リップル(Ripple/XRP)の先物取引が今後拡大か!FX取引も今後拡大か?

リップル(Ripple/XRP)の先物取引は当初はビットコイン(BTC)の先物取引と違ってあまり注目されませんでした。しかし、リップル(Ripple/XRP)の先物取引はだんだんと規模が拡大しており、今後も成長していくと思われます。

リップル(Ripple/XRP)の先物取引が今後拡大か!FX取引も今後拡大か?のイメージ

目次

  1. 1リップル(Ripple/XRP)の先物取引はまだあまり人気ではない
  2. 2リップル(Ripple/XRP)先物取引を取り扱うまでの話
  3. 3リップル(Ripple/XRP)の先物取引量は価格とともに上がる
  4. 4リップル(Ripple/XRP)の先物取引は今後広がる?
  5. 5リップル(Ripple/XRP)をFX取引なら日本でもできる
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リップル(Ripple/XRP)の先物取引はまだあまり人気ではない

実際リップル(Ripple/XRP)の先物取引はすでに存在する

ビットコイン(BTC)の先物取引が始まった時は、たくさんの注目を集めたかもしれません。しかし、リップル(Ripple/XRP)の先物取引はそこまで注目はされませんでした。

イギリスに本拠を置く新興企業のCrypto Facilitiesが、ブロックチェーン新興企業Ripple Inc.が開発した世界で3番目の仮想通貨の先物取引市場を今ではおよそ18ヶ月も運営しています。

同社の最高経営責任者Timo Schlaeferは、今までのところリップル(Ripple/XPR)の先物取引についてあまり言及しませんでしたが、リップル(Ripple/XRP)の先物取引がこれからどんどん伸びていくというということが最近の傾向を見るとわかります。

SchlaeferはCoinDeskに次のように語りました。

「これまでの注文の履歴を見るかぎり、リップル(Ripple/XRP)の先物取引は順調です」

「また、大手マーケットメーカーの一部と提携し、さらに進化を遂げようとしています」

リップル(Ripple/XRP)先物取引を取り扱うまでの話

実際、ビットコイン(BTC)が商品先物取引委員会(CFTC)の規制された最初のビットコイン(BTC)先物取引を開始する数ヵ月前に、Schlaeferの会社Crypto Facilitiesは水面下でリップル(Ripple/XRP)と提携し、リップル(Ripple/XRP)の先物取引を開始しました。

彼の会社にとってリップル(Ripple/XRP)は、イギリスの金融行動監視機構に規制されたビットコイン(BTC)の先物取引に続いて、二番目の先物取引でした。

その後、シカゴのオプション取引所Cboeと米先物取引所運営大手のCMEグループが12月に最初のビットコイン(BTC)先物取引を始めた時、Crypto Facilitiesによるリップル(Ripple/XRP)の先物取引は1ヵ月15億円の取引が行われるまでに成長していました。

そしてCoboeの最初のビットコイン(BTC)先物契約が1月に切れるまでには、Crypto Facilitiesのリップル(Ripple/XRP)先物取引の規模は2倍の26億円となりました。

しかし、同社の投資家ネッワークに繋がりのない人は、こんなにも規模が大きいことどころか、リップル(Ripple/XRP)の先物取引が行われていることさえ知りませんでした。

しかし、今ではその状況も変わってきているようです。同社と提携を結ぼうとしている会社がたくさんいます。

Schlaeferは、「流動性はかなり高まってきています」と述べました。

「2月には継続して取引量が増量しました。3月には記録が更新されることを期待しています」

リップル(Ripple/XRP)の先物取引量は価格とともに上がる

Schlaeferは、現在Crypto Facilitiesが提携しようとしているマーケットメーカーの大企業の名前は明らかにしていません。

しかし、彼がCoinDeskだけに提供してくれたデータを見れば、売り出し量がどれだけ増えているかがわかります。これはリップル(Ripple/XRP)自体の価格を反映しています。

例えば、同社が2016年10月に正式に開始した現金決済のリップル(Ripple/XRP)先物取引の量は、2017年3月まではあまり成長が見られませんでした。

しかし、その後リップル(Ripple/XRP)の先物取引量は3倍以上に増えて3億円となり、翌月には4倍になって12億円に達しました。

同じ時期に、リップル(Ripple/XRP)の価格は同様の成長を遂げ、4月の3円から5月中旬には36円へと上昇しましたが、その後大幅に下落しました。

しかし、2018年1月には、リップル(Ripple/XRP)の価格は上昇し、リップル(Ripple/XRP)の先物取引量も増えました。この時、リップル(Ripple/XRP)の価格は最高の375円に達し、取引量が26億円に上昇しました。

Schlaeferは、リップル(Ripple/XRP)先物取引に登録している投資家の数2,000~3,000人と少ないが、リップル(Ripple/XRP)先物取引に投資する人はCrypto Facilitiesの投資家総数の約30%を占めると推定しています。

これらのリップル(Ripple/XRP)先物取引のほとんどが個人投資に分類され、リップル(Ripple/XRP)先物取引は同社、長い目で見れば業界全体の成長の機会だと、Schlaeferは言います。

「私たちはリップル(Ripple/XRP)の先物取引にさらに多くのユーザーを引きつけて欲しいと思っています」と彼は言いました。「そして、そうなるように着実に成長しています」

リップル(Ripple/XRP)の先物取引は今後広がる?

