仮想通貨の将来性ランキング!これから伸びる有望な通貨!【2018年版】

この記事では将来性のある仮想通貨(これから伸びると予想される仮想通貨)をランキング形式でご紹介します。2018年以降、これから伸びると予想されている仮想通貨を見ていきましょう。しっかり2018年版ランキングをチェックして将来性のある仮想通貨に投資しましょう!

仮想通貨の将来性ランキング!これから伸びる有望な通貨!【2018年版】のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨は将来性ある?ない? 実際儲かるの?
  2. 2仮想通貨を選ぶときの4つのポイント
  3. 3仮想通貨の将来性が高いこれから伸びる通貨をランキングで紹介
  4. 4【仮想通貨の将来性ランキング1位】リップル(XRP)
  5. 5【仮想通貨の将来性ランキング2位】イーサリアム(ETH)
  6. 6【仮想通貨の将来性ランキング3位】アイオータ(IOT)
  7. 7【仮想通貨の将来性ランキング4位】ネム(XEM)
  8. 8【仮想通貨の将来性ランキング5位】リスク(LISK)
  9. 9【仮想通貨の将来性ランキング6位】シリン(SRN)
  10. 10【仮想通貨の将来性ランキング7位】ナガコイン(NGC)
  11. 11【仮想通貨の将来性ランキング8位】ステラ(stellar/XLM)
  12. 12将来性がある仮想通貨はここも注目!!
  13. 13【番外編】分散型(DEX)取引所の将来性
  14. 14仮想通貨は将来性を見越して長期的に保有しよう!
  15. 15仮想通貨の将来性ランキング!まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨は将来性ある?ない? 実際儲かるの?

2018年1月以降ビットコイを筆頭に全体の盛り上がりは欠けてきているように見えますが、将来性はあるのでしょうか?

仮想通貨は未だ開発が完全ではなく、安定していないことから値段の上下が激しいのが実態です。多くの人はこの現状は「準備期間」と見ており、ビットコインが220万円に達した時の10倍以上の盛り上がりを予測しています。

それを信じてロングで投資(長期期間投資資産を保持すること)している人がほとんどです。完全なる保証はありませんが、今値段が下がっているうちにある程度買い込んで、10年スパンで見ると非常に儲かるチャンスがあります!

重要なのは投資先がこの先発展していく通貨かどうかです。

それに従い、この記事のテーマは「将来性のある仮想通貨(これから伸びると予想される仮想通貨)」です。

2018年現在、仮想通貨は何百種類もあるため、仮想通貨への投資を考えている人の中には一体どの仮想通貨を買ったらいいのか迷っている人もいるかもしれません。

そこで今回は多種多様な仮想通貨の中でも特に将来性があり、これから伸びると予想される仮想通貨を厳選してランキング形式で紹介します!

どの仮想通貨を購入するか迷っている人や将来性をチェックしたい人は必見です!

2020年のAIのビットコイン予想

今現在、株から為替まで市場ではAIトレーダーを活用しているところが非常に多くなってきています。そこでかの有名なウェブボット (Webbot)の出す予想をご紹介します。

ウェブボット (Webbot)はこの先ビットコインは2020年までになんと2750万円にまで成長すると予測しています。ウェブボット は仮想通貨市場で数多くの予言をヒットさせています。

リップルやほかの草コイン将来性の予測も仮想通貨の未来を予想!AI予測やWebbot(ウェブボット)予言による主要通貨の価格予想【2018年最新版】で紹介しています。

仮想通貨を選ぶときの4つのポイント

まずはじめに、購入する仮想通貨を選ぶ際に絶対に見ておくべきポイントを4つご紹介します。どの仮想通貨を購入するにせよこれらのポイントは絶対にチェックしましょう!

仮想通貨の実用性

2018年現在、仮想通貨は実用性よりも「投資用の通貨」としての認識が高くなっています。しかし、仮想通貨の今後の発展を考えた場合、実用性という面を見逃すことはできません。

仮想通貨が発展し、これから伸びるためには通貨としての実用性が高くなければならず、そうでない仮想通貨はどんどん淘汰されていくことが予想されています。

そのため、仮想通貨を購入する際にはその仮想通貨の実用性をしっかりチェックしましょう!

