イーサリアム(ETH)の発行枚数は?発行上限枚数がない理由を解説!

イーサリアム(ETH)は発行上限がないことで知られているコインです。発行上限がないということは時が立つにつれて発行枚数が無制限に増えていくということです。今回はイーサリアム(ETH)の発行枚数が無制限である理由を見ていきましょう。

イーサリアム(ETH)の発行枚数は?発行上限枚数がない理由を解説!のイメージ

目次

  1. 1イーサリアム(ETH)の発行枚数に関しての最新情報2018年4月3日
  2. 2イーサリアム(ETH)の発行上限はヴィタリックブテリン氏の嘘と判明
  3. 3イーサリアム(ETH)の発行枚数に関して
  4. 4イーサリアム(ETH)の発行枚数に関する特徴①初期は7200万枚が発行されていた
  5. 5イーサリアム(ETH)の発行枚数に関する特徴②発行枚数の上限が決まっていない
  6. 6イーサリアム(ETH)の発行枚数に関する特徴③イーサリアム(ETH)のアップデート
  7. 7イーサリアム(ETH)の今後の発行枚数に関して
  8. 8イーサリアム(ETH)の発行枚数まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

イーサリアム(ETH)の発行枚数に関しての最新情報2018年4月3日

イーサリアム(ETH)のヴィタリックブリテンは、イーサリアムのネイティブ通貨イーサリアム(ETH)に対して1億2000万のハードキャップ(上限)の発行枚数を提案しました。

創業者ヴィタリックブリテンは、この発行枚数のハードキャップ(上限)がCasperアップデートの第一段階となる次のハードフォークの一部になる可能性があることを示唆しています

ヴィタリックブテリン氏が考えるイーサリアム(ETH)の発行上限枚数とは?

4月1日の日曜日、ヴィタリックブリテンが開発者フォーラムGitHubで発表した驚きの発行枚数のハードキャップ(上限)に関する提案は4月のエイプリルフールの日に行われました。

この最新のイーサリアム(ETH)改善提案(EIP)で、ヴィタリックブリテンは仮想通貨イーサリアムの発行枚数に120,204,432のハードキャップ(上限)を設定することを推奨しています。これは、2014年の最初の販売で販売された発行枚数のちょうど2倍です。

ヴィタリックブリテンは、Casperアップデートの次の段階で起こる発行枚数のハードキャップ(上限)の取り入れを予期しています。当時、シャーディングシステムの全ての報酬は、発行枚数のハードキャップ(上限)をイーサリアム(ETH)の有限供給として反映するために再設定されました。

ヴィタリックブテリン氏がイーサリアム(ETH)の発行上限枚数を決めた理由とは?

ヴィタリックブリテンは発表に際してこのような発行枚数のハードキャップ(上限)を提案する理由を説明しました。

「イーサリアム(ETH)の総発行枚数に対するハードキャップ(上限)を提案するのは、多くの状況下でプラットフォームの経済的持続可能性を保証するためです。そして、マイナー活動の証拠として新しい仮想通貨を発行することは、もはや平等な仮想通貨配分やその他の重要な目標を達成するのに効果的な方法ではないからでもあります」

ヴィタリックブリテンは、EIPが既に採用されていて、発行枚数120,000,000のハードキャップ(上限)を設定するには遅すぎるなら、次に論理的な発行枚数の上限は144,052,828だと言います。これは、最初のブロックで売られたイーサリアム(ETH)の発行枚数のちょうど2倍です。

CoinMarketCapによると、現在、流通しているイーサリアム(ETH)は9,800万です。

イーサリアム(ETH)の創設者ヴィタリックブリテンは、Casperアップデートの一環であるPoSモデルへの変更により報酬が減少するのではないかと言うマイナーの懸念にも対処しました。

