リップル(XRP/Ripple)の発行枚数と上限枚数は?発行枚数が減少する理由も解説!

この記事ではリップル(XRP/Ripple)の発行枚数(発行上限)と発行枚数が減少していく仕組みについて解説します。リップル(XRP/Ripple)の保有者や購入を検討中の人は発行上限と枚数が減少していく仕組みをしっかりチェックしておいてください!

リップル(XRP/Ripple)の発行枚数と上限枚数は?発行枚数が減少する理由も解説!のイメージ

目次

  1. 1リップル(XRP/Ripple)の発行枚数と発行上限枚数に関して
  2. 2リップル(XRP/Ripple)の発行枚数に関する特徴①新規発行が現状行われていない
  3. 3リップル(XRP/Ripple)の発行枚数に関する特徴②発行枚数は減少する
  4. 4リップル(XRP/Ripple)の発行枚数に関する特徴③1000億枚全部が流通していない
  5. 5話題になったリップル(XRP/Ripple)のロックアップとは?
  6. 6リップル(XRP/Ripple)の発行枚数は今後増える?
  7. 7リップル(XRP/Ripple)の発行枚数と上限枚数まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リップル(XRP/Ripple)の発行枚数と発行上限枚数に関して

仮想通貨リップル(XRP/Ripple)はアルトコインの中では時価総額も高く、かなり注目されているコインです。

現在リップル(XRP/Ripple)を保有している人やこれからリップル(XRP/Ripple)の購入を考えている人の中には以下のような疑問を持っている人もいるようです。
 

  • リップル(XRP/Ripple)の発行枚数はどうなっているの?
  • リップル(XRP/Ripple)の発行枚数が減少していくのはなぜ?
  • リップル(XRP/Ripple)の発行枚数が増加することはあるの?

この記事ではリップル(XRP/Ripple)の発行枚数や発行上限に関するこれらの疑問の答えをチェックしていきますので是非確認してみてください!

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple)おすすめ取引所の手数料や評判を徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップル(XRP/Ripple)の購入は、2018年6月まで取引手数料が無料のキャンペーン中で人気急上昇中のbitbankがおすすめです。

日本の取引所でリップル(XRP/Ripple)を板取引で購入できるのはbitbankだけなので、bitbankでは世界的に大人気な仮想通貨であるリップル(XRP/Ripple)を最もお得に購入することができます

手数料やスプレッドは取引を繰り返していると大きな額になります。
損をしないようにbitbank(ビットバンク)に登録してお得にリップル(XRP/Ripple)などの人気仮想通貨を手に入れましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨はいつどの取引所に上場するかわからないので、高騰する仮想通貨をすぐに購入できるようにできるだけ多くの取引所に登録しておくことは仮想通貨取引の基本です。

仮想通貨はチャンスを逃さず素早く購入できるかどうかが重要です。

以下におすすめの取引所をまとめているので、登録していない取引所がある方は全て登録しておきましょう


おすすめ国内取引所~人気アルトコインの購入編〜
 

・BTCの手数料が格安!取扱アルトコイン数14種類と国内最多のZaif(特徴)

・初心者でも簡単操作!国内で唯一、人気通貨LISKが買える
bitFlyer(特徴)

・リップル、ネムなど人気アルトコインのレバレッジ取引ならDMM Bitcoin(特徴)

・入出金手数料無料!大手で安心!初心者でも簡単操作の
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料無料!徹底的にチャート分析できる
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

リップル(XRP/Ripple)の発行枚数に関する特徴①新規発行が現状行われていない

まずはリップル(XRP/Ripple)の新規発行についてチェックしていきましょう。
リップル(XRP/Ripple)の発行枚数の上限は100,000,000,000 XRPです。

リップル(XRP/Ripple)は2018年3月現在、発行枚数の上限まで全てのコインが発行されています。

リップル(XRP/Ripple)の発行枚数に関する特徴②発行枚数は減少する

リップル(XRP/Ripple)はすでに発行枚数の上限まで発行済みですが、「発行枚数が減少していく」という特徴を持っているコインです。

リップル(XRP/Ripple)を送金するときにはリップル(XRP/Ripple)のネットワークを利用し、その際に手数料が徴収されます。
ここまでは他のコインと同じ流れですね。