仮想通貨の将来性

次に見るべきポイントは将来性です。

将来性とは、その仮想通貨が何を目標としているのか、何をしようとしているのかというポイントです。さらに、ロードマップなどの開発予定もしっかりチェックしておく必要があるでしょう。

将来性がある仮想通貨は買われるため価格の上昇に期待することができます。さらに、開発が進めばさらに注目されることでしょう。

仮想通貨の購入を考えている人は是非、将来性の高い仮想通貨を購入しましょう。

仮想通貨のリターンの大きさ

せっかく仮想通貨を購入するなら大きく値上がりしそうなもの(リターンが大きいもの)を購入したいものです。

そのためには時価総額ランキングや価格推移をチェックし、さらにはホワイトペーパーなどを合わせて確認し、これから伸びると予想できるものを購入することがオススメです。

仮想通貨のコミュニティの強さ

仮想通貨開発者のコミュニティの強さも重要なポイントです。大勢の人が開発に参加している仮想通貨は開発がどんどん進み、情報交換も活発です。

そのような仮想通貨は開発が進むと共にどんどん注目を集め、価格が上昇していく可能性が高いといえるでしょう。そのような通貨は将来性があり、これから伸びると予想できます。

逆にコミュニティの弱い仮想通貨は開発がストップしたり、他の後発仮想通貨に追い抜かれたりしてしまう可能性があるので充分注意しましょう!

仮想通貨の将来性が高いこれから伸びる通貨をランキングで紹介

それでは数多く存在している仮想通貨の中から特に将来性が高く、これから伸びると予想される通貨を見ていきましょう!

特に有望な仮想通貨をランキング形式で見ていきます。仮想通貨に投資中の人はもちろん、これから参戦しようと考えている人も是非しっかりチェックしてみてください!

それぞれの通貨の特徴や役割をしっかりと把握して理解を深めた上でランキングをみていきましょう!

各通貨の特徴 

それぞれの通貨は独自の特徴をもっており、積立資産、分散型アプリケーション、ネットワーク、の三カテゴリーに分けられます。それぞれの割り振りをみていきましょう。

①積立資産

積立資産は投資、または個別送金などで力を発揮する通貨のことをいいます。
例を挙げると、
 

  • ビットコイン
  • リップル
  • ライトコイン
  • ネム
  • ステラ
  • モネロ

などなど、、、基本的に仮想通貨の始まりは規制のない個人間の資産のやり取りなのでこの類の通貨が大木です。積立資産は一世代前でいうとゴールドのような立ち位置です。

②分散型アプリケーション

分散型アプリケーションとはソースがオープンに公開されており、中央管理者の監視を取り除き、コード一つで動かしているものを言います。

代表的な例はイーサリアムのスマートコントラクトで、一般向けではなく開発者向けに作られたシステムのことを指します。
 

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • ネオ
  • ノアコイン

など、イーサリアムのERC20を採用している通貨が多いです。ERC20をさらに詳しく知りたい方はERC20とは?代表的なトークンから対応しているウォレットまで解説!を参考にしてください。

③演算系

最後のカテゴリーに分けられるのは演算系です。演算系は主にデータ情報やストレージ、取引の際に行われる演算処理能力を共有することをいいます。

これらはブロックチェーンの技術そのものであり、演算共有システムを持つ通貨がトークンを発行していて、皆さんの手にはいります。

実際このシステムを採用している通貨がほとんどです。ビットコインやイーサリアムもこの類に入ります。

ランキングに登場するアイオタコインは中でもこの演算系に特化しています。

 

【仮想通貨の将来性ランキング1位】リップル(XRP)

通貨名(単位)

リップル(XRP)

発行上限枚数

100,000,000,000 XRP
(全量発行済み)

ブロック生成速度

約4秒

主な取引所

Binance
bitbank
Coincheck
BitTrade
DMM Bitcoin

将来性10段階評価

★★★★★★★★★★
2018.03.19現在

将来性のある仮想通貨ランキング第1位はリップル(XRP)です!

リップルの特徴はとにかくブロック生成速度が早く、それに伴いトランザクション処理が早いということです。

ビットコインやイーサリアムはトランザクション処理が遅いことによるスケーラビリティ問題が発生していますので、この処理の速さはリップルの大きな強みと言えるでしょう!