リップル(Ripple/XRP)先物取引市場が拡大するというのには根拠があります。

すでに、CMEグループは5.8兆円の価値を誇っており、独自のビットコイン(BTC)先物を作るために、初めてCrypto Facilitiesと提携しました。

CMEグループの代表は、リップル(Ripple/XRP)先物取引を開始することを目論んでいるかどうかははっきり言いませんでした。一方で、2016年、CMEグループは58億円を調達したリップル(Ripple/XRP)のシリーズBに投資しました。

Cboeもリップル(Ripple/XRP)の先物取引を始めるかどうかは明確に答えませんでした。

Cboeのスポークスパーソンは、リップル(Ripple/XRP)先物取引についてのCoinDeskの質問に応じて、同社の最高経営責任者(CBS)の去年の発言を繰り返し、取引所は他の仮想通貨を上場させることも考えていると言いました。

しかし、リップル(Ripple/XRP)を最初に採用するのはユースケースに焦点を当てた新興企業かもしれません。

CFTC規制のビットコイン(BTC)先物取引を提供しているLedgerXの共同設立者兼CEOであるPaul Chouは、リップル(Ripple/XRP)の可能性を模索していると言いました。

LedgerXは昨年、初めての規制された現物決済のビットコイン(BTC)先物取引を開始し、名目上の元本によると以来106億円の取引を行ってきました。

それでも、Chouは採用を遅らせることを示唆しています。

例えば、彼は、リップル(Ripple/XRP)先物取引を始めるかどうかは、主にリップル(Ripple/XRP)の「持株がどこに集中しているか」の分析結果によると言いました。

リップル社と同社が持つリップル(Ripple/XRP)に対する支配力は、LedgerXだけではなく、仮想通貨コミュニティー全体が懸念していることです。リップル(Ripple/XRP)の従業員は、大量のリップル(Ripple/XRP)を保有しているとも言われています。

「リップル(Ripple/XRP)に興味を示している」顧客からの要求に応えて、Chouは調査グループを設立したと言いました。

調査グループは、特に、先物契約が現金で決済される場合、リップル(Ripple/XRP)を大量に保有する人が価格を操作できる可能性について検討しています。

Chouは次のように結論付けました。

「現物決済を行えば、不明確な価格の影響をうけないため、これらの問題を回避できます。その仮想通貨が欲しいのか、欲しくないのか、その二択のみです」

Ripple's XRP Might Be the Next Crypto Futures Market

Coindesk、Michael del Castillo、20 Mar 2018

リップル(Ripple/XRP)をFX取引なら日本でもできる

日本では、リップル(Ripple/XRP)をまだ先物取引できる取引所は存在しません。
しかし、リップル(Ripple/XRP)をFX取引できる取引所があります。

現物取引よりも、そういったレバレッジ取引をしたい人はそのサービスを利用してみてもいいかもしれません!

リップル(Ripple/XRP)のFX取引を行うならDMM Bitcoin

DMM Bitcoinは日本で唯一リップル(Ripple/XRP)をレバレッジ取引ができる取引所です!

人気通貨のリップル(Ripple/XRP)をレバレッジ取引できるのはDMM Bitcoinだけなので、最近できた取引所にも拘わらず、DMM Bitcoinには登録が殺到しています。

しかも、リップル(Ripple/XRP)以外の人気通貨であるネムやその他の通貨も日本で唯一ここだけレバレッジ取引ができます!
ぜひこの機会にレバレッジ取引を初めてみては

さらに今は口座開設をすると1000円をもらえるというキャンペーン中です!(3月末まで)

しかし、現物取引ができませんので、GMOコインbitbank(ビットバンク)との併用がおすすめです。

DMM Bitcoinがおすすめの人

 
  • リップル(Ripple/XRP)をレバレッジ取引したいという人
  • 口座開設をしてお得に1000円もらいたい人
 (ぜひそのお金でレバレッジ取引を始めてみるのをおすすめします!)
  

このニュースを見た人はこちらのニュースも見ています

Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side