しかし、ビットコインやイーサリアムを始めとする他の仮想通貨ではこの際に支払われた手数料はマイニング作業を行う人に支払われる仕組みになっています。

そのため、徴収された手数料もブロックチェーン上に存在し続けることになります。

しかし、リップル(XRP/Ripple)ではマイニング作業が存在していません。そのため、支払われた手数料は永久にコインとして使えなくなるという特徴があります。

送金時に手数料分が減少していくという特徴ですのでその分全体の流通量も減少していきます。
リップル(XRP/Ripple)は徐々に発行枚数が減少していく特徴的なコインと言えるでしょう!

リップル(XRP/Ripple)の発行枚数に関する特徴③1000億枚全部が流通していない

リップル(XRP/Ripple)の発行枚数の上限は100,000,000,000 XRPであると先ほど見ていきました。そして、支払われた手数料分が減少していく仕組みであることもチェックしていきました。

こうしてみてみると「総発行量-これまでに支払われた手数料=現在の市場流通量」の式が成り立つように見えます
しかし、リップル(XRP/Ripple)においてこの式は成立しません

その理由は「発行されたリップル(XRP/Ripple)が全て流通しているわけではない」からです。

リップル(XRP/Ripple)はRipple Labs Inc. が開発しているプラットフォーム&コインですが、そのコインの一部をRipple Labs Inc. が保有しています。

そのためその分のコインが市場に流通していません。また、一部のコインをロックアップしその分は期限を迎えるまで市場に放出されないことが確定しているため、2018年3月現在では流通枚数が爆発的に増加することはありません。

これらの理由により、リップル(XRP/Ripple)は現在、発行枚数全てが流通しているわけではありません。価格推移を予測する上でとても重要なポイントですのでしっかり覚えておいてください!

リップル(XRP/Ripple)のロックアップについては次で詳しく紹介します!

話題になったリップル(XRP/Ripple)のロックアップとは?

先ほどリップル(XRP/Ripple)はRipple Labs Inc. により一部のコインがロックアップされ、市場に流通していないことを説明しました。

ここではリップル(XRP/Ripple)のロックアップとはなにかを詳しく見ていきましょう!とても重要なポイントですのでしっかりチェックしましょう

リップル(XRP/Ripple)のロックアップの概要

リップル(XRP/Ripple)のロックアップを簡単に説明すると「リップル(XRP/Ripple)の発行枚数のうちの一部のコインをRipple Labs Inc. が保有し市場に流通させないこと」です。

リップル(XRP/Ripple)はこれまで見てきたように発行枚数が非常に多く、しかもそのコインの多くを発行元が保有している状態でした。

そのため、発行元が一気に市場にリップル(XRP/Ripple)を流通させ、出回るコインが増えることにより価格が暴落するという懸念が存在していました。

2017年7月頃に、その懸念を払拭するためにRipple Labs Inc. は自身が保有する一部のコインをロックアップすることを発表しました。これが実施されればその分が期限まで放出されないので価格の暴落を避けられます。

そして、その約束通りに2018年12月8日にロックアップが執行され、その枚数は55,000,000,000 XRPとなりました。

リップル(XRP/Ripple)のロックアップの期限をチェック

55,000,000,000 XRPが2017年12月8日にロップアップされたとお伝えしましたが、その期限がどうなっているのかを見ていきましょう。

ロックアップされたリップル(XRP/Ripple)は、2018年1月以降、毎月1,000,000,000 XRPが期限を迎える仕組みとなっています。

しかし、これは毎月必ず1,000,000,000 XRPが市場に放出されるというわけではなく、あくまでも「放出することができる(放出量の上限)」というだけです。

さらに、放出量の上限である1,000,000,000 XRPのうち、その月に放出されなかったコインは再びロックアップされる仕組みになっています。また、再ロックアップが執行された場合、その期間は4年7ヶ月です。

リップル(XRP/Ripple)の過去の放出実績は?

