G20で仮想通貨の規制はしないと発表されビットコイン価格が急上昇

G20会議で仮想通貨のさらなる規制はしないことがと発表されました。代わりに、G20会議では、既存の仮想通貨規制を見直すことが決定しました。ビットコイン(BTC)などの仮想通貨にとってこれはいいニュースです。事実、ビットコイン(BTC)の価格は急上昇しました

G20で仮想通貨の規制はしないと発表されビットコイン価格が急上昇のイメージ

目次

  1. 1G20で仮想通貨は規制しないと発表:ビットコイン価格はその影響で100万円台に
  2. 2G20は仮想通貨に新たな規制はしないという発表
  3. 3G20で発言権の強いトランプ大統領の仮想通貨に対する発言
  4. 4G20後の仮想通貨・ビットコイン市場の動きは?
  5. 5G20の仮想通貨/ビットコイン(BTC)に規制までの流れ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

G20で仮想通貨は規制しないと発表:ビットコイン価格はその影響で100万円台に

G20は既存のルールを継続することに賛成し、新しい規制を作るつもりはないと発表しました。仮想通貨市場はこれに影響を受け、ビットコイン(BTC)の価格は10万も上昇しました。

ブエノスアイレスで今週開催されたG20会議で仮想通貨の新たな規制が制定されるであろうとこれまで予測されており、その影響で過去1週間仮想通貨市場は不安定になっていました。

しかし、Reutersが報じたように、新たな規制はないそうです。
今回のニュースは仮想通貨市場において良いニュースであり、価格にも良い影響が現れています。

今回のニュースを受けて仮想通貨を購入する方は、お得に購入してより利益を残すためにその仮想通貨に合った取引所で購入をするようにしましょう。

海外取引所で仮想通貨を購入するためのビットコインの購入は、取引手数料がマイナスで取引をすればするほどビットコインがもらえるZaifがおすすめです。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

人気のリップルの購入は国内で唯一リップルを板取引でお得に買えて、かつ取引手数料も2018年6月まで無料キャンペーン中のbitbankがおすすめです。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

G20は仮想通貨に新たな規制はしないという発表

G20会議前の仮想通貨に対する悲観的な意見の原因①:イギリス中央銀行トップが仮想通貨やビットコインに反対

イングランド銀行の総裁であるMark Carneyは、ビットコイン(BTC)にはっきりと反対してきました。今回のG20会議に際して仮想通貨市場が不安に包まれたのは、そんな彼が20カ国の金融規制を調整する金融安定理事会(FSB)を率いているからです。

Carneyは、過去にイングランド銀行の総裁として、仮想通貨の信頼性に対して声高く疑問を投げかけてきました。

G20会議前の仮想通貨に対する悲観的な意見の原因②:FSBのトップの最後の年

しかし、G20加盟国の20カ国の間では、急進的な新規制を作るのに十分な合意が取れませんでした。そのため、FSBはブエノスアイレスに集まる中央銀行職員および財務大臣に対する手紙に次のように記載しました。

「FSBは、現時点では仮想通貨が世界の財政の安定性にリスクをもたらすことはないと考えます」

そして、Carneyはこの手紙の最後に、世界の金融システムの一部として仮想通貨を受け入れる意思を示しました。

彼は、今年が彼がFSBの議長とイングランド銀行総裁を務める最後の年だと言い、彼の後継者は新しい規制を作るのではなく既存の規制を見直すと記しました。

G20で発言権の強いトランプ大統領の仮想通貨に対する発言

ドナルド・トランプ大統領は米国の規制当局に対し、金融危機後の金融規制を緩めて融資を促進するように命じました。これにより、規制権力が弱まるとの期待が高まりました。

これを受けて世界規制当局は、「世界の規制機関に加わることを躊躇しているアメリカは今後どのような新しい規制も拒否し、もしかしたら市場を分断させるかもしれない」と考えました。

G20後の仮想通貨・ビットコイン市場の動きは?

