ICOの大半が失敗!2018年仮想通貨のICO投資の76%が失敗

2018年仮想通貨のICOの76%が失敗に終わっています。2018年、最も注目を集めたテレグラムの仮想通貨ICOは、高く評価する人がいる一方で、その不確定要素を考慮するとこのICOも他と同様に失敗する可能性が高いと言えます。

ICOの大半が失敗!2018年仮想通貨のICO投資の76%が失敗のイメージ

目次

  1. 1ICOが多く行われた2018年は仮想通貨にとって苦しい年?
  2. 22018年のICO投資をした人の76%が投資に失敗
  3. 32018年は仮想通貨ICO投資は失敗の可能性が高い?
  4. 42018年と2017年の仮想通貨ICOを比較すると
  5. 52018年最も注目を集めたICOのTelegram(テレグラム)への投資も失敗かも?
  6. 6今後仮想通貨はどうなるか?その中でTelegram(テレグラム)はどうなっていく?
  7. 7仮想通貨ICO投資に失敗しないようにするために
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ICOが多く行われた2018年は仮想通貨にとって苦しい年?

2018年に入ってから仮想通貨市場は厳しい状況が続いています。そして、ICOはまともにその影響を受けています。今年の第1四半期に開始されたICOが失敗に終わっています。

ドルで換算しても、イーサリアム(ETH)で換算しても、取引所に上場している仮想通貨の取引は赤字です。そのため、事前販売が収益を上げる唯一の方法であるといえますが、事前販売が成功する見込みも薄いのが現状です。

2018年のICO投資をした人の76%が投資に失敗

土曜日のMIT Bitcoin Expoで、Christian Cataliniは、「ICOの40%から50%が現在失敗に終わり、最初の提供価格よりも低い価格で取引しています」と言いました。

TokendataとICO Statsを使用して2018年のデータを調べたところ、news.Bitcoin.comは彼の発言は正しいものだと断言できます。実際、今年行われた74のICOのうち76%が赤字で、平均0.9倍のドル収益をしか出せていません。

赤字で取引されている仮想通貨ICOを上場させている56の仮想通貨取引所は、平均0.45倍のドル収益しか得られていません。

ICO Statsは、公開販売価格ではなく、仮想通貨の事前販売価格に基づいて投資利益率を計算するので、76のICOの平均収益率は実際には記載されているよりわずかに低くなります。

2018年は仮想通貨ICO投資は失敗の可能性が高い?

イーサリアム(ETH)は2018年年初から価値が下落しました。それに伴い、ネットワーク上で行われた全てのICOの平均収益率が低下しています。

しかし、2018年に失敗に終わったICOはイーサリアム(ETH)で計算しても、平均収益率0.9倍で取引されています。数字がどう変化しようとも、現在ICOへの投資は統計的に見ると短期的な利益を生み出すことは難しい非常に危険なビジネスです。

これらのプロジェクトは、基盤が整い、市場が回復すれば、健全な利益を上げるかもしれません。しかし、投資家が当分の間安い値段で取引所の仮想通貨を購入することができれば、ICOに参加する意味はありません。

2018年と2017年の仮想通貨ICOを比較すると

2018年のICO投資は失敗しないだけでうれしい

2017年、ICOはCoinist.ioによると平均573%の投資利益率を達成しました。2018年は、ZilliqaのICO、たった一つだけがその数字を上回り、12倍の投資利益率を達成しました。

昨年の大成功したのは、Spectrecoin(46,000%)、Storj(7,600%)、Populous(5,400%)、Qtum(4,500%)でした。2018年、ICOがこれからうまくいき始める可能性はまだあります。

しかし、今のところ投資家はただただ自分の仮想通貨が黒字になることを待ち望んでいます。事前販売がICOに参加するための唯一の現実的な方法であることは明らかです。

事前販売で大幅に値引きが行われれば、一般的に公開販売までには仮想通貨はほとんど売り切れます。そして、市況と相まってこれらの価値が評価されるため、公開販売で投資しても利益は見込めません。

2018年、黒字の22のICOのうち、アプリに使われる仮想通貨はわずか2つ(9%)です。他のすべてのプロジェクトは、dAppディレクトリ、DEX、新しいブロックチェーン、スケーリングソリューションなど、ブロックチェーンの基盤を開発するためのものです。

ICOに投資するとき、何に注意すればいいのかははっきりしています。投資するプロジェクトを慎重に選択し、ブロックチェーン上の何かよりもブロックチェーンプロジェクトに投資してください。また、事前販売で投資するようにしてください。

そうでなければ、あなたの時間とイーサリアム(ETH)が無駄になることでしょう。

2018年最も注目を集めたICOのTelegram(テレグラム)への投資も失敗かも?

Telegram(テレグラム)がICOしてできる仮想通貨の本当の価値とは?