Ripple Labs Inc. はリップル(XRP/Ripple)を定期的に市場に放出してきており、2017年12月から1年6ヶ月間をさかのぼって見てみると1ヶ月あたり平均で300,000,000 XRPを放出しています。

今後、このペースで放出されるかはわかりませんが、価格推移を予想する参考史料にはなるかもしれません。

リップル(XRP/Ripple)の今後の展望

リップル(XRP/Ripple)の目的は「現在、金融機関が抱えている国際送金や流動性に関する問題を解決すること」です。

2018年3月現在、金融機関で国際送金の手段にブロックチェーンを用いることはされていないため、高額な手数料と長い時間がかかっています。
これは送金の利便性を損なう問題として認識されています。

リップル(XRP/Ripple)はトランザクション処理速度が極めて早いという特徴があり、2018年3月現在ではウォレットなどに送金すると一瞬で着金するほどです。

そのため、世界中にすばやく送金することができ、手数料も劇的に引き下げることができる送金手段として現在注目されています。

今後の発展にも大いに期待でき、将来性のあるコインといえるでしょう!

BTC投資中

(27)

XRPは大量放出の懸念がありましたがロックアップが決まり、毎月市場に新たに出回る数の上限が決まったので購入してみました。
上限が決まっていると価格の推移の検討がつけやすいですね

世界中で大人気で将来性も抜群のリップル(XRP/Ripple)の購入は、取引手数料が無料キャンペーン中で、日本で唯一リップル(XRP/Ripple)を板取引で購入できる最もお得なbitbankがおすすめです。

手数料で損をしないように登録がまだの方はbitbankに登録してお得にリップル(XRP/Ripple)を手に入れましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

bitbank以外のおすすめの取引所はこちらにまとめています。
 


おすすめ国内取引所~人気アルトコインの購入編〜
 

・BTCの手数料が格安!取扱アルトコイン数14種類と国内最多のZaif(特徴)

・初心者でも簡単操作!国内で唯一、人気通貨LISKが買える
bitFlyer(特徴)

・リップル、ネムなど人気アルトコインのレバレッジ取引ならDMM Bitcoin(特徴)

・入出金手数料無料!大手で安心!初心者でも簡単操作の
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料無料!徹底的にチャート分析できる
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

リップル(XRP/Ripple)の発行枚数は今後増える?

リップル(XRP/Ripple)の発行枚数が今後増えるのかどうか(追加発行はあるのか)も気になるかも知れません。
すでに発行枚数の上限まで発行されているとはいえ、追加発行(発行上限の引き上げ)が決まると流通量が増え、価格に影響することもあります。

これに関してリップル(XRP/Ripple)を発行するRipple Labs Inc. は公式サイト上で発行枚数が追加されるのかに関して次のような発表をしています。

今後発行枚数が増えるのかという質問に対し、「発行枚数が増えることはない」と明確に回答していますのでどうやら新規発行による発行枚数の増加(発行上限の引き上げ)はないと言えるでしょう。

上限が増えることがなければ最大流通量が確定するので価格の予測も立てやすいかもしれませんね。

リップル(XRP/Ripple)の発行枚数と上限枚数まとめ

今回はリップル(XRP/Ripple)の発行枚数(上限)についてみていきました。発行枚数や上限に関する情報はリップル(XRP/Ripple)を購入しようと考えている人なら気になる情報かもしれません。

リップル(XRP/Ripple)はすでに発行枚数の全量が発行済みで、さらなる発行枚数の増加はないようです。

また、開発元が発行枚数のうちの一部をロックアップするなど急激な暴落を防ぐ取り組みも行っているので価格の予想が立てやすいかもしれません。

リップル(XRP/Ripple)の購入を検討している人は是非チェックしておきましょう!
リップル(XRP/Ripple)の購入は2018年6月まで手数料が無料のbitbankがおすすめです。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップル(XRP/Ripple)と並んで人気のネム(XEM)の購入は手数料が安くてお得なZaif(ザイフ)がおすすめです。

複数の取引所を特徴ごとに使い分けることは、価格高騰によるチャンスを逃さないためや、お得に取引するための基本です。

登録がまだの方はbitbankとまとめてZaif(ザイフ)も登録しておきましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbネム(XEM/NEM)の購入方法・買い方・チャートを徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbイーサリアム(ETH)の発行枚数は?発行上限枚数がない理由を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side