ヴィタリックブリテンはマイナーにイーサリアム(ETH)がPoWモデルのままであったとしても、報酬は同じ水準まで徐々に低下すると説明しました。

イーサリアム(ETH)の発行上限枚数はイーサ経済の安定をもたらすとヴィタリックブテリン氏はコメント

イーサリアム(ETH)の最初の発行要件によると、イーサリアム(ETH)は毎年1800万発行することができます。

GitHubでのヴィタリックブリテンの発言は、プラットフォームが新しいCasperアルゴリズムを採用するにあたって、状況を明確にし「経済の持続可能性を保証する」ためにイーサリアム(ETH)の通貨政策が一般公開された最初の公表の一つです。

EIPは唯一の発行枚数のハードキャップ(上限)に対する提案として発表されました。ヴィタリックブリテンの声明には具体的な計画はなく、発行枚数のハードキャップ(上限)またはCasperの第1段階への変更の実施日についても言及されませんでした。

Ethereum Founder Suggests Hard Cap of 120 Million Ethers

NewsBTC、John Mcmahon、2 Apr 2018

イーサリアム(ETH)の発行上限はヴィタリックブテリン氏の嘘と判明

当初このニュースはエイプリルフールの嘘ではないと発表されていましたが、本人のツイッターで「エイプリルフールのジョーク」というツイートがされました。

イーサリアム(ETH)の発行枚数に関して

今回はイーサリアム(ETH)の発行枚数(発行上限)についてみていきます。

多くの仮想通貨は発行上限が決まっていますが、イーサリアム(ETH)に発行上限がない理由はどのようなものなのでしょうか?

この記事ではそんな疑問について詳しく見ていきますので是非チェックしてください!

イーサリアム(ETH)の特徴や詳しい情報はこちらをご覧ください。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

将来有望な多くのトークンの基盤通貨となっているイーサリアムは、スマートコントラクトなどで非常に将来が期待できる通貨となっています。

イーサリアムの購入は手数料が安くお得な、取り扱っている仮想通貨の種類が国内で最も多い人気のZaif(ザイフ)がおすすめです。

手数料は気がつけば大きな額になっているので、手数料で損をしないようにZaif(ザイフ)に登録してお得にイーサリアムを手に入れましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アルトコインを購入するためにおすすめの取引所は以下にまとめています。
 


おすすめ国内取引所~人気アルトコインの購入編〜
 

・BTCの手数料が格安!取扱アルトコイン数14種類と国内最多のZaif(特徴)

・初心者でも簡単操作!国内で唯一、人気通貨LISKが買える
bitFlyer(特徴)

・リップル、ネムなど人気アルトコインのレバレッジ取引ならDMM Bitcoin(特徴)

・入出金手数料無料!大手で安心!初心者でも簡単操作の
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料無料!徹底的にチャート分析できる
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

イーサリアム(ETH)の発行枚数に関する特徴①初期は7200万枚が発行されていた

イーサリアム(ETH)は2015年7月にリリースされた仮想通貨です。(プレセールは2014年9月実施)

当初の発行枚数が気になる人もいるかもしれませんね。

イーサリアム(ETH)は当初、72,000,000ETHが発行されました。
このコインの内訳は次の通りです。
 

  • 市場放出: 62,000,000 ETH
  • 開発資金: 12,000,000 ETH

イーサリアム(ETH)はリリース当初にかなりの枚数が発行されたことがわかりますね。

イーサリアム(ETH)の発行枚数に関する特徴②発行枚数の上限が決まっていない

イーサリアム(ETH)には発行枚数が決まっていません。(発行上限がない)

ビットコイン(BTC)を始めとする主な仮想通貨には発行枚数の上限が決まっているものが多いため、発行上限がないというのはイーサリアム(ETH)の大きな特徴の一つになっています。

※主な仮想通貨の発行上限

  • ビットコイン: 21,000,000 BTC
  • ネム: 8,999,999,999 XEM
  • リップル: 100,000,000,000 XRP

イーサリアム(ETH)はマイニングで増え続ける

イーサリアム(ETH)のマイニングのシステムは現在はProof of Workであり、今後のアップデートでProof of Stakeへの移行を予定しています。

Proof of Workの特徴は「複数のノードがトランザクションを承認するために取引の整合性を確かめるために計算をし、最も早く計算し承認をしたノードが報酬を受け取る」仕組みのことです。