対してFSBのメンバーは、規制を評価し修正するとった目的に適切な体制が規制当局に整っているかどうかをきちんと見直すと言いました。

FSBはより高い効率性を求めて4分の1の作業部署を廃止しました。Carneyは次のように述べています。

「金融危機の原因を解決する作業が終わりに近づくにつれ、FSBはますます新しい規制の制定からは離れていっています。代わりに、FSBは合意したG20改革の実施とその効果の厳密な評価を行う予定です。」

これは、仮想通貨規制に関するいいニュースであるように思えます。

事実、ゴックスによるバルクセールの影響も徐々に薄まり、下落傾向にあったビットコイン(BTC)は急上昇しました。その結果、ビットコイン(BTC)は24時間で10万円以上、価格の8%近くの回復を見せました。

今回のニュースを受けて仮想通貨を購入する方は、ビットコインの取引手数料がマイナスで取引をすればするほどビットコインがもらえるZaifがおすすめです。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

人気のリップルの購入は国内で唯一リップルを板取引でお得に買えて、かつ取引手数料も2018年6月まで無料キャンペーン中のbitbankがおすすめです。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Bitcoin Price Surges 10% as G20 Will Not Crackdown on Cryptocurrencies

NewsBTC、John Mcmahon、19 Mar 2018

G20の仮想通貨/ビットコイン(BTC)に規制までの流れ

先日の仮想通貨の価格の大幅な下落の一因であったG20の規制の問題ですが、この開催の1カ月前から大きく注目を集めていました。

その原因は、ドイツとフランスの財務大臣や中央銀行総裁による、G20で国境を超えた仮想通貨への包括的な規制の枠組みの作成を話し合うべきという嘆願書を送ったことです。

Thumbドイツとフランスが世界的な仮想通貨の規制を呼び掛ける | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

G20の開催までに各国で仮想通貨/ビットコイン(BTC)への規制が行われた

ドイツとフランスが仮想通貨取引所や仮想通貨に対して規制をかけることを呼びかけ前後では、世界のあちらこちらで仮想通貨への規制がされていました!

各国の規制の動きについて簡単にまとめます。

アメリカの仮想通貨/ビットコイン(BTC)への規制の動き

アメリカの国会で仮想通貨の報告書が提出されました。
その前には「資本市場、証券、投資小委員会」が、3月14日水曜日、アメリカにおける仮想通貨やICO、ブロックチェーン開発の将来について議論するために招集され、公聴会が開かれました。

公聴会を通じて、4人の仮想通貨とブロックチェーン業界の専門家は、アメリカ政府は規制をより明確にしなければならないということで、ほぼ意見が一致しました。

しかし様々な党の代表である委員会のメンバーは非難する者や支持する者など様々でした。

公聴会の開会挨拶の後、委員会の代表は専門家らに現在の規制や商品先物取引委員会(CFTC)や証券取引委員会(SEC)など規制機関の働きから、サイバーセキュリティやイニシャル・コイン・オファリング(ICO)まで様々な話題に関してインタビューを行いました。

仮想通貨とブロックチェーンについてあまり知識がなかった代表者らにとっては、これらについてトップの専門家から学べる良い機会となりました。

仮想通貨を批判する者や支持する者、頭ごなしに規制を唱えるものなど様々ですが仮想通貨を支持する人も多く、世界的な大企業も多くの仮想通貨に価値を見出し投資をしていることは事実です。

仮想通貨の価値をただただ信じきることも、規制や悪いニュースで「仮想通貨はだめだ」と決めつけることも危険です。

いずれにしても仮想通貨への規制は最低限度のものであり、仮想通貨市場を健全化させるプラスとなる規制になるでしょう。

Thumbアメリカの仮想通貨最新ニュース:規制の枠組みを公聴会にて審議 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

中国の仮想通貨/ビットコイン(BTC)への規制の動き

その一方で中国は、仮想通貨/ ビットコイン(BTC)に対して徹底的な規制を行いました。

国内仮想通貨取引所、海外仮想通貨取引所、マイニング、その他仮想通貨関連事業を完全にシャットアウトするという規制です。

Thumb中国がついに仮想通貨の全面禁止か?大暴落の原因は中国の規制か? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

約1年前までは世界の90%を占めていたと言われる中国の仮想通貨市場はこれにより、完全にシャットアウトされたと考えられていますが、実は、その裏で、中国の仮想通貨取引所は大きく成長もしています。

今後も中国の仮想通貨の情報には注意が必要です!

Thumb中国の仮想通貨取引所は規制をされたが縮小はせず、成長した! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

このニュースを見た人はこちらの仮想通貨のニュースも見ています

Thumbアメリカの仮想通貨最新ニュース:規制の枠組みを公聴会にて審議 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side