さらに、リップルは金融機関による国際送金の手段として使用されることがほぼ決定しており、とても期待できる仮想通貨です。

その証拠にAmerican ExpressやMUFGなど世界に名だたる金融機関がネットワークに参加しています。これからさらに注目が集まりそうなのでとても有望な仮想通貨です。

最近の上場情報やリップルの最新情報は仮想通貨リップル(Ripple/XRP)最新情報!2018年提携/上場情報まとめを参考にしてください。

リップルの購入は国内で唯一板取引でお得にリップルを購入できて、2018年6月まで取引手数料が無料のキャンペーン中で人気が急上昇中のbitbankがおすすめです。

下のボタンから簡単1分で登録できます。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

bitbank(ビットバンク)の口コミや評価がきになるかたはこちら!bitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】

【仮想通貨の将来性ランキング2位】イーサリアム(ETH)

通貨名(単位)

イーサリアム(ETH)

発行上限枚数

無制限
今後上限が設けられる可能性あり

ブロック生成速度

約15秒

主な取引所

Binance
Poloniex
Zaif
Coincheck

将来性10段階評価

★★★★★★★★
2018.03.19現在

イーサリアムはビットコインに次いで2番目に時価総額が高い仮想通貨です。

イーサリアムの最大の特徴は契約などを管理できるスマートコントラクトという機能を実装していることです。

これにより、契約書の改ざんを防いだり確実に契約を履行させることができるようになります。また、手数料も安くなりますので将来性に期待できる技術と言えるでしょう!

さらに注目すべきポイントとして、イーサリアムをベースとしたアルトコインがたくさん開発されています。

今後のアップデートの予定も発表されており、2018年はトランザクション処理のアルゴリズムをProof of WorkからProof of Stakeに変更することが予定されています。
それと同時に発行枚数に上限が設けられるのではないかとも言われており、こちらからも目が離せません。

様々な可能性を秘めている将来性に期待できる有望な仮想通貨と言えるでしょう!

イーサリアムを購入できるおすすめの取引所はこちらで比較しています。さらにイーサリアムの発行上限数がない理由などの詳細もイーサリアム(ETH)の発行枚数は?発行上限枚数がない理由を解説!でチェックできます。

【仮想通貨の将来性ランキング3位】アイオータ(IOT)

通貨名(単位)

アイオータ(IOTA)

発行上限枚数

2,800,000,000,000,000 IOTA

ブロック生成速度

-

主な取引所

Binance

将来性10段階評価

★★★★★★★
2018.03.19現在

アイオータ(IOTA)IoT(Internet of Things)のために開発された仮想通貨です。IoTにおいて接続された端末間でのデータの送受信を記録することを目的としています。

アイオータ(IOTA)の最大の特徴はブロックチェーンを使わないということです。通常、他の仮想通貨はブロックチェーンを利用しており、全てのトレードに関する記録などはブロックチェーン上に記録されます。

代わりにアイオータ(IOTA)では「Tangle」と呼ばれるシステムを活用しています。これによりマイクロトランザクションと呼ばれるごく少量のデータの送受信を記録することができるようになりました。

この少量のデータの記録がIoTでは重要なポイントで、それに対応しているのは2018年3月現在ではアイオータだけですので将来性に期待できると言えるでしょう!

さらに、「Tangle」はブロックチェーンと違って送金の際に手数料がかからないという特徴があります。これは、マイクロペイメントと呼ばれる少額の送金の際に力を発揮します。

手数料がかからなければ少額の送金もしやすいので決済性に富み、IoTのあらゆる所で活用できるでしょう!

今後のIoTの発展と共にさらに注目されていきそうな将来有望な仮想通貨です!

IOTAの提携情報や最新情報までIOTA(アイオータ)が世界トップクラスのドイツ企業から出資!さらに今後の飛躍に注目!で解説しています。是非チェックしてみてください。

IOTAの購入はBinanceがおすすめです。

Binance(バイナンス)取り扱っている通貨が約200種類と非常に多く、手数料も圧倒的に安くて世界一人気の取引所です。

ハッカーに狙われたこともありましたが、完璧なセキュリティで守りきったほどセキュリティも安心できる取引所で、あまりの人気で新規の登録を制限していたほどです。

数百倍に価格が高騰する仮想通貨も現れているので、IOTAはじめBinanceで魅力的な仮想通貨を探してみましょう。

メールアドレスだけで簡単1分で登録できます。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

バイナンスのメリット・デメリットから評判まで包括的に解説しているBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説!も是非チェックしてください。

【仮想通貨の将来性ランキング4位】ネム(XEM)

通貨名(単位)

ネム(XEM)

発行上限枚数

8,999,999,999 XEM
全量発行済み

ブロック生成速度

約1分

主な取引所

Zaif
Coincheck
Binance

将来性10段階評価

★★★★★★
2018.03.19現在

ネム(XEM)はリップル(XRP)と同様にブロック生成速度が早く、トランザクション処理速度が早いので決済の場で大活躍しそうな仮想通貨です。

2018年1月にはCoincheckからネム(XEM)が流出する事件が発生し、一旦価格が下落しましたが、将来性のある仮想通貨ですので今後の価格上昇に期待できそうです。

ネム(XEM)の価格動向を決める最大の材料がカタパルト(Catapult)です。これが実装されればトランザクション処理速度が飛躍的に上昇し、1秒間に40,000,000件のトランザクションを処理することができるようになります。

こうなれば送金詰まりなどの問題を解決することができ、様々な決済の現場で大活躍するでしょう!