Proof of Stakeの特徴は「トランザクションを承認するノードをランダムに選び、確率は保有しているコインの量に比例する」仕組みのことです。

トランザクションを承認する作業を行ったノードには報酬としてイーサリアム(ETH)が支払われますが、イーサリアム(ETH)には発行上限がないため理論上無制限に発行され続けることになります。

※ビットコインなどは発行枚数の上限内で報酬が支払われる

Thumb仮想通貨専門用語集・ビットコイン専門用語集【初心者向けに基礎から解説】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアム(ETH)の発行枚数に関する特徴③イーサリアム(ETH)のアップデート

続いてイーサリアム(ETH)のアップデートについて見ていきましょう。

リリースからこれまでにイーサリアム(ETH)は何度もアップデートを重ね、機能を強化してきました。

イーサリアム(ETH)のハードフォークアップデート

イーサリアム(ETH)はハードフォークアップデートを重ね、機能を強化してきました。

まずはハードフォークとは何かをチェックしておきましょう。

ハードフォークとは、ブロックチェーンを分岐させることによってコインの持つ仕様をアップデートすることです。

ハードフォークを伴うアップデートをすることによってイーサリアム(ETH)が持っている問題点を解決し、イーサリアム(ETH)が持つ機能を強化することができます。

ここではイーサリアム(ETH)がこれまで行ってきた、またはこれから実施する予定のハードフォークアップデートについて見ていきます。
それぞれの特徴を押さえておきましょう。

フロンティア(Frontier)


フロンティア(Frontier)はイーサリアム(ETH)がリリースされた2015年7月にアップデートされました。

ここではイーサリアム(ETH)の仮想通貨としての機能がアップデートされ、決済(送金・売買等)が行えるようになりました。

また、同時にバグが修正されたりもしました。

ホームステッド(Homestead)


今度はイーサリアム(ETH)のプラットフォームとしての機能を強化するためのアップデートが実施されました。

ホームステッド(Homestead)のリリースは2016年3月で、これによりスマートコントラクトに関連するシステムが開放され、多くの開発者がこれを利用することができるようになりました。

メトロポリス(Metropolis)


メトロポリス(Metropolis)はイーサリアム(ETH)の3回目のアップデートです。このアップデートは2回に分けて実施する予定になっています。
 

1回目: ビザンチウム(2017年10月16日実施)

メトロポリスの1回目のアップデート「ビザンチウム」はスマートコントラクト機能の安全性を高めることとスケーラビリティ問題を解決することを目的としています。

イーサリアム(ETH)にもビットコインと同様にスケーラビリティ問題が発生しており、解決は急務です。ここでは一部システムを調整することによってトランザクション速度を改善しています。
 

2回目: コンスタンティノープル(未実施)

2017年3月現在、コンスタンティノープルの詳細内容は発表されていません。詳細な実施時期も明らかにされていませんが、セキュリティの強化やスケーラビリティ問題のさらなる改善が期待されています。

2018年内にも実施されるのではという見方が強まっていますのでこちらにも期待できるでしょう

セレニティ(Serenity)


セレニティ(Serenity)はイーサリアム(ETH)の最後のアップデートです。トランザクション承認のアルゴリズムがProof of WorkからProof of Stakeに変更される予定です。

これに伴ってイーサリアム(ETH)を多く所持している人が優先的にトランザクション承認に関わることになり、多くの人がブロックチェーンの更新を行うようになることが予想されています。

そのため、新規発行枚数を抑えるためにアップデートと同時に発行上限が設定されるのではないかと言われています。

発行枚数の上限を設けておかないとコインの価格が下がるためで、価格を維持するためににも発行枚数の制限は必要であると考えられています。

アップデートで価格が高騰する前にイーサリアムを購入したい方は手数料が激安で取り扱っている仮想通貨の種類が国内で最も多いZaif(ザイフ)がおすすめです。

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアムと並び世界中で大人気のリップルを購入するには、2018年6月まで取引手数料が無料キャンペーン中のbitbank(ビットバンク)がおすすめです。