待望のTelegram(テレグラム)の仮想通貨Gram(グラム)は、5年間で21兆円の時価総額を達成するかもしれません。一方で、有名なアナリストは、同社のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)は依然として過大評価されていると述べました。

Telegram(テレグラム)のICOの結果に関するレポートは様々です。2768億円という高値を予測する人もいます。ただし、全員がTelegram(テレグラム)の仮想通貨ICOは過去の記録を破るだろうといっています。

定量投資会社AQRキャピタル・マネジメントの前専務取締役であるAaron Brownは、Telegram(テレグラム)・オープン・ネットワーク(TON)のネイティブ・トークンであるグラム(Gram)は、5年以内に21兆円の時価総額を達成できると言いました。

そして、ICO投資家に多大な利益をもたらすでしょう。

今後仮想通貨はどうなるか?その中でTelegram(テレグラム)はどうなっていく?

しかし、ICO投資家がこのような利益を得るには、いくつかの条件が満たされなくてはいけません。

Brownは、5年以内には3億人が仮想通貨を使用することになると見込んでいます。それに伴い、仮想通貨市場の時価総額の合計は532兆円になります。彼の予想では、テレグラムはそのうち4%の仮想通貨利用者がプラットフォームに集まります。

テレグラムのプラットフォームでも、今はないダークウェブ市場のシルクロード(6分の1)と同じぐらいの取引バランスの比率で取引が行われるとすると、グラム(Gram)の時価総額は21兆に達すると見込まれています。

しかし、そのためには、ユーザーが年間平均1000万円相当の取引を行う必要があります。これは、現在の仮想通貨取引量を考えるとあり得ない金額です。

「これは、インターネット大企業のおよそ3分の1の規模です。仮想通貨がインターネットビジネスの価値の3分の1を占めることになるという私の予測にも一致します」

Brownは、そのように言いながらも、これは全てがうまくいったと仮定しての予測であるとも認めています。

「しかし、これはうまくいった場合であり、そうなるには多くの不確定要素があります」

Brownは、現実的に考えると、グラム(Gram)は1000億円の評価額で始まるはずだと述べています(この金額が、仮想通貨Gram(グラム)全体のものなのか、ICOを通じて配布されるトークンのみのものなのかは定かではありません)。

「他のもっともらしい予測や一般的な仮想通貨評価額を考慮すると、1000億円が妥当だと思います」とBrownは言いました。

1000億円は、仮想通貨の初めの金額としては素晴らしいものです。それでも、投資家はテレグラムのICOに参加するのにあまりにも多くのお金を支払いすぎていると言えます。

76% of This Year's ICOs Are Already Under Water

Bitcoin.com、Kai Sedgwick、20 Mar 2018

Telegram's Cryptocurrency Could Be Worth $200 Billion, but is the ICO Overpriced?

CCN、Josiah Wilmoth、19 Mar 2018

仮想通貨ICO投資に失敗しないようにするために

2018年は仮想通貨の価格がこれまでの半分以下になるという厳しい状況が続いています。

世界的にも、仮想通貨への注目が集まるようになり、国や地域レベルでの仮想通貨、特にICOへの規制が始まっています。

今後の先行きは強気の見方も、弱気の見方もある中、仮想通貨への投資は、自分の余剰資金で行い、損切のタイミングだけはしっかり決めて置いて、狼狽売りをしないことが大事です。

さらに、一つ念頭に置いておきたいこととして、
ICO投資をする際に、ICO参加用の通貨となるイーサリアムやその他の通貨でさえも価格の影響が出ています。

そのため、日本円換算にするとICO投資で大きく損したと見えるようになっているという現実もあります。

まずは、ICOするプロジェクトが将来有望であるのかどうかということを見極める必要がありますが、その後に気を付けるべきは、仮想通貨の価格の変動による、見た目上の価格の下落に惑わされないということです。

基軸通貨となるビットコインやイーサリアムと言った通貨の対法定通貨価格が下がっている現在は狼狽売りをしやすくなっているかもしれません。

日本円換算での損切のタイミングを考えるのもいいかもしれませんが、ビットコイン価格の上昇を期待している方なら、ICO参加した通貨は日本円換算での計算ではなく、ビットコイン換算で見るのが良いといえます。

ThumbG20で仮想通貨の規制はしないと発表されビットコイン価格が急上昇 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、ICO通貨での大きなリターンを得るというのではなく、主要仮想通貨への投資によって、細かく利益を生むという方法を並行して行い、ICO以外での仮想通貨投資益を得ることも一緒に行っておくことをおすすめします。

大きな価格変動が起きやすい仮想通貨は、ガチホによる収益を上げる以外にも、売買によって収益を得る方法もあります。

特に最近は人気通貨の価格変動も激しく、大きなリターンを得やすいといえます。
その際には、手数料の安い取引所での取引が最もおすすめです!
細かな取引をする際には、小さな手数料の差も大きくなります。

手数料の安さで選ぶならZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)がおすすめです!

どちらも手数料が安く、リップルやネムなど人気通貨を多く取り扱っています。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

このニュースを見た人はこちらの仮想通貨ニュースも見ています

Thumbビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング!国内外23社を一覧で徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side