なお、カタパルト(Catapult)は当初2017年に実装予定でしたが延期され、2018年3月時点では実装されていません。
そのため、今後の発表にしっかり注目しておきましょう!

ネムの購入方法などはネム(XEM/NEM)の購入方法・買い方・チャートを徹底解説!で優しく解説しています

ネムの購入は手数料が圧倒的に安くお得な、取り扱っている仮想通貨の種類が国内で最も多い人気のZaif(ザイフ)がおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいるので、損をしないようにZaif(ザイフ)に登録してお得に仮想通貨を手に入れましょう。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Zaifに関する口コミや評判はZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説!を参考にしてください。

【仮想通貨の将来性ランキング5位】リスク(LISK)

通貨名(単位)

リスク(LISK)

発行上限枚数

無制限
2018.01時点で116,990,772LSKが発行済

ブロック生成速度

約10秒

主な取引所

Binance
bitFlyer
Coincheck

将来性10段階評価

★★★★★★
2018.03.19現在

リスク(LSK)「Cripti」と呼ばれる分散型プラットフォームプロジェクトを参考に開発された仮想通貨です。

似たような通貨にはイーサリアムがありますが、それに比べてリスク(LSK)の強みはJavaScriptで開発に参加できるということです。

JavaScriptは一般的なプログラミング言語ですので習得者が極めて多く、開発しやすい環境にあるといえるでしょう。開発に参加する人が増えればますます発展していくことに期待できるでしょう。

2016年からはMicrosoftがパートナーとなっており、ますます目が離せなくなっています。

リスク(LSK)の特徴の一つが「プライベートチェーン」です。通常のブロックチェーン(パブリックチェーン)とは別の非公開のチェーン(サイドチェーンの一種)で、組織内などの限られた人との間でデータを送受信するのに活用することができます。

さらに、ブロックごとにトランザクション処理アルゴリズムのカスタマイズをすることができるなど、自由度が高い仮想通貨といえます。

将来性のある様々な技術を活用していますのでリスク(LSK)に注目してみるのもいいかもしれませんね。こちらもとても有望な仮想通貨です。

リスクが上場した情報などはこちらから!Lisk(リスク)が中国大手のHuobiにも上場!多くの取引所で上場し注目

リスクは国内取引所では珍しい仮想通貨です。

国内取引所では、セキュリティが世界一と評されたことがありアプリも簡単操作で使いやすい、最も有名で定番bitFlyerで購入できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

bitFlyer(ビットフライヤー)のクチコミや評判がきになる方はこちらを参考にしてください。bitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説!

【仮想通貨の将来性ランキング6位】シリン(SRN)

通貨名(単位)

シリン(SRN)

発行上限枚数

573,145,073 SRN

ブロック生成速度

-

主な取引所

Liqui
Bittrex

将来性10段階評価

★★★★★
2018.03.19現在

シリン(SRN)「FINNEY」と呼ばれる仮想通貨を取り扱うのに最適なセキュリティ性能の高いスマートフォンを開発するために作られた仮想通貨です。

似たような仮想通貨がたくさんリリースされていますが、2017年3月現在でシリン(SRN)と被っている仮想通貨は存在していません。そのため、将来性に大いに期待できると言えるでしょう!

シリン(SRN)のロードマップも発表されており、2018年以降はFINNEYデバイスの開発やOSの開発などが行われるようです。順調に開発が進めば今以上に注目される仮想通貨になることでしょう。

どんなデバイスが開発されるかにもよりますが、今後の仮想通貨全体の発展とともに注目されそうな将来有望な仮想通貨といえます。

こちらの記事ではシリンがADAコインと提携して稼働したプロジェクトについて説明していますので是非チェックして見てください。Sirin(シリン)が日本のブロックチェーン開発会社と提携しADAコインを導入!

