月11日 リップル(Ripple/XRP)が米国際送金事業者大手のMonayGram(マネーグラム)と提携

リップル(Ripple/XRP)は世界第二位の国際送金事業者であるMoneyGram(マネーグラム)に送金サービスで利用されるテストを開始すると発表しました。

世界で仮想通貨を利用した送金、決済サービスが流行っていますが、同業会第二位が利用するリップル(Ripple/XRP)は今後国際送金や決済サービスにて加速度的に拡大していくことが予測されます。

リップル(Ripple/XRP)の最新の上場や提携のニュースを知りたい方はこちら

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side