ブロックチェーンはAIに2018年に取って代わられる?仮想通貨は今後どうなる?

分散型社会を形作るブロックチェーンはAIによって取って代わられるでしょう。AIを成長させるためには、十分なデータ量を確保すること、分散型アルゴリズムをブロックチェーン上で実装させること、アイドル状態のコンピューティングリソースの提供を可能にすることが必要です。

ブロックチェーンはAIに2018年に取って代わられる?仮想通貨は今後どうなる?のイメージ

目次

  1. 12017年のブロックチェーン(仮想通貨)とAIの業界について
  2. 2ブロックチェーンとAIの業界に関わっている専門家の意見
  3. 3AIを成長させるために必要な要素「データ」
  4. 4AIを成長させるために必要な要素「アルゴリズム」
  5. 5AIを成長させるために必要な要素「コンピューターリソース」
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

2017年のブロックチェーン(仮想通貨)とAIの業界について

昨年は、人工知能(AI)と機械学習(ML)を活用した多くの技術が開発されました。2017年、ベンチャーキャピタルによるAIに対しての資金提供は1.2兆円にまで倍増しました。

同時に、ブロックチェーン(仮想通貨)は、新しい分散型インターネットの基盤を築いています。昨年、仮想通貨ICOによって調達された資金の総額は、5200億円を超えました。

ブロックチェーンとAIの業界に関わっている専門家の意見

ブロックチェーンとAIは共存する?

AIとブロックチェーン(仮想通貨)業界に精通したSherman Leeはこのように言います。

「私はAIとブロックチェーン(仮想通貨)の世界の両方に深く関わってきたので、AIとブロックチェーン(仮想通貨)技術が一緒になったらどうなるのかよく議論しています。率直に言いましょう。

「AI」と「ブロックチェーン」を適当に一緒にするという考え方は全く意味ないです。AIがブロックチェーン(仮想通貨)を必要とするのか、ブロックチェーン(仮想通貨)を必要としないのかについて議論することに意味はありません。」

ブロックチェーンによって形作られる分散型社会は10年後AIによって活用される

5年から10年で、世界全体がブロックチェーン(仮想通貨)によって築かれているような分散型インフラを採用するようになります。

この分散型社会のような、新しい世界ではDeep Tech(世界に大きな影響を与えるようなテクノロジー)に関わる会社を設立するにはAIとMLは必要不可欠なものになるでしょう。

この世界が実現するには、AIとMLの基盤とプロトコルの層(AIとMLを動かすための要素)を大量に構築する必要があります。

今後、AIとMLを動かすためには以下の3つのプロジェクトが必要不可欠になるでしょう。
 

  • AIとMLさらに進化させるために大量のデータによってトレーニングするプロジェクト
 
  • 最新の研究で開発されているAIとMLのアルゴリズムの改善プロジェクト
 
  • AIとMLに必要案膨大なコンピューティングリソースの提供に取り組むプロジェクト

これらの3点に関わる多くのプロジェクトが2018年に多く実施されるでしょう。

AIを成長させるために必要な要素「データ」

AIのデータの分野を助ける仮想通貨「Ocean Protcol」

AI/MLモデルに学習させるのに十分なデータを確保することは、常に難しい課題でした。従来、たくさんのユーザーを持つ企業のみが大規模なデータにアクセスできました。
※グーグルやアマゾンなど

分散化は、AIに関わる人達より多くのデータにアクセスできるようにするために最適の方法です。

仮想通貨Ocean Protocolは、AIを成長させるためのトレーニングのための世界中のデータを格納する分散型データ取引所を作ろうとしています。これが機能すれば、データプロバイダーと消費者向けのgotoプロトコルになります。

どの業界でAIを使用するのか、学習に使用するデータがどれだけ特殊なものでないといけないかによって、対象の業界に特化したプロジェクトが今後できていくかもしれません。

例えば、DXネットワークは、企業、投資家、業界のニュースに関する構造化されたデータを提供しています。

私たちが生活しているこの世界においてデータを集約することは、本当に難しい課題です。
例えば、今Googleや他の大企業が、自動運転車のデータを実際の道路を利用して集めていますが、それらの貴重な情報をグーグルがシェアはしないでしょう。