シリンは海外取引所での購入になりますので、海外取引所に送金するために国内取引所に登録しておきましょう。

ビットコインの送金は、取引手数料がなんとマイナス取引をすればするほどビットコインがもらえるZaif(ザイフ)がおすすめです。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Zaifに関する口コミや評判はZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説!を参考にしてください。

送金におすすめの他の取引所は以下でまとめています。
 


おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

【仮想通貨の将来性ランキング7位】ナガコイン(NGC)

通貨名(単位)

ナガコイン(NGC)

発行上限枚数

400,000,000 NGC

ブロック生成速度

-

主な取引所

HitBTC

将来性10段階評価

★★★★
2018.03.19現在

ナガコイン(NGC)は2017年12月23日にHitBTCに初めて上場されたばかりの仮想通貨で、時価総額はそこまで高くありません。

しかし、ビットコイン関連で有名な「RogerVer」が顧問となっていることもあり、一定の注目を集めています。

ナガコイン(NGC)はNAGAグループが提供しているサービス内で用いられることを想定しており、その範囲は株式市場、ゲーム市場、教育事業、決済ゲートウェイなど多岐にわたっています。

また、トランザクション処理が極めて早いという特徴がありますので送金詰まりの心配をしないで使うことができるでしょう。

今後に期待できそうな仮想通貨の一つといえるのではないでしょうか?
大手取引所に上場されればさらに価格が上昇することにも期待できそうです!

【仮想通貨の将来性ランキング8位】ステラ(stellar/XLM)

通貨名(単位)

ステラコイン(XLM)

発行上限枚数

1000億XLM+1%/年

ブロック生成速度

-

主な取引所

Binance

将来性10段階評価

★★★★

ステラの最大の魅力はリップルの開発者が作成したということで、コインの特徴がリップルに非常に似ているということです。

リップル同様、ブロック数が小さいので2~5秒で送金可能です。ステラは個人送金に特化しており、シェア拡大を目指して大手企業と提携しています。なんとIBMが出資しています!金融面での将来が非常に楽しみです。

更に分散型取引所SDXの開設を予定しており、取り扱い通貨の取引を全面無料にするという発表をしています。

将来性がある仮想通貨はここも注目!!

将来性のある仮想通貨の見極め方を冒頭でいくつかご紹介しましたが、将来性がある仮想通貨の見分け方はそれだけではありません!

将来性がある仮想通貨はどこに注目して見つけたらいいのか、さらにいくつかのポイントをご紹介します!

将来性のある仮想通貨はここに注目①他にない機能がある

仮想通貨が他の仮想通貨にない機能を持っているかどうかは、その仮想通貨の将来性を見極める上で非常に重要なポイントです。

その仮想通貨が他の仮想通貨担い機能を持っているのであれば、その仮想通貨が必要とされる理由となるからです。

もちろんその機能は、冒頭でご説明したように実用的な機能でなければなりません。
実用的でありかつ独自の機能であるのであれば、その仮想通貨は非常に強い魅力を持っているはずです。

多くのトークンの基盤となるブロックチェーンを持つイーサリアムなどがその例です。

イーサリアムはそのブロックチェーン上で契約を実行管理できるスマートコントラクトという機能があります。

ブロックチェーン上でプログラムを実行でき、トークンを利用することができるので、他の多くのトークンがイーサリアムを基盤としています。

これは他の通貨にないイーサリアムの機能と言えます。(最近ではスマートコントラクトに似た機能を持つ仮想通貨も出てきていますが。)

将来性のある仮想通貨はここに注目②何かの能力が非常に優れている

もし同じ機能を他の仮想通貨も持っているのであれば、その相手の仮想通貨をその機能もしくは他のなにかで上回る必要があります。

そうでなければその仮想通貨が必要とされるには理由が弱く、将来性もやや小さくなります。

匿名性を持つ仮想通貨はたくさんありますが、匿名性を徹底的にしている通貨がそれに当たります。
送金速度を極限まで突き詰めたリップルもこの例の一つです。

同じ機能を持つのであれば、その相手より優れたレベルでなければ将来性があるとは言えません。

将来性のある仮想通貨はここに注目③マーケティングが強い

仮想通貨自体に魅力と将来性があってもその仮想通貨の魅力と将来性を世界にしっかり知ってもらえなければ普及もしなければ価格も高騰しません。

そしてより多くの人にその魅力を知ってもらうために大切なのがマーケティングです。

実際、仮想通貨自体は大した魅力はなくともマーケティングがうまかっただけで価格が大きく伸びていた仮想通貨もあります。

マーケティングがうまくできる企業やメンバーなのかといったことも、仮想通貨の将来性を測るために非常に重要なポイントです。

【番外編】分散型(DEX)取引所の将来性

ここまでで将来性のある仮想通貨をランキング形式で見ていきましたが、ここで番外編として分散型取引所(DEX)についても見ておきましょう。

分散型取引所とは「中央管理者のいない仮想通貨取引所」のことで、今後ますます伸びていくと期待されているタイプの取引所です。

分散型取引所のメリットは次の通りです。将来有望なタイプの取引所ですので要注目です!