複数の取引所に登録して特徴ごとに使い分けることは仮想通貨取引の基本です。bitbank(ビットバンク)の登録がまだの方はZaif(ザイフ)と一緒に登録しておきましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアム(ETH)がハードフォークを実施する理由

イーサリアム(ETH)がハードフォークアップデートを実施する理由は、スマートコントラクトの強化のためです。

スマートコントラクトを開放して誰でも使えるようにしたり安全性を高めたりすることによってイーサリアム(ETH)の価値を上昇させようとしています。

イーサリアム(ETH)のハードフォークによる価格変動

イーサリアム(ETH)でこれまで行われてきたフロンティア、ホームステッド、メトロポリス(ビザンチウム)のアップデート前後の価格をチェックしていきましょう。

イーサリアム(ETH)のチャートを見てみるといずれのアップデートの時も直前に価格が上昇し、アップデート後に下落するという動きを見せています。

今後、イーサリアム(ETH)のアップデートが実施されるときにも同じような動きが見られる可能性が高いので是非注目しておきましょう!

イーサリアム(ETH)の今後の発行枚数に関して

イーサリアム(ETH)がPoWからPoSへ移行する問題

イーサリアム(ETH)は今後のアップデートでアルゴリズムがPoSに変更されることが予定されています。

PoSは保有枚数が多いほどトランザクションの承認作業に参加しやすくなるという特徴を持っています。これにより多くの人が参加してくることが予想されいてます。

これに伴い、発行枚数が制限(発行上限が設けられる)されることが予想されています。価格動向にも関わりますので是非注目しておきましょう!

新たにイーサリアム(ETH)が発行される可能性は?

PoSへの以降と同時に発行枚数が制限(発行上限の設定)されることが予想されていますが、移行と同時に発行が停止されるのではないかという話も出ています。

その場合、それ以上発行枚数が増えることはないため流通量が確定することになります。

イーサリアム(ETH)が発行された場合の価格の影響は?

発行枚数と価格への影響もみておきましょう。

発行枚数が制限されなかった場合、新規発行が増えるにつれて1枚あたりの価格が下落することが予想されます。(発行枚数以上に時価総額が増えた場合は上昇する)

発行枚数の制限(発行上限)が設けられた場合は最大枚数が決まりますので時価総額の上昇に伴って価格が上昇しやすくなるでしょう。

発行が停止された場合はその時点での発行枚数がそのまま発行上限となりますので、時価総額の変動に伴って1枚あたりの価格も変動します。
この場合、価格が上昇すればそのままコインの価格も上昇します。

イーサリアム(ETH)の発行枚数まとめ

今回はイーサリアム(ETH)の発行枚数の上限について見ていきました。

2018年3月現在、イーサリアム(ETH)には発行枚数の上限は設けられていませんが、マイニングアルゴリズムの変更とともに発行枚数が制限される可能性が高くなっています。

イーサリアム(ETH)の価格変動にも影響しますので今後、発行枚数がどのように決められていくのかに是非注目しましょう!

イーサリアムの購入は手数料が安くお得な、取り扱っている仮想通貨の種類が国内で最も多い人気のZaif(ザイフ)がおすすめです。

手数料は気がつけば大きな額になっているので、手数料で損をしないようにZaif(ザイフ)に登録してお得にイーサリアムを手に入れましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアムと並び世界中で大人気のリップルを購入するには、2018年6月まで取引手数料が無料キャンペーン中のbitbank(ビットバンク)がおすすめです。

複数の取引所に登録して特徴ごとに使い分けることは仮想通貨取引の基本です。bitbank(ビットバンク)の登録がまだの方はZaif(ザイフ)と一緒に登録しておきましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を見た人はこちらも見ています。

Thumbスマートコントラクトとは?仕組みや事例紹介!ブロックチェーンの展望! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side