そのような中では、IoTデバイスが現実世界でAIトレーニングのためにデータを収集するのに大きな役割を果たします。その際、IoTデバイスでの情報のやり取りの際のプライバシーとセキュリティが重要になります。

そこでブロックチェーンを利用したサービスが重要な役割を果たします。
ブロックチェーンでIoTの助けをすると言う仮想通貨プロジェクトのIoTeXは、プライバシーとセキュリティを確保できるように、IoTデバイス上で動作するブロックチェーンを構築するために仮想通貨を作りました。

AIを構築する人達がIoTeXのプラットフォームを利用して自由にデータを収集し、AIを成長させるようになるのは自然な流れでしょう。

AIを成長させるために必要な要素「アルゴリズム」

AI/MLモデルを学習させるにはデータが重要ですが、そのデータを処理する分散型アルゴリズムを開発する必要があります。研究報告の内容をブロックチェーン上でプログラムとして実行するのは重要な課題です。

そこで、またも仮想通貨(ブロックチェーン)が活躍をします。
SingularityNETは、別々の言語でこれまで相互に連携を取れなかったAIつなげ、相互に通信できるようすると言う仮想通貨(ブロックチェーン)プロジェクトです。
Deep Brain Chainもまた、これまでつながらなかったAI同士をつなげて、余ったGPUリソース上で実装します。

別々のAI/ML同士をつなげるという技術は素晴らしい偉業ですが、これはほんの始まりにすぎません。それらのアルゴリズムをさらに有効に活用する必要があります。

そこでまた出てくるのはこれまた仮想通貨(ブロックチェーン)プロジェクトのCortexです。
Cortexは、ユーザーが機械学習プログラムを作ることができる独自のブロックチェーンインフラを構築するプロジェクトです。

このプロジェクトでは、ユーザーは、各コントラクトが相互にやり取りできる独自のAIスマートコントラクトを作成します。

Cortexには、Cortexバーチャルマシンと呼ばれる独自のバーチャルマシンがあります。イーサリアム(ETH)と同様に、AIスマートコントラクトを実装するために信頼できる安全で確実な環境を提供しています。

また、Cortexは、アルゴリズムをオフチェーンで実装する機能も兼ね備えています。チームは、コンピューティング・パワー・プロバイダーとアルゴリズム・プロバイダーの間の重要な接点として機能しています。

簡単に言えば、ここに出た仮想通貨(ブロックチェーン)プロジェクトは全てAIコミュニティー全体の協力を容易にしているのです。

AIを成長させるために必要な要素「コンピューターリソース」

AIのさらなる成長を見せるためのコンピューターリソースのシェアサービス仮想通貨「Golem」

このように、仮想通貨(ブロックチェーン)はトレーニングデータを所得すること、ブロックチェーン上で最新のアルゴリズムが実装できるようにすることに取り組んでいる素晴らしいチームがあります。

最後に重要なのは、世界中の利用されていない活用できるコンピューターの能力を活用して、計算集約型のAI/MLトレーニングを実行することです。

これを実現するためにCortexは、橋渡しとなることを目指しています。そのためCortexは初めて世界中の活用しきれていないコンピューターの演算能力をまとめるという市場を創り上げた仮想通貨Golemのようなプロジェクトと提携するかもしれません。


AIは早くも世界が無視できない急成長を続けるテクノロジーとなりました。仮想通貨業界の関係者もAIの存在を無視することはできません。

AIのエコシステムがブロックチェーン上で機能できれば、Facebook、Amazon、Googleなどの企業だけが持つ力を、世界のあらゆるプロジェクトや個人など、世界全体のものにすることができます。

真の分散化が実現するのです。面白い世界になるでしょう。

著者Sherman LeeはZeroth.AIの共同経営者で、Raven Protocolの創立者でもあります。彼は、AIやブロックチェーン/仮想通貨企業への投資に力を入れています。

また、以前にはRocco.AIとGood Audienceを創立しました。

AI Will Take Over Blockchain In 2018, But It Won't Happen Without These 3 Key Areas

Forbes、Sherman Lee、19 Mar 2018

このニュースを見た人はこちらの仮想通貨ニュースも見ています

ThumbG20で仮想通貨の規制はしないと発表されビットコイン価格が急上昇 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side