ハッキングの心配がない

取引所がハッキングされる心配がないのが分散型取引所の最大のメリットです。

分散型取引所のトレードの仕組みは、個人で管理しているウォレットから直接トレードするので取引所のシステムがハッキングされて流出する心配をしなくて済みます。

もちろん、GOXの心配もありませんので安心してトレードできますよ!最近はハッキング被害が世界中で多発していますのでさらに分散型取引所が注目されることでしょう。

※個人ウォレットのハッキングはあり得ますのでしっかり管理しましょう!

本人確認が不要

分散型取引所は管理者がいないのでトレーダーの本人確認は不要です。

面倒くさい証明書のアップロードなどが必要ありませんので個人情報が流出する心配をしなくて済みます。「誰も信頼しなくていい」という仮想通貨のメリットを最大限に享受できる有望な取引所といえるでしょう。

システムが止まらない

分散型取引所はP2Pで動いているのでサーバのダウンが発生することがありません。通常の取引所の場合、サーバがダウンしてトレードできなかったりすることがあります。

しかし、分散型取引所はそのような心配がないので安心してトレードすることができます。

こうして分散型取引所のメリットに注目してみると将来有望な取引所であることがわかりましたね。有名な分散型取引所にはEtherDeltaなどがありますので一度覗いてみてはいかがでしょうか?

Binanceも分散型(DEX)取引所の開発を初めている

世界で最も人気の取引所であるBinance(バイナンス)も分散型(DEX)取引所の開発をすでに初めています。

Binance(バイナンス)は現在世界で最も人気の取引所であり、あまりの人気のために新規の登録の申し込みが殺到しすぎて一時期は新規の登録を制限していたほどです。

2017年12月には世界で最も多い取引高を記録しました。

通常の形態の取引所ですでにこれほど人気のBinanceが早くも分散型(DEX)取引所の開発を進めるほど分散型(DEX)取引所は優れたものであり今後必要とされる素晴らしいものであるということがよくわかります。

Binanceは現在、分散型(DEX)取引所の開発を賞金かけて外部に投げることでブロックチェーンエンジニアたちを刺激して素早くかつ質の高い分散型(DEX)取引所の開発を目指している模様です。

2018年は分散型(DEX)取引所が非常に注目されます。分散型取引所(DEX)とは?中央集権型取引所との違いやメリット・デメリット |  将来性のある形態の取引所なので今後が楽しみですね。

仮想通貨は将来性を見越して長期的に保有しよう!

有望な仮想通貨はたくさん存在しています。有望な仮想通貨の恩恵を最大限に享受するには長期保有がオススメです。

将来有望な仮想通貨を購入し、長期保有すると価格上昇の恩恵を受けることができるでしょう。

もちろん、将来有望な資産を安全に守るためにもウォレットの利用は必須ですよ!

仮想通貨の将来性ランキング!まとめ

今回は将来有望な仮想通貨をランキング形式で注目していきました。有望な仮想通貨がたくさんあることに気づいたのではないでしょうか?

これらの有望な仮想通貨を保有中の人もこれから購入を考えている人も是非、しっかり情報に注目しておくことをオススメします!

仮想通貨はその仮想通貨にあった最もお得な取引所で購入するようにしましょう。

価格が高騰する仮想通貨を、価格が安いうちにかつお得に購入するために、できるだけ多くの取引所に登録しておくことは仮想通貨取引の基本です。

以下の取引所の中で登録していない取引所がある方は、しっかりとチャンスを逃さず利益を出せるように、全ての取引所に登録しておきましょう。
 


おすすめ国内取引所~人気アルトコインの購入編〜
 

・BTCの手数料が格安!取扱アルトコイン数14種類と国内最多のZaif(特徴)

・初心者でも簡単操作!国内で唯一、人気通貨LISKが買える
bitFlyer(特徴)

・リップル、ネムなど人気アルトコインのレバレッジ取引ならDMM Bitcoin(特徴)

・入出金手数料無料!大手で安心!初心者でも簡単操作の
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料無料!徹底的にチャート分析できる
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side